<   2009年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

読響 赤い爺さん

本日は読響だった。こちらは何か曲名を覚えている。以前都響演奏会の時、豆柴さんとやなぞうさんが駆け寄ってきて、読響のタコチケットを買いたい!と私に言ってきたからだ。そんときゃ確かチラシだかに完売とか書いてあったので宅配に工面してもらったのだった。ミスターSと言えば有名なのはブルックナーではあるが、003氏もいう様にシューマンとショスタコも負けず劣らず素晴らしいと。

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
モーツァルト/交響曲第41番「ジュピター」
ショスタコーヴィチ/交響曲第11番「1905年」

「私の好きな曲だし、覚えてる」
「なんと、ショスタコ?」
「まさか。ジュピター」
「ああ、モーツァルトで唯一好きな曲ね」
「クラ5も好きよ」
ツボネのやり取りは置いておいて、本日の観客達、特に私の知り合いたちは圧倒的に後半目当てだ。
休憩時間に熱血Yevさまが興奮した表情で語った。
「チューブラーベルが2つで、あれをどうやって演奏するのかと!」
(チューバが2本・・・?)(おれんじ)
(エクソシストー&のど自慢ー)(つう)
「最後のGがどういう終わり方するのかと!」

大体が良く判っていない薄い定期会員の我々、興奮を余り受け止めて上げられず、彼は鼻息荒いままさって言った。11番、たしか赤桶演奏で聴いて気に入って暫く何回か聴いていた事もあったっけな。しかしどういう曲だったっけ。おお 血の日曜日の曲じゃないか。

思い出した、3楽章のヴィオラヴィオラヴィオラの素晴らしいメロディー。同じヴィオラオンリーでも、マラ1とは何と扱いの違うことよ!同志は斃れぬ、とかいう曲で日本の安保闘争の時等にも良く歌われていたと以前Yev氏がコメントしてくれていたっけ。読響のヴィオラ(敬意を表するときはカタカナになる)が弾くと、壮麗な音色で、これぞヴィオラの品格というべき演奏だった。読響は全体的に渋めの音だが、鈴木Yさん率いるヴィオラ部隊はソリのときは厳しい中にも大人の色気が混じる素敵な演奏をするのだ。

4楽章。最後のところでYev様の言っていることがわかったわかったと2人でナットクした。今日のS爺さんは赤かった。とても素敵に赤かった。

赤い爺さんのきりりとした指揮により、この暗い重い内容の曲は、奥の深く荘厳な演奏となり、ずっしりと響くものだった。名演だと思う。まあ赤桶の人達は何だか色々感想を持っていたようだが、総論名演各論色々といった感じかな。終演後、沈黙の後の拍手。団員が去った後でもスタンディングで拍手が鳴り止まず、氏はトコトコと何度も登場した。横をみると003さまYevさまがこれまた前のめりに拍手をしており
「少年みたいで微笑ましいねー」とツボネは言い合っていた。

予想通り赤い方々が沢山来ていた。熱っぽく語る中、オツボネ2名はその熱さを面白がってみていた。途中から宅配氏も参上。皆に紹介してあげた。宅配meets赤桶。早速皆さんから質問とか演奏会の依頼とか来ていた。あたしも結構このオケの宣伝に貢献してると思うんだけど、どうかしらね。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-30 19:00 | 音楽鑑賞

本日は都響

本日明日とサントリ通い。暫く演奏会無かったのにあるときには2日連続ってバランス悪いなあ・・。どっちがどっちかも覚えていないが、とりあえずは19時にサントリ。ぐっぴからのリマインダメールで本日は都響ということがわかった。しかし曲を把握していない。ギリギリになりそうなので、何曲プロかタクシーの中で聴いたが返事が無い。最もこの時点で判ったところで何の意味もないのだが。
何と4曲だった。

第684回 定期演奏会Bシリーズ

指揮:アンドリュー・リットン
ピアノ:パウル・バドゥル=スコダ
曲目
ストラヴィンスキー:サーカス・ポルカ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K.491
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「カルタ遊び」
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1945年版)

