<   2009年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

これでもかシュニトケ

当ブログの読者さんは桶の方が多く、まあ当然クラシックが好き。ファン・マニア・オタクと濃度は色々あるだろうがそれなりの知識はお持ちだろう。お気づきの様に私は一番薄い「ファン」ともいえない。知識もなけりゃ、曲も聴いちゃいない。別にそれを恥てもいない。というわけで、読響定期演奏会鑑賞記。今日はお互いにツボが多かった為、セリフ三昧で行きましょう。

つう「ちょっと、人からのメールで初めて知ったけど、今日はシュニトケばかりなの」
おれんじ「3曲全部だとさ。」
つう「ええええ、帰ろうかな」
おれんじ「つうさん来ないと思ったよ。なのにめずらしく私より速く、やる気あるのかなと」
つう「直帰コースだったのよ!ああしかし全曲だなんて」
おれんじ(しみじみ)「シュニトケってシュトニケって読んでたわ」
つう「どっちだっていいわ」
おれんじ「生誕75年に何の意味があるのかしら」
つう「こいつ、ロシア人なの?ドイツ人かと思ったわ」
おれんじ「だから赤い人達が何人か来ているんじゃないの」
つう「私のところにも赤い販売員からチケットの依頼があったわよ」
おれんじ「誰それ」
つう「赤い桶で楽器を弾かない人」
おれんじ「何それ」

つう「リヴァプールってのが最初の曲」
おれんじ「気の毒に、終わったと指揮者が振り向いて念を押さないと、観客が終わったことがわからない・・」
つう「初演だからしゃあないわね」
おれんじ「(寝)心地よい気分だったわ」
つう「私も。リヴァプールって、ビートルズしか思い浮かばんが」
おれんじ「ビートルズのビの字も反映されてないと思うが」
つう「エレキが使われていると書いてあるけど見つからなかった」
おれんじ「変な音ばかりだし」
つう「ところでさっきスパイ小道具みたいにコンパクトなオペラグラスみてたけど」
おれんじ「イケメンいないかなって」
つう「読響だよ?」

おれんじ「次の曲はヴァイオリン協奏曲」
つう「・・の癖に変な登場楽器の多い曲ね何あのピアノの変な音」
(後で赤いH氏の説明によりプリペアドピアノというシロモノだということに気付く)
おれんじ「このサーシャってバイオリニストは親戚なの」
つう「関係性が書いてないわね。息子じゃないの?それとも甥かしら」
おれんじ「ロジェストヴィンスキーってロシアじゃ山田さんなみに普通の名前なのかもよ」
つう「或いは特定の村に沢山いる」
おれんじ「ロジェベン村。角のロジェベンさんは指揮をし、3軒目のロジェベンさんはバイオリンを弾く」
つう「オペラグラス見せて。どう?いけてる」
おれんじ「微妙ね」

つう「アンコールの無伴奏をずっと弾いていて欲しい」
おれんじ「まだ。これからメインがあるのよ。コーヒーでも飲もうか」

ドリンクバーで、赤い方々、何故かΩも来ている。輪になって感想を話している。
どしゅ「ほらほらつうさん。コーヒー飲まないと寝ちゃうよ」
完全に馬鹿にされているようなので、話は無視してコーヒー呑みに専念する。しかし「眠たくなる」という感想が赤い方々からもちらほら。知識には差があれど、感性にはそれ程差が無いもんだ。ふんふん。
ベル。

おれんじ「ちょっとこの歌詞みてよ。長崎~それは悲しみの町。」
つう「演歌っぽいわね。長崎は今日もあめーえーだった~」
おれんじ「そうきたか」
つう「まさか日本語で歌うの」
おれんじ「なわけないでしょ。ううむ、凄い歌詞だなあ」
つう「タコの13みたい。でも何で長崎なんだろう」
おれんじ「広島は前に曲があったんじゃない?誰かレクイエムかいてない?」
つう「えー日本人じゃないの?大体この曲より後だと思うけど・・」

