<   2008年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

例によって直前練習@ゴルフ

例によってラウンド1週間前の練習場。
暑くても寒くても打ちっぱなしってあんまり行く気しないのよね。しかしここでの地道な練習がスコアアップに繋がるんだ、運動でも音楽でもそりゃおなじだろうと上司にいわれました。いやあ弦楽器奏者はゴルフ良くないらしいんでねと自分に言い訳。それならやめりゃいいじゃないと思うんだけど、ラウンドは楽しいのよね。運動は基本的に苦手なのですが、集団や対人じゃなくて、個人競技なのがいいです。ゴルフって基本自分のスコアだから。(勿論他人とニギル奴もいるけれどね)

というわけで、本日の昼ごろOKCN邸から戻り、昼ごろ風呂に入り、所用こなした後に夕方お出かけです。11月オフが殆ど無かったので、本当はもっと色々な事をするはずだったのだが・・・。

日曜の夕方だというのに、待ち時間無でした。冬だからかなあ。センプレバブル(ってバブルじゃないか)なここ碑文谷なはずだけど、ここにも不況の波が来ているのかな。
c0102375_7163131.jpg
しかし、寒い。着込むと振れないので、セーター1枚だったのが失敗。打席に立つと既にやる気が無い。私の練習順序はロングアイアン→ユーティリティ→FWウッド→苦手なドライバー→アプローチ、なんですが、最初のロングアイアンでイマイチ上手く行かない。いい加減頭にきてその他をやったら結構上手い具合に飛んだので、ま、いっかー、ロングアイアンなんて最近茫々のラフ入った時くらいしか使わないしな。(しょっちゅう入ってるんですけど(ーー;))冬だから、多少のラフはユーティリティでいいしな。
とかなんとかいって1時間も練習せずに切り上げた。これは不況より寒さの問題だよな。
と、今日練習来ているはずの同僚に後日愚痴ったら、俺は昼間に行った、この時間に来るほうが悪いとのことだった。そーなんだけどさあ。。諸事情があるのよ諸事情が。

で、ここの練習場に夜行くと必ず入る麦とろ屋さんで。合宿の様な時間に夕食を食べた。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-30 17:00

一敗。(呑み会+他人様の新居=朝帰り)

呑み会場所への指示が来た。
「新宿御苑駅出口Aを出たら暗い方に向かって歩いてください」
なんじゃそりゃ。とりあえずは両国から向かう。指示された出口から出る。角だ。
道は4通り。さてどの道だ。一つは新宿方面イルミネーションがぴかぴかしている。だが他は結構暗い。判断できんと電話をかけたら以下の様な指示がでた。
「出口を出たら後ろを振り向け。森がある。そこに向かって歩き、突き当たりを右に曲がれ」
指示通りに体を動かしたので、回れ右。何やってんだと思われたろう。
新宿御苑は黒い塊だ。確かに一番暗い道。
「右に曲がったらそのまま直進。それで良し」
それで良しといっても店の名前すら聞いていないんだけど。まさか次の指示は、「現金の入った袋を置いて、去れ、」じゃないでしょーね、とつっこみたくなる。誘拐犯が身代金受け渡し場所を指示しているみたい。目的地の名前が入っていないだけで、説明ってとても怪しいものになるのだな。

前方から人が来る。おおこいつが犯人の遣いか。と思ったらりえびさんだった。
「おむかえにあがりました」しもつぼは心掛けが違う。
c0102375_1224453.jpg
べっちさん、りえびさん、OKCN夫妻、とびうめさん、まろさんで、酉の市に行ってきたそうだ。(にしの市って何だろうと言った人の名前は伏せておいてあげよう)べっちは奮発してゴージャスな熊手を持っていた。しあわせいっぱいかき集めるのだそうだ。他の人は1000円だった。熊手の大きさでかき集められる量も決まるのかな。

