<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

マエストロ、お前もか。(音楽家ファッション?!)

一人弾きオケも、佳境です。っていっても4回しか練習出てないで佳境もなにも、と思うが、今回は練習TUTTIのみで7回。しかも土日土日。毎回こんな感じ?と聞いたら、通常は10回くらい、とのこと。あんな日本初演かもとか言われる曲演奏するなら、後少し練習回数が、さらには分奏があったほうがいいのではないか、とずる休みをした癖にコンミスに言ってみた。この日は珍しく、ぶるっふは通しただけで、ブラームスを重点的に。「マックス・ブルッフの交響曲は馴染みがないしということで集中してやったらブラームスが夢枕に出てきて俺の曲ももう少しやってくれっていわれたよ」と苦笑いのマエストロ。確かにマエストロのやりたい事をオケが表現できるには、練習時間少なかったかも。私はこれは愛の差なんだなあと思ったな。マエストロはこの曲を演奏出来て、心底嬉しいようだ。「マックス・ブルッフ(必ずフルネームを言う)は演奏してくれて、有難うっていってるよ」と本当にいとおしそうな顔をして言われてしまうと、いやマエストロがそこまで嬉しいなら我々も頑張って弾きましょうぞと思ってしまうのだった。単純。
ところで、マエストロの井出たちをみて、あああここでもか、と手を額にあててしまった。カーディガンを肩にかけるスタイル。T響のK池先生、G友のM岡先生に続いて三人目だ。同世代だと思うが、この年齢でこのファッションは音楽家だけじゃないか。ある意味音楽家定番ファッションなのかもしれない。

一人弾き、この日は無かった。コンミス曰く
「昨日は来なかった人も結構いて少人数だったので、どのパートもじっくり一人弾きがあってとても充実してましたよ。来ればよかったのに」
と至極真剣真面目に言われたので、へらへら残念だったわと返答した。ああカシュカシアンに、私は救われた。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-29 18:00 | おけすとら

びよらすぺーす

時々びよらジョーク、と間違えて言っちゃうんだよなこのイベント。
本当は土日の夜チケット取っていたのだが、土日夜ともに練習になってしまって、一度は両方キャンセルだなと思っていたのだが、1日くらいはいっかとwww。だって皆1回以上は休んでいるし。本当の本当は金曜夜が一番魅力的だったが、5月の平日はちと無理だろうなと取っていなかったのだ。とりあえずカシュカシアンは聴いておきたいし。この日はびよらコンチェルト特集。5曲のうち唯一知っている曲が本来はチェロ協奏曲である、ってのがびよらの地位をあらわしてるようなもんだ。
東フィルの筋肉系旋回ヴィオリスト須田さんのテレマン ヴィオラ協奏曲。どっかCDで一度くらい聴いたことかるかなー。少し篭った落ち着いた音。アスリートみたいな体型だなこの人、腹筋われてるかもしんない、と関係ない事考えた。
若手イケメンヴィオリスト。エルガーのチェロコンチェルト、ヴィオラ版。「のだめ」のロラン君(だっけ?)みたいなぽわぽわ頭で飄々とした感じ。伸びやかで力強くて、それでいて情感もあった。某師匠は「女は黙ってエルガー」とのことだったので酷評下すかもしれんが、硬質なエルガーでよかったと思う。笑顔爽やかだし。
そしてメインイベント?キム・カシュカシアン(どうしてもキムと書くと金と変換されて嫌だ).
ベリオの「声」(フォークソングスⅡ)。還暦も近い?彼女、内巻きボブで笑顔がはにかむようで若々しい。腕かくしたりする控えめなグレーのドレスも、逆に少女っぽく感じた。しかーし、ベリオの日本初演もののいかにもな現代曲をかるがるとさらりと弾く。まあなんつうか格が違う感じだね。高音弾いても全然角の無い、キン、となることのない、温かみがある音でつつみこむ感じ。若者が弾いたらもっと硬くて寄せ付けないものになっていたと思うが、こんなわけわからんしかも長い曲で、包み込まれる感じになるというのがなんだか凄いな。でもどういう曲だったかは・・あんまり覚えてない。音だけ覚えている。。
お次は、先日NからT響へと電撃移籍を発表したラーメンヘアの店村さん。おじさんいいんだけど、学サマの場所をとるってことなのかしら??。ヴァンハル、ヴィオラ協奏曲C-dur。ヴァンハルって誰、と思ったらハイドンとかその周辺の人だった。こちらは硬質系。しかし顔芸が凄くて、余り間近でみるもんではないなあ。
最後に技術自慢の両刀使い、ひょろひょろ赤いヴィオリストのセルゲイ・マーロフ。この人は兎に角技巧派で器用な感じ。高い音とかひょろひょろ弾いちゃうし。技巧派がえらぶのはやっぱりパガニーニ。グランド・ヴィオラと管弦楽のためのソナタ。
超絶技巧系を、技術が難しければ喜びも又ひとしお、速けりゃ速いほど嬉しいね、と楽しげに弾いている。とらえどころの無い天才系だな。。アンコールには「パガニーニは良いヴィオリストだけど、ヴァイオリンの腕前も悪くは無かったようだよ」とヴィオラスペース的ジョークを飛ばして、ヴァイオリンを弾いていた。
席が悪かったが、色んなヴィオラ音色を楽しめた。で、どしゅ様の感想。
「バックの桐朋オケ、ヴィオラのサイドの子が、可愛かったね」
未払い金は1万円ですので。念の為。(私に借りを作ると、ここで公表される)
[PR]

