<   2008年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

今年のまとめ??《コレクション編》

 c0102375_14101841.jpg
c0102375_1472169.jpg
c0102375_148350.jpg


 c0102375_1484151.jpg
c0102375_14111887.jpg
c0102375_1414984.jpg


 c0102375_14181858.jpg
c0102375_14151045.jpg


らいあーコレクション+α です。何がまとめだ。
今年のFオケびおらな出来事
どしゅが入団した
若者もおじさまも入団した
らいあーが帰国した
始値10 最高値16、終値15 単位は人。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-31 14:06 | つぶやき

カウボーイイタリアンでのパーティ

友達のayaさんに誘われて横浜のイタリアンにて忘年会。GAUCHOという名前の店だが、イタリアンだという。ガウチョって、まあ南米のカウボーイみたいなもんじゃなかったっけ。それとも店主がロナウジーニョのファン?だとするとガウーショってポルトガル語風にいわなくちゃいけないか?いやしかし店主はayaさんのスペイン語の生徒だった。
と、ぶつぶつと名前の由来考えながら参加。お得意様だけの貸切パーティみたいなもんだった。半分立食。狭い店内に消防法大丈夫かというくらい人が入り、食べ物ゲットも大変。何人かと話している間に次のものが出て、早くゲットしないと無くなってしまう。中々忙しい。食べ物はやはりメインの宮崎牛が抜群だった。店主のコメントに素材が上質なら味付けは塩だけで充分、というのがあったが、まさしくその通りだ。なんたらソースなんてものは素材がすばらしけりゃいらんのだ。あ、しょう油は別格ね。宮崎牛が売りだからgauchoだったの?普段もでてくるのかな?。毎週来ている常連客もいたそうだ。ayaさんは数回?。普通の日に来るディナーのパスタの方が手打ちだし美味しいとのこと。次回は普通の夜に来て見るか。横浜ってのがちとネックだけど、ね。

丑年を迎えるにあたって、贅沢な牛さんを二晩連続で食べた。やっぱり私は牛が好き!
[PR]

by violatsubone | 2008-12-30 20:00 | 食べもん

Lesson61 新しい子

c0102375_1359586.jpg
新しい子はイタリアンで41センチでした。これだと余り違和感無いかな。でも、持ち方も、右手も、左手も、矯正必要なので、本日は音階練習のみ。年末年始も宅配をみならって基礎練習です。本番まで時間ある今が(そんでもってユーロ安)お買い時かなと。

28日の朝呼び出しをくらった。「12時に来い」。うー14時に用事があるんだけど間に合うかなと思いつつ、師匠宅にいくと、4本のびよらがいた。「どれも中々だ」。言い出すタイミングを半年以上前から計っていたが、先月漸く言ったのだった。予算は?ときかれて、なんて答えていいかわからず1本といっておいた。もう少し高くても良かったが、多重債務者はこのご時勢避けたほうがいいかな、とか、現金も手元にある程度必要だろうということから、ちょっとケチったか。ただユーロ安だからいいのが来るのではないかと師匠はいっていた。
イタリアン2本、ゲルマン1本、ゲルマンのオールド1本。ちょっと弾いただけで判るものでも無いが、イタリアンはやはりラテンなので音が明るい、ゲルマンは篭った音がする。ぶらむすとかならドイツ男の音がいいかなとも思ったが、私は音が小さいので、ぱあっと音がでる楽器の方がいいかなあ、イタリア人は世界一ハンサムというデータも先日ネットであったし(そんなの関係ない?)、オールドの渋さもいいが、まだ私には爺様をモノに出来るほどの人生経験は無いし、若い男の方がいいかしら(関係ないって)と。で、イタリアン2人ではより明るい音がするほうにした。ぶっちゃけ師匠が一番弾きやすい楽器にしろといったので、したがったまで。
いい色に焼けた肌を持つ、来るもの拒まずの軟派なラティーノ、かな?うう硬派好きなはずだったんだが。