スペイン料理風?の店だった。駆けつけでビール飲んでワイン2杯呑んで、出されたものを凄い勢いで食べた。ワインは6名で6本だか7本だか空いたそうだ。そりゃ皆よっぱらう。まろさんは最後死にそうになっていた。気持ち悪そうなまろさんに「うちで休んでいけ」とOKCN。きっとそのまま帰りたいと思うんだけどね。(私だったら帰りたい)。で、殆どの人がOKCN家にずるずる流れて、そのままお邪魔する事に。なんでだろう??酒の所為にしよう。
c0102375_131219.jpg
我が家から近いOKCN邸、何が凄いって、突然押しかけたのに、とても整理整頓されていることだ。流石Y子ちゃん。本棚にはJOJOの不思議な冒険や、美味しんぼが綺麗に並んでいた。何度も読み込んだ様な司馬遼太郎も並んでいた。我が家みたいに無秩序に横になってたりしない。リビングインテリアとして綺麗に揃っていた。活字好きそうな二人なんで奥には未だ色々あるんだろう。この一見全然あわない夫婦の共通は音楽のほかに日本史なんだろーなと思ふ。そしてリビングの真ん中には禁断の炬燵があった。冬は炬燵だよなー、思わず入ってしまう。何故炬燵の周りが汚れてないんだろう。
水槽にはめだかと透明のえび「エビちゃん」が2匹いた。めだかは余り得意ではないが、このくらい綺麗で小さいと泳いでいるうちは可愛いと思うもんだ。えびちゃんは透明。並んで正面向いてますが、見えるかな?。

なんだか取り留めの無い話をずっとしていたら、結局炬燵で寝て、翌日・・・昼近かった。
なんだかだらしない。お局様、1敗。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-29 21:30 | お遊び

赤いお歌の練習~つぼねは前進したか?

みどりコミュニティなる練習場は駅から遠い。前回は手を挙げたが今回は駅到着したら時間あったので歩いてみようと思い立った。バスという手も有るがあの乗り物は性に合わないのだ。
こんなに練習出られないものとは思わなかった。あと来週はゴルフ帰りに遅刻して出て、(でも後から入ったパート練習は出られない)今年のあと2回の練習は出張で行けなくなった。
流石に今日は自宅でさらった。その所為でゆっくりな箇所は発音と音程がなんとかなった。

練習場に行ったら、FおけVcの有望若手IKMちゃんが来ていた。彼女も参加して日が浅いので練習2回目だ。「ロシア語だったというのを忘れてましたよ、やばいです」
その後ろの席に、彼女の友達(彼女を誘った人?)が来ていた。IKMちゃんは萩尾MTOさんの漫画にそっくりな硬質美人だが、お友達はスカーレット・ヨハンソンに似ている。言われた事無いか今度聞いて見よう。挨拶したら「ブログの方ですね」といわれた。やれやれ、そういえば演奏会の打ち上げでも合唱の方に「ボルシチ作るんですね」といわれてワイン噴出しそうになった。密かに読者は居るものだ。余り内輪受けの話ばかりしているのはもーしわけないなあ。

最初アルトが10人くらいしかいなくて焦った。その後ぱらぱらときて、20数名になったようだ。
合唱の何がいいってまず最初の準備体操だよね。上半身ストレッチとか、肩たたき!。横の人の肩をたたくんだけど、あれは嬉しいねえ。みんな凄い笑顔になるのがまた面白いの。
その後、顔の筋肉ストレッチ。発声練習。合唱は体に良いかもしれないと思った。

Yevさま労作の逐語訳が置いてあった。嬉しい。後で譜面に書き込んでおこう。

12月からは兎に角歌いこみ、という形だ。でも注意されることは多分同じかな。лとPの区別(LとRの区別ね。)とか、母音のウーを深くとか。5曲目の後半が口まわりませんわ。本番どのくらいの速度なんだろう。指が回らんのは良く体験しているが普段早口の私にとって口がまわらんというのは中々無い事だ。少し速度緩めて頂き、「走ったり転んだりするところは、行進しながらだとリズム取りやすい」とのことなので足踏みして歌ったら成程歌いやすい。”Это есть!”部分では敬礼もしそうになった(笑)問題はその先なんだけどねー。カッコイイところなのだが。
7曲目のパート毎に歌詞も音形も出だしもバラバラなところはパートいりまじって歌う。うーーー。今後の課題(前からか)はこの部分だわ。
合唱経験者は立ったほうが歌いやすい、座った方がいい、と二通りあるので、基本は座って練習ですが、立ちたい人は立って歌っている。立っている人は大抵上手い。そしてその中に、ヴェルディ終了後に参加なさったSにー合唱団の方がいた!。バリトン代唱された方だ。重みがあり且つ通る声をしていた。素晴らしい。アルトでは、センター試験受験するというお子様をお持ちにはとても見えない美人且つ闊達な方の、ロシア語発音がかっこよかった。私の後ろで歌っていただいて非常に助かった。