by violatsubone | 2011-05-28 18:00 | 音楽鑑賞

おっさん研修

管理者向け出向者研修っつうものを本来であれば出向する前に受けるのだが、人事決裁が降りたのが3月中旬だったので(内示は2月にもらっていたんだけど)間に合わず、なんかこんな時期に受ける事になった。本社で9時から18時30分まで、ずっと座学。このところ出向先の社員による不祥事が多いということで、研修は必須らしい。こんなん資料くれるだけでいいじゃん。いや、資料配るだけだとあたし読まないな、うん。まあ1日くらいいいや。
教室入ったら見事全員おっさん。10年後にはもっと女性が増えているはずだが、うちのような会社の女性管理職ってほんっと少ないのよね、とため息をつく。おっさん50名が一堂にそろうとどういうことになるのか。当然教室は禁煙なのに、妙に煙草臭くなる。私は昔仕事仲間が全員吸っていた関係で少々吸うし、別に煙が駄目なわけじゃないが、喫煙ルームの煙草むんむんなにおいとも違う、なんか加齢臭と煙草臭がブレンドされている微妙な空気なのだなあ。ああ、おっさん臭。コンプライアンスだの内部統制だの与信管理だの情報管理だの人事管理だのわかってるわよといいたい事を繰り返し研修。最後には弁護士先生による労務管理。ああちかれた。

しかしまあ出向先で何がストレスかって、やっぱりヒトなのよね。研修でも人事部が「本社社員とは環境も学歴も収入も違うことを心得ておいてください。本社で通じることも通じない世界です」と、上からな話をしていたが、うつると確かにそうなんだよなあ。。なんだかんだ言って本社の人間は高学歴なので(私の様な二流大學は一般職あがりか、大學で一人いるかどうか)性格とか仕事の出来不出来等はおいておいて、まあ基本 頭が回る。基本的な知識と頭脳の反射神経、あとは仕事への意欲やら野心がある。野心だけあっても仕方ないが、仕事する以上何かあってしかるべきと思う。ところが、今の会社の社員、特に昔からいた社員のだらだらさぶり、頭の回転の遅さぶり、仕事への適当な関わり方、もう環境的に20年以上こういうスローな人達と仕事したことがないので、戸惑う。一緒に出向した若手はもう既にカッカと来ているので、抑える役目も果たさねばならぬのだが、いつ自分がぶちきれて、言葉の斬鉄剣を浴びせるか、自分の中で戦々恐々としている。