本日は曲というよりも、ソロ・コンマスにドイツより凱旋帰国のコンミス 四方恭子さんの就任お披露目演奏会。私は良く知らないが、長年ケルン放送響の第一コンマスを勤めていらしたとか。都響の華やかさが一層増すことだろう。大体が曲も知らずに席につくのは私くらいで、優秀なる観客はそのニュースもちゃんと知っており、コンミスの入場では一層大きな拍手が起こった。
4分でぱぱんと終わるサーカス・ポルカ。ご挨拶代わり。最後に軍隊行進曲をぱろってるというかそのまま出てくるが、ああいう良く聴く曲は直ぐに題名が出てこない。。
次のモーツアルトは、80歳を超えるスコダ爺様。年齢を感じさせないしっかりした足取りの、「爺様の品格」なる本にでもなりそうな品性のある方だった。何だかしょっぱなから明らかに外していたり、足取りほどには安心して聴けないところが多発だが、味があるというか、穏やかな笑顔でゆるしちゃうというか。もしかしたら色々たたかれちゃうのだろうが、随所に垣間見るゆったりした美しさ、暖かさ、セピアな感じが私は嫌いではない。都響の伴奏も抑え気味でセピアだった。演奏というより、おじいさんの最後の丁寧な挨拶、多分色々自覚した上で、支えてくれたオケに感謝とでも言いたいような腰の低い丁寧な物腰が演奏面より印象強かったかも。こういう人はもう歴史だしね。
カルタ遊び、なる曲は存在すらしらんかった。なあるほど、映画のカルタシーンが想像つくような感じ。尖ったところは無く、ちょっと軽妙な、楽しい曲だ。ただし終わるとそれ程印象には残らない。(まあ10日もたってりゃ忘れるだろうよ)
火の鳥は一体全体いくつバージョンがあって何が違うんだ。今回は1945年版だと。30分くらいで、2管編成。そのためタイトでしまったかんじがした。四方さんのソロもご披露。綺麗な音だった。都響にあいそうな、明るい華やかな。歯切れが良くてキビキビとしたしまった演奏だった。
外れないねえ。

物凄い混んでいたが、後半開始だったからか、四方さん効果なのか?休憩時間コーヒー飲む為に並んでいたら老夫婦が割引券をくれた。有効期限が明日までなのに沢山余ってしまったそうで回りに配りまくっていた。あたしあしたも来るのよと思わず言えばよかったな。

終了後はぐっぴと恵比寿。久しぶりに色々話して24時くらいになった。あれは進行してるのかな?
[PR]

by violatsubone | 2009-09-29 19:00 | おけすとら

1000ポイント達成!

c0102375_0385496.jpg
なんだかんだ言って3ヶ月半で達成してしまった。丸の内で夕食って実は余り食べないし、買い物も本くらいではあるのに。結構頻繁にポイントアップきゃんぺーンがあること、3人くらいの同僚と連れ立ってランチをし、3人分つけてもらったりしたことが勝因だ。皆様ご協力深謝。でもおごらん。


ブリック何たらもこじゃれた洋飯屋が多くて直ぐ飽きる。いったいなんだってこんなおばちゃんたちがたむろしているんだろう。この人たち、ホント暇と金ありあまってるのねと思う。だったらくっちゃべってないで消費活動に精出してちょうだいな。団塊マダム達は、しかし体力と気力が今の若者よりずっと在りそうだから、もっと労働力で利用すりゃいいのにと思うわ。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-28 12:33 | ○の内

年をとる


c0102375_23282763.jpgやばいあと45分で日が変わる。

一週間どころか10日以上遅れている当ブログ、自分の誕生日といって10日後にいうのも如何なものかと思うので日程をかっとばしてみる。

しかし最近はミクシとかいろんな電子データのせいで人の誕生日というものが普通に情報として入ってくるようになったものだ。昔はそんなことないので、余程親しい人じゃないかぎり人の誕生日などは判らなかったんだけどね。自分から宣伝しまわらない限り。まあおかげさまでDMやらミクシメッセージ色々いただきまして、有難うございます。写真の様にプレゼントも頂きました♪

