<   2007年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

初新響@芸劇

気持ちよい天気です。こういう天候は年々少なくなってきているので貴重。
c0102375_3332933.jpg
アマオケの中でも別格扱いの「新響」こと新交響楽団の演奏会に行ってきました。Fおけビオラの「兄」様から引換券を頂きましたので。最近アマオケ鑑賞は芸劇が多いなあ。流石にここでやるのはある程度上手いところに限られるのですが。あと集客よね。今回はほぼ満席。多分9割方埋まっていたのではと思います。Fおけのお客様より若い、学生さんの団体が多かったです。団員はしかし・・ビオラのトップの方、おじいちゃんです。プロオケだったら定年だろうって。

プログラムはルーセルの交響曲3番 とラフマニノフの交響曲2番。ルーセルなんてここくらいしかやりませんよね。ここのオケは超有名ですから今更解説の必要もありませんが、年の4回演奏会があり、それも日本人作家とか他のオケが余りやらなさそうな曲を演奏します。(つうか知らない曲が多い・・)。プロオケでは集客とか収支の点で逆にやらないかも。有名なオケでプロオケと勘違いするのでわざわざ「アマチュアオーケストラ」と断りを入れて、団員名簿には会社名や学校名(教師が多い)を入れています。
ルーセルの3番、大学の般教フランス音楽講座で聴いたきりです。おフランスというよりは、リズミカルでたくましい音楽でございます。迫力ある。20年ぶりに聴いて名演もなにもないのですが
リズムも音も精緻、弦もよく鳴っており、全くずれが無い、いやブラボーです。カッコイイ!。3階席で手すりから2番目の席、前の列に陣取っている大学オケの子達が前に寄りかかっているので舞台が殆ど見えず、けとばしてやろうとおもったら、おじさんが注意してくれた。とにかくそれで弦は余り見えず、眼に映るはティンパニ。むちゃくちゃ歯切れよくてカッコイイのでした。ドラの人も足が長いのか、タンバリン叩きながらドラを止める足あげポーズもびしっときまりです。(でも笑えるんですけどね、あのポーズ)
ラフ2.こちらも一糸乱れず、といった感じでございます。前のガキどもが漸く後ろにもたれるようになってくれたので舞台が見えました。しっかしビオラ、もしかしたら「兄」様最年少?と思わせる平均年齢の高さ!。頭髪が無い人か白い人しかいません。トップはちいさなおじいさん。おじいさんこんな迫力有る曲ばかりやって大丈夫なんかと心配するほどです。
こちらも完璧に近い演奏でした。
唯一つ、言わせていただければ、エロ度が足りない。 ラフ2のこれでもかこれでもか、もうわかったよもういいよ、といいたくなる程の盛り上がり、3楽章の美しい調べ、もう少し感情のうねりが欲しかったような。2楽章のような軽快な箇所はパーフェクトなんですが。。
特に弦楽器、おじいさまが多いから枯れているのか?いやいや、川端某や谷崎某を沢山読んで妄想だけでも色気を保って欲しい。1ストVnのお姉さまたちはそれなりに色気だしてましたが特にビオラのじいさま方のつまらなさそうに弾く事といったら。
好みですけど、もう少しエロく歌って欲しいと思いました。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-30 14:00 | 音楽鑑賞

湘南台@Jおけ

c0102375_2403395.jpg
米国留学中のM氏の地元、湘南台は7年前と全く変わっておりません。駅が新しくなったので駅の周辺10平方メートルくらいは変わっておりますが。スタバもあるし。
目の前に広がるはかくの如きだだっぴろい風景。どこまでも平らな町を5分程直進すると突如風景の調和を乱す怪しいメタボ・・もといメタリックな建物が見えてきます。これが先々週から通い始めた湘南台市民シアターです。JFP〈以下Jおけ)の練習は7月までずっと月2回(でも9時間@1回)ペースでこちらです。私の家からだと色々行き方ありますが、休日会社のある駅を通過したくない為に武蔵小杉のりかえ横浜のりかえ市営地下鉄のコースになりつつあります。


c0102375_2423880.jpgこの公園、遠くからでも子供のはしゃぎ声が聞こえます。メタリックでごちゃごちゃした作りが子供の秘密基地願望を満たすのかもしれません。このオケのビオラには2名ママさんがおりまして、〈一人は旦那も当団ビオラ、もう一人は7年前にもいた子。ママになってもスタイル抜群)彼女達によりますと、最近の戦隊ものでロケ地に使われたそうです。確かにぴったりですね。戦隊ものっていいますと、私が子供の頃はゴレンジャーでした。今は何とかレンジャーが入れ替わりですが、ゴレンジャーは結構長く続いていた記憶が。好みはちょいと気障な宮内洋演ずるアオレンジャーでした。