で、その時は楽器選別で時間をとってしまったので、その2日後にそいつをもってレッスン。
「曲はやらん。まず構えと弓を直す」ということで、今までの構えより随分内側に。大きいとアゴあてがブリッジ型になってるんだなあ。で、ほっとくと弓が曲がるのでそれも矯正。C-durの音階、戻りの4の指が凄く低くなってしまう。でもこのくらい指広げるほうが安定感があるな。C線の3ポジ以上がちょっとキツイので馴れないと。教則本また逆戻りだな。

まだシリアル番号など張ったままだ。また次の生徒だったS君と新しい楽器くらべっこ。(彼もマメに通っているなあ。私は楽器の都合上次が近かったんだが。。彼も同様か)
「美味しそうな色ですね」
キャラメルみたいだとのこと。まあそういう見方もある。

「おい、次の曲は何だ」
「(だからー) ブラ4とエニグマとティル」
師匠はティルに反応して、また 始めのリズムを歌いだす。やれやれ。
「難しいぞ。健闘を祈るだな。ティルがテルにならないようにな」
ぜんっぜん面白くないんですが、それギャグのつもりですかね師匠。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-30 13:00 | ビオラレッスン

Fオケ忘年会 肉と歌

c0102375_13544818.jpg
恒例の銀座青葉屋。A5牛肉のしゃぶしゃぶ。仕事多忙で演奏会出られずとも公式忘年会の幹事だけは買って出るHJさんによる、Fオケ公式しゃぶしゃぶ忘年会。政治家の様にゴージャズだ。全くFオケは可処分所得が多い奴が多く、単価の高い遊びを平気でする。
私はだから居心地がよかったりするんだけどね。
昨年は会社最終日と重なり、食べ損ねた。ことしはかに娘さんの至上命令により29日の開催となる。休日3日目♪。最初に焼肉、次にしゃぶしゃぶのコース。肉の質が良いですね。
かに娘様はまず椎茸がついていないとお嘆きになり(仕方ないので私が店員に注文した)
薬味の葱をポン酢が見えなくなる程かけ、お変わりが欲しいとおおせになる(仕方ないので私が店員に注文した)天然娘には勝てないおつぼね。
4人一組で1皿割り当ての肉、圧倒的に女性4人と当テーブルの速度が速かった。そして店の葱の半分くらいがここに使用されたのではないかと思料する。


c0102375_1355507.jpg
トイレにあった人形可愛いから写してみた。トイレに携帯もってくなよ。。来年は牛年ですね。沢山牛29食べましょう!!。

その後、2次会を経て、カラオケへ。例によってKNNN氏の演歌を聴き、これで紅白歌合戦がおわり、(とびうめさんいなかったのが残念だが、代わりにアニソン女王がいた)心おぎなく年を越す事が出来る。年中行事って大切だ。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-29 17:30 | 食べもん

超ゴージャス賃貸

c0102375_1349640.jpg
大学時代の友人から引越し通知が来た。おお、じゃあ遊びに行きましょうということで何人かで押しかける。TA町駅から10分ほどの芝裏島。40階くらいのタワーマンションが林立している。このうちの賃貸。エントランス入るとコンシェルジェの姉ちゃんがにっこり。パークハイアットですか、コンラッドですか?という感じの都会的クール&ゴージャスホテルの雰囲気。(最近のホテル全部行っている訳ではないが)高い吹き抜けのロビーで待っていると友人が迎えに来た。ダブルロックはうちもそうだが、ここはエレベーターホールが分かれていて階毎に違う。友人宅は15階ー20階の間。降りると、ふかふかの絨毯、間接照明が大人な雰囲気の廊下。新聞も玄関前まで運んでくれるしゴミ捨て場も各階にあるらしい。彼女の部屋は40㎡程の1LDKだが、非常に機能的に出来ており(廊下が無い)充分。風呂から夜景が見えるのが素晴らしい。風呂に窓があるのは結構珍しいのだ。