この合唱練習の素晴らしい点は、練習後に必ず今日の練習注意点というMLが回ること。ミクシ内コミュにも同内容がアップされている。発音CDやら音トリCDやらもある。今回のために集められた、いわば烏合の衆なんで、既製の合唱団と違って色々手取り足取りなんだろうな。私としてはありがたいけど。取りまとめの人は大変だな・・。で、時々ダスビの団長メールも来るのだが、まめな世話役さんだなあと感心。「今夜はよーろーが一杯になりますので合唱の予定人数を私の携帯に下さい」なんつう役回りまでやっていた。

1曲目が最後なので、女声は早めに終わった。今日は飲みに行く知り合いも少ないし、男声終わるまで待つのもな、とのことで失礼した。で、まっすぐ帰るのもなんだからと、べっちにメールしてみた。
「お歌が終わったの」
そこから 夜が長かった。《続》
[PR]

by violatsubone | 2008-11-29 18:00 | おけすとら

びよら&びよらの会 K野さんのつぼね斬

c0102375_1224555.jpg
今年2回振っていただいたT屋さん、盟友?えぬきょーのK野さんというヴィオラ御大を囲んでのびよらの、びよらによる、びよらのための呑み会。(但し店アレンジャーのKなちゃんは特別ゲスト)。「幹部」の方々はよく呑みにいかれていたようですが、我々ぱんぴー(死語)と行く機会は滅多に無かったので。びよらパート良くあつまりました。現トップ、次回曲のトップ、パトリ、若者、おじさん、その中間、つぼね、天然つぼね、9人。
店は土YAさん行き付け(というか殆どここばかり?)の洋食屋さん。毎日洋食屋に通うおじいさんというのも珍しいと思うだろうな。土YAさんが誰かご存知無ければ。小規模で、落ち着く店です。他は女性ばかりなので「おじいさんのお一人様は浮きませんか?」と伺ったらそんなことはない!と断言していらっしゃった。
料理の写真をすっかり取り忘れたが、2500円コースで食べきれない程出てきた。この一等地、この価格で大丈夫なんですか?と心配してしまう位だ・・。
土YAさんが「これもお薦め」「これもうまいんだよ!」と追加注文頼もうとするのを、店の方が「ま、まだ出ますから、全部出てからお考え下さい」と慌ててストップされた。確かに、若者の力持ってしても結構いっぱいになる。このワインは土YAさんからのサーヴィス品でした。あーあ食べ物写真撮り忘れました。
今回の話の主役は、実はK野さんでした。いや、すばらしい切れ味のつっこみ。かつて斬鉄剣と呼ばれた(自称?)私もばっさりやられました。小次郎、やぶれたり、です。
Kな「このソーセージ辛いからつうさん向けですよー」
Kのさん「辛いの好きなの」
数名「つうさんはとても辛いのが強いんですよ」
つう、褒められた気分になって自慢げな表情。
Kのさん「それって単に感覚が鈍いだけじゃない?」
(ーー;)(ーー;)(ーー;)(ーー;)(ーー;)
土YA[お、ぐっぴちゃんの写真(チェキでとりまくっている)良く撮れている。美人だ」
ぐっぴ「ホントだあ、良く撮れてますね」
どしゅ「美人美人」(へらへら)
Kのさん「ぐっぴさんも美人だったってことだね」
::::::::::
土YAさん「俺の知り合いにXXってやつがいて、こいつはバイオリンも両方弾けて・・」
Kのさん「でもビオラ下手だったよ」
@@@@@@
ぽそっとおちゃめにばっさり切るK野さんにはみなたじたじ&大笑い。

土YAさん「おい、Y子は最近まで俺にハグしてくれなかったぞ」
Kのさん「私にはしてくれましたよー。男としてみてないのかもしれませんねー。こうやって(抱くマネ)懐にすっと入ってきましたよ」
土YAさん「ふんっ」(男扱いされないのもつまらんな、という顔つき)
土YA「ところでY子には男いるのか」
なぞというどっきりどきどき発言まであったり。
(註:Y子→AMNM Y子。つまり次回・・)

