<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

TOAST

「トーストをします」
という社内用語が月末になると良くメール回覧される。別にパンを焼くわけではない。
英語でも日常では余り使用されないと思うが、堅苦しい言葉で「乾杯」の意味。
主に異動や退職で職場を去る人に対する送別の杯というわけで、過去には部長部屋にて酒が振舞われた。今は部長には部屋は与えられず、低いパーティションのある椅子のみ。部署の横にある、ミーティングスペースにて、酒のみならず、一滴の水すら出なく、ただ贈る言葉と挨拶と拍手等で終わる10分程の簡単な行事だ。TOASTという言葉だけ残っている。
派遣社員が出たり入ったりするので、3つの課(ちーむ)が一緒になった当部(ゆにっと)でも、どこかしら毎月末就業時間直後に拍手が聞こえる。
というわけで、課を異動するだけの私だが、現在の課にて、最終日にTOASTをすることになった。えー、同じ部なのに何でだよとは思うが仕方ない。ボス(部長)も、「君の歓迎会も出たのに、送別も僕が言うわけね」と笑いながら、なにやらコメントを頂いた。元の直属上司なんで、かなり過去にまで遡って恥ずかしい事だ。

私はと言えば、相変わらずスピーチ苦手なので、何言ったか本人も覚えていない。可愛らしい花束だけ頂いた。そういえば、演奏会でも最近は花より食べ物ばかりだなあ。呑み会で花を枯らすことが眼に見えているので、わかっている人はワザとくれないのだ。そんなんばかりで前回はついに一つの花束も無く、菓子ばかり沢山いただいた。久しぶりに花束が嬉しい。

この部署に随分長くいた。多分、私としてはもう充分。24時過ぎ深夜残業続きの時も結構あったが、特に辛いと思ったことも無く、楽しく仕事が出来た。仕事上の刺激が少なくなったのと、尊敬できる上司や何でも相談できる同僚が相次いで去ったので、気が抜けたのが異動の原因だ。でも、良い職場であった。他部署の、特に女性の同僚・後輩からは皆羨ましがられた。こと仕事に関しては、私はラッキーだと思っている。
ありがとう。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-31 17:30 | 会社にて

Lesson68 記載忘れ

レッスンがあったのに記載するのを忘れ、なんだか長い間さぼっているかのようだ。この日に行ったということは、とりあえずメモっておく。

練習時には結構上手く行っていたエチュードが、何故かレッスンの場所では手がもつれる。まあ所詮練習回数が足りないので、その場で上手く行かないのだ。やり直し。おまけに今度はかなり曲っぽい宿題付。

初めて、桶の曲の譜面を出せといわれた。普段は、桶曲は見てもらわない。レッスンまでも桶曲だったら、ホントその曲だけになってしまってしまうし。しかしティルは師匠が気になるらしい。別に弾くわけではなくて、弓とか指使いにつっこみをいれるのみ。ハイポジの箇所「こんなもん1ポジから飛びつくに決まっているだろう。A線でキーキーならすのがいいんだ。今までレッスンで何ならってきた。飛びつけ!」

弓に関しては、後から修正された弓で、師匠の要求どおりになっていた。どっちにしても弾けない箇所。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-30 20:00 | ビオラレッスン

おつぼねカルテット 第14幕 Eちゃん先生練 


c0102375_621452.jpgじゃーん。これが衣装です。タカーチびっくり(笑)

宅配「仕事でいけなくなりました!」

丁度、どしゅさんとEちゃんがピアノトリオの練習をしていた、ピアニストが早く帰ったのでサシ練だったそうだ。すんごい興味あったな。お茶の時間にゆんさんがEちゃんに代奏を交渉。
Eちゃん「えー、初見苦手だしー」
どしゅ「いーのいーの♪」(やたら上機嫌。一人でツボネズと対峙せねばならない事を考えると当然だろう)
以上、記者がいないのでフィクション

例に寄ってやや遅れて到着。全員待機状態。
つう「あらん、すいませんね」 とかいいつつ譜面台のネジ飛ばしたりしている。
Eちゃん「これって、いつ始まるんですか」
おれんじ「一番遅れた人の準備が出来たら」
つう「お待たせです」
どしゅ「いい眺めですねー♪」(チェロ見ながらニヤニヤ)
1楽章
Eちゃん「あのーこんなんでいいんですか」
Eちゃん「そこ、音程低くないですか」
Eちゃん「ここ、もう少し大きくてもいいとおもうんです」
二言目には「あたし、良く知らないんですが」
Eちゃん「色々雰囲気違うんですねー。5重奏とのときは皆喧々諤々でうるさいです」
どしゅ、Eちゃんの手前ヘラヘラばかりしていられんので、同じく指導してみる
どしゅ「ここ3連符少し遅いです」
どしゅ「ここはもう少し出していいと思いますよ」
2楽章
Eちゃん「最後の方はどうやって弾きたいんですか?硬い感じ?」
どしゅ「・・・まあ、聴いている曲の影響もあるんですよね・・僕は柔かい感じ」
(趣味の違いだもん、という開き治りを暗示)
つう「メロディー弾いている人の感じにあわせるかなーみたいな」(主体性無)

Eちゃん(なんだろうここは。。???)

