お久しぶりと閉鎖するかものご連絡

お久しぶり&明けましておめでとうございます。

皆様如何お過ごしでしょう?

最近PCとここの相性が悪いので更新が滞っております。5年ってPC寿命なの?というか自分で治せないし、具合見てもらいに何処かに持参するのも面倒なのですが。どうせなら携帯と同時に一挙にキーボードの世界から脱出する?いずれにしろ一つ上げるのにやたら時間がかかるのです。
昨年後半は仕事の事しか上げる事も無い感じだったし、ちょっと多忙の為こんなことやっている場合でもなく。さらには年の所為で体力が落ちているので3時半睡眠が厳しくなり。。

最近はfacebookにアプしてますね。(携帯からもありますが、アソコの方がこのポンコツPCとの相性もいいのよね何でかな)色々な知り合いがいるので内容選びますが、音楽内輪馬鹿ネタは公開する人を制限すれば高校の同級生にもあきれられなくてすむかもしんない。

というわけで、よろしければ登録して友達申請してくださいませ。
あれのお陰で四半世紀ぶりに同級生にあったり、やりとりをしたりしています。実名だから探しやすいですしね。会社関連の方がうようよいるのは無視してますが、結構みんな登録してるのねーと面白がってこっそり覗いたりはしています。足跡ないし。

というわけで、こちらこっそり読んでいただいていた方は申し訳ありません。暫く放置します。ずっと放置するかもしれません(笑)
[PR]

# by violatsubone | 2012-01-05 01:04

Pオケと 名古屋嬢

突然Pオケでますよといった手前、練習はせっせと出ようと思い、宣言した翌日の練習にも顔をだした。楽譜送る手間を省かせてあげないと。保谷という場所だった。昔祖母が住んでいた近くだ。自宅からだと足が遠のきそうだが、オペラシティのあとだから、いっか。寅でいって譜面をその場でもらって初見参加。一体ナニサマなんだという大胆さだ。最近「恥はかきすて」的精神が加わってしまっている事から行動が大胆になりすぎなのではないかと思う。

練習場についたら、EY氏と、奥様がいらした。突然行ったにもかかわらずちゃんと製本してあって可愛らしい製本テープまで貼ってあった。丁寧に弓と注意書きも書かれていた。製本嫌いの私としては、製本しなくていいだけ寅っていいなあと思ってしまう。
そして、
「お久しぶりです」
なんと、Pオケには名古屋嬢がいたのであった!。今やすっかりストレートヘアになってしまった彼女にそのあだ名は似つかわしくないのだが、ハイヒールに白いワンピで登場の彼女はやっぱり名古屋な雰囲気(どんなだ)を漂わせていた。その他、すっきり細身の美女が2人プルトを組んでおり、どうみてもびよらというよりは、ヴァイオリンかフルートの世界にいる、やや近寄りがたさすら感じるれっきとした細身美女(名古屋嬢も綺麗だけど、どっちかってと健康的な感じ)足が私の腕くらいしかないすっとした単発の美女がスターの姪だという。DNAの繋がりを全く感じさせず、いやしかしスターそっくりの女性というのもあまりに気の毒であるから遺伝子の敗北に拍手を送りたい。

曲経験があるため落ちなかったけど、所詮初見。後ろで大人しく弾いていたので、枯れ木も山の・・にすらならなかった。企業オケだが、弾けていると思う。《私の比較って、アソコしかないんだけど)。チェロがここでも人数が多く、音もぶあつかった。EYさんが恐ろしい勢いで仕切っているのがまたアウェー時と異なる面で印象的だった。(ただしホームでもアウェーでも呑み会では変わらない)
[PR]

# by violatsubone | 2011-09-17 18:00 | おけすとら

ディエスイレ鑑賞

Fオケが今度やる「パガニーニの主題によるなんたら」はまたしてもラフマニノフでまたしてもテーマがディエスイレ(怒りの日)テーマ拝借。ラフマの頭にはこのテーマが常にぐるぐる回っていて何の曲書いてもつい無意識にいれちゃうんじゃないか、なんて思ってしまう。
さてこの日はそのディエスイレ繋がりで、久々の読響・かんぶるらんの「幻想」を聴きにいく。平日のラインナップの方が人気あるそうだが、平日の演奏会は極力排除したい私としては(19時前には余り会社を出たくない。電話も多いし、部下に迷惑かけるし・・・)同オケ勤務の友人に土日指定としたらこの曲だった。だから前振りは意味なくて偶然なんだが。