そうそう練習です。この練習場かなり狭いのでぎゅうぎゅうです。特にチェロはいつも12-14名の参加ですのでひしめいている感じです。段々酸欠になってきます。本日はまずマーラーの2楽章から。例によって先にやっつけなくてはいけない箇所を取り出して集中的にやります。譜面半年前から渡して、年頭には分奏を何回かやり、TUTTI4回目にしてはちょっと・・な気がしますが、何度も繰り返すうちにその日のうちに形になります。コンミスがいなかったのでVnは苦戦してました。ビオラ軍団はそんなに達者な人がいるわけではないのですが、地道に譜面読んできているなというかんじか。一人プロが入っているので彼の音を後ろで聴きながらやっています。
問題は木管かなあ。ホルンも1番以外は・・。管だけ捕まってる時にこっそり後ろを向いたら、笑えました。みなベルアップしてます。まだふけていないのに!!。指揮者も苦笑して「確かに本番は見てくれ大切だからベルアップ思い切りしろといったが練習時はまず吹けてからじゃないと恥をアピールするようなもんだぞ」と。可愛いですね。言われた事を簡単なことからまず実践したんですね。ええ、全体に皆さん若いんですのよ。数名除いて。Fオケと指導者の関係は、好き勝手に勉強している中の上レベルの受験生と赤ペン沢山入れる進学塾の講師、だとしたらJオケは専門学校生と熱血教師です。指揮者が一番熱い。ほっておくとだめだめな生徒を、褒める教育方法でなんとか引っ張り揚げるという感じですか。この方式に賛同する人がついてきているのでしょう。大人な人にはトゥーマッチかもしれませぬ。アンコールはかなりふざけています。まだ公表できませんが。。例年映画音楽やるんですけどね、というのがヒント。場所は東京文化です、ってのもヒント。
4時間以上かけて2楽章(一部細かくやっていない箇所あり)。終わる頃にはまだろくに譜読みもしていない私も構造がわかるくらいになっています。3楽章のビオラsoli他少々やっておしまい。うーんこの調子じゃ私が全楽章練習参加できるのは合宿くらいかも。
ところでマラ5のビオラっていろんな調性でのアルペジオや音階めいた箇所が多いのでかなりレッスンの教則本が役に立ちます。そして2ポジ4ポジつかいまくりなので、今苦労しているところがまさに!という感じです。学生時代真面目にやっていれば軽々だったのでしょうね。今更ながら教則本の合理性に感動するのでした。本当にスロースターターな私ですが、数年後にはFおけの他の面々の様に上手になれたらいいな、と思うのでありました。ええ今更(^_^.)。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-29 02:27 | おけすとら

超ひさびさバレエ

GW前半、まあ普通の3連休。いきなり喉が痛いことに。正月に続いて休みになると風邪をひく癖でございます。とはいえ今回は熱もなく喉と鼻だけなんで、気にしないで本日のメニューをこなす事に。
前半は勿論家の掃除です。風呂場とか、台所をごしごし。
後半はもう久しぶりのバレエです。ええと私がバレエを習っていた事など皆さん忘れているでしょう。ええ今年になってかなりサボってます。スキーとかオケで。1回ごとのチケット制なのがこれまたよくないんだろうな。体もなまっております事から、バレエストレッチというコースも併せて2時間ほど。やらないと途端に硬くなりますな。後、足裏が攣ります。バレエは基本足をつま先まで伸ばすのでいつもは入れていない力が入ってしまいます。バーレッスンは下半身の柔軟性がまた落ちたことを実感いたしましたが、順番等は自然に覚えているもの。忘れていた呼吸法など再確認。フロアレッスンになると、パ・ドブレの足がもつれたり、逆になったりと散々です。あと音楽に合わせて体を動かすのが案外大変。姿勢を良くする意味でも、立ち振る舞いを優雅にする意味でも、細々と続けていきたく。。。 60歳くらいの女性がおり、たかだかレッスンにばっちり化粧してフラメンコみたいなレースのカーディに黒シフォンスカート巻きつけとてもシック。体型はけして良くはないけれど、背筋がピンとしてとても優雅な感じです。私も優雅なばあさんを目指したい。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-28 18:00 | 芸術鑑賞

