<   2010年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ちょんまげぷりん

c0102375_254877.jpg
映画を観た後に、原作も読んだ。そう思うことは珍しいが、映画の方が面白い。さすがM口先生のお薦めだけあるな。笑いのツボに共通点を見出し、先生のお薦めは面白いはず、と思って滅多に観ない邦画に足を運んだが、名作とか傑作とかじゃないけれど中々楽しめた。
タイムスリップものなんてジャンルとして確立するほど山ほどある。メジャーどころではバック・トゥー・ザ・ヒューチャーとか戦国自衛隊とか、時をかける少女とか、ターミネーターもそうだよね。
ニューヨークの恋人、みたいな恋愛モノか、SFアクション系が多いか。観ていないがTVドラマの仁もそうか。あれが漫画原作だったからこちらも漫画かと思った。。
ストーリーは江戸時代のサムライが現代にタイムスリップして、シングルマザーの家庭に住み込む。そこで完璧な「主夫」ぶりを発揮、更に発展しケーキ造りに凝り始める・・つうなんてこともない、それだけ聞けば誰も観に行きたいなどとは思わないものだ。侍役の錦戸某なんてジャニタレ知らないし。タイムスリップコメディーの面白さは時代錯誤感で、このジャニタレは中々美味く背筋を伸ばして矍鑠とした侍の役を好演していたとおもう。どちらかというと、テーマは男女の働き方(笑)。主人公のシングルマザーの仕事と育児のバランスのドタバタ、会社での上司や部下の嫌味、家に帰ったときのリアルな散らかりっぷり、で、お侍はもっと古いので「女が外向きの仕事をするのか」と仰天されたが、他に当ての無い居候なので唯一やれることである家事をやるが、異様にきっちりこなす。
で、主人公は「家の仕事や子供の面倒を見てくれる人がいるなんてなんて素敵」と仕事に専念してちょっと出世もする。スーパー主夫ぶりを発揮していた侍だが、ケーキコンテストに出ることになり、彼にも仕事がつくようになると・・。という、別に江戸時代じゃなくてもいいだろてきな物語の設定なんだけど、ストーリーというより小演出が面白いのだ。原作から取ってきてるところもあり、オリジナルのところもあり。原作にあった、時代劇につっこみを入れるシーンは入れて欲しかったなーなんて思ったけれど、最後の展開はなんだかホリエモン化した原作の侍よりも映画の方がちょっと実直でいい。(多分この原作者は話を広げすぎる傾向があるみたいだ。)そして安易な恋愛モノに発展しないところが良い。予測された結末だけどちょっとほろりとした。私は映画や本では、驚く程イージーにほろリとするのだ。ラストの歌が、清志郎なのも良い。
原作は作者は自分の主夫経験を物語にしようというのがきっかけで設定が後から侍になっちゃったようで、なので働く女と主夫の生活ぶりに重きを置いたのかな。勢いで続編を読んだがこれはかなりの駄作。表現したいことが先にあった前作と、設定を無理やりひねり出した続編の差なんだろうな。原作者大丈夫か今後と思った。同じ原作者で「オケ老人」つう本があるようなので、文庫化されたら読んでみよう。
[PR]

