<   2007年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

まぜーるでござーる

ああすいませんおやじぎゃくで。m(__)m
中古で一番安かったということもあり、あまぞんで買ってみた。
ロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団、のマラ9DVD。
とても古そうな画像でございました。1996年とは思えん。演奏もなんか古い感じです。
それはいいんだが、カメラが殆ど上手上方から撮っているらしく、ビオラ全く写らん。
シカトされているかの様に写らん。2楽章のソロで始めてトップが大写しになり、少なくともトップのみは存在を確認できた。ち。 全楽章通じてこいつばかりうつってました。
c0102375_9362521.jpg
ホルン1番。確かにアンディ・ガルシアの若い頃をもっとりりしくしたような濃厚系ハンサムでございます。しょうがないからホルンばかりみていて・・・。何しろコンマスは襟から上が即顔で、顔で楽器はさんでいる風貌だし、チェロトップは北○鮮の工作員的風貌の東洋人で、カメラの奴はどうも東洋人嫌いらしくて殆どトップ写さず2プルだか3プルの兄ちゃんばかり写してる。1楽章の例の場所は指使いまでわかりますが、他は余りうつらない。

コントラバスにも天使的容貌の綺麗な兄ちゃんがいるなあとか、木管族はとても若くて
まるでギムナジウムの生徒風で、前のめりになる吹き方が面白いなあとか・・・

なわけで、面白がって観ていて全然勉強になっとらん私でした。もちょっと真面目に観直してみます(゜o゜)。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-31 23:59 | おけすとら

杯呑三昧 都響定期<追記>

都響 本日の公演
指揮:ゲルハルト・ボッセ
トランペット:高橋敦
ハイドン:交響曲第85番変ロ長調『王妃』 Hob.I.85
ハイドン:トランペット協奏曲変ホ長調 Hob.VIIe.1
ハイドン:交響曲第101番ニ長調「時計」 Hob.I.101
オール・ハイドンプロという珍しいプログラムです。

ぐっぴから携帯でいわれるまで気が付かなかった。今日は定期の日。いつもどちらかが忘れていてどちらかが覚えている。覚えている方がリマインダメールを送り、忘れたほうが大慌て。今回はワタクシが忘れておりました。自分の物忘れを鑑み、チケはいつもバインダに入れております。
c0102375_23151956.jpg
サントリホールでの定期に変わって、近くなったかというと実はそうでもないです。ため息さんのうから結構歩くんですもの。というわけで予想外の即出。
この頃の都響さん、ワタクシたちのお目当ては、勿論不動王子のNAMABUMANABU様でございます。今日も出ていますよねー。出ていました!。ああ折角買ったピンクのオペラグラスを忘れて残念。登場するときも、颯爽とし、椅子に座る時は燕尾のすそをさっと椅子から跳ね上げる。そしてビオラを鞘に収めるかのごとく右腕の小脇に挟む例のポーズをし、左手はやや内向きに左腿の上に置く。ピンと張った背筋。うふふこのスタイル確立振りが素敵です。

指揮はゲルハルト・ボッセ。そうそう花オケを振ってくれる指揮者です。
登場してくるとき、両手両足が同時に動く様な妙な歩き方をしており、首が90度前に曲がっております事から、大丈夫かこのじいさんと思ったのですが、指揮者ってのは不思議ですね。指揮台にのるとシャンとするんですねえ。後日確認いたしましたら普段は車椅子や杖ご使用とか。