小龍包

c0102375_2144377.jpg
帰りはご近所様のぐっぴと、恵比寿の京鼎樓に。 何年か前、台湾に行った折に食べました。恵比寿にできていたんですねー。写真は蒸餃子ですが、名物は小龍包です。春巻きとか色々頼み、どれもそれなりに美味しかったけど、やっぱり小龍包が一番。本場みたいにこれだけ食べても良かったなあ。しょうがとの組み合わせがとても美味しい。

込んでいるので入れたのがラッキー。カウンタあるから一人でも入れるかな。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-27 22:00 | 食べもん

マラ5づくし?都響@オペラシティ 

今まで3年程、ぐっぴと東フィルの定期会員になっていましたが、他のプロオケも聴いてみようということで、日程と曲と場所などを考えて、今シーズンは都響の会員になってみました。本当は師匠のいる東響を聴きたかったのですがあそこは土日が定期の曜日なんですよね。師匠にも文句言いました。「ま、そのほうが集まりがいいんだよ。」師匠オケには招待券でもぐりこむことにしまして。

今回の指揮者は例の漫画で一躍一般に知られる事になる?でぶ・・いや デプリースト氏です。ちゃんとパンフに漫画の事も載っています。全面協力してるのでここは宣伝しておこうということでしょう。曲はまたマラ5.前回東フィルの最後もマラ5でした。偶然ですわー。まあ私はありがたいわけですけどね。定期でマラ5って3回目かも。(東フィルで2回)、それ程客が呼べるプログラムってわけですよね。Fオケの悲愴なんて探してもありません。チャイコではもう客が来ないのかなあとか考えてしまうこの頃。

実は生でぷ初めてでした。非常に高性能な車椅子で音も無く登場し、指揮台にすすすと上る登場の仕方は、彼の風貌と相成って、なにやらSF的雰囲気をかもし出しています。手の先からフォースの光線などが本当に出てくるかも。いや、ジェダイというより、悪役風なんすけど。で、椅子をつつつつと高く上げる機械音が沈黙の中響きます。ますますもってSFです。

東フィルのマラ5は、なんかあっさりしすぎ、でしたが、都響のマラ5は、でぷさんの体型が関係するのかわかりませんが、たっぷりした感じ。4楽章はゆったりとしていて適度な色気で中々いいかんじでした。それはいいのですが、全般に、アレグロ部分から突然減速する箇所が何度もあり、気持ちよく車にのっていたら急ブレーキを踏まれた気分です。すごいブラボーの嵐でしたけど。出だしのペットはフィルより上手いかな、でも音切りすぎな気がする。ビオラは直立不動の、前髪ぱらり兄ちゃんはざっつも判らず、東フィルの姉ちゃん連中の方がアグレッシブでよかったな。席の所為かビオラの音が余り聴こえないんで。チェロは古川さんが素晴らしい。マラ5はあちこちで演奏しているので聴こうと思えば何回も聴く事できますね。

この間買ったマラ5DVD, ラトル&BPOですが、3楽章はホルンのシュテファン・ドール氏(ですよね?)がソリストの様に指揮者の前で演奏するんですよ。あのホルン、いいですよー。カメラマンが結婚願望強いのか、奏者達の結婚指輪ばかり映していて、ホルン奏者は何故かホルンと併せて?金色が多かった。まさか楽器の一部でつくったんじゃないだろーね。そして弦楽器奏者はプルト関わらず女性ばかり写している。特にファーストVn4プルトのC.S.トーマス(イギリスの女優)似の女性の登場率が高いです。どうもこのDVDが気に入っているものなので日本のライブの点が辛くなっているのかなー。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-27 19:00 | 音楽鑑賞