つう「合唱P席で、ソリストもPなんだ!」
おれんじ「ソリストあんな上から歌うの、夜の女王みたい」
つう「あのマント豹柄かしら、虎柄かしら」
おれんじ「いや、草木じゃないかと思うけど・・」
・・・・・

つう「なんかいい曲じゃないのこれ!かなりタコ入っている気もするけど素人耳にも」
おれんじ「若い頃の曲だから、それ程拗ねていないのね」
つう「若書き万歳ね」
おれんじ「マーラーといい、若い頃はまっすぐでいいわ。」
つう「いやあいい曲だ。ところで今拍手で指揮者と出てきたおじさん、、」
おれんじ「合唱指導者よ。慣例に従うと」
つう「シュニトケかと思った!」
おれんじ「え、死んでるんじゃないの」
つう「シュニトケにしちゃ拍手が少ないなと。髪型似てない?」
おれんじ「そうお・・・。大体生きていたら生誕何年だなんんて書かないでしょ」

おれんじ「私初めてテルミンみたわ」
つう「あの音テルミンだったのね、見つからなかった。」
(実は舞台にはテルミンじゃなくて電動のこぎり?だったらしい。おれんじさんがノコギリをテルミンと思い込まなくて良かった。赤い方々に感謝)
[PR]

by violatsubone | 2009-11-30 19:00 | 音楽鑑賞

ビール持ち込み厳禁の会

c0102375_23395794.jpg
冷蔵庫2段にわたって、ビールが10000ml。少し前の梅酒CMの様だ。女の冷蔵庫とは思えない。自分で飲まないなら一旦冷蔵庫から出せばいいでしょという冷静な意見もあったが、代わりに詰めるほど冷蔵庫を活用していないので置いておいた。とりあえずあけると黄金の光。銘柄指定していないのに、金ばかりになるという事は、皆の嗜好がプレミアムモルツかエビスということになる。ワインのボトルキープもある。

何となくそれらを片付けて終いたく、12月はゴルフだのクリスマス会だのその練習?だのもあるしと、ほぼ強制的に演奏会の翌週末に、前回お声掛けをした人に、同じく声を掛けた。チェロが減ってバイオリンとホルンが増えて、9名。クリスマスも近いし、近所の花屋でポインセチアとリースを買って飾る事で、この3年模様替えを全くしていない部屋に少々変化をつけてみた。しかし、きた連中曰く、「ポインセチアの、枯れゆく様を見たいので毎週アプしてね」皆さん大体人の性格は把握しているようだ。悔しいので頑張って生き長らせたいと思う。是非。

スーパーを歩いていて、とりがらが売っていたので買ってみた。どうすりゃいいかわからんので鍋にぶち込んでおいた。でもワインに合う洋風なべは作りつくした感があるので(なんつうレパトリの少なさよ)鶏なべにしてみた。きりたんぽも売っていたので放り込んでみた。洋鍋よりも男性諸氏の反応が良い。きりたんぽ案外美味しかったな。次回は味噌仕立てにしてみよう。
c0102375_23423184.jpg
「ビールだけは持ってきてくれるな」と書いたらボジョレーが2名。あとはビールに合うものを買ってきた人とワインに合うものを買ってきた人と色々。ボジョレーにヤキトリという珍妙な組合せの人もいた。しかし襦袢のヤキトリ旨い。ボジョレーはボジョレーでも味が全然違った。結構渋くて飲めるのもあった。まろさんワインの2本の内、私は最初に呑んだほうがより好きだ。

次の曲が決まっていないので、適当なでぶでをみたりして、適当に過ごして、ワイン4本とビール6500mlは、目出度く消費された。ご協力深謝。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-28 18:00 | お遊び

ふもーな話

またテレビドラマの話。どうも色気の無いドラマばかり観ているが、我業界の話なのでとりあえず録画はしておいた。「不毛地帯」。最初にスペシャル版を録画して、毎週設定にしたら、スペシャル版が前に1時間長かったようで、2週連続して21時からのしょうもないお笑いが入っていたことに気付いたのは、開始ひと月後のことだ。時間的余裕が出来て一挙に観ようとおもったら、2話分すっとばした。
別に特段に面白いわけじゃないけれど、同業界として、笑いどころが多くて内輪で楽しめる。
テレビ局の異様なまでの力の入りようが、かなりドラマに出ていて、まあちょっと空振りしている気はするね。