ご指導有難うございました。。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-29 18:00 | カルテット??

おつぼねカルテット 第13幕 冗談

何日前に記事かいとんだ。
この日は、つぼぷらの日。つまりホルン2本の日。

とびうめ「桜フィナンシェ買ってきましたー」
彼は立派な6番目の小夜子つぼねである。
弦分奏?をしたはずの音楽の冗談、
じゃじゃじゃ、じぇじぇじぇ、じゃじゃじゃじゃじゃ じゃじゃ じゃじゃじゃ
とびうめ「もっと極端に、ばたばたした感じでいいんじゃないですかね」
つぼねず、嬉しそうに「そっかー。」
ばたばた 
(汚すぎる・・)とびうめ、また困る。

つぼねず「通ったー」
→これで満足。

おりじなる曲
べっち「電車の中で譜面見ていたら、前の人にぎょっとされました」
そういう題名である。
たーらりらりらりらりらーー
とびうめ「つうさん、僕シャープ落としてました?」
つう「あ、そだった、私が落として弾いてました」
おれんじ「何か、注意点とか」
とびうめ「一杯ありますよーー」
(でも何から言えばいいやら)

困り果てるとびうめをよそに、自己満足で21時過ぎまで練習、その後K池レッスン後だったDKSQの連中と先生と呑み会で合流。上機嫌でかっとばしているK池先生のお話をまた聞くのであった。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-28 18:00 | カルテット??

宇宙人と神戸

翌日の最初のアポが11時だという。朝ゆっくり出来るのは嬉しいけど、上司に知れたら呆れられそうだ。
駅近くのモントレーをまた予約した。私はこのビジネス離れしたホテルチェーンが気に入っている。安いし。しかし朝ごはんのビュッフェに明石焼きがでてきたのはびっくりした。卵焼きの代わりでしょうかね。
c0102375_634555.jpg
10時チェックアウトであり、客先までは三宮駅から近いので、時間がある。よしよしと思い部下に、じゃあ先のマックで仕事してたらー、と無理やり連れ出す。またPCかかえたまま、大きな荷物ガラガラひきずって歩く。
三宮駅前のマックに彼女を押し込め、ちょっと私このビルの上に用事があるから、10分待っててねと怪しいことをいって消える。
ホテルを予約してから気がついたのだが、駅からホテルまでの途中に「神戸楽譜」の店舗があったのだ。予定では昨日行くはずだったけど、京都で夕食をといわれたので仕方ない。ビルの4階の小さな一室、事務所みたいな場所の後ろに棚がある。そこで先日コピーさせてはもらったもののやはり現物が欲しいかなということで、バッハのシャコンヌ(びよら4重奏版)を購入。もっとゆっくり見たかったが、一応仕事中ということで(笑)そそくさと失礼した。

神戸では3件。1件は別に私は用事は無いのだが彼女の担当先。ここもかつて私も担当しており、久しぶりの訪問だ。なにやらトラブル中の彼女は行くのが気が重いですーーとぼやく。ここの購買担当の女性がまた、強烈なツボネでかなり怖いらしい。私は同年代で、案外気があう。業界で女性が少ないので、ツボネ同士は客といえども結託強くなるのだ。「怒られずにすんで助かりましたー♪」。
c0102375_6183641.jpg
3件目の客は空港の方が近いので、帰りは飛行機だという。あたしは新幹線派なんだけどね、、。変に時間があいたので、その客先のまん前にある「IKEA」に初めて入ってみた。関東ではどこも遠いので入ったことがないのだ。だだっぴろい。そとではコンテナが横付けされている。欧米の店だなーという感じだ。まあ確かに、センスも悪くは無く、安い。しかし飛行機で帰るのに家具を買うわけにも行かず(大きなクッションにちょっと魅かれたのだが)。小物をとってみたが、レジが行列だったので、めんどくさくなって買うのを辞めた。約束の時間になっても彼女がいないのでレジに戻るとトランクをガバとあけ、なにやら犬のおもちゃを詰めている。
「わんちゃんのお土産です♪」
おかげで空港で土産をゆっくり選ぶ暇がなかった。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-26 10:30 | 旅行&出張