桜の次は 躑躅

c0102375_74810100.jpg
ドクロじゃありません、つつじです。薔薇より書けなさそうですね。というかちっとも花な雰囲気がしない漢字だ。

つつじって結構色々な種類あるんですよね。根津神社の「つつじ祭り」に2年前に行きましたが綺麗でしたよー。

写真はマンションの玄関です。私は赤より白い淡色系の躑躅が好きです。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-26 07:48

「ホリディ」

c0102375_585393.jpg
レイトショーづいています。今日は雨で六本木まで行く気力もなく、品川に。
軽いものを観たい気分なので、chicaさんが「予想よりGOOD」と書いていらした「ホリディ」を。
まあ、ハリウッド製のラブコメ。予定調和なエンディングです。この種の単純とも基本とも言えるストーリーを生かすのが、主演俳優の魅力と、脚本、小道具等。男性が見てどう思うかは判らないけれど、我々には感情移入しやすいキャラ設定かと。楽しめました。
ストーリーはロスに住むキャメロン・ディアス@映画予告編製作会社社長とケイト・ウィンスレット@新聞記者(コラム担当)が、互いに恋愛に失敗し、癒しの為の小旅行としてホームエクスチェンジなる方法を選ぶ。ケイトはロスの豪邸に、キャメロンはロンドン郊外のコテージに。そこでお互い新しい出会いがあり・・。とまあ、本当に単純な。


c0102375_591148.jpg
最近の恋愛モノは、時代性かキャリア女性が主人公というのが多いですね。キャメロンはエグゼクティブ・キャリアですが、恋愛に関しては、(手軽に寝ちゃう癖に)気の強さとか融通の利かなさが災いしてすぐ喧嘩別れをする。ケイトは会社の同僚に3年も恋し続けて、結局他の女性と結婚されてしまう。「恋愛不器用」を主人公にすると共感を得られます。特に日本人は1億総「高倉健」状態、「自分は不器用ですから」と思っているわけでして。ケイトの方がブリジットジョーンズ入っていて、憎めなくて好感持てます。今まで愛らしい系の役を演じていたキャメロンはちょっと狭量でヤな女かもしれませんな。私は自分が完全にキャメロンの演じた役に性格が似てる為、余計、「うーやな奴」と思ってしまった。ええと、断言しますが、このラブコメ、ケイトとジャック・ブラックは長続きするでしょうが、キャメロンとジュード・ロウは別れる。

男性はジュード・ロウがあの通り美男で、あれよあれよという間にキャメロンと寝てしまう為、
プレイボーイかと思わせてちょっとしたからくりがあります。
ジャックブラックは見てくれは私的には「許せない」範囲の濃いDEBUなのですが、作曲家という設定で、才能あるし性格も面白い。VIDEOレンタルショップで、手に取った映画の主題歌をうたっちゃうジュークボックス技は楽しい。

アカデミー脚本賞経験者のおじいさんのエピソード絡みのケイト側の恋愛がとても微笑ましいです。あのおじいちゃんがいい。それから楽しいカメオ出演もあります。最後の祝賀会にソフィア・コッポラがいたと思うのは見間違い?。

まあ、気軽に観て楽しめます。女性はどちらかに(多分ケイトが多い)に感情移入できると思いますよ。

ただ、Homeexchenge、普通したいと思いますか?。あたしゃ家の中を他人に晒すのは嫌だなあ。散らかっているとかそういう問題じゃなくてさあ。人招くならいいけど、完全にそのまま明け渡すんでしょ。ちょっと抵抗ありますなあ。それから他人の家に住み着きたいとも思わないしなあ・・。だったらリゾートホテルやコテージで何が悪いのか。確かに玄関開けたらジュード・ロウってのは美味しいだろうけど。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-25 21:30 | 映画/TV