花オケではとても判りやすい棒を振るとメンバーさんから伺いました。とても判りやすい感じには見えませんが、アマオケでは判り易く振り分けているのかもしれません。

バロックの難しさは先日目白室内オケで実感しました。しかしプロは違いますね。都響の弦は上手いですね。かっちりした演奏がとても精緻です。明るく澄んだ音色が聴いていてとても気持ちよいです。我らが王子は割としっかりかっちり弾くタイプらしくハイドンぴったりです。何故かノリノリに見えます。
「王妃」、は、作曲後の命名で、一説によるとアントワネットがお気に入りだったからだそうです。その頃の曲なんですね。歴史を経て今日もまだ演奏されているって考えると凄いです。
「トランペット交響曲」。大学の同期で、天才的に上手かったA氏が卒業演奏会で吹いていました。ピッコロトランペットで演奏してたっけな。玉を転がすような、明るく華やかな音が未だに思い出されます。都響では団員の高橋敦さん。優雅で、包容力のあるのびのびとした音色。Tpの音色の多彩さを実感いたしました。アンコールはバッハの管組2番。本来はフルートソロの曲です。先日目白オケで聴いたばかり。トランペットの演奏も素敵ですね。
「時計」あたしそういやどっかのオケで演奏経験あったんだった。全然違う曲に聴こえたよ。弦のきっちり揃った直線な音が心地よいです。アマオケでやると、ここまでクリアーで明るい音は難しい。
普段はバロックといってもバッハばかり聴いているワタクシですが、ハイドンも少し聴いてみよう。本日の感想は一言で「気持ちよい」演奏でした。

帰りはお決まりのEBS呑み。ちょっとレトロで70年代の歌謡曲!がBGMで流れているヤキトンやさん。それなりに美味しかったがちょっと食事でてくるの遅い。スタッフ少な目でしたからしょうがないか。配られたチラシを色々観ていたらMANABU様の室内楽発見。早速日程チェックする我々でした。正直、韓流にはまり4さまおっかけのおばさんと、質は全く同じです。
ほんと、おばさんってやあねえ(笑)。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-30 19:00 | 音楽鑑賞

SとC

昨日の続き、といいますか。
c0102375_150785.jpg
パート練習に参加してくれたMayMayさんが出るオケ。「花オケ」としときましょう。
チラシを配布しておりました。
なんとアマオケなのに指揮がボッセです。明日の都響と同じ指揮者ってどういうことよ、とHP調べたら以前にも経験ありのようです。凄いですねえ。

で、チラシをみて、散々マーラーけなし終わった我々、
「ねえ、このおじさん・・バッハ?」
「え!!あのカツラはどこいっちゃたの」
「ヅラの取れたバッハ使用するって、かなり大胆じゃない?」
「本当にこれバッハ?なんか私知ってそうな気がするこんな目つきのおぢさん」
「だって、ベートーヴェンとモーツァルトはあるから、消去法でバッハじゃん」
「バッハってカツラと二重アゴしか印象にないけど、カツラとったらこんな顔なのね」
「どこにでもいる、デブおやぢだわね」
「カツラないと威厳ないわね」

次の標的とばかり「ヅラ」の無いバッハを散々けなしておりました・・。

と。

「あ、J.C.バッハ。 J.S.じゃないよ」
「あーら私これおり番だから気が付かなかったー」
「息子か。。どうりで」
「このポスターの中で圧倒的な知名度の低さで 気の毒ねえ」

でも、大バッハがあのヅラとったら誰も彼だってわかりませんわよね。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-29 23:59 | おけすとら

セレブ淑女パート練習(Fおけ)

