<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

初めての通しは過酷だった

そしてなんと日曜日は朝からブルックナーだ。朝からマーラーも鬱々になりそうだが朝からブルックナーも灰色になりそうだ。朝練というありえないスケジュールだが、非常に光栄なことに、練習場は白金だった!。電車で2駅、目の前だ。こんな便利なところに港区の練習場があるのだ。しかし確か港区の練習場は3ヶ月前申し込みだから、通常サイクル(6ヶ月前)の江東区と組み合わせると確保が難しそうだな。しかも既に私港区在勤じゃないしなあ。毎回ここが練習場のオケがあったら見学に行っちゃうだろうなあ。(でも毎回9時半だったら却下)
午前中、1とか2楽章をやって、お昼ごはん。びよらの若手2名(G友のびよらは新入団員が2名も入る。結構充実しているのだ)と近所のジョナサンへ。S坂と同期のほっそりした人形系美女は、山盛りのご飯に肉をのせたガテン系ランチをほおばりながら、ぽそっとつぶやく。「白金の練習場所というのでどんな素敵なところだろうとドキドキしてたんですが・・こんなところもあるんですね・・」白金でジョナサン入るとは思ってなかったらしい。もっとゴージャスでセレブな雰囲気を思い描いていたらしい。何というか、この美女からは宇宙人の香りがした。
14時半からは、通し。長い。3楽章の繰り返しでがっかりし、4楽章の4ページ目でまだ道が遠いことを思って眩暈がした。長い長いマラソン。そして最後の見開き刻みページでは気が遠くなるかと思った。終了して時計をみたら、85分かかっていた。疲労困憊、絶対もう持たない!!
抜け殻状態。

なのに、コンミスと、留守子のコンマス(寅)と団員さんの数名で、ワインを呑みに行ってしまった。オケの人は、一人知り合いがいれば誰でも繋がるらしい。誰ともどこかで共通の知り合いがいた。帰って、泥の様に寝た。オリンピック終わっていて良かった・・。しかしこれで本番弾けるのだろうかと不安になった。今でさえこれだ。当時こんな長くて重くて、ゴチック建築の様なでかい音楽、演奏機会が無かった事はよおおくわかる気がした。
[PR]

by violatsubone | 2010-02-28 09:30 | おけすとら

ぶるっくなーおじさん

(もう演奏会おわってるっつうに。。)

この週末は2週連続でG友。今日はティルを長めに。1月から参加したが、アマオケの本番直前の鯉の滝登り的上昇って凄いよね。この段階があるから面白いし、沢山練習でようって思っちゃう。

しかし本番まで、ティルのホルンがあんなに上手く行くとは、最後のこの練習でも思わなかった。1番の方はお仕事が忙しくてヘロヘロだったとのこと。

本日は、(本人はきっとネット検索などはし無いと思うので)びよらパートのぶるっくなーおじさんを紹介したい。本番を聴きにいらした方は、アメリカ方式入場なので、いち早く舞台にでて一人モクモクとさらっていた4プル表のおじさんに気が付いたろうか?最初か2回目の練習の時に隣になったおじさん。「よろしくおねがいします」と珍しく殊勝にいってみたが、小さくうなずいただけだった。彼の譜面は衝撃的だ。物凄く沢山切り張りをしており、ページの真ん中がめくったり、前のページの上にはってあったり、と切り張り細工のようになっている。譜捲りを急がなくていいように考えて作っているのだ。たしかに譜面では1小節空きとか、2小節あいているが静かな場面とかいうケースが結構あることはある。自分の譜面を使うことになった私は、この音符の前でめくったれ、とか思っているのだが、おじさんは違う。全てを落ち着いて弾ける様に、切り張りをしているのだ。「よく見ると機能的なんです。でも最初に譜捲りに関する打ち合わせが必要でした」と寅仲間のM上さんが笑いながらいった。「だってあんなに工夫されている譜面を間違えたら申し訳ないじゃないですか。だからその打ち合わせの時だけは僕はお話しましたよ」。寅立場上、後ろの方で弾くので、おじさんのプルトだけ独自のタイミングでの踏めくりが面白かった。おじさんの譜面には丁寧に指もぎっしり書いてあった。どーやって音とんねんと思う箇所多発だったので色々参考にさせていただいた。おじさんは殆ど声を発しない。前から注意事項を回した時は、大きな眼でうなずいてそれきりで、後ろに座っていたびよら若手(S坂氏と大学同期)の美女がまわってこないとおろおろしていた。でも私のプルトのppが大きかった時には、ゆっくり振り向いて無言でppの文字を指差した。
おじさんは多分無遅刻無欠席に近いのではないかと思う。指や弓の使い方見ると達者なかんじはしない、が、凄く真面目にさらっているんだなと思わせる。黙々と練習して黙々と帰っていく。一度だけ、本番となりのプルトに座る女性とにこやかに話されていたのは覚えている。真面目で多分不器用な努力家タイプ、初めて見たときから、このおじさんとブルックナーが重なっていた。
本番の打ち上げに参加されなくて残念だ。一度お話してみたかった。
[PR]