Lesson15 師匠怒号

c0102375_4233527.jpg
昨日肉から帰宅したのが0時。その時点でレッスン曲全くさらっていなかった。窓やらFやらJやらが立て込んでいた為と呑み会続きの為、というのがとりあえず言い訳。仕事都合とかで延期しようかとしばらく悩んだが、一度延期し始めると、私のことだから今後もずっとずるずる延期してしまいには行かなくなる。ここは怒られても仕方ないので、行こう。
しかし全くというのもなんなので、夜中の4時ごろまでさらう。(0時から1時半までは少し寝てた)

体力的には結構へろへろな状態で。結果としては延期したほうがよかったかもです。夜中のさらいはミュートつけて更に音量を気にするので、音が聴こえず、音程が適当になってしまうし、弾き方もコソコソだ。

やれやれ、案の定怒号が飛んだ。
弾けないってより明らかにさらっていない為、間違える間違える。
「あんた編曲しにきたんか」
しかも偶数ポジションの音程の悪さ。だいたいぶら下がるようだ。

余りに憤慨したので師匠のシャツのボタンがぷちんと外れた。
というか、玄関に迎えに来た時、びっくりした。
下着丸見え。シャツのボタンが2つくらいしかとまっていない。まさかファッションでみせてるんじゃないだろうな、とあせる。ピアノの前に座ったら更にボタンがぷちっと外れ、人が楽器ケースから出している間にあわてて止めている。もうシャツがぱつぱつ。ボタンとボタンの間から下着が丸見えだ。
その上私が間違えるもんだから、またボタンが外れてしまった。

ダメです、それ、明らかにサイズ小さすぎますー。

自分が怒られている事を棚に上げ、変な事心配してしまう私でした。
これじゃ、進歩ないっすな。

当然もう一度。GWの宿題。

何か雑談もしていたが、今回はさらい不足で肩身せまかったんで、あまり話しも進まず、っていうか、1時間半の間、余りに弾けないので1時間以上ビオラ弾いていたかも。うーむ、こんなにビオラ>雑談なときは少ないぞ。
<注:本当は1時間のレッスン。でも20時が最終なのでつい長引いてしまうわけ。平日はいつも1時間半コース>

c0102375_4413414.jpg
気落ちしたときは、(さらってないわけだから弾けないのは当然で別にそこで気落ちしてもしょうがないんだけどね)家で食事作り直すきにはなれず、外食。代々木八幡の近くにあるこじゃれたカフェで。カルパッチョとワイン。自宅のオリーブオイルがオーダーものの高級品なので是非カルパッチョにチャレンジしたいんだけど、未だに作っていない。(近所の東急で余り食指が動く刺身に出逢えず・・)
[PR]

by violatsubone | 2007-04-24 20:00 | ビオラレッスン

肉の会会社バージョン

c0102375_242898.jpg
三鷹から、また品川にとって返す。ブラジルから2名来日しており、1週間の間、ユニット員が交代で接待。今日は私と一回り下の後輩の番。本当はもうそのまま帰りたかったがそうはいかない。幸い外国人は不摂生な人でなくても夕食時間日本より遅めなので20:30でもOK。何を食わそう、と思いきや、先方から焼肉指定。えーー、金曜に食ったばかりなのになあ。まあ、指定されたら仕方ない。客ではなく仕入れ業者であるので、余り高いところは利用するな、というお達しで、先週は後輩が回る寿司やらラーメンやら連れて行ったらしい。まあ何でも喜んで食べるとのことなのでそれは気楽。安いところだったら、港南口の牛か○でいいかね、或いはそのあたりにいくつかある安い焼肉やだね、と話していたが、ホテル着いたら我々はへとへと。しかも寒い。案外距離がある駅の反対側まで行く気力なく、ホテル内で焼肉屋を見つけて、ええい面倒だからここにしちまえ。一番安いコース頼めばまあなんとな予算範囲内だろう。