c0102375_13494320.jpg
マンション31階(マンションは48階)はラウンジ。ここはウエスティンの様な落ち着いた雰囲気(だから余り知らんの)。虹橋が目の前、一面のガラスで素晴らしい眺め。隣には時間貸しのパーティールームがあり、テレビCMの様にガイジンと日本人がバーカウンターで談笑し、ビリヤードをたしなむという笑っちゃうほどバブリーな風景が展開していた。別にやらせじゃなさそうだ。こんなゴージャズな賃貸、さぞかし高いだろう。何せ彼女もぐっぴ家同等の金持ちだ。G大にはお嬢は沢山いるが、彼女も実家は目黒区でトイレが6つ!ある豪邸、召使付生活だった。しかし、ここは20万しない。うちの周辺の相場より安い。何かコネ使ったのかとおもったらここは定期借家制度なのだそうで。

c0102375_1350963.jpg
お嬢様っつうのは、バイタリティがあるのか。彼女も色々とパワフルに仕事してきた。ただのお嬢ではなくNケイウーマンに記事も載ったほどのキャリア。今は勉強中で「ふつーの資格なんて取っても仕方ないわ」とばかり超難関試験をグアムにまで受けに行く。私の女性友人にはスーパーキャリアが何人かいるが、彼女も試験に受かればその通りになるんだろう。
私の様なただのバブラーと違い、本当のお嬢様ってのは節約するときには節約する。でも良いものを知っているので基本センスが良い。実家から運んだのという家具は少ないけれどどれもとても良いものだと判る。

この年になると外に食べに行くよりも家で食べるほうが落ち着くのか、近所のピーコックに買出し。直ぐ食べられるものばかり買い揃えて家で話しながら。友人の中で1人実家住まいの子に家を薦めてみたりする。ここが如何にお買い得か、とか、このくらいだすなら分譲がいいとか、挙句の果てには間取りまでああだこうだと。そういやあマンション買った時にはホント色々調べたもんだ。間取り見るの、楽しいんだよなあ。

写真の猫は飼い猫。猫なのに愛想が良くて人が来ると喜んで擦り寄ってくる。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-28 14:47 | お遊び

お歌の自主練習+オケあわせ+忘年会(赤い1日)

歌の練習前に深酒はよろしく無い、いわんや朝帰りをや。
思い切り遅刻。
本日は、墨田の家庭せんたで、お歌の自主練習、その後 森下に移り、自由参加でオケ見学、そのときに歌っても良し、その後、オケと一緒に赤い忘年会。という1日。

自主練習は10人少しだった。最初歌えといわれても遅刻してウォーミングアップをしていないので全く声が出ない。やれやれ。えーとどういう音程だっけ、どういう発音だっけなとすっかり頭からすっとんでいる。そんな超劣等生を含む自主練習、人数が少ない中じっくりやってもらったので、はもりが判らない場所がわかるように、ちょっと霧が晴れた感じ。少人数練習ってやっぱりとても重要だなあ。合宿でも出来ればいいな。つうか合宿で余り夜更かしできないってことなのかしら。

