カテゴリ:つぶやき( 253 )

おばあさんを投げ飛ばした

出かけようと、ホームで電車を待っていた。いつもの場所じゃない、もう少し後ろの方。私の横におばあさんがいた。私は携帯のナビタイムで時間をしらべていた。江戸川橋から徒歩8分と飯田橋から徒歩13分と後楽園から徒歩10分のどのコースを取るべきか。頭の中はそれだけだった。南北線直通の電車が来た。携帯によると、乗り換えて江戸川橋に付く時間は飯田橋よりも9分遅い。というと8+9で17分なので、飯田橋が良いか。。とか。私が電車にのると、おばあさんもふらふらと入り口に近づいた。当然載るのだろうと思っていると、あろうことかホームドア(電車とホームの間のドア)の間に入り込んでしまった。え?だってそこにいると電車が発車した時巻き込まれますけど。
「お婆さん、何やってるんですか。出てくださいよ」と引っ張ったが凄い力でついたてに捕まっている。私はなんだか良く判らないけど、兎に角この電車にのらないと演奏会ギリギリだし、という思いで、電車の中からおばあさんをひっぱった。でも捕まっている。
ドアが閉まった。おばあさんは電車とホームの間。眼の前でこのばあさん巻き込まれて死ぬの観るのは嫌だ。ホームには駅員がいない。
駅員がいなくても、違和感あると空くのか、またドアがあいた。でもおばあさんは動かない。駅員も来ない。今度こそとおもって「お婆さん 出なさいっ!」と思い切りひっぱったら、ホームにすっころんでしまった。ホームにいた女性が大慌てで駅員を呼んできてくれた。その間電車は止まっており、でも、私は車両の中から出なかった。おばあさんは呆然してしりもちをついたままだった。ちょっと私が投げ飛ばした時に頭うったかも。駅員が走ってきて、おばあさんを保護した。しばらくして電車は発車した。

駅に降りて、投げ飛ばした事謝るべきとか、駅員といっしょにおばあさんを観てあげるべきとも思ったけれど、死ななかったら別にいいや、とそのまま席に着いた。駅員を呼びに行った女性は偉いなあ。あの人は電車のらなかったものなあ。でも席についている人達だって誰も動かなかったんだから私を非難する資格ないわよ、と、しらんぷりして。別に非難されてもどうってことないけど。
ちょっとボケていて放浪癖がある人なんだろうが、電車とホームの間に入り込もうとしたのは、ぼけながらも自殺しようとしたのかな。家族は大変だな。にしてもワンマン運転というかホームに駅員がいないというのも、こわいものだな。ホームドアがあるから安心と思ったが、思わぬことをする人もいるんだな。ちょっとびっくりしたので、忘れない内に記録しておいた。この日の演奏会感想は、多分10日後くらいか。
[PR]

by violatsubone | 2010-11-23 12:44 | つぶやき

扱いにくい腸

人間ドッグの続き。本日は大腸内視鏡。この検査だけ会社の補助外だったから高くついてしまった。日頃BP且つ肉食なワタクシは多分ナニカアルとしたらここの部位くらいだろうと思っていたので一度くらいはやってみようと。
当日、8時半に呑まず食わずに病院へ。会社に行くより早いなんていいことないな。
洗浄液と称するスポドリの様なものを呑み午前中一杯で「出し切り」(-_-;)
午後からはいよいよ腸に潜入。
「麻酔どうします?しないほうがモニターで腸の中をみられますよ♪」
そこにどんな利点があるんだかわからないが、しない事を進める風だったので、じゃあ大丈夫なのだろうと思って無しにした。内視鏡の先生はがっしりした男性だった。これ以上は無い恥ずかしいウエア(要するに後ろから挿せるようになっている)をきてベッドに横向きになり、周りだけ麻酔入りゼリーを塗り、ずぶり。
体の中がエイリアンに犯されてるってこんな感じなのかなあ、腸の中を生き物がうにうにと登っていくようで、思わず笑ってしまった。凄くびっくりされた。
「痛いとか恐いとか悲鳴上げる方や拒絶される方は多いですが、笑われる方は初めてです」
だってエイリアンが登ってくるんだもの。しかし、笑いも前半だけだった
「長い腸ですね。そして検査しにくい腸です」
胴長ってことなのか。女性は長いというけど、女性平均より長くて、なにやら「たわみが無い」「おりたたみにくい」「おさえられてない」という不思議な表現をされ「腸として問題があるというわけではないが、非常に検査しにくい腸であることは確かです」と断言された。「普通は5分とか10分で終わる方が居るのですが・・」私は20分以上。うえの方にエイリアンが登るとさすがにごりっと痛い場面もあった。しかし30分くらいかけて終わった後は、また感心された。
「こんなやりにくい腸なのに、よく痛がりませんでしたね」
痛い場所もあったんだけど、今更麻酔してくださいというのもなんだし、面倒だからそのまま耐えてたのよ悪かったわね。ちっこいポリープがあり、「多分大丈夫ですけど、何度も検査したくないでしょうからつぶしちゃいましょ」と針みたいなものでぷちんとやりおった。カメラには血がぷしゅっとかかった。「今日は食事制限してくださいね」このぷちっとX2箇所で検査費が跳ね上がった。
それから「BPだからって薬ばかりのむから、腸の襞が汚いです。大黄とかカンゾウやめてください」漢方だめってことかよ。
自分の腸の中は中々可愛らしいものだった。ポリープとかハムスターの赤ちゃんみたいだったのに、ぷちっとやられちゃった(笑)。毎年やらんでもいいとかいわれたのでほっとした。ネタで一度やればいいや。
[PR]