宇宙人と京都

仕事を一部渡す部下は、英語が素晴らしく流暢な超美人さん。でも帰国子女の天然不思議ちゃん+20代なので我々にとっては彼女も宇宙人。もう1人、昨年3月にパリに留学したいんですと自分探しで辞めて行った隣の部署のお嬢様もかなり美人で更に宇宙人度が強かった。(寝坊して厚木のゴルフ場まで恵比寿からタクシーで来た人だ。)うちの人事部は総じておやぢなので、美人採用が多いのだ。女性は男性より語学が出来る人が多く、その流暢な英語は発音が悪いおやぢたちの魅了するのかもしれん。意地の悪い見方をすれば、世間への見栄えのために、女性を多めに採用するが、そんなに使いこなせないと自分達でもわかっているので、早く社内結婚してくれるよう、美人を採用するのかもしれない。我々過去の事務職採用と同じ様に。たまに私みたいな平凡な顔のを採用するとこうやって売れ残ってツボネとなるわけだから、美人採用に越した事は無かろう。
c0102375_5453973.jpg
最初新幹線を手配させたら私の送別会の日に出張に行く事になっており、慌てて訂正させた。
最初のアポが大阪11時なので7時台の新幹線。あー眠いなあとぶつぶついいながら品川からのると
「おはようごさいます♪」と、東京駅から載っていた彼女がにっこり出迎える。惚れ惚れする可愛い笑顔だ。
座席に座ろうとするとデカイにもつがある。3日分の荷物は軽く入りそうなキャリーバッグだ。
「あんた何泊する予定なの?」
「カバンなかったんですー」
4年目だとおもったんだけど出張経験なかったのだっけな。
引継ぎ終了して、別に忙しくもなかった私は携帯で会社のメールを覗くのみ。後は寝ているか本読んでいる。となりでは宇宙人が仕事でテンパッテイルらしく必死でPCをたたいている。
荷物がデカイのでことある毎に駅のエレベーターを使う。
タクれば後ろのトランクをあけさせる。
何だか移動に時間がかかる。
階段では訪問先の客のおやぢにカバンを運ばせる。
「どのくらい滞在するんですか?」
まあ、挨拶代わりのネタには使えるので、「客ごとに服かえるらしいです」とかいってからかって遊ぶ。
しかしいったい何が入っていたんだろう。
c0102375_5482861.jpg
客の都合で大阪2軒→京都、翌日神戸だった。夕食は京都がいいというから勝手に選ばせた
「とりまるですう」
「何それ店の名前?京都なのに焼き鳥屋にしたわけ」
「通りの名前です。京都の住所って何か素敵ですね!」
からすま(烏丸)通りの、駅近くの店に入った。

寒かったのでしょっぱなから日本酒にした。食器が全てセンスがあって素敵だった。
味も上品でマアマア美味しかった。
しかしなんにしろ寒い。計画では桜も咲いているのではと思ったけど、それどころじゃなかった。
神戸で宿泊するので、神戸で夕食にしてさっさと寝たかったな。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-25 07:15 | 旅行&出張

チーム内の送別会

これは近所のお洒落系居酒屋にて。送別会で何が嫌かって、お言葉をナニカ言わなくちゃいけないことだ。人前で発表するのがとても苦手な私、感動的な言葉などこっぱずかしくて吐けないし、こういう場でウルウル泣きながらスピーチするような乙女では無い。仕事のシナジー効果が云々と、自社内の流行言葉を載せた挙句に、最後にぼそっと「ボケ防止に異動もよいかなと思い希望してみました」等といってしまった。

ああ、この種の挨拶はいくつになっても苦手だ。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-24 19:00 | 食べもん

送別会続き

客先やら自分の部署やらで送別会続きの今週。一銭も使わずに飲食い出来る機会は早々無いので、ありがたいといえばありがたいが、、、、。

ああまた楽器がさらえない。

ああまた更新が出来ない。

本日は、「ぬーべるしのわーず」 つまりはおフランス風に洒落たチャイナ、というコンセプトで、K田とは思えぬ洒落た店にて、子会社に出向している方々で送別会をしていただいた。例に寄って食べる前に「xx国xx地方原産のxxxをxx国xxx村のxxxxxにてあえ、付け合せはxx県xx農家よりのxxにて・・」とくだくだとトレースの説明が入る。昨今は美食にも理屈が必要なのだ。
支払いをした同僚Hにこっそり金額聞いたら中華とは思えぬ高さだった。あたしは中華は安くていいなー。
接待されるほうだから、いいんだけどさ。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-23 19:00 | つぶやき

豪雨の横浜にて 黄泉響その3

すっかりスクロバ爺さんのキビキビした指揮がお気に入りとなったワタクシ、おっかけの様に3週連続黄泉響演奏会だ。お陰様で王女マルガリータが描いてあるプログラムが3冊にもなってしまった。断ればいいのに、といわれたが思わず頂いてしまったのだ。

