<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

アディオスまるのうち

c0102375_3202689.jpg
というわけで、本日をもって出向の為 本社とはおさらば。花なんてもらったけど、週一の会議とかしょっちゅう出入りすることも確定しているし、仕事毎スピンアウトするわけなんで、なんつうかあまり感慨がない。元々思いいれってものが無いからな、この部署。送別のお花をもらっては見たが、みんなの前で挨拶とかしなくちゃいけない憂鬱さの方が勝つ。余りやる気漫々なのを全面にだすのもみっともないので、淡々と。○の内にも未練が無い。

震災の所為でバタバタして、準備全然していないため、心の準備も全然できとらん。なんで花なんてもらったのか、ピンとこなかった位。そっか明日から名刺がかわるんだった。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-31 19:00 | 会社にて

毎日が5時45分

c0102375_3344941.jpg
元々機能よりデザインだけでえらんじゃった時計なんで、良く遅れる。電池一つで動いている為、これまでも2度ほどとまっている。時間にルーズなんだから、ちゃんとした時計買えよ。
地震の前から遅れ気味だったが、その後数日して停まった。家に電池がなかった。誰もが懐中電灯等のために電池を求めている時、あたしゃ時計の為に電池を求めた。当然無い。しかたないので暫く時が止まったままにしておいた。この日、2週間以上して漸く入手し、漸く毎日が6時15分前、から脱出できた。明後日から朝に気合をいれねばならんからな。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-30 22:33 | つぶやき

つぼとらーのふ3 地味練

H~氏さんの専属?!SQのDSQ(どしゅかるてっと)では、しばしばセカンド以下での練習をするらしく、これを地味練と名づけたとのこと。レベルははるかに違うが、「このつぼね達を見捨てるわけにもいかん」と地味パートとしての責任感により、当オケでも地味練が行われることとなった。初回からばしっと決めてきたよ~だサマのファーストを少しでも気持ちよく歌わせる為に、地味なパートが綺麗に支えなくてはならんということで。実態は、つぼね専属トレーナーとなったH~氏先生ご指導によるつぼね特訓教室だ。
つぼとら練習スタジオであるおれんじ邸にて、音程をきっちりあわせるところから。
H「ここはお互い3度で移動してくんですね。」つぼ「へえ、そうなんだ。」
H「ここはチェロがメロディーですよ。」つぼ「あらーしらんかった。」
H「ここからmolに変わるので、それを意識して弾いてください。」つぼ「どうやって意識すんですかあ?」
H「それはもはや音程とは言いません!」つぼ「ありゃ、すいません。」
H「何笑ってるんですか」つぼ「だって隣の音程が」H「それは注意すべきで、何も言わずにただ笑うのは最低です」
他が観てると殆ど漫才的練習だが、一応3人とも真剣に、楽しくしかし充実した3時間あまり。
こいつらは一体なんだろう?とほほと思いながらも、こういうことで稼げたらなあとも思ったに違いない、H~氏にねぎらいの意を込めて、近くのスペインバルでご接待した。まあそうした事はつぼねの得意技である。あたしはワイン呑んで途中から寝てたけど
[PR]

by violatsubone | 2011-03-27 15:00 | カルテット??

悪いうどぅら3羽目と、アウェー感満点の練習

午前中は、あぷりこにて打ち合わせ。まああたしゃその場にいただけって感じだけど。こんなお気軽発表会でもうちあわせってのは真面目にするもんだな。彼らにとっては仕事だもんな。

午後はジェルネイル。ぐっぴが始めて「爪が短くてもそれなりに」出来ること発見。そうか鑢でけずっちゃっていいのか、というこで私もやってみる。終わって直ぐに色々出来るのがいいですなあ。実は本日は2回目で、最初は地味な色だったけど、いきなりバブルピンク(フーシャピンク)みたいな色になってしまった。本当は平日の深夜とかにやりたいんだけどなあ。