何歳になったのかなと思ったけどEYさんが人の年齢を題名にメッセージくれたので思い出した。そうかそういう年齢か。最近1年が速すぎるので自分の年齢に馴れないうちにその歳である事が終了してしまう。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-27 23:15 | つぶやき

ふたつのシャコンヌ

c0102375_0211943.jpg
件のシャコンヌ、スコア付譜面を今年初め神戸出張時に神戸がくふにて購入していた。そこからちょろっと弾いて難しいなあと思いつつ、ほっておいた。そうだ12月に誰かに声かけてなどといっているうちにこんな時間になってしまった。書く言ううちに演奏機会に恵まれ改めてCDとスコアを聞き比べ・・・送付された譜面と自分の手元の譜面を見比べ・・

違うじゃん。

ノダイラ氏って余程好きだったのか、2000年と2001年に同じ曲を同じ編成で2回編曲しているのだ。喫茶店でどしゅが弾いたのも今度私が弾くのもCDの曲も2000年版。オーソドックス編曲版。で、トランスフォルマシシオンⅡつまり変身っ2ってのが2001年版でより凝った編曲になっている。これが神戸楽譜版。今年は楽譜の買い間違いが多い。。。

どしゅさんから以前コピーさせてもらおうと借りたのだが実は枚数が多くて面倒になり、自分で買うからいい!とコピーを途中でやめちゃったのだった。スコアだけでもとっとくべきだった・・・。

いずれにしてもスコア無いと対応不可能なので、同じ楽譜やに問い合わせをしたら無。他もないので元の出版社のページを見たら、灯台元なんたらで販売していた。1冊を送料掛けておくってもらってもいいが、表参道の河合楽器に預ける方法もあるというので、確か今月リニューアルした件の楽器屋に出かけてみることにした。
表参道の通りどまんなか。出来た時にしかいっていない表参道ヒルズのまん前。ピアノしか無いと思っていたら結構スコアとか譜面が売っていた。漸く目出度く入手できたってわけだ。やれやれ。
1人1パートだととても手に負えそうに無いが、頼りになりそうな人と一緒にひける様だ。幸運と思ってみることにしよう。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-27 13:00

私はお初のS先生

私がFオケに入ってから、M口先生とA沼先生とT屋さん以外の指揮者に振っていただいたことは無かった。私のFオケ歴も今回で10回目なんですねー早いもんです。ああ、昔も3回程度はのっていたか。

F桶の前身母体では4度ほどこの先生にお願いしていたみたいだ。私が大学1年の時は確かこの先生で悲愴だった。だから印象だけは強いけれど、振っていただくのは初めて。
「あいつは口が悪いからなあ」とわが玉師匠はのたもうておったが、確かに録音聴いているとぼそぼそときつい事をおっしゃっている。きちんとその日中に日記を上げる几帳面な方々のを帰国後読ませていただき、為る程色々いわれたんだなあと覚悟はできていた。インペクからの脅しの様な(笑)メールもきていた。
いいんじゃない、うちのオケ、きつく言われたほうがやるみたいだし。

今回も
「うーんこれでマラ9やったオケなんて信じられないね」
「笑顔だけど、脅してるんだよ。全とっかえしてやろうか?メンバーをってことだよ?」
いいねえキツイセリフ。(笑)。

久しぶりに学生時代の様な気分だと、学生抜けたばかりのS坂君@Fオケ最年少びよりすとに言ったら、
「え、このオケに言っている方がキツイですよ。学生にはこんな厳しい事は言いません!。今の学生は泣いちゃうんですよ」とのこと。まるで自分は今の学生とは違うというような老成したS坂氏ではあるが、責任者であった彼のところにモンスターママから「うちの娘は家が遠いんですの!」と電話かかってきたこともあるという。ましてや指揮者が学生を怒って泣かせたとしたら大変なのかもしれん。泣くのか、あれしきで。へえ。
学校教育以前の問題だな。

