<   2007年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

ゆ○こカンタービレ

今日はFおけ、今回演奏会正指揮者の天沼裕子先生が振る練習日。この練習の後は8月つまり本番直前までいらっしゃらないので、今日の練習は非常に貴重なのです。この重要な日に・・。
昨日の辛いもの会の所為で胃腸の調子が悪く、2度ほど途中下車。ううむ、激辛はBpにいいのだなあと感心している場合じゃない。遅刻だ。所用が長引き遅刻というメールをパート員に流したものの(所用の中身とはつまりその)、タクトダウンにはなんとしても、と思った時、西中里の駅前大通を私の乗り物が・・。
勿論、手を上げた。「大変近くて申し訳ありませんが」と最初にいっておいて、徒歩7-8分の場所をタクる。客乗らなくてもその前を走ったのだからいいでしょワンメーターでも!。
で、先生の1歩前に飛び込む。ああすいません皆様。

さてさて、私は天沼先生の指揮では本番2回目。Fおけメンバーも「悲愴」自体というよりも「天沼先生の悲愴」が楽しみという方が多い。一言で表現すれば「エレガンス」。先生のお言葉「フォルテは美しく、FFはより美しく」はFおけ座右の銘になっております。(その割には最近体育会系だけど)。それだけに先週は興奮のあまりテンション高すぎたのかしらん(笑)。
今日はテンションというよりも緊張感が漂っております。指揮台に立つ先生、華奢なのに風格があります。
曲順なので、最初はルサルカ。相変わらず慣れていない曲なので皆割りと慎重です。先生は
「まあ難しくは無いわよねー」と気軽におっしゃり、確かに譜読みはそれ程難しくは無いのですが、以下のご指摘。
 テンポが重くならない
 小節線が見えないように!。
 もっとカンタービレ!!。
音程等の基本的な注意もありましたが、今後どのように仕上げていけばよいか、とても良くわかりました。

次はラフマニノフ。
ビオラメロディーがブラボーといわれたのはとても嬉しい。皆ここはさらっているでしょうし。やはりピアノの印象が濃厚なる曲なので、オケだけだとぴんとこないですが、先生が素敵な歌声で歌ってくれたので少しなんとかわかりました。でも色々落ちましたが。。。(だってスコアみても落ちるんだもん・・)
弓を返しが見えないように、というやはり流れをぶち切らない弾き方を心がけることというアドヴァイスがありました。まあ、私としては、これに関しては まず 落ちないこと なんですが。。

そして「悲愴」
「美しく弾く、から一歩進んで、美しく、響きのある音をめざしましょう」
当たり前でも難しい。美しくもないし。。。今のところ。

しかし今回は緊張感と、多分2楽章から始めたのがいいのかもしれないが、爆走系にはならなかったようです。3楽章等とばし三連音符の難所は、「並べてある音を全部弾くのではなく、どの音をはっきり弾けばいいかフレーズの中でつかむ」とのことです。全てを(弾けないのに)しゃにむになってやろうとするから重くなってしまうと。4楽章で盛んにおっしゃっていたことは「新しくフレーズを始めない」最初どういうことか、と思いましたが、収まっていく感じにする、ということです。成程。初めての表現でした。
1楽章のAllegro vivoでは、「汚くてもいいから元気良く」と弓を全てダウン指定。先生にしては
非常に珍しいアドヴァイスでした。やはりロシアですから優雅だけではなく、迫力をもとめるところではメリハリつけるというのでしょうか。

今回はOder氏も練習アプしてくれるでしょう。(長いからゆっくりやっていいからねん。)そこでまた色々再確認をしたく。

アフターは前回の教訓を生かし、予約済。しばらく歩かないとないので、予約は大正解です。
そこで前回の練習を聴かせて頂きました。件のAllegro Vivoですよ。いやあタテのりロックでした。
Vcのでもどり?H口さんというこれまたお笑い系の方とお話することができました。いやあVc強烈ですね。次から次へと。

::::::::::::::::::::::