軽い食事を済ませ、何人かは帰ったが何人かが加わり、オケ見学。アマオケを楽器もたずに見学するのなんて初めてだよ。003さんやまろさんを眺めながら着席。最初の森の歌では、10数名だけで歌うことに。ダスビ常任のNAGATA先生、相変わらず迫力ある方だ。赤いTシャツにて登場。細かいこと気にするな、兎に角鳴らせ鳴らせのオケ。金管ど迫力。(でも切れが良くてむちゃくちゃカッコイイ)。バンダが山ほどいるので横からも容赦ない音。で、一旦留めた先生
「そこ、もっと大音量で。いつものとおり!」
何ですって。もっとだせと。口をあんぐり空けてハニワになった私達。嬉しそうな金管連中。
うー聴こえない。やけになって歌う我々は殆どがなり声か。ソプラノのZAMちゃんはやはり凄い。最後の思い切り伸ばして、その最後に思い切りくれっしぇんどするところ、私なんて息たえだえなのに、そこからまだ一段音量が上がり、音が前にポーンと飛んだ。
N田さん「ソプラノ、何人いるんだ」
Zam「2人です」
N田さん「ブラヴォー」
ほんと、ハラショー。
N田さんは、わりと褒めて木に登らせるタイプみたい。二言目には
「もっとxxxして!いつもの様に」
そっくりかえって楽器を上げて朗々と弾くマネをしながらの指揮。嬉しそうに弾きまくる弦楽器の方達。Cbが4名いて皆が低音ゴーゴー鳴らすのでまた迫力がある。ヴィオラも音が大きい。7曲目の最後では最後尾のどしゅが楽器を45度以上あげる。ミセスどしゅも30度くらいあげる。

オケをバックに歌うのは初体験。しかしアカペラよりずっと歌いやすい。一応スコアで予習しておいた、音程や動きが一緒の楽器にあわせつつ、にゃあにゃあ歌ってみる。大らかキビキビ明確な指揮で、とても判りやすい。一緒が歌いやすいというのはオケ出身だからかな。速いと聞かされてドキドキしていた5曲目、2曲目は今回は速度を少しセーブしてくれたようだ。(バスはちょっと暴走していたが)。ロシア語の難しい発音が余り無く、ハミングのため、結構練習をすっとばしていた6曲目が一番めちゃくちゃだったことが判明。というか全パートバラバラで色々落ちていた。何がなんだかわけわかめ。アダージョは難しい。オケの皆さん、大変申し訳なし。(私もFオケの初あわせでは『合唱、オケ聴いてないよね』なんて生意気な感想持っていたが、S0NY合唱団、上手かったんだな、我々はそんなレベルではない・・。)しかしオケ練習でわかったことも多く、人数少ないけど参加してよかった。でも合唱聴こえるのかなあ?

その後、例の場所で忘年会。行く人数が少ないのでサクサク移動した合唱数名。かなり図々しく最初に店に入り、良い席にさっさとすわり、あろうことかN田先生のまん前。同年代のLさんのお隣にお座りになったということだが、合唱の我々がメインの席を取るってどうなのかしら(笑)
合唱のノンベエな方々とはお知り合いに慣れたが、オケにも、ということで、003さんに色々紹介していただいた。宅配の同期とか。どしゅ氏は一旦帰宅し、翌日本番のミセスどしゅを送った後にまた車で(飲めないのに)再登場した。Fオケ経験は浅いので呑み会で大人しいけど、こっちでは、oderかokcnの様だ。受付に手伝いにきてくれたキュートなkbmnちゃんもいた。呑み会の合間に自分がでるオケのチラシ配りが始まる。「今度露オケでタコ八やるんですよー、ビオラ弾きなら涎だらだらでしょ出ませんか」と客引きも。涎どころか良く判っていない私。うちの文化だとちょっと考えにくい光景ではあるが、年1回演奏会のDオケでは掛持ちが前提だからかな。大らかでいいですな。どしゅ夫妻は配られたチラシのオケ、交互にどれかには出ている様だ(笑)。

帰りはどしゅ車。びおら4名だが、私だけ楽器持ってない。何か物足りないので変わりに客席にあったチェブを抱いて寝ていた。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-27 14:30 | おけすとら

お仕事納め

c0102375_11111022.jpg
29日や30日まである方もいるので気を使って本日アップした・・わけじゃありません。
金融機関ではない弊社は株価年初より60%程下落したところで、今年の営業を終えた。自分の持ち株に関しては、みるきもしないが、今年の年初最安値よりも低い時期より買いたしているのでトントンくらいだろう。来年少し様子をみて買い増しをしよう。再来年には上がるだろう。(バブリーズの根拠無き楽観主義)