by violatsubone | 2010-02-27 18:00 | おけすとら

野菜のお菓子

c0102375_34715.jpg
ぽたじえ、という店。割と有名らしい。N目黒の客先の帰り、ちょっと寄ってみた。焼き菓子やケーキは普段余り買わないが、人に出す為にと少しかってみた。トマトとかインゲン豆とかキャベツとかいろんなものがケーキに入っており、少し風味はするが、基本的な甘味を邪魔しないというやつ。もっとびっくりするような味かと思ったが、流石に普通に美味しくできているものだな。ちょっと不便だが、この客先に行く回数を増やせばいいのか。夕方に。(一体どういう観点で仕事してるんだか)
[PR]

by violatsubone | 2010-02-26 19:30 | 食べもん

ばんくばー4 おさぼり営業マン

c0102375_1493626.jpg
営業マンのいい加減さ、午後にアポをとり、昼休み時間をここで費やそうと。いい考えかとおもったら既にこんなに人がいるのねBカメラU楽町店。店員も諦め基調。でも全部のTVをこのチャンネルにしてくれればいいのになあ。そして満員の人を採るテレビカメラ。丁度日本人の興味に合うかのようにフィギュアは日中なんだよね。(社会人にはだからといって観られるわけじゃないのだけどね)
もうすこし早ければ丁度昼休みだったんだけどね。ということで、事務な方には怒られそうだけど13時頃にはここでテレビみつめていたわたし。まおちゃんときむよなみられたから良しです。
c0102375_239120.jpg
関係ないけれど、最近の衣装のはやりって、肌色地の服にところどころ華やかな色やビジューな飾りをつけて、まるで遠くから見ると凄く際どい服を着ているように見せるものなのね。おおお胸が葉っぱで隠れているだけやー!みたいな。靴も覆って。上から下まで同じ色(肌色)がある方が背がすっきりと高く見えて美的にお得なのかな。結構焦る服もありましたけど。反対に首から手首まですっぽり覆ったグルジアの選手、エレーネ某は胸のところだけちょっと開いていて、スケート選手には珍しく巨xだったからそれはそれで目立ったな。
[PR]