山崎さんの小説、この本と、「沈まぬ太陽」は、主人公の正義漢ぶりが鼻について、実はあまり好きじゃない。計算してそういう設定にしたのだろうが、善人と悪人がはっきりしすぎている小説はどうもすかない。

ドラマも、頑張ってはいるけれど、能面の様なカラサワは、背広姿も似合わんし、どーも地面を歩いている感じがしない。役作りにダイエットして、それで全て終わってしまった感じだ。どうせ、正義漢なんて面白みの無い人物だから、誰でもいいんだけどね。この話は実際のモデルがおり、某CI社のS会長という人。実際はもっと悪人でギラギラしていたに違いない。いずれにしろ昔の商社マンは今のとは《良くも悪くも》スケールが一回りも二回りも違うということだ。

フィクションとはいえ昔の商社ってむちゃくちゃで凄いと一人で笑い転げている。バーの女や怪しい裏業界からの「情報」を武器とし、相場の売買も殆ど個人権限の大博打。中東戦争がらみの回は、会社には相場売買の極度金額というものは設定されていないのかと唖然としたものだ。確か弊社の前進は創立期からスペキューレート禁止だったはずだが、こんなのありえたのか。なんだか勇壮な時代だなあ。

先日の官僚達の~と時代を同じくしているので、官僚からと企業からと戦後史を見る上でも楽しいものだ。昔の日本はギラギラしていたんだよね。ちょっと前のK国みたいな感じ。
視聴率不審で打ち切りになんなきゃいいけどな、つっこみどころ満載で、結構楽しんでるんだから。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-26 22:00

食事会が実はあった

Fオケにことに関しては余り隠すのは嫌なので、多分公にするなとは言われそうだが、書いちゃったりする。私は幹部じゃないし。先日の『メサイア』を聴きに行った人限定ご招待ということでT屋さんから夕食会にご招待された。まあメンバーはオケの運営コアメンバーで私はかなり浮く存在だ。私が聴きに行ったのは、知り合いになった合唱団が出るから、なんだけどね。
西洋育ち?のお方だけあり、招待されるお店も「テキサス」という昔ながらの洋食屋さん。ステーキが旨かった。
ちょっと知りたかった「いざこざの謎」も解けたし、まあゲイジュツカと付き合うのは大変だなあと思った次第だ。ただ、お爺さん達の友情に関しては、素敵だなとは思う。天才的な才能を持つけれど、金遣いも荒く、多分周囲との調整能力もちょっと欠けたりするワガママな人と、天才に一歩及ばずの秀才だが、大人で穏やかで、天才をサポートし続けた人。もう何回も聞いたこの方々の友情の話は、良い話だと思う。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-25 19:00 | おけすとら

Lesson83 出鼻を挫かれる

師匠「おい、演奏会はどうだった」
楽器ケースを椅子の上に置く前に、後ろから質問が来る。
私「そうですねー、まあまあ・・」
師匠「ベト4、ぐちゃぐちゃだったらしいな」
私「何ですって!」
思わず大きな声を上げて振り向いた。なんで聴きにきていない師匠にそんなこといわれなきゃいかんのだ。
私「誰か聴きにきたんですか?」
師匠「ん、んーー誰かがいっていたような」
その「誰か」は直ぐに想像がついた。
師匠「それより、昨日の現役は良かったね。本当にいつものあいつらかと思うくらい良かったよ。Kと聞いたんだが」
想像は確信に変わる。ほら、そういうことをいうのは彼だろう。確かに前方から聞くと、横が走ってるー感はあったのだが、ぐちゃぐちゃというほど酷かったかしら。?。
私は現役の演奏なんて興味ないので、正直どうでもいい。現役よりぐちゃぐちゃと評された事が不愉快で、殆ど師匠の話を聞いていなかった。