オペラシティは久しぶり。やっぱり新宿から手を挙げてしまった。。

モーツァルト40番。かんぶるらんのモーツァルトは、ぱきぱきしていて、全ての楽器の音の輪郭がはっきりしていて、すっきり爽快な感じであった。それでも色気が無いわけじゃなくて、充分に優雅だった。都会的で現代的。
彼にとっての鉄板であろう「幻想」。こちらも爆音でも重々しくもないスマートな感じがしたが、楽章ごとに色分けがくっきり出来ており、最後の「怒りの日」で金管は都会的に吼えていたww。ずっとこのオケ聞いてきたわけじゃないけで、昔の常任指揮者時代とはかなり音がかわったんじゃないかな。なんか読響ってドイツものをどっしり弾くイメージあったんだが、随分垢抜けた演奏をするんだなーと。良い常任指揮者を選んだのではないかしら?。

都響のびよら弾き、で、一旦何故かフロマネ?デビューしていた背の高いWさんが、寅で出ていたのはびっくり。あのでかさは間違いないのだ。
[PR]

# by violatsubone | 2011-09-17 14:00 | 音楽鑑賞

Lesson118? 玉の霍乱

「おい、俺は風邪だ」
開口一番言われたが、そうでなくても鼻がずびずび、咳も出ているので判った。
「一週間こんなかんじなんだ。全然なおらん」
「薬は飲んだんですか」
「俺は薬はのまん主義だ」
「いい年なんですからそんな主義主張はさっさと見直してください。医者にはいったんですか」
「スケジュールがぎっしりで明日も練習だし午後はレッスンだし」
「練習場の人達が迷惑だと思います」
「そーだなー、余りひどかったらキャンセルしようかなー」
私は他人の病気話を聞くのは基本嫌いなのだが、あまりにしつこいので世間なみに心配しているコメントを出した。私にとって上記は精一杯の優しいコメントである。
「ああ、きっと肺炎にもなっている。あちこちがぼろぼろだ。俺はもう死ぬんだな」
風邪ぐらいでここまで大げさに嘆く人もいないと思う、普段余程風邪弾かない体質なんだなあ。というか師匠の「もうダメだ、死ぬ」なる弱音は初めて聞いた。
まあ生徒としては、「死にそうな」風邪だったらさっさとキャンセルしてほしかったな。20時にここに来るためどんだけ必死に詰めて仕事したとおもってるんだ。しかもごほごほいって余りレッスンにもならないので代金ももったいない。
で、あたしが弾けりゃいいんだが
「そんな音程だと風邪が悪化する、ごほごほ」
まったく、どんな風邪でも口はへらないな。

後日聞くところによると翌日の練習とレッスンは全てキャンセルしたそうだ。
[PR]

# by violatsubone | 2011-09-16 20:00 | ビオラレッスン

安請け合い

夕食の買い物から戻ったら、メールが入っていた。これから「だxろ」です。どうですか?徒歩10分強(不動産屋時間では7分とあるが、坂を息を切らさず走りきる計算となる。物理的に不可能じゃなけりゃ表記違反にはならんのだろうが。。)駅前の居酒屋にPオケの方々とうどぅらが2羽いた。髪の毛染めてン10年前のチンピラ風(あれは脱色してたんだろうが)になっているSMNM氏と、飛行機の中でみたカンフーパンダそっくりならいあ氏はPオケの寅にいったのだそうで、店の外でそれこそ不良中学生のようにすぱすぱ煙草をすっていた。で、センプレハイのEYさん達もいて、ホームのPオケでは一層ハイな感じであった。あんたも寅にどう?!と誘われて、いや楽器持ってりゃだれでも良い訳なの?冷静に考えてなんでこんなんさそったとか後で言われたら悪いしナーなんて思って一旦保留にしたが、どれも過去(10年前とかあるけど)弾いた事あるから、まあ曲は知ってるからなんとかなるかなー、Fオケ練習ないし、あんな死霊・・もとい小錦の盆踊りみたいな曲ずっとさらってらんないしー、なんて酒飲みながら考えていたら、手が勝手に寅でマスとメールしていた。
酒呑むと安請け合いをする。やれやれだ。
でもPオケの曲はオーソドックスでなんかいいなあ。ブラームスのドッペルは、カルテットエクセルシオのチェロ兄ちゃんだ。あのSQ、チェロだけ飛びぬけて上手だったんだよなあ。。