年末恒例の本部長達のお言葉。大広間でおやぢたちのひしめく中、紛れて聴きにいく。昨年ははっぱをかけるようなイケイケ発言が多かったが、今年はなんかもう投げ出している感じ(笑)
「来年は会社も引っ越し。マージャンでもつきが悪いと場所かえますよねー」
これが当グループのファイナンシャルトップの発言だ。

アパレル出身のグループトップ
「全く、今の若者は見栄ない。借金して車かったり、大学生がヴィトン持ったりしないのだ、これはバブル以前よりブランド志向がつよく見栄っ張りであった消費文化の大変化だ。若者に一番買いたいものというアンケートをとったら貯金だそうだ、買うに対する言葉の受けこたえとしても如何なものかと思うが、若者が貯金だなど、由々しき事態!」
だいたいが、我々より上の代のおやぢたちの派手派手生活から考えると、借金をしない若者、車を買わない男、ヴィトンを持たない女、というものは想像を絶するのだろう。なんつう業界だ。そして驚愕したのは多分我々より少し下の世代までだろうな。

そして最後にうちの部署にとびこんだニュースは子会社取引先の夜逃げだった(-_-;)。

ま、誰もが景気悪いならしゃあないな、来年は実体経済がもっともっと悪くなるからその種の会社増えるだろうなあ。仕方ない。
気を取り直して呑み会に行く。で、こんなバブリーなものを飲む。深みがあり、美味しい。
酒の許容量には限りがあるので、美味なものを少し呑めれば私は満足。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-26 17:30 | 会社にて

勝利宣言!

c0102375_7351671.jpg
今年はなんと、既に年賀状を出し終えた!21日&23日に作製し、ここ10年で最早記録だ。
日記を書き始めたのが2006年なので2年分を検証してみると、2006年は演奏会が12月23日、2007年は翌年1月だったので年末は諸事忙しかったわけだ。で、今年は演奏会も終わり、アンサンブル大会も20日に終わり、出張帰りのため21-23まで呑み会の類を入れていなかったことが勝因だったのだ。特に、21日に作業に取り掛かるというのは大きい。まあ、以前は自分でイラスト描いていたのだが、どんどん手抜きになってきたというのもある。
また、個人情報保護やSNSの広がりで、知り合いや友達は増えたけれど、住所を知っている人は一向に増えず、年賀状の数は数年前から一定ということもある。
まあ、オケの住所録は、無くて正解かも。だって、何人までどこまで出そうかって、結構際限ないじゃない。

それにしても凄い開放感だ。これで年末まで連続してある呑み会忘年会を後顧の憂い無しに参加できる。いや素晴らしい。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-25 18:06 | つぶやき

AIの訃報


100年に一度の不況という素敵な事態のなか、クリスマスイブの最大の話題は彼女の突然死だった。いやー最後まで暗い話題で。渋谷のIT系企業に勤めている友人は、会議中に窓からみえる向かいのオフィスビルにぱらぱらぱらとヘリが大挙して押し寄せ、何かと思ったら、部下が携帯をみせて「これだそうです」とニュース見せた。オフィスビルに住居ビルが併設しているとは思わなかった。
男性は別の意味で若い頃お世話になったろうけど、同姓受けもいいんだよね、Mほ純とかあちら出身の子って、気取らずにずばずば本音で語るので、支持されるんだろう。テレビでのコメントもずばっと真っ当なこと言っていた気がしたなあ。

で、死語1週間で発見ってので、そうだよなあ、と思ってしまった。私などは企業勤めなので2日も連絡無で休めば、奇異に思うだろう。遅くとも3日目には発見されると思う。でも定年後だったら、それこそ1ヶ月だって不思議じゃない。数年前に大ヒットした「負け犬の遠吠え」に、「生涯独身というのは、誰からも発見されない可能性はあるので独身老人腐乱死体となる可能性があり、腐乱も辞さずという覚悟が云々」書いてあったのを覚えている。まあそうだよな、仕方ないなというのが当時の感想だったが、今思うと腐乱したら発見者に迷惑だなあ。定期的に誰かと連絡を取っておける体制にしておいたほうがいいなあ、やっぱりお一人様集合住宅かなあ。