ブラジル人、メタボなんてもんではない。まず、肩から顔が生えている。首は無い。顔の中にアゴがある。ハリウッド俳優のジョン・グッドマンの目をもう少し大きくしたような感じだ。強烈なインパクト。眼はキラキラしているので、あと40キロ痩せていたらハンサムなのかもしれない。後輩がさっさと注文すりゃいいものをメニューのんびりみていたもんで、彼らは覗き込み、美味しそうな高級肉の写真を差して「このコースがいい」。えー。7000円。予算オーバー。基本的にアゴ代はこちらもちなのだ。彼らは自分達で払うので是非高級なのが食いたいという。しゃあないから彼らだけ高いコース、私らは一番安いコース。焼肉なぞそもそも区別はないので、高い肉と安い肉は共有財産wとして机に並べられるのだ。ふっふっふ。ブラジル人、余り脂肪の取りすぎはよくなかろう、と我々は高い肉をつまんだりして。いやあ、高級肉は違いますよ。とろける様ですよ。ま、このくらい利点がないとねえ、と後輩と。英語の出来るブラジル人(めずらしい!)だったので、まあ助かる。私も後輩もぽる語はからきしダメ、なまじ似ているので話そうと思うと、ついスペイン語が出てしまう。話しながらさり気に高い肉ばかり喰らい、精算時には、半分に。日本よりマッチョな国である彼らは女性にご馳走になるというのが、違和感あるらしく、最初は全部出してくれるといっていたのだ。流石に後で上司に何言われるかわからんので割り勘。


いやあ、得したぜ。
後で上司に苦言を呈された事は言うまでも無いが、「寒かったので無理でした」と反論して終わり。

美味しかったが食いすぎた。翌日は夜まで何も食べられませんでした。
木曜から5連荘、流石に胃も文句言いたくなろう。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-23 19:05 | 会社にて

お通夜といふもの

日曜日に、海外赴任している上司のご家族に不幸があり、月曜がお通夜、火曜が葬式。
両方ともアポがあるのだが、公私共に最も世話になった上司だ。月曜の夜の伯人接待の時間を遅くしてもらい、通夜に参列することに。

多くのサラリーマン、まず、不幸を知ったらどうするか。そう。客先に知らせる。故人と知り合いかとか、喪主と知り合いかとかそういう問題ではない。。「知らせる」ことが重要。
月曜の朝は全ての仕事頬リ投げ、それにかかる。受け取った相手はどうするか。勿論電報は抜かりなく、あとはどのクラスの人が参列するかを決める。

知らされたのが月曜日であるため、私は喪服を着ちゃいない。ま、紺スーツだし、通夜だからいっか、と、後で接待に行く後輩と参列。しかし上司達は「ま、いっか」ではすまない。家にとりに行ってまでも正式に着替える。重要な役割が有る。

三鷹の立派なお寺が会場。手続きを済ませて並ぼうと。いつのまにかボスや同僚は到着しており、受付の入り口の方で並んで立っている。通夜での最大の仕事。故人の冥福を祈る事?違う。「どの客が来たか」というのをもらさず把握することだ。受付前に仁王立ちになり、会釈する姿は正直や○ざの様だ。喪主でも無いのに、まるで通夜を取り仕切っている様だ。参列者も、重要なことは、「来たということを知らしめる事」である。焼香をするものの、故人の知り合い、或いは喪主の知り合い、である人がどのくらいの割合いるか。真剣に冥福を祈っている人がどのくらいいるのか。

そう、通夜葬式は、生きている人のためにあるもの。サラリーマンの社交場。その場での生臭い話は流石に少ないだろうが、会社のつながりをアピールする場なのだ。
社会人になった当初はものすごい違和感だった。神聖な場所を商売に利用するなんて、と。
悲しいかな、もう慣れた。不幸を知ったら「即座に」「もれなく」知らせる事。参列者を把握すること。翌日に必ずお礼を言う事。これが、仕事。喪主側も勿論そのつもりである。肉親の死を悲しむより、まず手続きなのだ。

それでも、自社の花輪の位置が一番端だけしからんと文句を言う取引先や、お清めの場で寿司をがっつく関係会社社長には、根本的な人としての品格に欠ける、と憤慨した。挨拶だけしたら、帰れよ。悲しみをこらえて、サラリーマンとしての場を提供した喪主側に少しは配慮しろよ。

喪主(正式には喪主の弟)である上司は、海外赴任中、当然死に目に会えていない。覚悟はできていたとは思うが、サラリーマンはそういうリスクもある。

通夜の後は、そんなわけで、いつもなんとなく機嫌が悪い。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-23 19:00