呑み会が居住駅で楽だしなあおもって練習日程みたら殆ど日曜、この居酒屋は日曜休みなんだってさ。なんだあ。
[PR]

# by violatsubone | 2011-09-10 19:00 | つぶやき

今年もまたワイハ

c0102375_0382294.jpg
ワイハって何するの?何があるの?夜は何かイベントあるの?とぐっぴに質問されたけど、リゾート地で何するの?!と聞かれてもねえww過ごし方の価値観は夫々という事で。

金曜の夜から水曜まで、3日休んで満喫できるところ、ということで「またワイハでいっかな」。アジアンリゾートは結構行きつくしたけど、何度行っても飽きないリゾートはやっぱりハワイかも。あと、2年か3年会社続けていれば1ヶ月休暇!もらえるはずなのでそこを目指して頑張ろう。

まあ何したかって特に何もしてませんね。ゴルフはしたが込んでいた。日本人ばかりというのは承知していたが、1ホールに3組くらい待っているっていったい。。しかも18ホールスルーで回るので疲れた。こんなに込んでいても意地でツーサムで回すんだよね。

羽田から飛んだ。やっぱり楽だ。19時に会社出て家ついてシャワー浴びてトランクもって品川までたくって、そこから30分以内。23時発なので機内で寝ていれば良く、まあ私は乗り物では眠れない性質だけど、別に仕事じゃないので眠れなくても良い。

ついたらホテル直行で、マッサージ。円高で全てが2年前より安く感じたがホテルのマッサージは高かったな。

1日目は中華、2日目は鉄板焼 3日目はイタリアン 4日目はフレンチ と全くハワイ料理(パシフィックリム)食わなかったがあれは好きじゃないのだ。中華は北京ダックを山ほど食べて漸く昨年のリベンジした。鉄板焼はパフォーマンスするところ。牛肉は何処の国の肉でも美味い。ニンニクの香りに包まれて帰った。3日目はタオルミーナというイタリアン。一応ワイキキのイタリアンでは一番とかどっかにかいてあった。美味かったが量が多すぎてメインをキャンセルせざるを得なかった。超イケメンの兄ちゃんごめんなさい。

あ、帰りの飛行機(当然羽田着。勿論ビジネス)で、M口先生お薦めの「カンフーパンダ2」観た。ヒネタパンダが楽しい。知人曰く「パンダ史上最も可愛くないキャラだ」とのことだが、アメリカ人の描くパンダだからねー。

以上報告終
[PR]

# by violatsubone | 2011-09-04 11:30 | 旅行&出張

よ~ださまの天然

4月に行った室内楽大会にてSQを組んだ方々&店きめ係りのΩ氏、で4ヵ月後の打ち上げをした。
どーも私が幹事をせねばならん=いいだしっぺだったようで、いやあ軽口には政治家じゃなくとも日々気をつけねばならんなと反省した。店しらんもん。というわけでΩ氏に店を決めてもらってその代わりに?!会に呼んであげた。
じじ&ばばとかいう人に喧嘩売ってるのかという名前の店だったが、Ω氏行き着けの英会話スクールの近所にあり、私以外の4名の自宅近所 私の会社近所ということ。気軽で中々リーズナブルで美味しかった。ローストビーフがんまかった。まああれは何処で食べても美味いもんだ。

この中では相対的クラヲタであるH氏は、CD行商人の顔を持つ。どんっと机の上においてさあ安いぞもってけなんとか。いくつか買った。先の映画紹介で現代曲~とおもってリゲティの室内楽などをチョイスしたら驚愕された。しかし我が家のCDレコーダーは遂に壊れてしまった(CD受入口が叩いても空かなくなった)ので、実はあまりきいていない。