by violatsubone | 2010-11-19 08:53 | つぶやき

許しがたきもの

c0102375_237320.jpg

ミルクティーと頼んで、コーヒー用クリームが付いてくる事。コーヒーの強さだとこのクリームでもいいのだが、紅茶の繊細さにはミルクじゃないと許せない。昔は喫茶店には注意して、「ミルクティーのミルクは普通のミルクですか?」と聞いていたが最近はこういうところは無くなったのではと油断をしていた。だからふつーの「喫茶店」ではコーヒーを呑まなくちゃリスキーなのだよな。
[PR]

by violatsubone | 2010-11-18 22:35 | つぶやき

婆ニャカウダを作る

c0102375_224591.jpg
野菜が食べたくなり、東急のイマイチな野菜でがまんしつつ、+でアンチョビペーストを買って、ばあにゃかうだを作ってみる。アンチョビとニンニクとオリーブオイル、ちょっと牛乳。それなりに美味しかったが、一旦ソースを更に写すと直ぐ冷める。やっぱり熱々のソースにつけないとな。バーニャカウダ用ソース鍋、買おうかなと真剣に思った
[PR]

by violatsubone | 2010-11-16 22:19 | つぶやき

ポインセチア・ショック

c0102375_3271135.jpg
かぼちゃのパーティが終わったと同時にクリスマスモードに一新。花やには赤やピンクのポインセチアが並ぶ様になった。ポインセチアなら昨年買ったものが、まだ元気に・・・

しかし我がポインセチアは今だに緑だ。何でだろう。ほっとけば赤くなるのでは?

それが間違いだった。調べてみたらポインセチアは明るい室内において置いちゃ赤くならんのだそうだ。夜はダンボールの上に黒ビニールなどかぶせて、漆黒の状態を作り、朝は日にあてるというメンドクサイことを9月くらいから毎日続けて11月くらいに赤くなるんだと。
c0102375_3273224.jpg
なんてことだ。我が家は深夜までこうこうと明かりがついている。これじゃいつまでたってもなんだか判らない葉っぱを育てているようなものだ。というわけで急いでダンボールをかぶせたらダンボールが狭くて枝が一つ落ちた。3日くらい繰り返したら漸く薄く黄色みがかったようだが・・。

赤くなるのは来年だろうな。ううう。
[PR]

by violatsubone | 2010-11-08 23:20 | つぶやき

桜が紅葉する件


c0102375_123859.jpg桜って、花が咲い葉が生えて後は枯れ木かと思った!という情緒の無い人のために。
落葉樹である桜は紅葉する。昨年同時期も書いたかもしれないけど、楓や銀杏ほど鮮やかではなくやや沈んだ色をしているが、沈んだ緑色の目黒川とコンクリートのビルの間にはとても良く似合う紅葉なのだ。この季節、だから私はわざわざ観光客でごったがえした紅葉の名所とかに行こうとは想わない。実は、花より紅葉の桜が好きだったりする。この季節になると、我ブラームスの小路はそれらしくなるのである。で、びっくりした奴もいるが、やや運動も兼ね紅葉の目黒川沿いを中目黒や恵比寿の方まで散歩するというのがこの季節の楽しみだ。
[PR]