夕方はぐっぴ邸にて「しろいけ」アンサンブルの練習。セカンドHJ氏は大阪滞在なので今回は無し。セカンドがいないというのはびよら的には痛手なんだよなあ・・とか思いつつ時間の5分前にいくとS弟に会ったので一緒に家にお邪魔する。本日ぐっぴは他練習にて不在。姉の遅刻は想定内として、もう1人が来ない。「003さんは時間より前に来る人なのにねえ」と弟と首をかしげていた。ゆん姐が来て、連絡来たかと聞いても、ないという。変だねえ、そういう人じゃないはずなのに。最後の良心のはずなんだけどね。私もメールし、ゆん姐も電話をする。無反応。どっかで何か起こったかね。
とりあえず始めてましょうか。
はじめてましょうかといっても、5人のアンサンブルの内、中低弦の2人がいない。びよらとしてこんなに練習にならんものはない。
アイスダンスのR姉弟とか、禿んSQとか、姉弟でどーして一緒に組む事が出来るんだかわたしゃどうしても想像つかないが(私は弟一匹)この人達もあたしゃ信じられん人達だ。性格は姐が当然強く、音楽の実力は弟があるので、弟が手ほどきする感じで延々にマンツーマン。指導ったって管と弦の差があるから音程確認とかそんなんだけど。なんじゃのこアウェー感は。禿んSQのセカンドのおっさんはいつも兄弟に囲まれてどんな気分なんだろ。殆ど放置状態のまま、しかも伴奏合わせる相手もいないまま、なんだかわからんうちに練習終わった。ああこれも欠席した奴の所為だ。5人のうちの3人といってもそれがセカンドとびよらとチェロだったらそれなりに練習になるのに、メロディー担当とあたし一人って。。
ちょっと憮然としたまま練習おわると宅配がチェロかついて降りてきて、「えっ、003さんとちょっと合わせられたらと思ったのに」と言った。振られたもの同志でのみに行く。あとからぐっぴが加わったがどうも彼女は003の真相を知っていた?様子だった?。
うどぅらの最後の良心だと思っていた。だからこないと何か起こったのかと最初にそっちを考えた。すっぽかされたとは。そしてどうも他の練習とのダブルブッキングではなくて、何か別の場所にいっていたようだという事も。ひょっとしてアルコールが入っていたか。呑み過ぎてすっぽかしたり、その場にたどり着けないうどぅらどもはいたが。。。。

良心取り消しっ!
[PR]

by violatsubone | 2011-03-26 18:00 | カルテット??

室内楽打ち合わせ

ぐっぴ邸。学校が中々始まらないので結構暇なのか、平日昼間に色々メールよこすぐっぴ。今回は室内楽の事務局手伝うよといったきり、すっかりバタバタして頭に無く、結局彼女が仕切っていた。今更手伝わなくてもいいかなと思ったけど、召集かけられたので行く事にした。とりあえず順番をきめたりした。まずピアノの有無と、おおよその演奏時間や編成も考慮し、あとは最多出場選手003サマの出番具合も考慮した。いっそのこと全部つなげて、003オンステージにしちまおうかという話もあったが、ちょっと実現をふみとどまってしまった。自分も今回3つでるので、密かに意見をしのばせ、いい具合にばらけさせた。トリも欠席裁判で「うどぅら」になった。どうせ鳥なんだから。というのが理由。濃厚な演奏を期待しよう。
今回も賞がある。私は色ドレスもあるしベストドレッサー狙いたかったが、まじめなつぼとら関連は黒黒になってしまった。私チャイナ服着て演奏してやろうかと思ったんだけどな。。

もう1人の幹事が帰った後、ぐっぴが「これ観て」「アレ観て」と色々去年の結婚式グッズを披露した。アルバムは芸能人の写真集の様だ。すんげー。ブーケは押し花?になり額に飾られていた。私のブーケは、白いほうはちょっとなんだかわからなくなってたが、赤い方は綺麗に押し花になっていた。そっか、そのくらいの写真は撮ればよかったな。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-23 20:11 | カルテット??