台風一過で馬鹿みたいに晴れた本日、パート練習(2回目)は、寅さん含め、男性全員欠席、女性全員出席という淑女会になりました。延べ10名です。場所は勿論、ぐっぴ邸@2週連続 でございます。
恵B寿の楽器屋さん「古賀楽器店」なるところで買い物をし、そこから徒歩でDK山駅。初めて駅と駅の関係性がわかったわ。楽器屋のおにいちゃんに「えー、この晴れている爽やかな日にパート練習でマラ9ですかあ」と笑われてしまいました。ま、確かに「マラ9のパート練習」って、凄く陰惨な響きなのかもね。でも、FAF管弦楽団のビオラパート練習ほど面白いものはないですよー、もし数少ない読者様の中でびよら弾く方いらっしゃったら、まずは全奏よりパート練習にいらっしゃいませね。(これ読んだら男性はこないかも・・(-_-))
14時から、マラ9、お茶、リストの前奏曲、マラ9、の順番。リストのみの乗り番@新人さんもいるので、トップの考慮です。今日は先生も、フィンガリングを教えてくれるKMTさんもいらっしゃらないので、自分達であーだこーだと。編成が薄くて弦楽器の目立つ2楽章から。
マラ9って、そんなに超絶技巧は無いんですわ。(ビオラにそんなんあるかというつっこみは置いておいて)でも、一部の楽器だけFであとはPとか、方や>なのに、うちだけ<、とか兎に角楽器楽器で独自の為、自主性が(笑)より求められる。「なんでこんなとこ弾くんだろうね」なんてぶつくさいいながら。あとはダイナミクスの極端さですねえ。私達的には至極真面目にパート練習しているのですが、傍から見ると「近所のおばさんたちが井戸端会議している」みたいに思えるかも。
「何で何時の間に臨時記号の数がかわってんのよ」
「やーね数小節だけ調性変えるなんて不愉快なことしないでほしいわ」
「ちょっと、気分よく弾いてたら突如ト音記号に変わっているの許せないわ。」
「あーほんっと、マーラーってやな性格だわね。やっぱどっかおかしいわ」
「ヘンな音形ねえ、なんでこんなの思いつくかしら」
「体調悪かったのよ」
「この人いつも体調悪いじゃん・・」
「グリッサンドばっかりやらせて。ねえ、これは指どうやるの」
「ボーイングはなんだかんだいって譜面印刷どおりの「マーラーボーイング」を尊重する方向性になったけど、ここは変えましょうね」
「ここのドイツ語はどういう意味?」
「えーと、Noch まだ Etwasいくらか  Frischer・・しんせんに」
「何よそれどういうことよ。まだ少し新鮮。ってことは腐る寸前ってこと? 」
「んまあ失礼ね。喧嘩売ってるのかしら。だから若い女好きのおやぢは嫌だわ」
→「新鮮」という言葉に過剰反応するお局たち。(-_-)(-_-)(-_-)
あきれる若い子たち。(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)
c0102375_4584014.jpg
お茶の時間も話題はマーラーですが、殆どただのおやぢこき下ろし。
「だいたいこんな性格で、しかも一回り半も年上の男なんて耐えられないわよねアルマも」
「でもアルマも性格悪そうよー、いろんな男性と浮名流してるし」
「アルマの本、性格悪さばりばりに出ていて面白いわよ。同性の悪口ばかり」
「マーラーってフロイトのところにいったんでしょ」
「妻と上手くいかないって」
「それって浮気相談を探偵事務所にしにいくみたいなもんじゃん」
「フロイト流行してたからねえ」
「で、アルマはファザコンだから、君の事すきだよーって言われて安心したらしい」
「安心してからたいした作品書いてないんじゃないの?」
「ヘンな状態じゃないと名曲は生まれないんだわね」
「つうか、死んじゃったのよ」
お菓子も皆がほぼ一つずつ持ってくる豪華さ。湘南名物のタコせんべいとか、上品なゼリー風和菓子とか、栗の和菓子とか、レモンピールチョコとか、ぐっぴ家常備品の朝日あげとか、くっきーのアソートとか、ネスプレッソと一緒に食しながら、40分以上? お茶の時間には、マラ9だけのMayMayさん、リストだけのSTさんも出席の10名。

c0102375_421570.jpg
2週連続ネスプレッソ♪。愛らしいですねこの機械。正面からみてみると、食事をするわんこ、って感じですわ。わんこといえばAIBO、買った人今でも面倒みてるのかしら。約1名、子供に買ってやったという豪勢な親を知っているが。

おやつ後はリスト、前回弦分奏で「しょぼい」といわれた箇所。一度弾いてみて「あ、いいじゃん」
(ここは皆練習したと思われる)他、結構タフな譜面なんで1時間以上時間を割き・・

マーラー少ししかやる時間ないねー、といいつつ3楽章。そして最後に1楽章のフラジオ・ピッチカートの研究をして19時で終わり。1楽章はその1音しかやりませんでした。うーむ、あと2回はパート練習したいですね。近所の私はその後ぐっぴとDK山のお洒落なお店冷かしつつ、EBSUの飲み屋でお局トークしてました。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-28 14:00 | おけすとら

何故今頃台風

c0102375_024182.jpg旅行行こうとしたわけじゃなくて、単に電球を買ってきて替えたかったのに。

もう2ヶ月もこのままなのよね。

ほかに靴のかかと修理とか、美容院に行って白髪(!)をなんとかしようとか、スポーツセンター行こうとか、美容液買おうとか、DVDかりようとか、こまごました用事があったんだけど・・全部無し。食材すら買いに行くの辞めた。こういうとき車が無いと億劫だわ。TSUTAYAにタクシー乗り付けて待たせるってのもアホ臭いし。