by violatsubone | 2010-11-07 01:21 | つぶやき

これぞ重複語

c0102375_271480.jpg
初めて人間ドックつうものを受けてみた。単なる興味本位である。別に健康診断で何か見つかったわけでもないんだけど、「皆がすなる胸挟み、小胸のツボネもしてみんと」ということでしょうか?あとは人間ドックって、ねころがってりゃ色々観てくれるものかと思い込んでいた。CTみたいなんで全部ばちっと。キング・オブ・バブルと密かに呼んでいる会社の先輩が地元横浜で受けた時に2日間コースでゴージャスなホテルで一泊してという話を聞いていたのだ。そんな優雅なものなのかと勘違いしていた。しかしCTはオプションで凄く高くて(取り入れているところも少ない)、今は2日間コースなんて会社の補助外。あの男は幾ら払って受けたんだ?!。蓋を開けたら普通の健康診断+婦人科みたいなもんだった。これが終わったらこれ、と検査着来てあちこち移動。
会社は指定の施設で受けるドックに対して補助金がでるのだが、都内でも沢山あってどこがいいやらわからん。そこで一番人気の聖路加にしてみた。目の前に座っていた後輩が「いいスヨ」というので。ネットで申し込んで、社名を言って。そうしたら電話がかかってきて「同姓同名のカルテがあるんですがかかったことありますか?」いや、あたし大病してないし、無いよ。「x0年ほど前ですが」ひょっとしてここで生まれたんだっけな?。それってカルテなの?。親には面倒だから確認していない。私そういえば何処で生まれたんだっけ?。
c0102375_2872.jpg
築地降りたら、そこに通りがあった。幅利かせてるなあこの病院。しかしこの看板。ローマ字表記格なら英語表記にすりゃいいのに。SEIROKA DORI Str. 重複後だし。St. Luke's Str.じゃなんでいかんのだろうか。ルカ、RじゃなくてLだし。病院本体ではなくて、聳え立つSEIROKAタワーなるところに、人間ドック専門科みたいなのがあった。金あるなーすげービルだ。受付の姉ちゃんはバブル期のスッチーみたいな雰囲気だった。CAじゃなくて、スッチー。もっと面白い検査が色々あるのかと思ったらそうでもなかった。でも胸挟みは中々面白かった。担当女医がE角MK子のように颯爽とした美人で、カメラマンの様にヒトの(挟み具合の)角度とかいろいろ調整している。自分の姿はこれ以上無いくらいみっとも無いものだが、美人女医に見とれているうちに終わった。思ったよりふつーだなあ。これだったら毎年の健康診断にあと2つ3つ検査を外でうけりゃいいはなしか。ま、別に親より先に死ななきゃ、どうだっていいんだけどさ。
[PR]

by violatsubone | 2010-11-05 10:00 | つぶやき

私が定年になっても・・

c0102375_310941.jpg
(M高千里を思い出してくれると嬉しい)
少し前から髪を伸ばしている。暑い時は夜会巻きもどきも出来て襟足が涼しかったから、あと新しい美容院に、「眼鏡でスーツで髪型ボブだと、取り付くしまもないキャリアウーマンみたいで恐い」ということだったのでフリフリとパーマをかけてみた。フリフリの髪にしても恐いツボネであることには変わりないのだが。しかし伸ばしっぱなしで些か悪鬼かアルゲリxチの様になってきたので、これはいかんと飛び込んだ。すこし髪を整理してもらった。そのときに私とべっちの11月の朝美容院の予約をした。担当の美容師さんは2,3歳上かなと思ったら50歳位とのこと。元気で全然そうは見えない。たしか旦那はアメリカ人で同業者。
「同い年の友人が結婚すんですよ。それで式あげるってので、髪をお願いしようかと」
「あらいいじゃないの。おめでとうございます。何か多いですね」
「あたしと同い年が式まで挙げて華々しくやるんですからねえ。。相手は10歳下なんですよ」
「素敵じゃない。最高よ。私は2回も結婚しちゃってるけど、今の相手は8歳下よ」
こないだちょっと見せていただいた写真はとてもそうは見えない。まあそうでなくても若く見られる日本人、しかも彼女は一層若いし。
「年下はいいわよ。何がいいってね。あなた、今から年上となんて結婚して御覧なさいよ」
「結婚即介護ですわな。」
「それもそうだけど、相手は先に定年になっちゃうのよ。相手が定年になって悠々自適で家にいるのに自分が働いてるってしゃくじゃない!。」
「うーむ、それは腹立たしいですね。いいこと一つも無いですね」
「そこいくとさ、年下は私が定年になっても、まだ相手は働いているのよ!それって素敵だと思わない?やっぱり自分が先にゆっくりしたいわよ。」
「はあ・・・。」
定年まで働くことを基本としたワーキングウーマンらしい発言を普通に言う。先に定年になったほうが勝ち、新鮮だねえ。特に彼女の年齢の女性がそういう意見をはくことって珍しい。
美容院の後は目黒駅に行く途中のうどん屋で名物カレーうどんを食べるのが平日コース。この日も急激に冷えた為、うどんも一層美味しく感じた。カレーうどんは、普通と辛めの2種類ある。後者しか食べた事無いのでいつか普通を頼もうと思って忘れてしまう。この後、白金駅徒歩3分の位置にある美容院から、私は自宅まで歩くのだ。だからいいのだ、と温玉のせを頼んだ。
[PR]