が、ぐだぐだ社員も朝だけは早くくるんだよなあ。。。。どーして私には出来ないの(>_<)
[PR]

by violatsubone | 2011-05-26 09:00 | 会社にて

朝爪 そして まだ一人弾き未経験

c0102375_0454495.jpg朝から爪遊び。3週間ぶりに映画の続きをみたら、あっけなく終わってしまった。続いて短めの映画が上映されたがこれはつまらんかった。やはり涼しげということで白いネイルにしてみたら、同じ事を考えている人が多くて周りのジェルネイルな方々は皆白っぽくかえていた。さて次回はどうするか、カルジェルサロンに変えるか?要検討事項。予約時間がなんと朝9時しかあいていなかったので、午後はたっぷり練習が出来る・・はずだが眠くて昼ねしてしまった。夜にまた一人弾きオケ。一人弾き予告メールが入っていたのでヤマかけたけど今度もびよらの一人弾きはなかった。速くて細かいが、判りにくいわけではないので、ノることができると少し楽しくなるブルッフだった。2楽章の後半、なんだかどっか南米当りの国歌みたいだなあ。
今日はKMRさんのお友達の音大仲間達とアフター。

このオケ、悪く無いんだけど、MLの投稿が無駄に多いのが気になる。練習欠席のお知らせなんて全員にまわすなっつうの。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-22 09:00 | おけすとら

・・・一人弾きオケだった

寿司オケ→プルト弾きオケ、と毎回命名が変わっているJPN蔵鹿だが、この日はまた口をあんぐりさせる出来事。ブルッフ、4楽章。ひたすらアルペジオとか刻みとかを忙しくやる体育会系の曲。このあとにブラームスやると、悪いけど同年代のヒトとは思えない構造力の差があるんだけどなー。「名曲(広く知られている曲)には理由があり、埋もれている曲はやっぱりそれなり」という持論があるので、マイナーな曲を掘り起こして楽しむ気はないワタクシ、悪い曲じゃないし、爽やかだし、国歌っぽい高揚感もあるところはあるけど、残らないよなあ。。と思いつつ、必死に弾く。プルト弾きの山を張りながら。。ところがビオラにはこなかった。そしてファーストバイオリン、朗々としたメロディーのところを
「はい、KMRさん」とコンミスに弾かせ、KMRさんにも注意を与え、「はい、隣」
うおお、プルト弾きどころか一人弾きじゃないかっ!
ところがファーストばよりんの方々は、何か慣れているようだった。マエストロは個人の実力に合わせてそれなりの注文をつける。もう少し右手をねばって、とか、全体的に弾けているから重みをもって、とか。そうすると皆ちゃんとそれに答えて上手くなる。そう、一人弾きしかも注意をあたえて何度も弾かせたりするのだ。
ブラムスは、2楽章の出だし。
「はい、チェロ、トップから」
これもじっくり一人弾き個人教授だった。しかもKMRさんまでも「ここの弾き方は・・」とアドヴァイス。ううむ、本日は来なかったが、明日はわが身だ。ここまで緊張した経験は中々ないものだ・・。

この日は弦の中心メンバーさんと、呑みに行く。ただ、練習場が井の頭線沿いの住宅地内なので、我々が通常使うようなチェーン居酒屋というものがみあたらない。こじゃれた焼肉屋みたいなところに入った。寿司の後は焼肉。やっぱ豪華か?メニューにユッケと馬刺しがあったので聞いてみたら
「自粛中です」とのことだった。自粛ねえ・・・。いやちゃんと管理している自信があれば堂々とだしてくれりゃいいのにさ。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-21 18:00 | おけすとら

エンゲル係数

c0102375_23503768.jpg
最近の私は、飲食代がかなり低い。
朝 食べる余裕無し。コーヒーのみ
昼 250円弁当
夜(仕事)→立ち食いソバ屋 350円
(呑み)立ち飲み屋 1000-2000円

なんつうブルーカラーおっさんのような食生活なのだ。


全然節約しようという気は無いのだが、そもそもソバや弁当って価格と味がそれ程比例していない。高い幕の内弁当だって所詮は前に作ったものを詰め合わせているので、対して美味しいと思うものはないのだ。だったら250円上等。立ち食いソバは近くの「鰹節」屋さんが開いたそば屋で、だし汁が美味い。全部呑みたくなるくらいだ。なか卯つう選択肢もある。
c0102375_2351238.jpg
立ち飲み屋はしょっちゅうのんでいる子会社社員の行く場所。給料安いので余り高いところつれてけないし、傾斜配分きつくなるとやだし。必ず誰かがいる、という場所が心地よい様だ。あたしは立ち飲みって好きじゃないんだけどねえ。。
というわけでなんかボーナス前なのに、余り貯金が減らない。それはそれでいつかドカンとデカイもの買っちゃいそうでこまるんだが。。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-19 12:30 | 会社にて