by violatsubone | 2010-08-29 19:00 | 映画/TV

油と酢の量り売り

c0102375_211253.jpg
演奏会の帰り、西方面の悪いお友達と乗り物にのって自宅に着いたのは5時頃だったか。M口先生も参加なさっていたので、ついつい2次会に行き、最後に少林サッカーの話でちょっと意気投合して嬉しい。映画の趣味があうかもしんない♪
昼まで寝て、まったりしていたら直ぐに夕方だ。少し歩こうかな。丁度オリーヴ油が切れそうになっているので、買いに行こう。ろくな料理し無いくせに、いやだからこそ、ちょっとした調味料にはこだわるのだ。フルーティな風味あって、後味がちょっとピリッとする美味しいオリーヴ油。らいあー氏やO野さんご用達という量り売りの店。ネットでこの店かな、と適当にあたりをつけ、いってみる。GPの裏をちょっと歩くと、小さい店にであう。vomFASS、という。ワインとか色々なリキュール類が樽にはいって棚にならんでいる。向かいにはオリーヴオイルがずらり。どれもお試しできる。お店のおじさんに言って、お勧めを4つくらい舐めさして頂き、トスカーナのものにした。その横にはバルサミコ酢があり、15年だったかの熟成ものだった。こちらも衝動買い。
c0102375_2582939.jpg
店にならぶ色々な大きさ&形の瓶に入れてもらい、白いペンで名前をささっと書いてもらう。オリーヴオイルは200mlバルサミコは100ml買った。次回からこの瓶を持っていけば同じものを入れてくれるってことなんだろう。
さてとりあえずトマトとチーズにこのオリーヴオイルとバルサミコ、垂らしてみる。オリーヴオイルはジューシーでまろやか、そしてバルサミコの深みのある甘味とすっぱさのバランスが最高。オリーヴは次はもう少し青っぽいぴりりとしたものか、レモンをブレンドしたものを買おうと思うけど、このバルサミコはヘビロテになりそうだ。基本的に市販のドレッシングを余り使わないので、この店は大ヒットです。野菜や肉にかなり頻繁に使用しているので、このブログアップする頃にはもう半分位なくなっている。ああ100mlなんてけち臭い買い方するんじゃなかった!ところでこの店紹介動画があったんだが、1:28後ぐらいにうつる、店長の背後にあるのは、Gマジンガーですかね?
[PR]

by violatsubone | 2010-08-29 17:00 | 食べもん

FAF40回定期演奏会 でした

c0102375_2254910.jpg
ミューザに壁にステッカー貼っていただきました♪プロオケに混じってちょっと嬉しい。裏方仕事をしてつくづく思いましたがここは使い勝手の良いホールだ。スタッフの方も良い感じだし。文KYO某とは大違いだ。また来夏よろしくお願いします。こんなのやる予定です、と素敵な伸縮自在M田さんに言ったら「わあ、それは楽しみですね」とのことだった。M田さんまだいらしてね♪

静かな前半と暴発した後半で、M口さんが絶賛したプログラム。弦的には、効果音ばかりで、とネガティブイメージだったが観客としてはよかったのかも。本番、熱くなりましたねえ。P席に座っていた友人がM口せんせいを観るだけで笑いそうになってしまったが、凄いエキサイトしたとのことでした。ずっと先生の表情みてたとか。

時間があったわりに最初から最後まで色んなドタバタが多くて、純粋に突き進んだかどうか?また練習日程の都合上、合宿や集中練習が無いばかりか、お盆休みまであるというスケジュールだったのでどこでアクセル踏んだものか?って感じで本番来ましたが、まあ、大きな事故なくてよかったですな。
ちょっとプログラムの紙が薄めだったな。次回はチケット共々もう少し厚手の紙にしよう。
[PR]

by violatsubone | 2010-08-28 21:00 | おけすとら

演奏会の宣伝をずっとしておりませんでした

こんなにアップするのが遅くなったの初めてだな。。。(oderコピペさせてもらた)
c0102375_0455298.jpg
FAF管弦楽団 第40回定期演奏会

2010年8月28日(土)
18:00開演 (17:15開場)
@ミューザ川崎シンフォニーホール 音楽ホール
指揮:森口 真司

ストラヴィンスキー/幻想曲「花火」op.4
ラヴェル/組曲「マ・メール・ロワ」
ホルスト/大管弦楽のための組曲「惑星」op.32

まあ今更なんですけどね。団員の方、余ったチケットは絶対に絶対に当日持ってきてね!!
[PR]