来年はどーしますかなどといっており、私らとまだ懲りずにやっていただけるということだったので、何をやりたいかなんて話になった。ここから面白いのはよーださまだった。
よ「ボクラベルが好きだなあ」
H「この人達には無理です」
よ「そーお?じゃ、シューベルトかシューマンの短いほう」
H「短い?!」
よ「少ししか書いてないほうですよ。区別付かなくってさ」
H「。。。。シューマンですか。。。区別って・・・」
よ「そーそーその3番だったかなーよかったですよ」
H「よーださん、短いって。。それってつうさん以上に知らないって事ですね」
要するに私は彼にとって無知の代名詞らしい。まったく。
よ「いやーボクもよく先輩に、それだけ弾けるならもっと曲をしったら面白いよっていわれたんですけどねー」
H(もだえる)「そそそそーですよ、よーださんほど弾ける方が何で」
おれんじ「ブラームスのゼクステットの2番も素敵ですよね」
よ「ボクブラームスってあんまり好きじゃないんですよねそもそもしらないんですゼクステット。」
3名「ええええええーーーーーー!!」
H(さらにもだえる)「よーださんそれ凄いです。。ある意味。ブラームスのゼクステットを知らない上手なばよりん弾きがいるなんて」
よ「そーですかねー。あ、ショスタコは弾いた事ありますよ」
H「何番ですか」
よ「んーよくやるっぽいやつ。8番?」
H「き、きっとうそうでしょう」
よ「なんかさーよくわかんなかったよレミドシレミドシレレミドシってやつだよね。」
H(衝撃に赤くなってどもりはじめる)「よよよおださん、レレミドシなんて、レレミドシなんてそんなことそんなことそんな曲ではそんなそんな」
よ(けろっ)「え、レッレーミドシってとこありませんでしたあ?」
H(ひくひくして声が出ない)

私も、おれんじ嬢もΩ氏も全然出る幕がなかった呑み会だった。で、候補曲とか具体的な話は全く進まなかった気がする。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-17 19:30 | 食べもん

クラヲタ刑事の映画?

マーラーが16歳の時に書いたピアノ4重奏曲ってのがあるんだが、それがメインテーマになってる映画があったんだとネットを泳いでいる時に知った。ディカプリオ主演スコセッシ監督のシャッターアイランドとかいうやつ。2009年の映画。謎が解けるかみたいな挑発的は宣伝がうざったくて見ていなかったが、ここでこんなセリフがあるという。刑事の主人公と相棒が、訪問した精神病院の医院長の部屋を訪ねると、音楽がかかっている。相棒が「いい音楽だ、ブラームス?」と聴いたが、レオ様はちょっと考えて「いや、、マーラーだ」。マーラーの特徴も充分に出ていない若書きの曲いいあてるって余程のヲタだわ。素の他この映画のBGMはリゲティとかケージとかペンデレツキとかシュニトケとか所謂現代音楽がフンダンに使われていると書かれており、あたしゃ「レオ様はクラヲタ刑事の役なのか!」と思い込んで、こりゃみてみようと思ったのだった。家で映画デブデ見ることなど滅多にないのでTSUTAYAカードも新規で入りなおしたほどだ。

・・・全然違った。ディカプリオ扮する刑事(もと米軍兵)はこの曲だけ思い出があって知っていたということだった。一応謎だらけということになっているがハリウッド映画の謎などはパターンが決まっているので、直ぐわかっちゃう。謎解きがメインだなんていわなければ、戦争の後遺症?で悲しい人生を歩む事になった男の悲劇って内容で、特に最後のセリフなどが印象深く、悪い映画じゃなかったと思うのにな。

16歳の時の曲としては暗いこのピアノ四重奏曲。1楽章しか完全版は見つかっていないそうなので演奏時間は11分ほど。確かにブラームスぽい。回想シーン、紙がパラパラ降り注ぐ部屋で自殺失敗して痙攣している将校を見下ろす米兵のレオ。何が幻想で何が現実かわからない作り(わかるけど)になっており、そのゆがみを上記した作曲家の音楽がもりたてている。その後映画の全体のテーマ曲になっている。
それにしてもユダヤ人ぽい病院長は兎も角、思い出の中でナチの将校が聞いていたレコードがこの曲ってありえなくね?まだ録音されてなかったというつっこみは兎も角、普通に変なのでこの部分も含めてゆがんだ幻想なのか?でも意味ない幻想だよなあ。冒頭の獄門島みたいな島を訪問する時にかかるペンデレツキ交響曲3番ってのが、不気味で中々いい味を出していた。
クレーメルがCDだしてたのでついでに買った。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-14 22:00 | 映画/TV