S広先生は何故か松葉杖をついていた。ブラックであることでは私に引けをとらないびよりすとK岡氏は、「足踏み鳴らしすぎなんじゃないすかね」。彼は実は前回氏にM1を振ってもらったことがある。タバコ部屋で先生と談笑していた。S坂君も。S坂君はそのときの譜面を持ってきてくれていた。彼らの練習出席率がとても良いので今回うちのパートの男子達は元気だ。女子(?)も相変わらず元気。ベトベンではBちゃんが
「ちょっと皆アクションが足りないわ!」と発破かけていた。
マーラーでは元気すぎて
びよらっ
の箇所でまた笑われた。いつになったら笑われずに弾ける様になるんだろう。
目指せ笑われないびよりすと。

ずっきーも何故か包帯をして現れた。楽器を持っていたが弾かずに、指揮者の横の席で足を組んで偉そうに聴いていた。オケのオーナーの様だ。
前回の練習からハワイで一回飛んでいるだけに、ずっきー=夜のプルト男イメージがこびりついたままで、思わず、夜のプルト作戦に失敗して怪我したのかと思った。どういう失敗やねん。腕ねじ上げられたとか。何をしようとした時に?。しかしどうも理由はもっとしょうもないことのようだ。はよ全快して昼のプルトに加わって欲しい。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-26 13:00 | おけすとら

101回目のなんたら

関係ないが懐かしくて101回目のプロポーズの動画をちらりとみていたら、そっか1991年だからバブルドラマだったのよねえ。ビブラートくらいマネしろよとか楽器にたいしてもあるけど、第一回からみると女性の服装とか眉毛とか、ばぶりーな感じがよいですわ。あ、これは最終回だけど、有名な箇所が乗ってます。


[PR]

by violatsubone | 2009-09-24 01:50 | つぶやき

O氏の写真展


c0102375_2371818.jpgレッスンの後に、赤桶指揮者が写真展開いてるというので、帰り道がてらのぞいてみた。写真展って滅多にいかないからねえ。習い始めて1年というので、そこの先生のお弟子さんが何人か共同出展ということらしい。
展示物は写真には載せられないが、入ったらいきなりガンダムとシャアザクのデカイ写真があった。こんな写真でもええのか。プラモデル?をより迫力にとったということ?。しかしO先生のはそれではなくて、それに見入っていたら本来の場所に案内された。
白黒写真の、白と黒の間って沢山色があるもんだ。O先生のはかなり黒を漆黒に、白とのコントラストをはっきりととった写真だった。隣の方の写真は黒がもっとくすんでいて柔かい感じだったので並べるととても差がでる。男性っぽいな。メリハリがあって、見せたい所をくっきり見せる形ですか。

被写体は池袋だった。しかも、うらぶれたラブホの裏口とか裏通りの小劇場?(成人用)とか、ホームレスの人とか、ぼろぼろのアパートとか。写真家の被写体の選び方っておもしろいな。何故ここの場所をとろうと思ったんですかと本人に聞いてみたらインスピレーションだという。感性なんですかねー。ラブホの裏(笑)。カラーだとリアルで小汚い場所程、白黒にすると何かレトロで懐かしい感じになる。色が抑えられることで他の何かがでてくるんですかねえ。この白黒の感じはどうやって調整するんですかと聞いたら暗室で光のあて具合を零コンマ何秒の差で調整するんだそうな。その微妙な調整具合でバランスが全く違うとか、うれしそうにおっしゃっていた。
沿道に喪服が並んでいる店の写真があった。こんなところに喪服並べる変な店もあるもんだと現実的な感想を最初に持ったが、芸術家の見解は違った。O先生、一言。
「マーラーだ」