by violatsubone | 2010-02-24 12:30 | 映画/TV

CDメール便

「全然気が付きませんでした」
別の指揮者のCDを渡されたY沢氏からの返事。
「でも、何だこんなもんか、という感想だったんです実は」
好き嫌いは個人の差だけど、やはり情報は修正しなくてはならない。今週末は練習に出られないというので、では正しい方を郵送しますから住所を教えて。
「いやそんなお手間かけるの申し訳ないです。mp3とかのデータを固めて送ること出来ますか?こちらとかつかえば100MBまで送れるそうですよ」。
http://www.yousendit.com
あのさあ、私、そんなシステムつかうくらいなら、切手貼ってコンビニ行った方が全然手間じゃないわけなのよね。どっちが申し訳ないのよ。。と思いつつ、「出来ますか?」と聞かれてNOと答えたくない自分もいたりする。大体私は音楽データの扱いが全くわかっとらん。PCには音楽再生ソフトが色々ごちゃごちゃ入っているし、窓ユーザーな私はCDから取り込むのはメディアプレイアーからなんでファイルがwmaとかになるんだよな。これどうやってmp3にかえるねん?。交換で送ってくれたヨッヘムのファイルを見ようと思ったら拡張子がmpeg4とかになっていてメディアプレイアで再生できない(バージョンあげたら出来たのかもしれんが)、で、「このファイルはどれでひらけばいいかしらん」というPCの問いに、iTUNESで開いたら聴けた。iPODユーザーじゃないので何でこれをいれたか覚えてない。まあ兎に角私は聴けたので、奴に送らねばならない。固めるという日本語が良く判らないが、圧縮とかしとけばいいのか。でもたいして容量かわらんじゃないか。で、このゆーせんでぃっと。こむは送る方は登録しなくちゃならない。登録めんどくさいなあ、と思いつつ登録して,wmaファイルを圧縮したやつを送ってみる。アップロードするのに時間かかるのでその間にオリンピックなど見ながら。
確かに80分ものCDの中身を手軽に受け渡しできるツールは便利かもしれない。

でもあたし、切手はって送ったほうがはるかに簡単だし、早く眠れたんだけど(-_-;)
[PR]

by violatsubone | 2010-02-23 04:30 | 音楽鑑賞

ばんくばー3 アイスダンスの謎

c0102375_3411692.jpg
昔からそうなんだけど、今回の日本代表の例の様に、アイスダンスとか社交ダンスって姉弟とうペアが結構あるんだよね。私的には、弟と見つめあったり抱き合ったりする事自体が想像することすら拒否する次元なのだが、外国だと普通なの?しかも兄妹なら(私には兄がいないので現実として認識できていない)少女マンガ的妄想も在り、多少は認められるんだが、、、弟だろ?

りいど姉妹のオリジナルダンスのモネ(注:画家。意味判らん人はこちらの絵を)もびっくり日本衣装!も笑ったが、フリーの「天使と悪魔。どっちがどちらの役にするかと聴かれた時満場一致で姉が悪魔だった」という解説にさもありなんと思って笑った。多分私もそうだ。弟は姉にさからえんからな。この姉弟も、姉の気の強そうな顔と弟の異様に薄い顔のコントラストが凄かった。母親と妹の顔も姉と同じだったので、遺伝子的引き算で父親の顔はもう見なくても判ったと思った。

いやそれにしても、私が弟だったら、姉を抱き上げたりするダンスなんて、拷問に等しいと思うんだけどね。
[PR]

by violatsubone | 2010-02-23 01:59 | 映画/TV

CD取替えばや物語

寅仲間のY沢さんに無事ヴァントのブル5CDを貸した私。さて、そろそろ「惑星」のCDでも携帯機器にDLしよっかなと、PCのCD入れを空けた。CDがいれっぱなしだった。