慣れ

携帯が借り物だとろくに写真も撮らない。ということでこの一ヶ月は写真が少ないのだ。

会社の入り口がなにやら怪しげだ。節電に協力してますよ!とばかりにメインの電気を消し、足元灯と壁の脇あたりが光っている。会社の癖に間接照明。アジアのリゾートホテルの様だ。というか複数の間接照明と上からの直接照明とそれ程電力違うのか?まあ、ムーディといえばムーディだけどさ。

先週の木曜日、「すわ、大停電か!」の話で一斉に会社がクローズして恐ろしく混雑した迷惑な夜以来、弊社でははよ帰れとは言わなくなった。一応、節電してまっせの意思を示す為、12時の鐘が鳴り終わる前に照明が1時間消え、18時半にまた消える。昼は薄暗い中で仕事し、夜は誰かがつけに行くまで暗闇の中でPCを見ている。しばしば余震が起きるが、もはや誰も何も言わない。人っていろんなことにあっさり慣れるんだな。地面は不安定なものだ、と思うようになった。

お客さんの中で、東にある工場は色々ダメージを受けている。我々の原料が漸く出荷できますよといったところで、パッケージの紙がありません、インクがありません、ペットボトルのキャップがありません、運ぶガソリンがありません、点検しようにも計画停電で。etc..
一方全てが揃っている西は仕事が集中して炎上です!とのこと。
まあ何にしても皆イレギュラーケースに対応しようと懸命に仕事しているってわけだ。まあこういうことも余りないので、何事も経験と思うことにする。
予算の見直しについてヒヤリングがあった。この際だから全部地震の所為にして損計上しちまおうかな。予算未達の理由は実は別にあったりしたが、全部地震が悪いと書いてやった。

出向前に親会社から交通費ふんだくってやるとばかりにタクシー帰り。運転手が、今までは深夜でも明るかったんですが、夜がこんなに暗いものだと再認識しましたよ。24時過ぎで明るいなんて、異常ですよね。これが普通なんですよね、ボクはこの位静かな夜が好きです。ボクの若い頃はこれよりもっと暗い位でしたし。

異常なことに段々慣れてきた週であった。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-22 21:29 | つぶやき

うどぅら(マイナス良心)呑みに参加@ぽぱい

c0102375_044105.jpg玉が大興奮していたせいで、予定より遅くなってしまった。うどぅら(注:おぢさんカルテットの名前。)呑み会に何故か呼ばれた。まあ私はeyさんのネタなので。しかし良く同じネタで1年も通すよなあww。両国ポパイ。色々ビールがある店。酒の薀蓄は他人に任せる事にしているので一向に覚えない。2回目だが、多分初回と同じ質問をした気がする。で、美味しいと思ったのが何か全く覚えていないので次回も同じ質問をするだろう。写真は食べ物しかうつしていない。これはアイスバイン。久しぶりに食べた。私が到着すると何も言わずにSIMAちゃんのところに通してくれるって、彼はどのくらい行き着けなんだろう。食べ物美味しいけど、決して安くは無いんだよね。
c0102375_0521911.jpg
うどぅらから、「最後の良心」といわれている003さんが他SQにて不参加。つまり良心の無い黒いうどぅら達だ。ey奥様が参加、地震の日の帰り道に一緒の方向の人と意気投合して呑んじゃったというたくましいエピソード等聞かせていただく。私がレッスンが話しばっかでしてねーなんていうと、ストレートなうどぅらSIMAちゃんが「先生変えたら」と直球なげれば、「この人、ネタでレッスンいってるんだから」と腹黒うどぅらが言う。でも多分そうなんだな、私。一番ハイテンションうどぅらは相変わらず他人を無理やり幸せにする組合せを勝手に作って喜んでいる。何時しかSIMAちゃんの相手もフィックスされたようだった。それは全然思いつかない組合せなんだけど、まあどこでどう転ぶかわからんということだ。当分そっちでもりあがってもらおうっ。地震の後ですら、ぶれずにずっとこの話題をいいまくるey氏は凄い・・。
c0102375_134634.jpg
これは上のアイスクリームの後に来た、こんにゃくのラザーニャ風(メニュー名は違う)だった。不思議そうなものはオーダーしたい、ネタ中心人生のワタクシ、ヘルシーやダイエットの題名詞のコンニャクをこんな不健康なもので包んでカロリー高くする珍料理。食べると案外いけた。こういうの誰が考えるんだろうねえ。
この人達、練習の後かなとおもったらキックオフ呑み会だったそうな。誘っていただき恐悦至極に存じます。その後、練習は順調でしょうか?