なんちゃってバッハ無伴奏的なエチュードは、2度目だし、昨日やけくそでさらったので、合格した。しかし、テンポ良く間違えずに進んでいくがふっと集中力が途切れると簡単なところを間違えたりもつれたりする音程が低かったりする。エチュードは休みの小節がないからなあ。というかレッスンはやはり休日の方が理想的、会社帰りに息せき切って行き、楽器開けて無駄話聞いて、ほら弾けといわれても突然はひけない。大抵1段目でつっかえる。宅配君じゃないけど、準備運動はしないと走れないのよね。とはいえ、案外休日は予定があわないもんだ。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-24 20:00 | ビオラレッスン

深夜の人生相談

連休中日だが、場所が場所だけに案外2次会で帰った人が多かった。東側で3次会をしたのか、2人でしけこんだ人達が複数いたのかは、良く知らない。

3次会にはプロのバヨリニストKMRさんもいらっしゃった。ご近所とのことであった。eyさんが酔っ払って、また私やKMRさんと勝手にその辺の男性とくっつけようとする、会社では消して今時言うことのできない話題をしつこく話していた。その種の話は全て「余計なお世話」でしかない私はさり気に無視していたが、真正面から捕らえたKMRさんは、真剣にやり取りするうちに何故か人生相談みたいになってしまっていた。そこにひでまろさんも加わり、おやぢ二人がとうとうと自分の恋愛話を若いKMRさんに話すというオソルベキ展開になってきた。真面目な方なのだが、相談する相手を考えたほうが良いのではなかろうか。おっさんの恋愛話がKMRさんの人生になんのプラスになるのだかわからないけど、兎に角まっすぐな眼で真摯に聴いていらっしゃった。音楽にもおっさんにも、とても真摯な方なんだなあ。。

私は他人の恋愛話など興味ないし(女性は得てしてとても興味ある話題らしいけどね)、人生相談もする気ないので別の机に逃げたが、こちらはこちらでホルンエリアで例に寄って笑い声のわの字も起こらない濃い独特の世界を展開していた。チェロのおっさんが一人机を足の上に乗せて寝ていた。話した記憶も無く、ただ、部屋に入った途端寝たという印象しかない。べっちに「家近いし!」といわれたからには、さっさと一人で帰るわけにもいかず、また珍妙な格好で寝ているらいあーと、酔うと一層猛烈な勢いで話すべっちの間で、ぼおっとしながら明け方迄いた。
最後に一寝入りして起きたら皆起きていてまるで私だけが寝たかのようだった。 なんだかなあ。

3連休の真ん中に本番があるというのは、前日練習・本番・休み、でサイクルはいいかもしれないが、3日とも全部潰れてしまうなあ。まあさっさと帰って次の日朝早くからさっさと行動すればいいのだろうが。そういう行動パターンは私の体内には無いので。この日はしかし、翌日のレッスンの練習が残っていた・・。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-23 05:00 | おけすとら

一週間後のお疲れ様

c0102375_333689.jpg
当日の夜中とか、翌日の深夜等にミクシ内でお疲れ様大会があちらこちらで開かれる。んで、乗りたいけど乗れない我周回遅れブログ。

清新町とか初台よりも更に便利な川崎、品川から10分で到着。(品川までは言わずもがな)
まだ顔も洗っていない時刻からメールが来て、「インフルエンザです」。
「はい?」
一瞬何のことがわからなかったが、フロアマネージャーがインフルとのこと。いやあたしの周りはみな「お子様」がかかっており、おっさんがかかるなんて初めてだ。まあ時勢柄仕方ない。不幸中の幸いで、バヨリンのH氏が休団続きで3回目の受付手伝い。手馴れてきたし、何よりクレーム対応が社会人経験長いだけあり、的確である。H氏の表情を見てると誰も文句言えなくなるというお得なキャラなのだ。このたび「サブフロマネ」という肩書きを勝手に与えたばかりだが、仕方ないので「おはようございます。フロマネに昇格です。是非遅刻なさらないで下さい」とメールを投げつけて、やれやれと思いながら用意をする。
今回は前回程休団者が多くなかったが、ばよりんのSさん、後何回かお手伝いをしてくださっていたびよらパトリの妹さん、AフィルのOさん、赤いKBMN、ダンゲの方々等手馴れた方が多かった。そしてチェロの新人候補Tさん、新妻IKMちゃん。皆、本当は聴いてほしかったのだが、申し訳なし。いつもありがとうございます。ベト4降り番には前任者T君もいる。多分的確な指示をしてくれたのであろう。そしてここはソフトもハードも使い勝手最高のミューザ。品の良い元伸縮自在Mさんに、事情を説明したら同情してくれてとても丁寧に指導してくださった。ありがたやミューザ。で、連休の中日、他オケと本番が重なった事もあり、来客が少なかったことも、受付には幸いした。行列の最初に並んでいた人は「いつもの」椅子つきおじさんじゃなかった。指定席にしたのでこなくなっちゃったのかな?。他のオケ聴きにいったのかな?。いなければいないで淋しいものだ。