我らが宅配燕が選んでくれたど真ん中の席にFオケ「いつもの飲み連中」9名が陣取る。真っ先に舞台に出る宅配燕に散々手を振るがワザと視線を避ける。やあねえ。

さて、最初はチャイコの弦セレだった。短縮語というのは、ちょっと曲の品位を損なう感じだが、フルネームは面倒なのだ。その後の呑み会で、この曲聴いて人材派遣会社を思い出すのって何年前のことだっけね、などと話していた。昔私が弾いた時は、それでクラシック音楽初心者の観客を募ったものだ(-_-;)。
感情過多にならない、締りの良いチャイコフスキーだった。アマチュアによる、情熱が全てを凌駕する演奏なら何度か聴いたものの、プロの弦セレを生で聴いたことはあったかなあ、2度目くらいではないかな。こんなに精密な曲だったのかと思うくらい、細かい構造が浮き立つような演出だった。おれんじさんが群青色だと表現した黄泉響のシビアな音がまたそう感じたのかもしれない。カッコイイ弦セレ、という感想を持つのは初めてだ。

2曲目は本来ならスクロバさんの曲を指揮する予定だったが、まあ諸事情あったようで、ストラヴィンスキーの管弦楽の為の交響曲というものだった。ブラバン出身者には馴染み深いのかもしれないが、管楽器というものはリコーダー以外触ったこと無い私には余り印象にのこらんかった。弦楽器だけと管楽器だけの曲。アマオケみたいなラインナップで面白い(笑)

ブラームス4番。こちらは譜面台無。暗譜であった。それにしても細かくきっちり指揮を出す人だなあ。予想された通り、硬質なブラムスだった。甘すぎもせず、無骨すぎもせず。低弦が相変わらずどっしりとしており存在感がある。消え入りそうなPPが凄い。アマチュアはPPが出来ない。ホルンに抑えろといったら怒ったのは漫画の話だが、ホルン的には難しいらしい。落ち着いた枯れ味が出ており、好きなブラムスであった。いよいよ、良い客になろうかと思った。TO響とダブル会員。うーん、H氏みたいにこうやってなけなしの時間と金をこういうことに費やすのか。まるで草食ツボネだなあ。

中華街の店などしらんので、他人の薦めるままの店にした。ずっと影を潜めていた私のブリザード力が発揮されたようで、でたらめに強い雨だった。この日だけ、まさにこの瞬間だけ。カシミヤ100%のコートがよれっとしてしまった。まあいつもの連中でいつもどおり騒いでいた。帰りに雨足が弱くなったので、つぼね達の密やかなミッションを決行した。本番衣装選び。チャイナは胸が小さい方が選択肢が多いらしいことが判った。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-22 14:00 | 音楽鑑賞

予告された崩壊の記録

「初回TUTTIはきっと崩壊する」と、師匠は予告した。実際その通りだった。

きっとぐちゃぐちゃになると皆感じていた。やっぱりその通りだった。マルケスの殺人じゃないけれど、皆がなんとなく予想された状態で、崩れていった。

ティル・オイレンシュピーゲルはなんつう根性のひねた奴なんだろうか。まあ弦の状態は想定内、木管がとても大変だった。うちのオケは、木管は割りと安定していると思っていたので、結構びっくりした。

エルガーも大変だった。えにぐま変奏曲はそれぞれが人を表現しており(1曲川に飛び込むわんこもあるが)、本人自身を表現している最終楽章で、予想通り崩壊した。だいたいが、怒涛の箇所の後に弾かないfirst endingの箇所があるので、思わず間違えてつっこんで回復不能になる。x書いているだけだと、つっこみがちになるので完全に塗りつぶすか白い紙をかぶせることにしよう。
散々崩壊したこの日の夜中、私がやったことといえば、どしゅさんがしこしこ作製したシールを譜面にはることだった(-_-;)。各楽章の顔写真を観たい方はコチラ。写真シールはどしゅさんが鋭意配布中。

「何で弾いた事ある人が多い割に間違えるんですか!」と某チェロトップが文句を言っていたのが聴こえた。ブラ4.間違えるっつうか、凄い汚かった。何もかもが大雑把な。

この日の指揮は、マラ9以来のMR川さんだった。N響の正式団員になられた。最近はTVでお見かけする事も多い。ちょっと大人っぽくなった。頬の赤味がなくなったからかなあ。相変わらず容赦なく速い指揮振りだったが、ティルなどは細かく丁寧に(というかそうせざるをえない惨状だったのだ)みていただいた。指導にも貫禄が付いて来た気がする。一回り以上下なので先生なので、ちょっとオバサン的視線でみてしまふ。落ち着いた感じがするのは自信かしら。ただこの若さでこの体型はちょっと心配だわ、おばさん。。

さて、これからどうやろう、と、結構頭抱えているかもしれない。MR川さん、いつも難曲ばかりですいません。またよろしくお願いしますね。
[PR]

by violatsubone | 2009-03-21 18:00 | おけすとら