Bruckner ・Nr5・GUNTERWAND の字が眼に飛び込んできた。

なんでやねん!私はこのおっさんのCDは1枚しかもっていなくて、そのCDは貸したはず。土曜日に持っていくねと言ったのだが直前に思い出して、確かリビングのCDプレーヤーに入れてたのを取り出してケースにいれて、CDのブルックナー、5番という文字を確認して・・。
非常に悪い予感がして、リビングのプレーヤーの前に戻った。CDは普段PCや本を置いてある「空けないでの間」@小さな書斎に詰め込んで有るが、最近聴いたものはその周辺においてある。直ぐ横に置いてあるCDケースをあけたら案の定空だった。
ヴァントのCDケースに、別の指揮者のブル5を入れてしまったのだ。レーグナーとかいう私の知らない指揮者。というより買うつもりが無かったが、ショップのブル5コーナーで色々な指揮者のを見ていたり所要時間をみていたりしたら、棚に返すの忘れて持ちっぱなしで、レジにいって、他の5,6枚と一緒に精算しちゃったものだった。あたしなんでこんなの買ったんだろうと。試しに聴いてみたら、いやにあっさりすっきり、4楽章は20分ジャストで、モーツァルトの様な軽快さ、こりゃもてない男の咆哮じゃないなあ、ちょっと調子の良いブルックナーだなあと思って、G友のやりたいこととも違うしということで、暫く聴いてもいなかった。つい先日たまには聴いてみるかとセッティングしたけど、そのままになってたのかなあ。。

やば、気が付いたかな? 慌ててメールしてみた《続く
[PR]

by violatsubone | 2010-02-22 23:30 | 音楽鑑賞

もーそーSQ 第2回練習会

超多忙人ずっきー氏及び土日仕事が多い宅配氏のスケジュールにあわせると、間が均等には行かない。ということで2回目の練習日は1週間後。ちっとでも進歩を見せないとなあと思いつつ、Oのさんに「練習開始が19時だから18時からこそ練しよっか」ということで18時についたら、時間を間違えたずっきーが既に来て、足を組んでスコアをみている。
「皆さん今日は遅いですね」
「いや今日は宅配氏の関係上19時なんですけど」
「ありゃそうですか、では折角きたから始めましょうか」
ということで、こそ練のつもりがレッスンみたいになった。

前回は全体の音の鳴らし方、右手の表現がメインだったが、今回は音程とリズムという基礎。
トリルになると少しのび勝ちになることから
「トリル暫く禁止です」
ばし。
あわせていて、あ、ヤベ、と自分で思う音を弾いた後は、やっぱりずっきーと必ず眼が合う。音程もそうだけど、特に臨時記号よく間違えるんだな。調性が頭に入ってないからなんだろうな。
しかも音程が違うとか悪いとかだけでなく、
「音程は合ってますがこの和音の時は少し高めに明るく」という注文もしてきた。
ううむそこまで調整できるかなあ。

2回連続で最初にやった「狩り」に時間とられたので次回はハイドンからやりましょうといったものの、忘れるかもしれないのでここにめもっておこ
[PR]

by violatsubone | 2010-02-21 18:00 | カルテット??

Lesson88 そのあと G友 

渋滞だった。また工事だ。やはり土曜のこの時間は鬼門だ。とわかってもギリギリ練習なのでギリギリにタクシーにのって、また遅刻だ。しかもいつもより1000円多くとられた。休日のレッスン代は高くつく。5度重音がやっぱり上手く行かず。というより余りさらっていないということだ。あと別の曲は「ミスが多い」ということでやり直し。次のレッスンは演奏会後だが、きっとその前日に練習するので何となく結果は見えている様な。。うー。
G友の練習に行こうかなと思ったが、砂町だからやめた!と師匠は言っていた。「白金だったらいくのにな。本番指揮者じゃないから嫌だ。」テンポのことでひとしきり。
練習終わってからG友まで2時間あるのでヨヨギコウエンで昼ごはん兼夜ご飯?という中途半端なものを食べた。駅に行こうとしたらEliさんにあった。私の前だったしく、コーヒーショップで勉強をしていたそうだ。Eliさんといっしょなら余裕だろうと思ったが、私が定期券をわすれたりして(だって行きは手をあげたわけだし)バタバタしているうちに、またギリギリだった。そして私の後にレッスンだったはずの若手美女は先に到着していた。(-_-;)。どうやらG友なびよりすとは練習の前に入れる人が多いようだ。私が休日に入れ始めてから、前後がいつもG友だ。
今日は砂町だった。美しき、そして比較的平和な2楽章だ。私はメロディーを弾くところよりもその後の伴奏練習番号HからKのあたりが一番好き。
Y沢さんに約束したヴァントのブル5CDを貸してあげたら御礼?に駅まで車で乗せてくれた。チラシを持って重そうだったEliさんと二人で何も考えずに後ろにのったら
「全くタクシー乗りなれている女はこれだからやんなっちゃうぜ」と笑われた。
そうだ、これはヒトの車だったんだ。いや、タクシー乗りなれているってよりは助手席乗りなれていないってことでそれはそれでお恥ずかしいことだ、とほほ。
[PR]