はあ。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-23 16:30 | 芸術鑑賞

Lesson79 チェロ人口増加の訳

分散和音で駆け上がるもの、以前よりはかなり7ポジくらいまでパタパタ上がれるようには為ったのだが、パターンによって苦手なものがある。大体がハイポジすると手が痛くなるので出来る限りa線で上がってやろうとおもっていたら、前の線からあがっておけと怒られた。だってこの教本いかにもこの指だけ上がるように数字ガが書いてあるじゃないですか?!半ば予想は付いていたが反論してみた。
「ああ、そりゃ付け忘れだ。ほらオレのはこの音から2に上がるように書いてあるぞ。惑わされてはいかん」
惑わされてはといわれてもねえ。

2回目で合格。しかしここの部分のみ、もう少しさらってくるようにと。

ベト4がベートーヴェンの中で一番名曲で一番難しいと断言(いつも断言だが)したのは師匠。最初はベト4の話ばかりしていたがこの週に初めてマーラーの話がでた。4楽章が難しいよな。最初のところから暫く。ビオラっは、2回目3回目が難しいな。タイミングがな。トップから眼を離すなよ。そういやあG大の本番では・・・
ええあの事故の話はもう何度も聞いたからいいです。

「いや今年のG大のチェロは素晴らしいんだ。なんてったって、6人入って全員が小さい頃からの経験者でしかもキチンとレッスンやっているもんばかりだぜ。初心者なんて入る余地ないんだよ。」
(そりゃ大学として気の毒だな)
「私のときとは隔世の感がございますわ」
「あんたの時って・・XXさんは同期か?」
「2つ下です」
「○○は」
「3つ下です」
この種の不毛なやりとりはもう何回やったことだろう。
「あの頃は2,3人だったもんなあ」
「そんなに小さい頃からやっている人が多いんですか、凄いですね」
「ああ、あの頃はブームだったんだよ、チェロの」
(あのころ??)「はあ、何の影響でしょうか」
「ほら、浅野xxxがチェロ弾いていた」
「まさか、101回目のなんたらですか!?」
「そうさ、あのドラマを見た人がもう親になって、子供が大学生になったってことさ」
ちょっと待ってください。
それって私の世代では?
「そうそう、あんたらの世代の子供がもう大学生なんだ。おい、世の中は世代交代だ。あんたはいつまでたっても交代できないじゃないか」
なんつうセクハラ発言。悪かったな。
それはそうと、私(より数歳上だろうと思うが)の年齢でドラマを見て感動して、生まれた子供に思わずチェロを習わせただと?。浅野あx子、酷い弾き方だった。だいたい弾く前にそのうっとおしいワンレンを結べよと思ったもんだ。彼女に比べれば、最近のもっくんのチェロなど立派なもんだと思う。
だいたい、チェロ習ってその挙句に捕まえた男が武田て○やだというのであれば、あたしはチェロなどやらせたいとは思わんぞ。うっとおしくて暑苦しくて、一番嫌いなタイプだ。観ながらあんなもんとくっつくな、一人で生きればいいだろう浅野、と思ったがそうはいかなかった。ストーリーは良く覚えていないが美女とブ男の話だ。最近のドラマはイケメンがゾロゾロでないと視聴率とれないので、いまだと絶対実現しそうにないドラマだった。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-23 15:00 | ビオラレッスン