by violatsubone | 2010-08-28 18:00 | おけすとら

どどす攻撃

当オケの鯖管理者から、変な通知が来た。「現在サーバーに”どどす”攻撃が加えられておりアクセスが出来ません」はあ?。戦争ごっこやってるのかしら?。で、”どどす”とはドイツの新しい爆弾のことかしら。いやなんか真面目らしい。兎に角鯖が変なんだと。「俺達にしかワカンナイ言葉」を一般に展開するIT関連者達のやり取りには興味ないので、何が出来なくなっているのか、その場合私は何が困るのか、が判ればいい。別に団のHPなぞはアクセスしないし。あ、そっかMLの送受信やメアドがこの鯖経由な人が多いのかな?。昨日送ってもらったマネージメントMLは無事送られたそうだから、ま、いっか。それにしてもドドスってなに。DDOS。MS-DOSのDOSのこと?オペレーティングシステムが何を攻撃したっての?。IT関係な人達のやりとりも、用語使う割には「世界中から攻撃されてる」という妙に大雑把な話。どうもMSDOSのDOSじゃない感じなのでちょっと調べてみた。大体この種の用語はwikiとかで調べても説明されている用語を更に調べなくちゃいけないので普通はスルーするのだが。DDOSはdistributed denial of servise attack 分散型サーヴィス拒否攻撃。頭の中には戦艦から小型戦闘爆撃機がぶんぶんとんで一斉に攻撃しかける(で、あたしの場合は舞台は宇宙だったりする)図が浮かんだのだが、戦闘機の様に意志的に攻撃するんじゃなくて、個人PCや企業鯖に対し、黒幕にいつのまにか攻撃用プログラムを埋め込まれて、どうやら黒幕が攻撃命令を出したらば、自分達がそれと気付かない間に複数の感染PC(もしくは鯖)が対象の鯖を攻撃しちゃっているらしい。どっちかってとゾンビとか吸血鬼の様な、感染型ホラー映画のイメージかなあ。世界中から攻撃されるというのも中々ワールドワイドで素敵な話だけど、だとしたらもっと客が入ってもいいようなもんだわ。ガイジンのスパイめいた客とかさ。なんで攻撃されたのかしら?。F桶の鯖がつけ込まれる様な構造だったのか?鯖管理者が怪しいからか?ドイツに旅行した時に悪評が広まったから?彼はメアドを公開したのだろうか?。もし、そうでないとすると、うちのオケの名称が何らかの誤解を与えやすい言葉だったのか。FAF。。AirForceでフィンランドとかフランスの空軍の鯖と間違えたとか?燃油サーチャージ値上げ反対団体の仕業とか?

まあどうでもいいけど、と思ったらどうでも良くない迷惑な事が起こった。その知らせがきてから、運営委員長ぐすたふ氏からMLに関するメールがあった。それに返答した。因みに彼のメアドはオケドメインである。どーもこの返信が良くなかったらしい。それから30分~1時間おきに、彼からの同じ内容のメール(送信時間もその時と同じもの)が定期的に来る様になったのだ。私のPCメールは、携帯に飛ばしてあるので、携帯が反応しまくって不愉快だった。内容も何度ももらって嬉しい内容じゃない。ぐすたふぐすたふぐすたふと。ああこの忙しい時に!。うざったいので迷惑メール設定にしておいた。一報でぐすたふ氏は鯖管理者からのメールが同じように届いているという。彼は管理者にメールをしたからろう。私の自宅メールは、スパムは愚か商業メールだって殆ど入ってこないので(買い物や申し込みはフリーメールからなので)、無駄メール攻勢のストレスに慣れてないのよね。

管理者わぐなあさんが仕事そっちのけで対応してくれたお陰で何かそれは沈静化したみたいだけど。
迷惑メール設定の解き方よくわからずと、ぐすたふ氏のメールは携帯では未だに分類ゴミ扱いになってしまっている。ま、PCではみれるから、いっか。
[PR]

by violatsubone | 2010-08-25 23:47 | つぶやき

ご接待(されるほう)