赤いピアノ

c0102375_1395964.jpg
ピアノまで赤くしなくても。打倒スタインウェイ?中国ブランドのピアノのようです。空港のインターナショナルエリアに展示してあるのがなんだかなー。実は100社くらいメーカーあるんだそうですな、この国。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-11 01:39 | 旅行&出張

ちんたお2

c0102375_1325745.jpg
工場内にある社食。。○の内と偉い違いや。総じてうまかったが、何がなんだかわからんものも。スープですといわれ、美味しいねとすくったら中からナマコが丸ごと浮いてきたのはちょっと閉口。スーパーでも黒々と並んでるんだよなあ。。


c0102375_1345969.jpg
珍しく韓国風焼肉を客と。写真に写っているのは全て「お通し」。。。 この後に焼肉がくる。

くいすぎだ。5人で2人前しか頼まなかったが結構残った。


夜の9時過ぎに世界一(といってもアジア圏しかないけど)の売り上げ高をほこるJxSCO@青島店に行った。凄い広いが凄く込んでいた。この周辺は、こじんまりとした都市だが全体的にハイソサエティな感じなのか。んで、並んでいるものは全然安くない・・。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-10 08:32 | 旅行&出張

ちんたお

c0102375_1273373.jpg中国の田舎ホテルの朝ごはん。点心沢山で、色々とってしまう。あと野菜類が豊富。3日で太ったか。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-09 08:01 | 旅行&出張

英国王はベト7とともに話す

英国王のスピーチを近所の目黒シネマで漸くみた。いつもガラガラのシネマがほぼ満席だった。こんなにここに人がいるのは初めてだ。
地味な話だった。30代の監督がこういう題材を選ぶんだ。。というのが意外。何が起こるわけでもないのだが、名優の名演を心地よく楽しむ、というところか。英国風のジョークとか。
真面目で硬くてがちがちな国王役のコリンファースは勿論、コスチューム・プレイの英国夫人をやらせると、「眺めのいい部屋」の昔から変わらずとばっちり決まる不思議なヘレナ・ボナム・カーターの余裕綽々の演技。普通の紳士演じさせると余計演技の上手さが光るジェフリーラッシュの三つ巴。みな余裕ある、リラックスしながら演じているようで気持ちがいい。そうして英国といえば老人!チャーチル役のティモシー・スポールや大司教のデレク・ジャコビ、ジョージ5世のマイケル・ガンボンと往年の名優がこれまたいい味をだしている。
ヒトラーの演説の映像をみて「あいつは演説上手いなあ」とぼけっと感心する王様。可愛い。
英国製の仕立てよいスーツをこれほどかっこよく着こなせる人はいないなあ。立ち姿だけで王様だ。

これがアカデミーを取ったのは、アンドリュー王子の結婚を控えた王室の宣伝?と思うほど、まあストーリー的にどうってことはない。非常に品の良い、それでいて「過去のトラウマを克服しようと頑張る姿」という、何となく誰にでも共感を得るような題材、名優たちの肩のこらない程度の控えめな名演、で 感動はしないだろうけど、押し付けがましさのない、しみじみとして良い話だったなと思う。クライマックス、国王が話す場面、(ただ話す、だけなのがクライマックスなのだ!この何も起こらなさが逆にすごいのかも?)延々とベト7の2楽章が流れている。これだけが実はちょっと感動の強要的な部分泣きにしもあらずかも。でも良い曲だから良しとするか。

単館映画でひっそりとやっているのを偶然観たら、良い映画観たよ、って得した気分になるかもしれないが、オスカー受賞作?と派手に宣伝されると、これがどうしてだろう?って考えちゃうのでした。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-07 15:00 | 映画/TV