どしゅが「次回の曲のスコア持ち歩いてるんですー」といったら土YAさん、また顔をあげて「ふん当然だね」。あたしなんてまだ買ってもない(つうか決まったのかも良く判ってなくて)状態だったというのに。この新トップの燃え方や尋常ではなく、西の作曲家も大好きらしく、今まで心の琴線に触れた曲がブラ4とメタボる40前の2曲だそうだ。ビオラはDVD鑑賞のイメトレから、早めに弓と指など決めて、初回AMNM練にはある程度完成させたいとのことだ。ふおおお。周りは触発されて翌日スコア買いに走っている。年明けからパト練ばっちりなんだろうな。それはそれで楽しみ♪
c0102375_1533739.jpg
2次会は徒歩数分の焼肉屋。とはいってももうお腹一杯なので、大勢で入ってキムチのみ。と、思ったら、遅れてきた人とかまだ余裕あるらしく、肉も頼んだ。店に申し訳が立ってよかった。但しここの肉は紙の様で全然肉の味がしなかった。

実はKのさんは私の友人(HrT氏@ワセキン)と棲んでいるマンションが同じ。KのさんはNZ一等地の地権者なのだそうだ。友人とはたまに飲むらしいので、今度一緒に飲みましょうねということになった。友人の奥様はKのさんにビオラを習い、楽器の見立てもしてもらったらしい。

とても楽しいびよら呑み会、そして次回のシーズンもとても賑やかなパートになります!。
望月の 欠けたることも 無しと思へば。という道長の心境にもなってくる、ぱっくすびおろーな。(可能な人がバイオリンにレンタル移籍の話もありますが・・。)思えば土YAさんに最初に振っていただいた時から、凄い勢いで増えたのでした。バブルといわれないように、皆で楽しくがんばりませふ。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-28 20:00 | お遊び

Lesson58 ユーロ安なので

流石に今日さらっていないと、何の言い訳も立たんので、合宿帰りからシコシコ懸案のエチュードをさらう。ゆっくりだと別に問題ないエチュードだが、速度速めるとポジション移動でテンポ遅れたりつっかえたりするのが減点。それにしても、突然弾き始めると指がもつれちゃうのはなぜかしら。家でさらっているときはこんなんないのにーと嘆くのだが、家だとテンポゆっくり→速めるなんてことやっているのでもつれないんだな。師匠の話を20分くらい聞いていきなり始めるとあわててもつれてしまふのだ。それでも外が寒いから、というので話を聞いているうちに温まるというのが狙いらしいのだが・・。本当に狙いなのかな。今日は寒いというのに思い切り氷が入ったジュースが出てきた。
G大現役の演奏会、良かったと褒めた跡に色々また文句をいった。結局いいのか悪いのかわからない。ショッキングなのは現役はタイタンだったのだが、指揮者のS広さんが4楽章のびよら!のところ、振り間違いをして、びよらが出れなかったそうだ!!。うーん 2度はやらないと思うけど。
次回のプログラムを言うと、てぃるに反応した。「今更そんなのやるのか」「いや今更といわれてもですね」「あれも流行り廃りが合って一事はどこでもやっていたが、最近やらなくなったな」
「だいたいリヒャルトの曲はみな似ているし飽きるんだよなあ、ここのところとか、てぃるにもアルプスにもあるし、、いいメロディーだ、うん」好きなのか嫌いなのかさっぱりわからん。
エニグマは師匠的にはわりとどーでもいいらしい(笑)

c0102375_4292892.jpg
「次回のレスンは6日でいいか」
「すいませんゴルフなんです」
「何!弦楽器奏者にゴルフは最悪だぞ、だいたい練習した後は指が震えて弾けないだろう」
「御意にございます。でもたまにしかやらないので・・」

ちょっと言って見た。
「冬は少ないんですがボーナスも入ることだし・・」
「おう、そうだな。ユーロも安いし、今ならお買い得だぞ!どうせ暫くすればまたユーロ上がる。今買いどきだ!」
覚えているかな、次回。