そして、003さんだけはうどぅらの良心であり、この3人とは一線を画していると思っていた。このときはまだ・・・。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-21 20:10 | つぶやき

Lesson111 玉の地震体験

「今日は色々キャンセルになったのでもっと早く来ればよかったのに」
そんなこといったって決めた時間より早く行けるかどうかなんて教えてくれなきゃわからんがな。
その後の用事があったので、私だって17時にすりゃよかったなとは思ったけど、平日土日とも色々さらうひまがないので本日一日漬けを掛けて18時にしたんだな。あんまり成果なかったけど、まあ今回のエチュードは何とか一発クリアした。課題→「弦楽器奏者はソの♭とドの♭が苦手なんだよな」。昨日聞いた様な。。。うーん。
地震の話題でヒートアップしていた。トスカなくなったんです。何だ、横須賀のホールとってやろうか?オペラやるならあそこは最高だぞ。どうせならピットにはいって演出もやりゃいいんだ。いえ、指揮者からオペラはやめましょうという話があって。第一、実施したところで金がないので字幕すらつくれずと。。8月だろうに。ええい自粛だなんだって腹立たしい、bra,bra,bra---。
地震の被害はどうでした?うちか?うちは地盤も良いし、S坂からもらった卓上カレンダーが倒れたぐらいだなはっはっは。大体俺はアメリカで聖フェルナンド地震(1971年)を体験したんだ、直下型で、俺は震源地の15kmくらいのところで車にのってたんだ。もう地面が波打ってこの世のおわりかと思ったね。俺は車からおりて、でも立てないから近くの郵便ポストに必死に捕まってたよ。周りの建物はぺちゃんこ。直ぐ近くの地面が地割れしたね。
不謹慎ながらポスト(丸いやつですね、きっと)に必死につかまる玉の図を思い浮かべた。捕まられたポストも気の毒した。
今回の地震でも、俺たちはたいしたこと無いが北がやばいなと即座に思ったね。地震より津波がね。俺は直ぐに思ったぞ。まあ後で言われる予言程信憑性の無いものは無いから、隅で聞いておく。そして今回の政府対応でまた色々と。アメリカなんて地震直後にクリントンが援助申し出ていただろう、やつらは超高性能の監視システムを持っているので原子力の状況がわかっていたんだ。特別に申し出たってのにKANの大マヌケはbra,bra,bra。。。一通り米国の軍事力の凄さと日本のセキュリティ能力の低さをぶちまけて、あたしはそろそろ帰りたいなあと思ったのだが、なかなか収まらなかった。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-21 18:00 | ビオラレッスン