c0102375_3485833.jpg
わが地球外生物の友人、ぐっぴが人並みに人妻となった。相手は、宅配氏で、彼女の10歳年下である。私は馴れ初めあたりから何となく知っていて、ほぼ1年後に皆に開示されて周囲から大いなる衝撃が走る頃にはすっかり冷めており他人との時差が1年あるってのも別にいいことじゃないなあと思った。しかしまあ、いい年こいて家にゼクシィを山の様に積んでウキウキしているぐっぴを観ているのは面白いし、可愛いもんである。籍だけじゃなくてちゃんと披露宴も二次会も華々しく行う。セレブ且つゴージャスな彼女に似合う場所である。
c0102375_384869.jpg
行きがかり上、2次会の幹事をすることになった。この年になるまで幹事ってしたことない(笑)。大体は「新婦のブーケを作る係」だけで他の役目は逃れていたからだ。しかし今回は、ブーケ2個、2次会の幹事と司会?!と、演奏会の印刷と受付両方やると同じような役回りになってしまった。
うーん出来るのか?。まあいいや、兎に角有能な相棒を見つけよう、男性諸氏は尽く頼りになら無そうなので、一家に一人のべっちを指名した。そしたらぐっぴから「2次会の会場見てほしいからご招待します」とのこと。おお高級中華ご接待だ。仕事柄接待することはあってもされることは殆ど無いし、最近は人に奢られることも殆ど無いので、そういう立場は久々だ。「ふれーか」というじゅばんの豪華な中華(上海料理メイン)だった。その32階が式場。リニューアルしたばかりだという。おお結構広い。真面目に手帳に書き込んでいるべっちと比べ何も持っていない私。べっちがいればどうにかなるだろう、うん。広々とした場所で、色々演奏可能だという。天上も高く、レトロ且つ豪奢な雰囲気が彼女に似合う。ちゃんと沢山椅子を用意して置いてくださいね、立ちっぱなしは大変だからと強調しておいて、なんとかならあな、と思って、席に戻る。コース料理はいかにも高級な感じの中華だった。上海の都会的な。最近中華といえば四川のギトギトに辛い奴ばかりだったがこういう宮廷で食べるような都会的中華も悪くないね。ご馳走様でございました。
[PR]

by violatsubone | 2010-08-25 19:30 | 買い物

ご接待(するほう)と予習グッズ

c0102375_354858.jpg
オケ仕事今回の受付はK様ご子息のお陰様で人集めも終わり、前回とほぼ同じ設定なので楽、印刷関係も全部出し終わり、懸念は一つだけになった。フロアマネージャーを今回より変更しようとしている。とりあえずは前回頼んだ大阪転勤中の方に無理やりお願いしたが、実務は彼に頼もうと、赤いCD売り(最近はタコシャツ売り)のつるべすおみ(以下つるべえ)氏にこれも強制的に「お願い」した。兎に角私はコンタクトしやすい方がいいので。で、殆ど会社の営業と同じ感じだが、仕事を説明するし、ご接待するから、と強制的に呑み会までセッティングさせた。接待費を折半させるべく、滅多に誘わないΩを誘った。勿論店を決めて予約させる役割も兼ねている。つるべえ氏の住まいよりに新宿。歌舞伎町のあたりに店を取ってくれた。久しぶりだな歌舞伎町。
とりあえず早口で言う事だけは言う。ダスビの裏方仕事色々やってるから何とかなるだろう。フットワークかるそうだし。後で色々説明不足な事に気がついたが、ま、HJさんが何とかしてくれるだろーということで、考えるのをやめた。メールじゃなくて口で説明する事ってはるかに効率的だ。で、あんまり関係ないΩ氏にも半分接待費を持たせた。多少何故僕が?と思っただろうが、私には反論出来ないように出来ている。ま、どうせこいつも収入=可処分所得の奴だから、構わないだろう。
まめなるつるべすおみさんは、私用限定予習グッズをくれた。何だろうと思ったら、次回のY響の曲を全て演奏順に纏めたもんだった。表紙には作曲家の顔写真つきだし、開いたところにはオケや指揮者が市販品並のレイアウトで入っている。ぼりしょいすぱしいば。ちなみに次の(18日)Y響ラインナップはシモタツ指揮にて
ヒンデミットの「今日のニュース」(なんじゃこの題名は)
Rシュトラウスの「メタモルフォーゼン」(ほっそりした新入社員が40前にはメタボとなる変容を表した曲)
ホルン変奏協奏曲2番(ホルンはバボラーク)
ヒンデミットの「ウエーバーの主題による交響的変容」(ウェーバーのメタボ)
ご希望者は宅配氏にご一報。シモタツ的にちょっと凝ったプロですな。メタボは知っていたけど、ホルンコンチェルトは素敵ですねーと改めて思って、ちょっと楽しみ。(おお、なんかおれんじに差をつけた発言だぞ)
[PR]

by violatsubone | 2010-08-24 20:00 | 食べもん

Lesson99 時間間違えた

c0102375_2164189.jpg
3階エレベーター降りたとき、ドアがやや開いていたので嫌な予感はした。ピンポーンとならしたら、師匠が
「あんた1時間間違えてる」ときた。
何となく自分でもBBに記録しわすれたし、もしかしたら違うかなと思ったのだが確認しとけばよかった。あと1時間さらえたのに。
「1時間時間つぶしますっ。なので楽器だけあずかっててください」
「はいよ」
この灼熱の中、余り長時間歩く気もしない。近くのラファエルなる店に行こうと思ったら閉まってた。仕方ないので日陰をえらびつつ白寿ホールの先の商店街にあるテオブロマに入って軽いサラダとゼリーを食べた。チョコが有名なところだが、この暑さではチョコケーキなど食べられないからなあ・・。