そういや、ルサルカ、の筋を始めて003さんに説明していただきました。その後ネットでも少し調べましたが、人魚姫同様「早く人間になりたい」妖怪人間・・もとい妖精ルサルカの悲劇。某国王子に惚れたルサルカは口が利けなくなること条件に人間にしてもらい、王子と知り合い、結婚までこぎつけるが、浮気性の王子は結婚式の日に別の国の王女?のモトに走ってしまうらしい。で、今回演奏する結婚式の音楽は、パーティーもりあがってるが新郎はいない、という音楽らしい。更にこの王子は浮気相手にも振られ、ルサルカの元に戻るが呪いをかけられてどうのこうの、最後は一緒に死ぬような。なんつうとんでもない男でしょう。逝って良し、ってところですか。まあ、歌劇に出てくる男ってたいていどうしょうもないですが、。浮気相手にも振られるところが更に情けないですね。妖精ルサルカ、ダメンズウォーカーだったってことですな。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-31 18:00 | おけすとら

激辛会

取引先VIPのお遊び、「激辛会」辛いもの好きの私と同僚、その奥様(モト弊社社員)が指名されて参加。このお方、海外渡り歩いており、そこここで現地の美味しいものを貪欲に食するグルマン。弊社駐在員もこの人アテンドする時は、寧ろ店を指定してもらったりしてます。。
本当は私の様なペーペーが相手できる客ではないのですが、辛いもの好きがこんなところで評価されるとは。四川料理の店で、なじみの店長に「特別注文」。席に着いたらメニューすら出ません。他の席の人と料理の色が違いますc0102375_4284788.jpgc0102375_4285931.jpgc0102375_4291166.jpgc0102375_4295455.jpg


左は鶏の手羽先です。唐辛子和。海老はタレが辛い。3番目は水餃子ですがやはり唐辛子タレをつけます。右端は種々唐辛子の海にまみれた魚。

c0102375_430415.jpgc0102375_431756.jpgc0102375_431265.jpgc0102375_4314465.jpg


左から、上段魚の取り分ける前。マーボー豆腐&筍。サラダと思って安心したらこの中で一番からかった。青唐辛子。苦瓜かと思ったものはわさびの千切り。最後は映りが悪いですが四川料理名物「激辛鳥の唐辛子炒め」唐辛子の中に埋もれている鶏肉を探して食べます。中国名忘れちゃった。
c0102375_4331570.jpg
c0102375_436238.jpg
c0102375_4342583.jpgc0102375_4344548.jpg


左は仕上げのソバ。赤いです。混ぜたら一見ナポリタンみたいになりました。見てくれほどは辛くない。(相対評価として)。取り皿。こんなに唐辛子まみれになりました。デザートも赤いですがこれは甘いです。最後は店の名前。「子はれ日和」。銀座一丁目からすぐ。普通はこんな辛いのばかりはだしませんので、シェフの遊びも入っております。店の人が、「私もこの献立みて唖然としました」
いや辛いけど、全部美味しかったです。橋休めはワインと紹興酒。これが甘く感じて進んでしまう。しかし、ビールを飲まなかった所為か、辛いのがアルコールと中和した?のか、ワイン3杯に紹興酒3杯飲んでも大して酔いませんでした。紹興酒は釜だしで、まろやかで美味しかったが、もしかしたら料理との相対で甘く感じたのかも????。
辛いのOKな人が4人くらい集まれば、また行きたいです。
同僚は汗かいておりまして、終わったらそっこーで帰りました。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-30 19:00 | 食べもん