1歩も外に出ず、1日に1円も使わなかった、恐ろしく珍しい日。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-27 10:30 | つぶやき

にわかマーライオン・・もとい

当FAF管弦楽団(以下Fおけ)では、1月の演奏会に前菜がリストの「前奏曲」レ・プレリュードでめいんでぃっしゅにマーラー交響曲第9番といふ なんとも挑戦的なプログラムの演奏会を行います。これから1月まで、時々話題にあげるので(特にネタの無い時)前提としてご了承の程。

で、まあスコア見たり(見ても落ちてるけど)譜面みて練習したり(一人で弾くとなんだか訳わからず、そしてあわせると落ちる)してるんですが、その他、勉強というより、マーラー氏にお近づきになろうと、本屋やらアマゾンやらで以下を購入しております。元からあったものもありますけど。
c0102375_1543366.jpg
何でも買えば良いだろうと思っている私でございました。 

勿論私はマーライオン いや マーレリアン(マーラー信奉者のこと。)ではござりません。
なんで余り真面目にマーラー語る気はないんですがね。音楽語るの苦手だし。薀蓄ないし。
オケ以外の人対象と思ってくださいませ。

で、まずはCDからです。比較という意味で聴き込んでいるわけではないので、いい加減ですが。
まず、私がスコアと比較したりしている勉強用CDは
バルビローリ/ベルリン・フィルでございます。全体的にしっとりしており、癖も無い、適度に叙情的で、優しい感じです。一方で少しタルイと感じる人もいるかも。(遅くはないけど、1-3楽章メリハリというか凄みには欠ける。)4楽章は染み渡る様な深みがあるかと思います。弦楽器の人は好きかも。最初におおっ!というわけではないけどするめ的に好きになりました。ちょっと精神的に安定したマーラー?。なんで何度も聴きやすいのでしょうね。

一番最初に買ったのは、ずいぶん昔。ショルティ/シカゴ。多分安いから、つうのと、マーラー交響曲前半の華々しい奴はシカゴの派手な音が割りとあっているかなとおもって買ったんですけどね。
盛り上がるところは金管が厚くてかっこいいです。弦楽器に<特にソロ>色気が皆無な気がする。1,2楽章は弦の伸びもさることながら、案外もったりしている気がします。3楽章ははやめです。そうねえ、流れが無いのかなあ。なんか余り聴かないですこれ。

耽美という意味では、お決まりのカラヤン/BPO。 ナルシストマーラー。4楽章はゾクゾクする程色気と凄みがございます。叙情派の最右翼。バルビローリのしっとり系と比べると、美しいけど、精神的に不安定になりそうな感じでございます。音がぶちぶち途切れないところがいいです。停滞しないっていうんでしょか。3楽章のTpの発音が遅めなのがいつも気になるのですが。後はこのCDを読み取るとトラック番号が楽章じゃなくてテンポが変わるところになっちゃうの。1-3分ごとの細切れ。なんでかしら。なので逆にスコアとかみながら部分を聴き返すのに適しています。こちらも持ち歩いております。

シノーポリ/シュターツカペレ 盛り上がらないセンプレ鬱のマーラーって感じ。ちょっと個性的でございます(笑)。なんで鬱なのかなあと思ったらアクセントを余りつけないのね。例えば4楽章の弦16分とか。で、すごおおおくタメてゆっくり。1楽章で33分あります。4楽章も29分あります。全部で90分近くあります。最初にこれ聴くとメリハリ無くてゆったりすぎてつらいかも。観客の身になってしまうのでした。これはこれで面白いのですがね。常に死がつきまとってますよ感に溢れております(-_-)。

コンドラシン/モスクワフィルの赤いマーラー(笑)。モスクワで購入。キリル文字バリバリ。こちらはきびきびしており、男性的なマーラーです。シノーポリより15分短いです。メリハリ効いたマーラー。叙事的。1楽章のびよら6連符がとてもはっきりと聴こえるのが嬉しいですね。このくらい主張していいですよねん。シノーポリの全然聴こえないもん。観客が聞いても飽きないかもです。2&3楽章なんてきびきびしすぎて軍隊的かも。ブートキャンプマーラー(笑)。弦のアクセントが非常にはっきりしています。死に立ち向かう感じがいたします。4楽章はかっこいいっすよ。
あと、CDケースがウイリアム・ブレイクの絵でとてもセンスが良いです。マーラーの文字はお墓に彫られているものと同じデザインです。コンドラシン・マーラーは6.7.9と買いましたがどれもブレイクの異なる絵であり、お決まりのクリムト起用よりセンスいい、と思うのでありました。