帰りはまた例の店。でも今日はカウンターに座ったし、オバサン集団ばかりだったので興味深い話がきけなかった。残念。奮発してビーフシチュー頼んだ。味が濃厚で美味であった。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-27 20:00 | ビオラレッスン

てっちゃんかれんだー

c0102375_494342.jpg
随分前に売り切れになっていた。毎年売り切れる東急鉄道カレンダー。
四季折々の東急線なんて見て何が楽しいのか一般人にはわからんが、ぐっと来る人には来るんだろうね。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-26 22:00 | つぶやき

品○のセンス2008

c0102375_412135.jpg
去年の画像はこちら
そして今年、ぶら下がっているものが纏まり無く増えている。このトナカイだか鹿だかわからんのは使いまわし。


c0102375_415933.jpg
何故かトナカイやサンタに紛れて機関車や水玉模様の象まで浮いている。幻想でもみたのかと思ったが確かに水玉の象だ。象が浮いている駅、品○、是非観に来てくださいませ。来年はキリンが浮いているかもしれません。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-25 09:00 | つぶやき

湯けむりつぼね音楽の旅 3日目

c0102375_264095.jpg
今日は早起き。昨日に引き続き、美味しいパンをメインの朝食。お土産に買いたい!とぐっぴが叫ぶので、チェックアウト前に買いに行った。何もパンまでと思うのだが大人買いしていた。実家で食べるとはいえ・・。
10時にチェックアウトなのでゴミ捨てなどをして、昨日のおじさんのお言葉通り駅まで送ってもらおうかな、と、オーナーさんにすりすり。
「おうよ。だがちょっと他の家のチェックアウト待なんでちょっと待ってくれるかなあ。そうだ牧場まで送るんで、そこで子一時間遊んでてくれよ」
車組は牧場に寄る予定だったので、丁度良い。車2台で牧場。
「まったくこの辺は、牧場かホラーハウスしかねえもんなあ、遊びに行くには宇都宮までいかなきゃいけねえ」
と、ぶつぶついいながらプレジデントで送ってくれた。
c0102375_311457.jpg
というわけで、前回に引き続き南が丘牧場。本日は晴れていた為、7月よりも過ごしやすい。
「牧場ってちゃんと牛や馬がいるんだよね」
「牛なんて食用しか興味ないんだけど」
「牧場といえば乳搾りだよね。どうでもいいけどさ」
と、つぶつぶとつぼね達はつぶやく。ここでもぐっぴはハイテンションだ。
「ソフトクリームたべたああい」
「あ!!馬だよ」
「あ!!馬がう○こした!!」
「またう○こがある!!」
おれんじがつぶやく「あんたさあ、幼稚園児みたいなんだけど」
ゆん大姐「男の子ね。よく う○こう○こ 連発して先生に怒られてるわよね」
ぐっぴ自身先生と呼ばれる身ではないのか。
G大同期のKZMだったら一緒にもりあがったんだろうなあ。あいつも更に本格的先生だが。
まあ、誰につっこまれても、聞いてないからいいのだ。ぐっぴ耳東風。
c0102375_3363930.jpg
基本的に局に牧場は似合わない。牧場はファミリーで来るところだ。
どのくらい似合わないかというとこの写真くらい似合わない。全く浮いている。
「ああ、ステーキ食いたい」
牧場いってこう漏らす奴も珍しい。生きている牛さんが近くに居なかったからだろうな。
我々の目的はここの牧場でハムやら食物を買い込むことだ。しかし豚の舌が無かった。
残念だ。その代わりソーセージや生ハムが冷蔵庫にあるので次回DVD会にて。
おれんじのつぶやき通り、車組はステーキ食べに行ったそうだ。
電車組は宿のおじさんに那須までアッシーしてもらう。
演歌を聴きながら、道々話ているとおじさんは中々美味しいキャラだ。さらに悠々自適の様子。かなり贅沢なつくりの別荘も、殆ど「半道楽」。
「ちぇっくあうと時間なんて適当でいいよー。1泊二日の場合は最初から延長申し込んでおけば
夜までいたって宿泊より全然お得だよ」
「俺も女の子好きだからなー若い頃は散々あそんだけどよお。金は今ほどは無かったが楽しかったねえ」
「金はあっても、若さだけは買えないもんなあ」
若さ以外は全て手に入った言い方をしている。我々は彼は宇都宮の夜の帝王なのではないかと想像している。アウトレットの前を通る。
「ここ、どうなんですかね」
「ダメダメ。俺も一度入ったけど、中途半端この上ないよ、xxx(ブランド名)なんて銀座の店のホンの一部しかねえ。こんなの買うなら銀座で買えばいいんだよ銀座で」
宇都宮だけではなくて、銀座の帝王でもあるのかもしれない。
大体アウトレットの意味判ってないし(笑)。必要無いってことね。