マラ9@サントリホール

会社は期末なので事務仕事の方はそろそろ忙しくなってきます。営業職と残業時間が逆転する時期です。てなわけで私はお嬢さん方が必死にインプットなどしている横をそっとすり抜け逃げるように会社を後にしました。
c0102375_362122.jpg
本日の放課後メニューは、003さん経由でチケ割引購入した読売日響のマラ9@サントリ。
なんだかマーラーづいていますが、先日のマラ5は定期公演のメニュー。今回は来年当団で演奏することになったマラ9の予習の予習ということで。マーラーに左程入れ込んでいるわけでも無く、(1-5番までは聴く機会も多いんですが)なにせ生マラ9はアマオケで聴いたきりですし。(ルスコね)。「美しい箇所があるものの全体としてはまだワケワカンナイ曲」なんですわ。このままシーズンに入ってしまうのもやばいんで、極力聴くようにしておりまする。
で、見晴らしの良い席(予習には観る事も大切なんでして)を確保していただき、LCの5列9番かなり良い席です。読売日響の常任指揮者、ゲルト・アルブレヒトの常任としてのラスト・コンサートとのことでした。
読売日響、私は余り聴いた事がないけれど、弦が重々しく鳴っていて良かったです。圧力のかかった音が出てました。(先日の東フィルのマラ5よりよかったかも)。4楽章は結構ゾクゾクいたしました。9番は弦トップのソロが非常に多く、インパクトも大きいのですが、ビオラのソリスト凄かったです。プログラムみるとビオラとチェロはトップ奏者という書き方ではなく、普通の団員と、ソロビオラ、ソロチェロ、は分かれて記述されてました。ビオラ2名いるけどどちらの人だったんだろ。
どうしても弦に注目してしまいますが、ホルンも指揮者が真っ先にたたせていただけあります。いい音だったと。
しっかしこの曲やるんですよねえ・・。演奏するだけじゃなくて人に聴かせるんですよねえ・・。
あの重さが私には出せないので、ちょっと気が遠くなりそうな。まあ、私がレッスン再開したのは一つはこのマラ9があることが原因。こんなん今の実力じゃ弾けないし、というのと、マーラー好きの師匠が良くムーンフェイス満面の笑みでソロパートを弾いていたのを思い出し、個人的にもアドヴァイスもらえないかなとか、来期あわよくば一度くらいパート練習なんて見てもらえないかなとか。。動機が短絡的だなー。
003ご夫妻やTpのまろさんもいらしていたのですが、待ち合わせの約束もしていないし、ここでたたずんでいても仕方ないかと帰ってしまいました。探してくださっていたようで大変申し訳ありません。。

c0102375_4214955.jpg
アークヒルズの夜桜が美しかったです。私の携帯カメラだとイマイチ上手くうつらないのですが。夜桜は色気がありますね。。昼間みる桜より妖艶で好きです。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-29 19:00 | 音楽鑑賞

漸くやる気を・・

c0102375_1430710.jpgc0102375_14302258.jpgc0102375_14304315.jpg



咲け、咲くんだ、ジョーでは無いが毎日花を睨んでいたら、恐れをなして咲き始めました。
点在するしだれ桜は間に合わないでしょうが、他の桜は日曜にはもう少し咲いており、花見の体をなすかと思われます。
1日の希望もあることにより、1日に決行します。1日雨だったら 8日にしましょう。参加者には別途メールいたします。尚現時点で当人含め8名(乃至9名)に達しましたので締め切りといたします。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-29 12:00 | お遊び

デパートの活用法・・サラリーマン哀歌

c0102375_1647497.jpg
本日は天候も良く、だからというわけではないが、10時半くらいから午後一杯外出でした。新橋→日本橋。新橋では桜が7分咲き。昼休みを外で花見しつつ食べるOL&リーマン達。OLさんってやっぱりお弁当が多いんですかね。私は新橋で昼食とると、店はいつも女一人です。(-_-;)。おやぢ臭い店にばかり入っているからかな。


c0102375_16423796.jpg
昼食の蕎麦をさっさと食べ終えて、次のアポの時間に空きが出来たのでデパート好きな私は日本橋三○をふらふら、で、お茶の時間。(労働基準法にも1時間の休憩は許されるとかいてあるんで、それは違反しませんのよ。)北海道発祥の珈琲店宮越屋珈琲店。桜ムースのセットで。挽き方など拘ってますね。苦味と酸味の両方のブレンドがありました。酸味を頼んだけど、それ程酸味ありませんでした。日本ではあまり酸味は受けないからなあ。

昨年(だっけ)新しくなった三越新館。ゆったりしています。デパート業界再編が進んでいる昨今、多分生き残るのは伊勢丹と三越と高島屋の呉服系が電鉄系を吸収するんではなんて思っていますが、伊勢丹と違い、こちらはジャリには全く興味なく、大人のデパートです。カードを持っていないので買い物はしませんがぶらっと見るには落ち着いたたたずまい。品のよさそうなおばあさまがショッピングしています。珈琲屋は新館だったのでそのままエスカレーターで下に。高級婦人服売り場ばかり。エスカレーターの横には休憩用ソファーが。大きくてふかふか。こういう気配りがお年寄り向け・・・・ と 思ってソファーをみたら。

おやぢが何人も座って寝ている!!