譜面に囲まれて

リビングの床一面楽譜だらけだ。明日はレスン。レスンの曲がサイドテーブルにある。譜面台にはM1がありベト4がある。更に床下には楽譜とスコアがペアになり置いてある。今だかつて1日でこんなに沢山の曲をみたことは無い。
まずベートーヴェンカルテットOp18の3、つぼかるで1度だけ1楽章をやって曲にならなかった奴だ。2楽章までにしましょうと主張したのに、誰もきいちゃくれない。ちょっと弾いてみたら4番よりびよらは難しかった。ちょっとモーツァルトが入った割と明るめの初期の曲。シンフォニー4番の5年前。4楽章などは同じように明るくて速いので難しいの上に下品な2文字が付く。難しいとかじゃなくて、出来ん。3連符の掛け上げるところが特に出来ん。当日やはり1,2楽章に・・と頼んでみるしかない。尚難易度関係なく2楽章が一番好きだ。
その横にはモーツァルト、クラリネット5重奏曲。クラの有名なたりらりたりらりたりらりの箇所は弦楽器も代わりばんこにやるが、一つ音程が難しいパターンがあり、指が上手く回らない。あと4楽章のバリエーションの一番暗い奴はヴィオラがメロディーだ。
同じくモーツァルト、5重奏曲KV516.やっぱりカルテットの曲よりクインテットの重厚さが好きな私。そして短調!。これはプロのばよりにすと(MMTA先生)がファーストばよりんを弾いてくださる曲だ。送付されベー連らいたのコピー譜には「メロス四重奏団は138でした」なんて書かれている。そうですかその速度ですか。4楽章の出だしのメランコリックなところが大好きで、ここは先生のメロディーを楽しめる余裕があればいいんだが、うっとり聴いているとその後アレグロになった途端落ちる可能性あり。
はいどん。5度。モーツァルトよりハイドンの方が好きなんだけど、多すぎてどれがどれだかわからんので表題があるものしか覚えていない。やっぱ問題は4楽章のvivaceですかなあ。メロディーに揺らされると絶対落ちる。
そして、ぱがにーに。どんなんだろうと思って譜面をみたら、なんだか裏打ちしかない。どの譜面より圧倒的に簡単だが、スコアがないのでこれでは全くわからない。ぱがにーにはギターも弾けたらしくて、ギターとの曲を結構作っているとのことだ。この曲をリクエストした御仁はチェロも弾くがギターも弾くというひとらしい。CDをつけてきた。私の譜面から想像するに平和な曲なのかもと思って聴いたら、やっぱりぱがにーにだった。ギターよりも、ヴァイオリンが恐ろしく忙しくて難しい。この曲をリクエストした人はギターを弾く。ってことは「これ弾いて」と渡されるヴァイオリニストがいるわけだ。こんなのハイよと弾けちゃう人がいるってことなのね(@_@)。という事に驚いた。しかしパガニーニっつうのはカルテットのバランスを全く無視した曲をつくるんだな。

ぱがにーにが平和なので少し救われた気分になっていたら、もひとつ譜面が来た。MNMN先生との「ヴィオラの部屋」。呑み会じゃないのーと思っていたがそんな事はなかった。なんと送られてきた譜面は
野平編曲の「シャコンヌ」の4番ヴィオラだった。(@_@)(@_@)(@_@)。
MNMN先生が1番を一人で、あとは2人ずつ弾くらしい。で、私が初級者だ初級者だとわめいていたら、多分一番手馴れた人が一緒に4番を弾いてくれることになっていたらしい。丁寧に運指まで書かれた譜面が来た。ところどころ「ド」とか「シ」とかカタカナ入っているところみると、ヴァイオリンとの両刀使いで、ハ音に時々戸惑う人が使っていたらしい。2人一組だがいいものの、この期に及んでシャコンヌ・・。
しかしいつかは弾きたいと思っていたし、私が声かけたところで人が集まるもんでもなし、4番ビオラは音が低いのが一番好きだったのでとてつもなく良い機会なのではある。しかもMNMNさんとシャコンヌだ。

どれも「落ちない様に」するだけで精一杯だ。平日は弾けない日が多いので譜読みだて間に合わないことは確実なのだ。なので毎日いろんなスコアをカバンにいれて帰宅時や昼時に聞くようにしているのだが、中々頭に入らない。しかしすらすらと弾けそうな人達と弾く機会に恵まれたのは幸運で、胸を借りる形で参加すればいいと思っている。

1日中弾き散らかしているうちに疲れてきて、そろそろやめようと思ったら、レスンの曲が後回しになってたことに気付いた・・。
[PR]

by violatsubone | 2009-09-22 13:00 | カルテット??