基本的に別荘は車が便利だ。東北道なので空いている。で、那須インターを降りたらまずは近くのイ○ンで食材の購入をお薦めする。別荘近くには無い。夏はBBQ、冬は鍋がお薦め。だが深鍋もフライパンもあり、コンロも2つあるので料理に困らない。尚、現地には椅子が不足しているので、次回行く時までにはオーナーさんにパイプ椅子を用意して頂く様、依頼するつもりだ。
アンサンブル等で利用したいという方は私までご一報。電車の場合は、宿まで電話するとおじさんが飛んでくる。私の名前を出すと、良いかもしれない(笑)お薦めです、是非ご利用下さい。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-24 10:00 | カルテット??

湯けむりつぼね音楽の旅 2日目

c0102375_052157.jpg
朝起きたら9時過ぎていた。別荘の良いところは時間が自在ということだ。合宿の様に18時に食べなくとも良い。温泉宿の様に7時ごろたたき起こされ、朝ごはん用意されて寝ぼけまなこで食べているうちに布団が片付けられてしまったという無念なこともない。(高い金払って、早起きするというのは極めて不愉快だ。温泉街の活性化の秘訣は絶対に寝坊の出来る温泉宿だと私は声高に訴えたい)
のんびり起きて、朝ごはんの用意。昨日買いこんだお隣ペニーレイン(前回記事参照)のパンと、フィンランドで買ったソーセージ、りえび家提供の林檎、那須購入の苺、そして私の唯一の提供物、コーヒーで優雅なる朝食。冬なのでテラスというわけにはいかず残念ではある。
食べ終わったら既に日が高く上っていた。結果的にブランチになる。
c0102375_0574025.jpg
本日は、ベトベン4番のリベンジ。ファストはりえびさんとKなちゃん。一応つぼかるは1楽章だけは散々練習したのではあるが・・。。でも私久しぶりかなー。これも4楽章まで通してみた。4楽章でやや破綻を見たが、(そしてゆっくりなので余り雰囲気は出ていないが)良い曲だと改めて思った。4人だと言い出さないけど、これを機にとばかり、3番も弾いてみる。とりあえず通した。
その後お茶とお菓子の時間、パンやまでお散歩時間を除き、夕方も弾く。ボロディン2番の1楽章と3楽章。案外難しかった。ブラムス6重奏の2番。これは1楽章のみ。2楽章どうしたっけ。
おれんじ「宇宙的でいいわねえ」
つう「ちょっと次の練習番号始まったら教えて」
おれんじ「あんた落ちたの?」
つう「違うの31小節休みで数えるの面倒で」
りえび「譜面みながらぶつぶついっていたから、落ちたのかと思った」
つう「ふん、ティンパニじゃあるまいし、と悪態ついてたの」
りえび「悪態つく前にいってくれれば、いいのに」
という私的プチトラブルがあったものの、うねうねうねうねうねうね弾いていたら終わった。どの曲も皆最後は合うのだが、それまでも合っていたのかは、実はよくわからない。6重奏2番は余り合わせる機会もない曲で、つぼねたちはえらく気に入った。
c0102375_175781.jpg
2日目の夜はカレーだ。なんとおれんじが率先して作っている。カレーに林檎をすりおろして入れている。で、魔女の大鍋だ。辛さは私的にはかけらも無いが、別物と思えばそれはそれで美味しくできていた。辛いもの苦手な人も居るので、私が作らなくて良かったと思った。車組の買い物は、みなイ○ンのPBで安いものを上手に購入している。私はカレーはカレー粉+いろんなインドスパイスをぶち込む派だし、ルー買ったとしても「大辛」しか買わんので。
またDVDを観る。宅配業者のセレクトをみて、おれんじが「彼は絶対にビジュアル重視でセレクトしてくるはず、だからこれにもいいのが居るわよ」とテンシュテット&シカゴのマラ1を取り出す。