流石に写真をとるのは忍びなく。ああ、いま昼休みだもんな。良く見つけたなこんな場所。いやもしかしたら日本橋という場所柄デパートもこっそり気配りしたのか??

上向いて口あけて寝ているオヤヂ(若者もいたかも)たちを起こしては悪いなと こっそり下におりたのでありました。 午後に遅刻しないように。 あるいは アポに遅れないでね。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-28 12:00

ストレスの無い生活って??

アタマが痒い。顔も痒い。

いや、ちゃんと毎日風呂はいってるんですよ。髪も洗ってるし。
この時期はアレルギーが出るようで、どうしてこう笑える持病ばかりあるかなと思うんだが
このところ気がつくと金田一耕助の様に髪をぼりぼり掻いております。お陰で髪がボサボサ。
かなり見っとも無いので皮膚科にいって薬もらうか。と、仕事ちょこっと抜けて近くの皮膚科に。

「はいはいこの時期ですからね。ところで、あなたのアレルギー反応はご存知ですよね」
「はあ」
「圧倒的にハウスダストとダニなんです。掃除してますか?」
「・・」(週に1度)
「きちんと規則的に食事してますか」
「・・・」(昨日の夕食はコンビニ飯)
「睡眠はどうですか」
「・・・」(いま朝5時だし。その前に少し寝たけど)
「紫外線にも反応するんですよ。」
「・・・」
(スキーとゴルフと南国出張・・)
「お通じは」
「・・・」(以前の記事参照)

まあ大体が医者の言う生活なんてものは私には実現できるわけはなく、どーでもいいから薬だけくれりゃいいのよ、といいたかったんだが。診察させないと処方箋かいてくれないし。因みに、昨年皮膚炎になったときの諸注意は以下だ。こういう生活送るとすべすべの肌で痒くない生活を送れるそうだ。

仕事はさぼれ
規則正しい食生活
8時間睡眠
長風呂禁止(これは炎症おこしてた時だけ)
サウナ禁止(同上)
スポーツ禁止(同上)
コーヒー控えろ
酒呑むな
辛いもの食うな
タバコ絶対禁止
ストレスためるな

こんな矛盾した事があるかっつの。こんなストレス溜まる生活できますか!。

そのうちアトピーが発症して、まあ他にもガタがきて後悔する事は眼に見えていながらも、私は刹那的快楽な日々を選んでしまうんだな。ま、情けないけど、性分だから仕方ない。
というか、「健康的な生活」を送っている都会のサラリーマンなんて、いないでしょ。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-27 16:00

今朝のサクラ・・

土曜日にはクリーニング屋が「3月はコート割引です」ってんで春夏の服を宅配してもらい、変わりに冬服の殆どをクリーニング&半年保管。収納場所が限られているマンションでは保管システムは助かるのです。しかし、今更冬気候に逆戻りしたところで冬服は無いぞ。トレンチはまだ手元にあるけど、スーツは春物にチェンジ。まあ今日はトレンチコートすら要らない感じでした。人間様も春服だってのに。うちの前の桜ときたら・・。
c0102375_312347.jpg
本当にやる気あるんでしょうか。君達
今週末に本当に咲くのか。本当に不安になります。両親に聞いたら世田谷の方は3部咲きとのことでした。うーん。1日に実行できるかなあ。翌週の方がいいかなあと現在悩み中です。
(個人的には前日片付けられないので翌週8日の方がいいんだけど・・皆様は8日は如何?)


c0102375_332418.jpg
今週末と来週末はこの周辺でサクライベント花盛りのようです。夜はライトアップされます。なんでだかしらんがあちこちのホールでアルゼンチンタンゴがやってたり。ばななの映画のせいではないとおもうがこのあたりは盛んなのか。。 音楽会もやるそうだが、ジャズメインなのにイベントの題名が「美しき青き目○川」。洒落にしてもこのくっさい川にたいして冗談きつすぎますぜ、町内会さん。

今日は暖かかったので様子見しつつ水曜日あたりに最終結論だしますね>お花見な人たち。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-26 08:40

Fおけ初回練習ー粗にして野だが悲ではない?!