普通、マラ9といえば、バーンスタインだろうというご意見が多かろうと。私食わず嫌いなところもありまして・・。あと高いんだもん。誰かお持ちの方貸してくださいませね。


とてもオケやってるとは思えない稚拙な感想ですいません。あと今日届いたマゼールのDVDはまだ観てないの。感想後日ね。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-26 00:50 | おけすとら

エコリッチなお店

小学校時代の友達とコンタクトとる機会が増えています。ビバネット社会です。
c0102375_23332158.jpg
先日モスクワで会ったのもその一人、本日池袋で会うのもその一人でございます。彼女が主催している食べ歩きの会とやらに2回目の参加です。
それにしてもどうして早起きしなければならない木曜日に限って呑み会があるんでしょうね。
というか会議が木曜日にあるのがいけないのよね。だって週の後半だから入りやすいのですね。
その名もHearthというこのお店、有機食材で作った食品専門のレストランみたいですね。ナチュラルな思想を持つ友人はオーガニックの紅茶を扱う仕事をしているそうで、こちらの店に入れているとか。モスクワに赴任する子の送別会もここでやりました。そのときワインが何でも呑み放題という素敵な企画があった・・。オープニング記念だったそうだ(-_-)。
大幅に遅刻していったのでそれ程食べれませんでしたが、エコエコおしつけるのではなくて、ソコソコ美味しかったです。でも女性向けな味付けでした。前回はアルゼンチンワイン呑み放題だったのに今日は違っていた。ワインのみにきたようなものだったのにな。彼女の仕入れた紅茶は、友人としてのお世辞抜きでとても美味しいものでした。夕食より、紅茶とガゼットを食べに来るとよい店です。(ガゼットであってたっけな。蕎麦粉のパンケーキ)

私本人は仕事で関係しているにも関わらず、イマイチ今更地球環境配慮を騒ぎ出す世の中についていけていない。先進国はこれ以上経済発展も行き詰っている為、環境関係に眼を向けざるを得ない。インドや中国なんて、正に今高度発展の最中なんだから、地球環境なんぞいってられないんだろう。それも判る気もする(笑)。途上国は地球どころか自分のパンの確保に必死な国もまだあるわけで。森林伐採反対といわれてもそれで国に金が落ちるならその方が有難いと思うところもあるだろうにね。ま、兎に角わが国も大企業が「地球を救う」ビジネスに乗り出したって事です。今更ね。

レイチェル・カーソンが「沈黙の春」を書いたのは1960年代だよ。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-25 20:30 | 食べもん

減らないなあ・・

c0102375_318247.jpg
この時期になると、郵便受けに銀行やローン会社の年末借入残高証明書が届く。確定申告や年末調整のための証明書って奴ですね。私は初年度は初めての確定申告をしに、いそいそと税務署に行き、翌年からは会社に提出して年末調整です。楽♪。それはいいとして・・・

減らないわねえ・・借金残高・・。

昨年は真面目に金溜まったら繰上げ返済してた。ボーナス時には株の儲け合わせて年間返済額の倍ほども返したもんだ。が、ある日、同時期に家を買った同僚達と呑んでいたおり、
「借金なんてあくせく返さなくたって、2%の金利で今は1%帰ってくるから実質1%だぜ。その分運用した方がいいじゃないか」
「生命保険入ってるわけだし、返さないままくたばろうかと思ってるぜ。へへ」
・・堅実とは無縁の連中ばかり。勿論私もだ。何そんなにせっせと返してるんだといわれて、
そーだよなー、やっぱり金は返すもんじゃなくて使うもんだよなあ。運用するもんだよなあと。
というわけでびた一文繰上げ返済していない今年。減るわけ無いじゃん。
(注:私の借りているローンは100万からじゃないと繰り上げ返済できないの。しかも会社のはボーナス期のみでボーナスのでる前月に手続きしなきゃならん。つまり、幾らボーナスが出るか判らない状態で返済額を計算するのであります。)