窓7とミニBB

何もかもがレトロな出向会社。だのに本社よりも新しいものが一つだけある。いや、新しいというか、新規導入しちゃったから新しいんだけど。
PC。現在机には 本社のPCと出向先のPCがあり、とりあえずメールは大体出向会社のあどれす宛に来る様になったが、諸事情により両方立ち上げる。本社のosは窓XP。オフィス2003.社内独自なDBとメールシステム(過去のnotesの残骸はのこっている)。ところが出向会社は窓7.グループウエアが細胞図のV。7.んでオフィスが2010みたいで、要するにエクセルが2バージョン高い。これが、ツールバーがシートごとに分かれたり、計算画面と保存・印刷画面が違ったりとなんだかなれない。いちいち反応がボワン、としているのがまた好かない。どんどん機能追加されてちょっとうざったいのよねえ。
そしてスマホ。本社社員はBBがいいのだとどうでもいい自己主張を上司がしたせいで、うちの部著だけブラックベリー。以前持っていたものより1バージョン高いboldの小さい奴。小さい奴はキーボードも小さいので打ちにくい。同社の新入社員(中途なので20代後半)に渡したら、「タッチパネルじゃないのにスマホっていえるんですかっ!」といわれた。彼らにとってスマートフォン→タッチパネルなのでブラックベリはおっさんくさいのである。
でもスケジュールとの同期が出来ない。細胞図のバージョン8だと出来たらしいけど、、、なんか凄い機能が限定されたスマホじゃ。

結局スケジュール帳が必要になってしまって。。。。。やっぱりレトロだった。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-17 23:21 | 会社にて

プルト弾きオケ

昨日に引き続き、JPN蔵鹿とかいうKMRさんコンミスオケに出向く。昨日と異なりびよらが7名いた。(昨日は4名)。隣の席に座ったヒトが「ご一緒したことありますよね、ボクの事覚えてませんか」とナンパ男めいた事をいったがぜんぜん覚えていない。私そんなにあちこち出向いていないので知り合い少ないんだけど。でもそのうち独特のタバコ臭と、弾き方とかでどっかでご一緒したことがあると思い出した。でも顔みて思い出せなかったのでちょっと気分を害されたかもしれない。おじさんの顔(いや、多分同世代だろうが)は余程のイケメンで無い限り、余り覚えないんだよあたし。
昼間にちょろっとやってなにこれと思っていたブルッフ。出だしのうねうねアルペジオ2段。皆一緒かと思ったらビオラだけだったのねえ、と思っていたら、マエストロ
「はい、ビオラ1プルト」
トップとサイドが弾き始めた。はい?此れは見本ということ?
「はい、では2プルト目」
げげげ、プルト弾き!!こんなん学生時代以来だよ。ビオラの人数が少なくて結果1プルトで弾いていた事は前のオケではあったけど、皆が衆目するなかそんなの!とか焦ってろくに弾けなかった。3プルト目は普通に弾いていた。4プルト目は、たまたま一人ですわっていたらいあ氏だったが、奴は度胸がすわっていたのか初見の癖にww弾いていて、弾けないところを歌って終了させて「一人でそんだけ弾ければよろしい」と褒められていた。

ファーストは4楽章とかの速い音階まじりのパッセージプルト弾きされられていた。Fオケでこれやらされたら、特にばよりんはびびるだろうなあ。このオケのばよりんの人達は、元々のメンバーが多くって割と平然と受け止めていた。管楽器には当然だけど弦楽器はなれないのよね。
しかもなんでこんな速くてぐにょぐにょしているところをやらせるかなあ。