何かガシガシひいちゃったなーとか、マーラーの最初のピチカートを間違えそうになりスン止めしたところを隣に見られて笑われたところとかあったが、爽快で楽しかったとおもう。まあベト4若干前のめりではありましたがね。びよらっの箇所も、某氏がくしゃみを我慢してくれたお陰でつつがなく終わった。Cbのマーラーの3楽章冒頭のソロは、いつも緊張して音が震えていたり、リハでは弱音器付け忘れたりとひやひやドキドキだったが、本番一番上手くこなしていた。KHは本当に頑張った。指揮者の先生も一番ラストに立たせて、団員から一層暖かい拍手が響いた。こういうのは何だか学生時代みたいに感動するもんだ。それでこの暖かい拍手で、いい人達だなあ、このオケ、と思うわけであった。

打ち上げ(2次会)では、目出度い発表もあった。最近当オケもFAF=frei aber 不毛 では無くなり、毛・・いやもとい、目出度い話が増えつつある。お気に入りばかりが嫁入りし、ばばあ(つぼね)ばかりが残ると、団長の心のつぶやきが聞こえる。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-22 09:00 | おけすとら

演奏会告知をそろそろ

月も替わったので。

FAF管弦楽団 第39回定期演奏会 ご連絡ー。
11月22日 日曜 
開場12:45 (当日券販売、葉書引換、預り受取は12:00~)
開演13:30
開場 ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎駅西口よりコンコース直結)
指揮 末廣 誠
曲目 ベートーヴェン交響曲第4番 
    マーラー 交響曲第1番「巨人」

今回からまた自由席に戻ります!!。席が選べる半面、並ぶ事も?。まあ席はありますので、開場後にいらしていただくのが良いと思います。
今回はまだチケットありますので、ご入用の方は御一報くださいませ。

ついでに受付お手伝いも鋭意募集中(ぼそっ)
[PR]

by violatsubone | 2009-11-22 06:00 | おけすとら

ハワイのワグナーと、ガーメントバッグ

GP。要するに前日練習。9時から17時まで。会社の就業時間かよ!。(うちは若干遅いが)

朝9時清新町より朝9時初台の方がまだマシだ。私にしては、この往復で一度もタクシーを使わず、真面目に新宿から初台まで電車にのり、皆さんと一緒に9時前に到着した。ブログ公開の刑に処せられるのを恐れたびよらん面子はほぼ時間通りに来た。オペラシティは久々にのびのびとした広い練習場であり、使いやすかったがあとで庶務委員長に聞いたところぶったまげるほど高かった。練習場所が見つからず、背に腹は変えられない状態だったそうだ。私もインペク時代は泣く泣く高い場所をとったことがあるのでよおおくわかる。

譜捲りが困難なところで、途中で捲るので次のページに前の楽譜を貼り付けておいてねと同じプルトのKにいったら、なんと違うページに貼り付けてきた。この日は携帯を忘れてしまったので衝撃の楽譜が写真におさめられずに残念だ。なんだって15-6小節も休みがあるページの後ろにはらにゃならんのだ。そのマヌケなページが出る後とに笑ってしまう。肝心のページは仕方ないから暗譜したが、本番には貼り付けられていた。