師匠宅に戻り部屋に入ると暫くは師匠が沖縄米軍キャンプから脅し取っ・・もとい譲り受けた強力扇風機の前に張り付いていた。

先弓スタカート。先が重い弓なんで先弓系は苦手ではない。殆ど半日漬けのわりにスムースに行けた。まあ、もう少し音が歯切れ良く大きく出ないと駄目なんだろうけど。
[PR]

by violatsubone | 2010-08-22 13:00 | ビオラレッスン

ぷにょぷにょぱうる君

c0102375_120488.jpg物好きというのはいるものだ。まさかと思ったが、本当にドイツ在住のパウル君に逢いに言った人がいた。パウルの前は案外狭かったそうだ。彼もさぞかしびっくりしただろう、軟体動物のパウルとは対極にあるヒトが訪問したからだ。ちょっとおびえていたようである。そうして訪問した御仁よりシ~ライフ水族館での土産ももらった。昔、スライムというおもちゃがあったが、あれのタコ版というわけだ。ぷにょーと伸びて、壁とかに叩きつけるとぺちょっと張り付く。びよらにはりつけたら松脂のカスが取れた。練習場所の椅子にはりつけてみた。中々収まりが良い。らいあーくんのお尻に特別出演してもらった。




c0102375_1204714.jpg
譜面台でも良い。まあしかしパウル君だとタコ自身に書いてあるわけではないので、確かに中身だけ取り出すと、なに古典的なおもちゃで喜んでいるんだろうということになるな。日本だったら、パウル君ストラップ(パウルとトロフィー)、シ~ライフはろうきてぃ(タコにまみれたキティ)、パウル君クリアファイル、パウル君エコバック、パウル君柄アイフォンカバー、なんて山程サッカーボールとかトロフィーもったタコグッズが出来そうなのに。

早々この日は最後の練習だった。今回は合宿も長い練習もなかったので、あれ?もう最後だっけ?という感じではあった。

そうそう、泰△にいったら席の都合上、私は実に良く働いた。何をやっているのだ、と思ってしまった。男に甲斐甲斐しく尽くすのは、私のキャラではない。
[PR]

by violatsubone | 2010-08-21 18:00 | おけすとら

左奥に寄れ

7月19日からひと月、確か数日涼しげな日があったが、連続して呆れるほどの晴天だった。でも水不足にならないのは、山間部は結構じゃんじゃか降っているかららしい。まあそれはいいとして、すっかり熱帯地域となったのだから、通勤着もそれにあわせりゃいいのにと思う。クールビズじゃもうたりない。男性のワイシャツインが暑苦しいのだ。フィリッピンとかタイとかカリブの衣装のように、白い風通し良いシャツをパンツの上に出すようにすれば涼しげなのに、と、べっちが言っていた。
しかし日本人って凄い。この暑さでも上着ネクタイ装着のリーマンがいるのだ。ディズニーとかの着ぐるみの中の人はどうしているんだろう。デパートの屋上で仮面ライダーショーとか出来ないんじゃないかしら。

さて、弊社。1階ロビーとエレベーターと会議室は涼しい。とっくに冷房が止まっている執務室からにエレベーターに乗ると、生き返った気分になる。そして、うちのエレベーターは出入り口向いた左奥が涼しい。そこにクーラーの噴出し口があるようだ。みな、乗ると左側の後ろにへばりつく。先にその位置をぶんどれるかは力(と図々しさ)の差だ。新入社員の頃は、エレベーター入ったら入り口のボタンのところにより抑えてあげて最後に降りる、と教育されていたが、ツボネとなった今、入ると左奥に突進し、出る時は大抵ゆずられる。同僚によるとS川は右奥だったそうだが、あの時はそれ程暑くなかったので余り考えなかったな。
[PR]

by violatsubone | 2010-08-20 23:00 | 会社にて