おれんじ「ちょっとカイネイケメンじゃないの、どういうこと?」
つう「もしかしたら次のマラ8が、このイートンカレッジコーラスが味噌じゃないの?」
おれんじ「イートン校!素敵な響きだわ。そうよねそれに違いないわ」
まら8.これはロンドンフィル
おれんじ「宅配いいい! 何がイートン校だ、おっさんばかりじゃないか。あいつは何の基準で選んだ」
つう「私達の好み把握してたっけ?何か全体的に暑苦しい奴が多いわね」
おれんじ「散々好みを指差しているじゃないの!」
ゆん「つうさんは暑苦しいのが嫌いでホッソリが好みというのは良く判ったわよ」
Kな「私と好みが違いますねー」
つう「毛むくじゃらでお尻が大きくて指が太いデブじゃなかった?凄いもの想像するわ」
Kな「~でも良い、といったんですうう」
つう「おれんじとは好みがかぶるけどKなちゃんとは絶対かぶらない感じね」
おれんじ「いや好み以前の問題。全然居ないっ!!」
(DVDは前日とこの日の記憶が混同しているので纏めてここにあげておく)
前日は、次回の曲、一度観たが丸い指揮のクライバーブラ4を見る。やはりクライバーはフォトジェニックでかっこ良い指揮者だ。やや吸血鬼的だが。
「あーー打点がわかる指揮は素晴らしいわー」
天然で且つブラックな事を言う。クライバーはつぼね人気NO1である。
ぐっぴ「むらむらびんびんも観よう!」→シモネタ言っている自覚無。
Kな「むらむらに・・びんびん!!」→喜ぶ
リハーサルシーン。むらむらびんびんことムラヴィンスキーは、カーディガン、方や団員は全員正装。誰も居ない真っ白いホールでのりは風景。
「何でシャンデリアしか写らんのよ」
「指揮者も殆ど動かないし」
最初はつまらんなあと思っていたが、視点を変えると面白く。
「団員が全然写らないね」
「全体主義の没個性だからじゃないの?」
「たまにテレビ向いても凄い無表情」
「しかも動かない。ねえ室内なのにサングラスって何?」
「きっとKGBよ。ミーシャだわ」
「あ、ストバイの3プルト、結構動かない?」
「きっと消されるわ。5プルトのサングラスがKGBよ」
次の曲
「あ!!やっぱり消されたわ。3プルト女になったわよ」
「しかも普通丈のスカート。きっと急いで穴埋めに弾かされたのよ」
「オルガって感じの女だわ。5プルトのKGBもいない」
「彼が連れ去ったのだわ」
「どしゅさまが幾らソ○ン好きでもレニングラードフィルと弾こうものなら」
「直ぐ抹殺されちゃうわね」
「だめじゃん、どしゅ!」
DVDも色々楽しめますな。えーと で、何の曲だったっけな?
[PR]

by violatsubone | 2008-11-23 09:00 | カルテット??

湯けむりツボネ6人、那須の旅

c0102375_1273384.jpg
表題はなんとかサスペンス劇場みたいだが、OLがツボネに変わるだけで淫靡さが消えて笑いだけが残るのは何故だろう。
ツボネの皆さんがあまりにも感想をアプ(@ミクシ)するのが速く、 びっくりしております。私は例によって周回遅れでアプ予定。というわけで、22日から24日までの3連休、つぼかる+DKSD 女ばかり6名にて、つぼねの那須の御用邸、高級貸別荘+温泉付にてアンサンブル合宿行ってきました!。参加者の方お疲れ様でした。どのネタがアプされるか、自分でもまだ決めてません。というか書き始めたときに覚えている事しか書かないけどね。(いちいちメモとかとらないし、事前に内容考えないし)。ふつーの読者の方々、例によって内輪ネタばかりで恐縮ですが、数日後にアプ予定です。おたのしみ?に。
[PR]

by violatsubone | 2008-11-22 12:00 | 旅行&出張