結局、予想通り15時に終わった。帰ってすぐに練習するほどの体力が無い私。練習後に、ドラをたたいたりして遊んでいて、さっさと帰らないのが数名。ワグナー氏が手を器用に動かしながら、「ワタクシのお薦めの店が」とつぶやきいていた。らいあーが「僕はガーメントバッグを買いに行きますが、その前に軽くのみますか」。ぐっぴとわたしは、ワグナー氏のお薦めのビールはどうでもよかったがガーメントバッグに魅かれて同行した。

演奏会のドレスとか、女性の方ってどうしてます?

新宿駅から、ワグナー氏の案内により、そこらじゅうをぐるぐる回りながら、裏道に入った。絶対これより近い道はあったに違いない。散々歩いた末、ここです!と直立不動の彼がさしたる看板は。。
「アロハ ハワイ ダイニング&バア」
いかにもな南国風デザインの看板があった。
「え、ハワイすきなんですか!!」我々の驚愕たるや。
瞬時に頭に浮かぶはサーフボードに乗っているサーファーワグナー。次はハレクラニのプールサイドで日焼けしているリゾートワグナー。。。(-_-;)。
ううむ、潜水艦の中で爆撃指令をだしている図は想像できるんだが。。

一生懸命言い訳をしている彼の弁によると、この店はかつてはドイツビールの店で、ハワイアンに変わってしまったがお勧めの銀○高原ビールはあるという。ははあ。こんな時間にハワイアンダイニングバーに来る奴は誰も居なく、ほぼ貸切状態のなか、ビールとソーセージ等、ドイツの名残を注文する。2時間弱いて、なんと半額フェアとのことで、一人600円だった。おおおビバデフレ。このときは思ってしまった。

その後、東口にまわり、メンズプラザ○木に行き、私とぐっぴは「初めて入ったー」ときゃいきゃい騒ぐ。そのフォーマルコーナーにガーメントバックはあった。ポケットが合って、中々丈夫で良さそうだ。1万5000円のが便利そうだったので3人お揃いで買おうかと店員に在庫を聞いたら黒は一つだけだったので、らいあーに譲った。ガーメントバッグって、余り良いのが売っていなく、凄く重くて高いか、洋服やの付録でくれるちゃちなのかどっちか。演奏会などドレスを持ち歩くのは皆さんどうしているんだろう。キャリーバック?。ということで前日だというのにネットでガーメントバッグを検索したら、レディース販売の形跡はあったがどこも完売していた。そうだよなあ。ビジネスユースでは、女性はガーメントに入れて持ち歩かないから、不要だろうな。でも結婚式などで着替える人もいないのかな?それなりの需要あると思うんだが。唯一、ドレスといえば、ハワイアン用のムームーを入れるガーメントが女性用。如何にもな柄だが、シックなのがあれば使いやすいか。

本日は色々ハワイアンがキーワードだった。翌日が本番だというのに!。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-21 09:00 | おけすとら

引篭もりの理由

c0102375_1162016.jpg
エレベーターではっと思って思わず降りる階より上にいってしまったり、
化粧室でほおっと思って思わず中に篭ってでてこなかったり、
割と今月はこういうことが多い。
別に仕事拒否になったわけではない。

エレベーターの中と、化粧室にのみ 音楽が流れる。「ゆうせん」なのだろう。可も不可もないヒーリング音楽か、ピアノ曲がメインではあるが、時々室内楽でモーツァルトとか、ブラームスのハイドンバリエーション等がかかる。今月はバロック月間らしく、毎回バッハやビバルディがかかる。良く聴いているのに曲目が出てこなくてイライラするのがゆうせんだ。何の曲だったかなーと思うと思わずエレベーター降り忘れるし、ブランデンや管組がなっていて、暫く聴いていたい時はトイレに篭る。別に下痢なわけでも、トイレで寝ているわけでも、メール打っているわけでも、漫画読んでいるわけでもない。新しいビルなので居心地はよいしね。
[PR]

by violatsubone | 2009-11-20 01:15 | ○の内