ブラムスになってホッとした。しかし、ブラムスはオケがやっぱりばらばらだった。Fオケと同じくオラームス現象?ただ、KMRさんの毅然とした音があるので、全体がしまる。上手いアマチュアと、プロの音の差ってあるなあと思う。音の重みとか、迫力とか。楽器弾いていないと、箱入りお嬢様なんだけど、プルト弾きした時の迫力は凄かった。やっぱりストバイの音は殆どKMRさんの音だったんだー、と思った。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-15 06:00 | おけすとら

KMRさんオケ セレブな呑み会

c0102375_1154882.jpg
Fオケにお手伝いに来てくださるバイオリニストKMRさんがゲストコンミスで、オーソドックスな曲をじっくりやる桶だと聞いたので参加してみた。何せオケ難民だからね。練習は一ヶ月にみたず、その代わり土日土日とある。練習期間の短縮というのもローコストオペレーションってやつなんだろう。指揮者はドイツ在住。メインがブラ2。ブラムスはなんどやってもいいし。それからなんだっけ、ブルッフのバイオリンコンチェルト?と思って参加したら交響曲1番だった。こいつ交響曲かいてんの?誰がこんな曲みつけたの?どこがオーソドックスなのこんなヲタ曲!?とびよらトップにメールで聞いたら指揮者がブルッフ協会の会員とかなんとか、コブレンツなる都市で昔ブルッフが何かを書いていた家に住んでいたり、ブルッフが振っていた桶を振っていた?とのことで今回推薦されたんだそうだ。で、この曲が構成も和音も単純なくせに、弦にやたらと細かくて速いアルペジオとか音階とかをさせる。それも殆ど休み無く。教則本を高速でやらされているような曲だ。譜面もらって参加を後悔したがもう遅い。しかも譜面もらったのがGW明けだったので、仕事で忙しくそのまま出張行ってしまい、製本がせいぜいの初見参加となってしまった。まあ飛行機の関係から途中参加だったので初日はブルッフ4楽章を口をあんぐり空けながら落ち、あとは初回からトップサイドでブラ2だった。以前も同じくドイツ在住の方の指揮だったwwが、あぷろーちが全然違って別の曲のようだった。終了後、KMRさんがマエストロを紹介してくれ、そのまま初回の呑み会ということで、築地(練習場は浜離宮朝日ホールという贅沢さだった。)の寿司屋だという。誰かさんが良く使用している「ざんまい、奥の院」とかいうところ。オケのアフターで寿司屋(しかも回らないで個別に来る)行った事なんぞ初めてだ。どんだけセレブなんだこのオケ、と思って中心メンバらしきヒトに聞いてみたら、マエストロが寿司好きで是非ということだったので、今回初めて、とのこと。あんまりお酒はおのみにならないらしい。まあドイツ在住じゃ、居酒屋いって飲みふけるという感じでもないんだろう。

でも私が、「セレブオケ」とか「寿司オケ」とかこっそりつけた名称はこの日1日しかもたなかった。もっとびっくりする事が翌日には起こったのだ。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-14 14:00 | おけすとら

いざ生肉を。

c0102375_0595747.jpg
福岡→熊本コース。出向してから新組織立ち上げご挨拶出張みたいなんがおおくて毎週1-2回新幹線か国内線乗っている。来月になったら落ち着くんだけど、今月は出たり入ったりで体力的にもきついなあ。
「東京の仇を熊本で討つ!」といきまいている同僚。なんか東京でありましたかねと聞くと、彼は生肉好きなのだという。「馬刺しが俺を呼んでいる!」ああ、こいつ同行させるんじゃなかったか。あたし別にユッケ好きじゃないからどうだってよかったんだが。しかし馬刺しは楽しみだし。。客先にそういったら、馬しゃぶしゃぶコースだったのが、特別に馬刺し一人ヒト盛りつけてくれた。馬い。小腸だとかわけわからん部位もあったが、鮮度がよいのでどれも美味しかった。しかしこの客は飲む、開放されたのは夜中の2時だった。翌日の飛行機、朝一は絶対無理と思ったからずらして正解だった。余裕を持って空港にいってお目当てのからしれんこんを買う。此れとビールで、結構平日過ごせたり。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-13 08:50 | 旅行&出張