↑城山○郎さま すいまへん。(副題もじり)
オフ期間が長かった今シーズン。滑ったり呑んだり打ったりしている間に、あっという間に終わってしまいました。小学生の夏休みと同じ感覚ですなあ。製本とかするのいつもギリギリ。

34回定期演奏会に向けての練習が開始されました。今回の曲目は 
チャイコフスキー:交響曲第六番 ロ短調「悲愴」
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第三番
ドヴォルザーク:歌劇「ルサルカ」第2幕より バレエ音楽

さて、本日の練習場所は日本橋社会教育会館。以前所属していたオケでは2回に1回はここを使用してました。もう2年以上前になりますか。懐かしい場所でありました。全部で何人いるのかわからない小学校が併設されており、図書館もある。プールが1年中あるらしく、常に塩素臭が立ち込めているのが特徴。

前回結局5名しか団員がいなかった我がビオラパートも、新入団員、おためしエキストラ、でもどり(休団解消)等でなんと総勢12名です。本日はトップが休みでしたが9名集合。いや嬉しいですねえ、初回から4プル半とは。他パートも沢山人が集まっているようです。ええ、熱気むんむん・・。むんむん過ぎるほどでした。
今日は副指揮者のM川先生。1980年生まれだそうです。若いです。肌ぴちぴちです。(触ったわけではない)。特に団長の横で紹介されたときには差が。。父と子。。(恐いもの知らず発言)。そして実はビヨラ奏者でもあるという華麗なる経歴!。そういえば風貌はちょっとビヨラっぽい。今回は通し練習。ですが、1曲目のルサルカは、皆さんなじみがないということで、割と丁寧に繰り返しました。音源も団員HPにアプしたものを拾っているくらいですからねえ。バレエ音楽なんですが、垣間見るカントリー調なメロディーはやっぱりドヴォルザークです。全体的にバレエというより相撲の四股というような演奏だったような・・。
2曲目のラフマニノフ、出だしのビヨラはイマイチしょぼかった。結構音程難しいんだよね。CDは何度も聴いていたんですが(アシュケナージです。)ピアノ付が頭にあるのでピアノなしだと良くわからなくなってしまいまして、これが一番手ごわいかもです私的には。
で、悲愴。前2曲に比べれば圧倒的に知名度ある曲だし、演奏経験者が多いし、思い入れある人も多いし、・・・ なのでして・・ 皆さんまださらい不足なのにエネルギー爆発?。もう 「ファイト 一発!」系燃える闘魂、の演奏。演奏しながらも笑ってしまうような。粗野であり悲愴感は微塵も無く、「フォルテは美しく」とおっしゃたAMNM先生の言葉なぞどこへやら、音が綺麗で上品系の演奏をするといわれていた当団の特徴はどこへ・・表現をすれば弦は爆走する雄牛の群れ。管はゴジラの咆哮。録音係のOderがアップするに忍びないといっておりました。恐いもの聴きたさはあるので今度こっそり聴かせていただきます。
で、この怪獣大戦争の様な演奏を冷静に、結構テンポ揺らしながらもわかりやすく指揮して下さった先生どうもすみませんです。「・・・まあ、初回だから」と ぽそっとおっしゃておりました。
8月までありますのでどうぞ長い目でみておくんなまし。m(__)m。

練習後。練習場所から徒歩3分の居酒屋「北海道」に。当然空いているだろうと思いきや、「一杯です」。更なる挫折感。余裕だとおもったのにさ。前のおけの時は3階の広いスペースが空いていて30人でもらくらく入れたのだが、改装工事とやらではやりの個室対応を増やしたみたいだ。くそお余計な事を。さらに日曜なので3階はクローズしていると。他によく行っていた洋風居酒屋さんは潰れていた。近所の「素材屋」も一杯。何が起きているのだ日本橋に。もういちど「北海道」と交渉して、バラバラだったら、ということで3つに分かれての宴会。別に幹事じゃないんだけどスキー以来仕切り癖がついたお局様はメインの方々を比較的広いところに通すと狭い部屋にて地味に飲んでおりました。先生にご挨拶できずもうしわけないっす。オーダーしたものは来ないし、なんだかハプニング続きでしたが、閉店が早いため、平和に戻ることが出来ましたとさ。

