2010年 07月 31日 ( 2 )

リカルダの知り合い

そうそう、この日のオケ練で書くこと思い出した。

M口先生は映画好きだ。踊ル大捜査線を止むに止まれぬ状況で観て憤慨したとかおっしゃっていたが、ふつーの人はやること無いからといってレイトショーなんてみないものだ。この日の映画トークは、「ジェームズ・キャメロンはターミネーターを書いている時、ずっと頭に『火星』がなってたんだそうだ」とのこと。そういえばあの映画音楽、SWと共にかなり印象深いものだけど、冒頭のダッダダッダ、ダッダダッダには確かに火星の影響ありますね。作曲者は別の人なので、キャメロンが指示したんでしょうかね。ちなみに私は大ヒットしたT2も好きだが、一番最初の、B級感も漂い、人がバンバンぶっ殺される最初のターミネーターがより好きだ。あの無表情・無感情なシュワちゃんの存在感は、凄い。ついでにオールXードも拝めるが、逆三角形とはこの事だ、と思わせるすんごい体だった。SFドラマとしても意外性もあった。尚、T3以降は観ていない。またまた話がそれるが、火星に影響を受けた、ターミネーターとSWの一作目の共通点といえば、ヒーロー役の人気がイマイチで、適役とかライバル?役の方が人気だったってことだわね。マイケル・ビーンとマーク・ハミル、なんだかだわ。

もう一つ。弦楽器マニアで、この楽器はxx型で何年に何処で作られたもの、なんてワインみたいに嬉しそうに語るFオケY沢さんのお友達は、クレモナで楽器を作っている人だった。その方が帰国して、見学にいらしていた。中々キリリとした人だった。彼に私のヴィオラを見せて、「リカルダ・ダクァティいうんです」といったら、「あ、知ってます。この人、以前向かいに住んでましたよ。クラリネット吹いているんですよねー。」とのことだった。わお、なんだか親近感湧いてきたリッカルダ。いつかクレモナに行って、たずねてみよう。
[PR]

by violatsubone | 2010-07-31 18:00 | おけすとら

みうざ訪問

c0102375_17462758.jpg
この週末は両日ともゆっくり寝ていられない。本日は演奏会本番打ち合わせでミューザに午前中いかねばならん。まあ、近いからいいんだけどね。S川まで、出勤コースではなくなった現在も、手を挙げる以外の方法は思いついていない。ボーナスも無事増額された今年となっては、更に1000円を節約するような行動には出ない。1000円を使うことで世の中は回ると高橋スケキヨ、否コレキヨも言ったそうじゃないか。

偉そうに言って、到着は10時半でいいのだ。即ち10時にタクシーに乗っていれば、間に合う。たいして早くは無い。前回はちょっと遅刻したΩがミクシのボイスにつぶやいていたのを恫喝したので、これであたしが遅刻したら洒落にならんな、、、告白すれば、私は遅刻魔で、時間通りに行くのは顧客のところと会議だけだ。会社も、朝一で会議とか来客とか訪問とか無いと、遅刻し勝ちになる。なので極力朝に用事を入れている。ワタクシ事をこなす為にその気力は残っていないので、土曜日の午前着も雪山に登るが如き決意であったのだ。はたして、ギリギリ25分にミューザエスカレーター下に到着した時、ダメだし得意先のΩ氏とoder氏の両42歳ライオンズ(この時点では41歳)はちゃんと到着していた。つまらん。

2回連続ミューザと、担当のノーブルな伸縮自在氏とは何度目かになるので、今回は1,2点の確認事項のみでオッケー。気軽なものだ。ミューザは事務方対応といい、ホールの使い勝手(特に入り口、楽屋~舞台のシンプルな導線!)といい、裏的には抜群。最初戸惑った舞台のレイアウトや音響も慣れてきたところなので、土曜夜はちと金がかかるが使い続けたいところだ。それにはこのホールが必要とするくらいの人数は集めないとねえ。。

今は川崎音楽フェスタとかで、ノーブル氏は制服のオレンジ色のポロを着ており、良く似合っていた。いろんなプロオケが順番に演奏するそうだ。そいえば先日Y響びよら奏者がロビコンでヤマトびよら合奏版をやったそうだ。ええのう。
打ち合わせ自体は、一点驚愕の事実が発覚した以外はちゃんちゃんと進み、その後花やで花頼んで終了。昼飯だ昼飯だと41歳の瀬戸際どもが騒ぐので、(多分oderは朝飯)らぞな川崎(ラテン風造語?)なるところに行く。妙に贅沢に場所つかってるなとおもったらT芝工場跡地だった。リゾート地のショッピングゾーンみたいに中央が開いており、見晴らしが良い。そこで冷麺を食べた。案外辛かった。
練習は夜なので、そこで一旦解散した。練習の事は翌週の練習記録に上書きされ、さらには録音もアプされないので(笑)記憶をたどる事もできない。。面白い話されたきもするんだけどなー。
[PR]

by violatsubone | 2010-07-31 10:10 | おけすとら