そういえば冷蔵庫に入った人は、腐乱を避けるためだったのだろうか。心境わからないでもない。でも冷蔵庫開けた身になってみたら衝撃は同じだな。

ま、イブに考える事じゃないか。
[PR]

by violatsubone | 2008-12-24 15:00 | つぶやき

Lesson60 ロシアからきた大砲びよら

師匠「ろしあより愛をこめて、ニ○チンがこいつを持ってきたのだが、頼んだ奴が弾ききれんので返品してきたんだよ。」

目の前にあるのは42.5センチのびよら。勿論私のためじゃなくて、T《伸ばす方》響のばいよりにすと、ニキ○ン氏が別の人に頼まれて持ってきたのだそうだ。
師匠「どうだ、大砲の様な音がするぞ」
私「それっていい音なんですか」
師匠「デカイにかぎるんだよ」

と、師匠がやおら、マラ1の4楽章 例の箇所
びよら!びよら! 
《以下はここ参照ぐすたふさん、勝手にリンクすいません》

持ってみたが、現在の39.5センチびよらと比較して、まるで10センチくらい大きくなった気がする。そもそも今まで弓を置いていた位置にはコマがあるので、手を伸ばさないといけない。
「持つ姿勢がかわるんだよな。急にでかくすると。だからプロはサイズ変えられないんだよ。弾き方を最初から矯正しなきゃいけないからな。毎日本番がある彼らには出来ない。だから最初からでかいほうがいいんだ。デカイ女には薦めるんだが、まああんたは華奢(=上半身のみ)だし、腕長くないし、筋肉ないし、これは難しいな。k口レベルになると弾きこなせるがな」
多分、持ち方をもっと内側にして腕が届くところにして、右腕の置き場所も変えて・・・だいたいがささえてらんねーよこんな重い奴。指はそれ程問題無い気もするが、右手が大変。ぐっぴのも大きいけど更に大きい。(大きさも音も)ただ音は以前あった(k口さんという一番弟子が破格の価格で買っていった)ベネチアコンクール優勝者制作のびおらの方が響きがよかった気がする。

ふーん。師匠以前ニキ○ンが小さい良いびよら持っているっていってたのに、持って来る様伝えわすれたな。

何か今回も似たような注意をされて、曲が仕上がらなかった(-_-;)
もう少し分割して機能的に練習しろといわれた。

次の生徒はFオケ新人、社会人一年生の宣教師S君だ。自分の楽器開ける前に、大砲ビオラにきぎずけになっている。
S「いいなあ、欲しいなあ」
師匠「男性なら問題ないな。あ、顎あてが付いてないんだ。あっちでは個人にあわせて顎あてを後でつけるからな。日本だけなんだよセット販売は。俺はいらないけどな」
(だって師匠、顎と首は何処で区別するのか・・)
また、弾きだす。
びよら!びよら! びよーら!

Sは手が長いので、割と普通なかんじで持てる。
「幾らですか?」
師匠「よくわかんないが、XXXくらいじゃないかなあ」
S「うーんうーん」
私「ローンでかっちゃえばあ?」
S「そんな、この年でそんな事するわけには行きません」
ふん、どうせ私はバブラー、私が新人の時代は男は借金して何ぼ、会社の連中は皆金かりてBMWとか買っていた。マジで。世の中は変わったのだ。若者は借金をしないのだ。
私は現金で買えるけど、勿論買ってあげるつもりは無い。その前に自分のだ。
S「うーん、でも欲しい、うーんうーん」
唸っているSを尻目に、退場した。結局彼はどうしたのか、ちょっと気になる
[PR]

by violatsubone | 2008-12-23 12:00 | ビオラレッスン