来週はAMNM先生ですねえ。人間らしい演奏にしなくちゃ・・。
[PR]

by violatsubone | 2007-03-25 18:00 | おけすとら

窓オケトラ参加

本日はΩさんのお誘いで、マイク○ソフトの企業オケ(以下、私が勝手に窓オケと名づけた)練習にトラとして参加。Fオケびよらでもっとも下手糞な私がエキストラなんか出来る身分ではないのだが、本当に人がいなくて、枯れ木も山の賑わいということなので。映画音楽特集ってのも気楽で楽しそうだと。本日は午後から夜間まで練習だそうだが、こちらはこちらで明日のさらいもあるわけで、夜のみ参加。新大久保のクラシックスペース。ここ、師匠オケが練習場所に使用していたところなんだよね。結構いいんだけど、高い・・・。さすが企業オケは財力が違う。

財力はあっても人は集まらんようです。いつから練習しているのかは知らないけど本番いちおう1月前、1stVn 1pult, 2ndVn 3pult,Va1pult,Vc1Pult、Cb1pult. 
そんでビオラのトップが本日休みで、替わりにトップ弾いていた人はトラだった。。私は殆どこの日は譜面をもらいにきたみたいなものなんだが、譜面がありませんときた。
うー。きっと夜がカルメン組曲だろうから、これはとりあえず何とかなるし、今日譜面もらって映画音楽はちょこっとさらえばいいかと計算していたんだけどなー。
コンミス以外は初心者集団なのかもしんない。いつもファミリーコンサートみたいなのしかやっていないようだし(この人数でシンフォニーは無理)それも今回が3回目のようだし・・。
発足したばかりでこれから人集めしますーってところなんでしょうね。

というわけで、カルメン途中参加で、これは気楽に弾かせていただきました。

面白かったのは指揮者(同じ会社出身?)の
「はい。次は不二家Fから。やばそうなところなので」
ちょっとブラックで笑えました。そういや不二家再開しましたな。

演奏会のチラシを見て、「んーここのフォントはxxxxですか」「いやあxxxですね」とやたらと
フォント話で盛り上がるのは企業名のご愛嬌。

音源をIpodで聴いていると指揮者がいったらものすごいブーイングが起きたのも企業名のご愛嬌。
一人、良い音で弾いているVcのおじ様がいらして、初見とぼやいていながら朗々と弾いていらっしゃいました。終了15分前くらいに電車の都合かしらないが途中退出しましたら、管の団員が皆で「お疲れ様でした」。途中退出なのにー、と思ったら彼は同社の執行役員だったそうで。
うふふ企業オケだわー。サラリーマンだわー。でも弊社のおやぢ役員と違ってダンディでした。外資IT系は違うわ。。
本番までに何人必要なのかわかりませんけど、まだまだトラ募集みたいです。多分Fオケの人の実力だと1回練習でればOKかと。


c0102375_4582372.jpg
終了後は折角新大久保なので韓国料理!にΩさんと今回セカンドPLのOK野さんと行きました。お目当てのところが一杯だったのでその先のところに入り、サムゲタン、チジミ等頼みましたがとても美味!。韓国ドラマの「チャングムの誓い」(みてないけど)が店の名前になっておりまして、ウェイトレスがみな女官の格好をしているのが可愛い。ここはお奨めですー。焼肉もあるので肉会でもいいかもー。TVでスケートやってたのでミキティ優勝の滑りも見られたし。アフターが中々ヒットでありました。


[PR]

by violatsubone | 2007-03-24 18:23 | おけすとら

お約束ネタ?

c0102375_519193.jpg

金曜日はタクシー率が高い。3月は朝タク殆ど無かったのではあるが、金曜になるともう私の早起き(世間的には遅いが)は限界に達するようだ。で、タクシーの中で見つけた広告。

My Taxi・・

なんて甘美な言葉。

(でも実態はカード渡せば黙っても家に送るとか、電話かければくるよとかその程度)
[PR]

by violatsubone | 2007-03-23 09:18 | つぶやき