by violatsubone | 2010-02-20 15:00 | ビオラレッスン

サンタさんの夜の歌@読響

c0102375_1525317.jpg
彼は、サンタさん、と呼ばれるそうだ。フィンランドから出身でこの風貌であればそれ以外に呼び様が無いだろう。アメリカ人だったら、放浪していたカーネルサンダースでもいいかもだけど。想像を絶するDEBUだった。もう歩き方もよたよたしている。多分そのうち杖とか車椅子じゃないと動けなくなる。ネクタイすらもしていなかった。シャツはよれよれだった。

彼は、この演奏会では指揮者だが、実は第一の肩書きは作曲家なのだそうだ。しかも交響曲の数だけで現在作曲中?のも含め232曲だそうだ。(北欧音楽マニアの赤いCD売りの日記より)。ハイドンの2倍以上だ。昨年は20曲以上作曲しているそうだ。200番以降は殆どnot yet performedになっている・・。彼自身がせっせと振ってもそれよりも作曲ペースの方が速そうだ。。今月の読響「名曲シリーズ」に「世界初演の198番」を演奏したそうだ。世界初演を名曲として演奏してええのか、という気もするが、ファンとかマニアとかオタクは狂喜乱舞したらしい。

彼は、臭いそうだ。フィンランドはサウナ大国だが、どうやらサウナに入って汗をかいて水で流して全てを終えるらしい。あの体型で臭いといったら相当のものだろう。渉外担当べっちは大丈夫だったのだろうか。

彼の名前はレイフ・セゲルスタム。

この日の読響プログラムは マーラーの交響曲7番。夜の歌。

明るいのだか暗いのだか判らない、何か多重人格な曲だ。マーラーがそろそろ「あっちの世界に行っちゃって」いる感じ。いっちゃってからが本領発揮なんだろうが。赤いばよりにすとのH氏の解説によると、今日の演奏はマーラーのいっちゃった感じがとても良く出ていたはっちゃけた演奏で、これを基準にすると他のオケ聴いたらつまんないかもよ、っていっていた。名演でもあり怪演でもあるということだろう。マンドリンやギターの音色がオケと合うなあとか、サンタ氏が連れてきたらしい北欧のホルニストの伸びやかな音が素晴らしいとか、康さんがまた嬉しそうにソロ弾いていたなとか、(またそのソロが素晴らしい!)金管軍団がノリノリでベルアップしていたなとか、その程度の感想しかないのだが、確かにハチャメチャ度が高くて楽しかった。このオケはこういうはちゃめちゃなの好きみたいだ。皆嬉しそうだ。そうそう、あの100円ビールの店にまた行ったのだった。。演奏会の後、Fオケはサンタさんと体型の傾向が似ている2名と(おれんじ代打の)ぐっぴとともに、そのマニアとオタクの間を浮遊する人々(赤いCD売りと、太鼓たたき、ばよりにすと)と呑む事になり、北欧とイギリスの音楽について、さっぱり訳のわからない単語を並べられた。私は眼をぱちくりさせていたが、ぐっぴは「知らない!」という自己主張を思う存分していた。知らなくても自分を出すところが、流石ぐっぴだなあと感心した次第。そういえば、これだけは聴いたほうが良いよというH氏のお薦め曲をすっかりわすれた。誰かの弦楽曲だったような?序奏とアダージョ?誰のだっけ??
[PR]

by violatsubone | 2010-02-19 19:00 | 音楽鑑賞