しかも、今年はあんまり運用せずにひたすら使っている。でも今年の運用益、たいしてないけど1%よりは良いわけだから、やっぱあくせく返す事もないかなあ、などと。(-_-)。

ローン申し込む時、当然色々比較検討するわけで、金融公庫・フラット35から一部固定までの色々な組み合わせ、元金や元利の組み合わせ、保険料と保証料の問題、つなぎ融資、などの条件をエクセルで複利計算シュミレーションしていたもんだ。金利は申し込み時ではなくて実行時決定なので、毎月の変動もどきどきだし。
結局保険料保証料かからず、金利上昇時の補助もあり、ということで、会社経由T京M菱(25年。元利返済、10年固定2.1%)とフラット35(35年元金返済2.4%、但し我がマンションは優良住宅指定なので5年間金利0.3%控除され2.1%)の組み合わせ。不動産屋に行くと全然お得な情報教えてくれず、銀行と結託して変動を薦めたりするので要注意。優良住宅控除制度なんてのも教えてくれずネットで調べたのでした。まあ10年固定は固定が外れるタイミングで全額返済の予定だったのだが(-_-)。どうなることやら?。堅実にやってりゃ楽勝のはずだが、問題は収入ではなくて支出だからねえ。交通費なんとかしないとねえ。。(゜o゜)
[PR]

by violatsubone | 2007-10-24 23:59 | money

アキバのオアシス

c0102375_0534495.jpg
丁度N経の朝刊にのっていた。こちらの有料公衆トイレ。オアシス@akiba。1周年だそうで。年間7万5千人のご利用だそうだ。100円支払うなら向かいのヨドバ○カメラで借りるわい!と思う私は案外けち臭い。結局利用しなかった。ネットもできるそうだけど、一番重宝しているのは喫煙ルームの様であります。渋滞でした。喫煙室はタダの様です。明るくて綺麗だけどさ、入るとお掃除の若い男の子が爽やかに「いらっしゃいませ」。トイレ行くのに男の子に挨拶されたかないわな。。。アキバの価値観というのはどうも理解できんものがあります。

二ヶ月に一度くらい、仕事でアキバ経由つくばエクスプレスにのる。いつも狙ってアポを11時とし、帰りはアキバのヨドバ○カメラの8階で昼飯を食べ、「ついでに」ちょっと店内覗いたりして、サボリーマンをしてから戻る。今日は某氏が紹介していた西安のマーラーを食してきた。2度目かな。もう少し辛くても私はOKであります。

この日は夜も友達と中華だった。赤坂で、マッサージの前に。これもチェーン展開だったので、なんか味がチェーンの味だった。今をときめく?キ○コーポレーションの経営で、ちょいお洒落中華なのですが。
足裏マッサージは久しぶり。痛さに対する耐性がすっかり無くなって、悲鳴を上げてしまった。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-23 00:53

小人閑居為不善・・・

「会議が17:30からです。xxx会社にて」
嬉しい。xxx社は我が家の直ぐ近く。前回Fオケで一度だけ練習したGTホールの近所である。
この時間からの会議であれば、大手をふって直帰でしょう!。
何度もあの会社には行っているが直帰時間にアポいれられたことは無し。(大人の乗り物直行はよくある)

19時には終わり、近いんですーといって帰る。あの会社の人はまだまだ仕事していると思う。ごめんなさい。

気候も良く、川沿いの道をぶらぶら歩く。最近こ洒落た店が建っている界隈。19時ではブティックもまだやっている。若い子向けの服が多いのだが、ディスプレイが可愛らしくてつい覗いてしまう。そして、いつの間にかカシミアのセーター3万円也を買ってしまっていた。

店の空いている時間にうろつくのは辞めよう。自制きかないんだし。罪滅ぼしに夕食は蕎麦にして、帰りはバスなんぞに乗って帰ってみたが。

やっぱり店が空いている時間に自分を解放したのがよろしくない。
仕事するかレッスンいくか映画をみるか、友達と飲んでいたほうがまだ安い。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-22 19:30 | 買い物