怪獣映画の如く

M口語録?は実は顔の表情とセットじゃないと、その良さは半減。先週のシモネタも話というより顔の表情が既にしてシモネタだった。今日もイフクベを振りながら
「ここのところはヨーロッパだったら、トトトトと前に行くようにするんだが、我らが日本人は違うんだぜ。ずんどこずんどこ地面に足のついた感じだよな」といいつつ、まーた嬉しそうになんとか音頭みたいな足踏みをしたりする。
「この最初の出だしのミステリアスなのがいいよなあ。怪獣映画っぽいよな。霧で鬱蒼とした、山の中で、怪獣が現れる前の風景だよ。ザンダ対ガイラとか、低予算映画のさー。いいよなあああいうの。低予算だから、怪獣が都会とか壊せないんだよ。だから山の中で闘うのな。何故か鉄塔とかが2本くらいたっているんだよな」*固有名詞忘れたので適当。
恍惚としたオタクな表情。先生の映画オタクは私の元上司@多方面ヲタにかぶる。今はハルキじゃあるまいし走ることに恍惚としているようだが、若い頃は会社終わって土日になると自主映画製作とかいって怪獣映画つくってようだった。あの人とM口さんはどっちが映画見てるかなあ、話したら3日くらい話し続けていそうだなあ。
トップサイドが休みだったので、代理ですわって、かぶりつきで先生見つめていた。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-06 18:00 | おけすとら

日傘男子発見

c0102375_1155190.jpg
遂に見ることが出来ました。日傘男子。日傘っつうか普通の傘を差している男子ですが、いやあ初めて見ました。普通の傘を日傘代わりに、まあそりゃできますわな。女もんのレーシーな奴を指すわけにはいかないだろう。何年か前のTV特集以来日傘と言えば黒。だったら男性がふつうにもってる傘と一見かわらんもんな。私はふつーの傘は透明傘ばかりなんで、兼用は難しい。

職場で見た見たはしゃいでいたら、大阪支店から4月に戻った人が「大阪だともっと沢山いるよ。東京と比べて大阪のオフィス街って、日陰がすくないんだよね」梅田駅周辺とか思い出して、ああそうかと。

日焼けサロンいってまでこんがり焼けたい野郎ってのは今じゃ過去の遺物なのかな?>
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-04 08:30

つぼびあ

c0102375_23472546.jpgビアハウスに行こうと誘われ、酒豪2名と日本橋のつぼびあ。まだ涼しかった8月前半、今のうちと熊谷の客を訪ね、直帰。東京駅について店に入ったら待ち合わせ時間通り。一週間後の灼熱熊谷だったらもっとビアが進んだかも?
ビールの銘柄は覚えないので適当に頼んで。食べ物でアイスバインといったらちょっと他2名に意外な顔された。女って豚足なんて頼まないかなー。写真は取り分けた後の残骸。

ドイツビアーか、そういや私ドイツ行ったことないんだよね。行った事ある国ちぇっくしてたら40カ国近くあったのに。西ドイツと東ドイツしか行った事無いのだ。。そろそろオイローパも行こうかなと思いつつ、遠いの面倒、休みはボケボケしたい、ということで今年も断念。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-02 19:00 | 食べもん

喫茶店のボルシチ M越ランチその3

c0102375_292992.jpg
003夫婦ともにお薦めだった、新館にあるウエストつうカフェ。コーヒーお変わり自由ということころがポイント高いらしい。そりゃいいね。まあコーヒーの原価なんざ1杯10数円だからそのくらいしてもらってもね。カフェオレ頼んだらそれもお変わり自由だった。
しかしランチはサンドイッチとボルシチだった。何故カフェにボルシチなんだ。これは日本のカフェだろう?パスタとかスパゲティナポリタンとかないわけ?ボルシチ風ビーフシチュウつう感じだったがまあ美味しかった。
非常に上品な量だったがパンと一緒に食べたらとりあえず昼食代わりにはなった。

ほぼ満員だった喫茶店、多分私は客の中でヤンゲストだった。空間でヤンゲストという体験は余り無いので新鮮だ。凄いなあこの平均年齢!!。この喫茶店(もう年齢層から考えてカフェとはいいがたい)のBGMはバッハのオルガン曲だった。落ち着かないはずがない。昼休み一杯ここで過ごした。
[PR]

# by violatsubone | 2011-08-01 12:00 | 食べもん

ぎりぎりくれー

c0102375_0533711.jpg
美術展ってあれよあれよという間に終わってしまう。とゆーわけで無謀にも最終日の午後に飛び込んだクレー展。入り口はごった返しており、どうなる事かと思ったが、奥に入ると案外ゆっくり見られた。出入り口だけ込む目黒線パターンか。
作品を裏返したり切り貼りしたり不思議な技法を試したり、、一見単純な線で表現されているが見れば見るほど吸い寄せられる。複製をインテリアにほしいなと思ったが、レジが込んでいたからやめた。
[PR]