つぼとらーのふ2 よ~だパパの長い一日とH~氏のDKYランチでびゅ

本日のメニューは、10時から、ベートーヴェン3番、ホルンが来たらベートーヴェン6重奏曲@DKY練習場。朝から練習なんて泣きそうだが、スケジュールびっしりのばよりん2人の都合にあわせると朝練いれないと2曲なんて無理なのだ。
しかもファーストばよりんのよ~だサマがかなり忙しい1日を送り、つぼとら練習@DKY→保育園@NBRT→つぼとら+ほるん練習@DKY→別団体のベト3@EKD というメニューだった。恐るべし、ぱぱフォース。背広でばしっと決めた父兄モードのよ~だぱぱに、1楽章、「うーん、朝寝起きにひいたって感じかな」と控えめにダメだしされた後、4楽章を宣言した速度よりやや遅めに(彼にすればかなり遅めに)弾いて、「うーん、4楽章の方がましだね」。娘の卒園式にとカメラと三脚もってぱぱが一時退出後、H~氏の指導によるセカンド以下練習、DSQ的に表現すれば「地味練」といふらしい。(H~氏とMK氏とどしゅの3人のどこが地味なんだとは思うが)こころはファーストが自由に弾ける様にセカンド以下の土台をしっかりするというような。H~氏は会社の若手社員、言葉を選びつつ、つぼねたちに指導。「言葉選ばなくていいですよお」とおれんじは言うが、そうそうストレートに物事はいえないものである。
c0102375_12333966.jpg
ホルンが来る前に昼。DKYでランチって、、、こじゃれたカフェしか思い浮かばないこの周辺、CVSやFFも無いんだよね。お洒落な街って、不便だ。「俺の入れる店がいい」と花粉予防マスクをして、憮然と言うH~氏を上から下まで眺めて「無いな」ストレートに答える私。確か唯一の店としていく韓国料理屋(しかし高くてお洒落)が入っているビルに中華もあったはず、とたずねてみる。なんか鱶鰭コース7000円とか言うような高そうなメニューがあるが、麺ものも1000円である。ここしかない。入った店では黒スーツの男性に「こちらでお待ち下さい」ときんきらした待合室に通され、披露宴の様だった。その後ゆったりしたソファーが半円に広がるダイニングに通され、金縁のメニューが渡される。お昼のコース3000円。。最終ページを捲ると麺ものがあったのでこれにした。尚何度も言うが、ワタクシはミシュラン三ツ星のレストランだろうが平気だが、それなりの服装でいない時、デニムにセーター、ろくな化粧もしていない時はかなり気後れするのだ。服装って精神と結構結びつくのよね。まあしかし、ゴージャスな内装であってもつゆ麺ものはリーズナブルで、1000円でデザートも付いていた。蝦団子入りつゆソバ、美味しかった。
午後はホルン2名が加わって、六重奏。ホルンが難しそうな曲。最初に聴いてセカンドホルンの忙しさに思わず笑った。「全部やります」とやる気漫々なKNN氏。「やっぱ吹けないですー」と開口一番苦笑いのしんちゃん。でも2人は磐石だった。「結局弦楽器が不味いという事が判明しました」夕方戻ってきたよ~だぱぱに、部下が上司に状況報告するかの如く、H~氏。要するに我々だ。よ~ださんが加わると締まりが違い、KNN氏は満足そうだった。「じゃ、弦楽器は、サラエボ」と、実はおやぢギャグセンス満点のぱぱが小首をかしげて練習を〆た。
その後、よ~だぱぱは別カルテット練習。なんとこちらでもベト3だったということが判明。あちらは百戦錬磨な方々の様子、練習順番、逆じゃなくてよかった(-_-;)。残りは最近アフターDKYに良く使う黒豚家。宅配夫婦も加わり、みどりかわ?なる酒を凄い勢いで消費していた。ここでも中止になったトスカの代わりどうするかみたいな話になり、勝手に曲でもりあがった。ぐっぴが宅配の影響でいつのまにかハイドン好きになっており、なんか張り切って語っていた。問題は箱と指揮者なんだけどね。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-20 10:00 | カルテット??

しんちゃん家で女子?会

アフターは、まぐろ家にて少し呑み、男性3名は解散。残るつぼねずは、前からメールいただいていたF兄しんちゃん家に遊びに行った。しんちゃんが誘った男性は都合悪く、来たのはつぼね(含:べっち)だけだった。まあ休日暇ってことよね。しんちゃん妻の料理はんまかった。(写真とれず残念)特に、たっぷり煮込んだスープが美味しかった。ワインと日本酒にあうつまみを両方用意してくれるので凄い。愛かわらず余震は来ていたが、酒呑んでると良く判らん。

また奥さんの手料理を食べに行こう、と、嫌なおっさん上司の様に思っていたが、まさか転勤とは・・・。結婚したり家買うと転勤になるものよね。それにしてもミューザの天井が落ちたよりショックだ、金管の知性でもあり良心でもある兄の離脱は。。。
[PR]

by violatsubone | 2011-03-19 19:00 | お遊び