# by violatsubone | 2011-07-31 14:00 | 芸術鑑賞

毒つぶやき(Fおけ)とシモネタ(露おけ)

土曜日の昼練って、しかも昼夜連続って、あたしの性にあわないのよねえ。。

案の定、東西線で急行にのり、乗り越す。浦安だって。千葉じゃん、千葉!。
不愉快になってパトリに思い切り遅刻だと打って、戻ったら目的の駅まで2駅だった。
今回の練習場所は千葉なのか。憤慨しながら眼の前のバスにのった(手を挙げようと思ったらバスが通った)らびよらが2人いた。「今日はこの面子以外来ますかねえ・・」

Fオケ2回目の弦分奏。このとき初めて前プロの譜面が配布される。また、こんなんでどーやって踊るねん!シリーズ2段。バルトークの武闘・・いや舞踏組曲。
Eっちゃん、譜面見て「なんかハルサイみたいデスネ」
おれんじ「この曲は宅配よりEっちゃんに向いてるわよ」
これを初見で弦分奏やっても意味ないんで、ベトベン再び。参加者も少なく、各パート2,3プルトずつ。びよらはぐっぴもどしゅも休みで、無法地帯。Eっちゃんやずっきーが一生懸命指導してくれていた。でも、最後にEっちゃんがぼそっといった
「今日の練習場、何でキャンセルしかなったんですか?!」

夕方は森下。Mぐっちー先生のトーク
「おい、ブラックスワン見ろよ。面白いぞ。上半期の映画の中でベスト3にはいるね。なんといってもナタリー・ポートマンが、あんなことやこんなことやあーーーんなことまでやっちゃうんだから
たまんないね」
これは無論ポワントで立って踊るというシーンではない。一人でとか女性ととかww。でも顔がキリリと引き締まっていて怖いので色っぽいとかエロっぽいとかそんなんじゃないと思うけどね。
「バレエの監督っていいよなあ、俺だって言ってみたいよ。」(コンミスを指差し)
「おい!お前、これから家にかえってxxx」
とか観た人にしか通じない下ネタをいって悶えている。あーあ先生と映画話したいのに、1度きりで全然呑み会参加してくださらないんだもーん。

練習に行く前も、らいあがお腹すいたとぼやくので隣の中華で食べてから行ったが終わってからも今回は中華だった。酔狂とかねてますという細すぎる男性と、ぴちぴちで可愛らしい女性が座っていた。今年就職です。さもあらん、そのピンクの頬!それから隣に座った男性は、やおら「ブログ見てます。ブックマークにも入れてます」とのこと。私貴方を知らないけれど?共通の知人が話したそうだ。こんな内輪ネタばかりの読んで何が楽しいのかわからないが、私のネタに知人がいるらしい。それはやっぱりΩだった。なんでそう無駄に顔が広いんだろうねww
[PR]

# by violatsubone | 2011-07-30 13:00 | おけすとら

はるやました

c0102375_046974.jpg
なるお洒落系の和食屋さん。こういうお洒落な店は滅多にいかないのだが、まあたまには。東京みっどたうんは外れが無いな。素材を大切にしているさっぱりした作りで、暑い日には丁度良い。まーたまにはね。
[PR]

# by violatsubone | 2011-07-29 00:35 | 食べもん

宣伝しとかんと

MLやらなにやらで「皆さんブログやらツイッターやらSNSやらで宣伝してください」と何度も言われたので何となく早めにしておかないといかんかなーという気分になった。
c0102375_041452.jpg
オーケストラ・ダヴァーイ 第5回演奏会
日時:2011年 8月28日(日) 13時開場 13時半開演
場所:すみだトリフォニー大ホール
JR総武線「錦糸町駅」北口より、徒歩3分
演奏曲目:
フレンニコフ: 交響曲第3番作品22
伊福部昭: オーケストラとマリンバのための「ラウダ・コンチェルタータ」
    マリンバ独奏: 山本 勲
リムスキー=コルサコフ: 「シェヘラザード」
指揮:森口真司
お客様に抽選?でロシア雑貨プレゼントがあるようです。選出方法はわかりませんしどこから入手されたもんかもわかりませんが・・。ちょっと可愛いかも・
[PR]

# by violatsubone | 2011-07-28 13:00 | おけすとら