by violatsubone | 2010-10-27 20:30 | つぶやき

ウェデングブーケ作りその2

c0102375_3273720.jpg
この日は初めて「正式な」ワンデーレッスン。最初形はオーバル型かミニキャスケードかなと思ったので、苦手なキャスケードの練習を最初に。先の部分と中心の部分のドッキングが上手くいかないのだよねえ。。
隣の人もお友達にだった。でも彼女は別のお花学校に通っており、そこでは余りブーケを教えないので個々にきているそうだ。普通、ワイヤリングブーケは時間かかるので余りやらないんだよね。アレンジ専門の学校は多いもん。私が2回目に行ったお花の教室もそうだったな。
先端部分はこんな感じで少し花と葉っぱをずらしてテープで止めていく。私白とピンクって正直好きじゃないのですが、今回は形の練習だからしかたない。隣の方は、シックな色合いで作っていた。
c0102375_333921.jpg
ウエディングブーケをそうしたいとの希望なんだそうだ。私は11月はとりあえず純白だからなあ。何が純白だよ、ってつっこみはいれたくもなるけど(笑)。
しかし後日、こういう尻尾が長いのじゃなくて、キュッと収まったものにしたいという依頼主からの要望があった。なんだ折角練習したのに(笑)(でも内心ホッとしている)誰かキャスケードブーケ、作って欲しい人はいるか?
[PR]

by violatsubone | 2010-10-23 13:00 | つぶやき

ゆるきゃらと鰻

c0102375_2421028.jpg
ほの国にまた出向く。駅の珍妙なゆるキャラを紹介しよう。とよっきー。。。。
同市の制作企画課HPはこちら。お堅いページでお堅い文面でこういうしょうもないものを宣伝しているギャップが面白いことは面白い。要綱なんてものもあるのだな。マスコット「とよっきー」(以下マスコットと呼ぶ)(笑)
本名の「吉田」つうのは地名らしいが、ほの国吉田、の何処がファーストネームになるのだろう。
ゆるくも可愛くも無いが、土地やら企業やら団体やらがこぞってキャラクターを作りたがる、まあ漫画やアニメ大国日本らしいけど、ちょっとこいつは欧米風だなあ。可愛く無さが。でさ、キャラクターって動物を簡易にデザインしたものがメインじゃないですか。そうすると、題材にされる動物の種類も決まってくるし、デフォルメのされ方も普通人間が「可愛い」と思うイメージって同じ方向だから、やっぱり似てくるよねえ・・。とある世界的キャラの訴訟でちょっと思ったり。
c0102375_2503150.jpg
新幹線の本数が少ないので、早めに着いてしまった。昼ごはんということで鰻を食った。調べてないから駅前。ソコソコに美味しかったけど、案外高かったし、鰻の量も多くなかった。やはり駅前という便利なところは観光客?!向けなのかなあ。かなりくたびれた食堂風だったんだが・・。
タクシーの運転手にお薦め鰻屋を聞いたらやはり駅から遠かった。仕事で来て、そんなところまでいくわけにはいかないか。家の近くの鰻やが、イオンのマイバスケットなどに取って代わられて不愉快な思いをしていたのでリベンジしたかったんだがな
[PR]

by violatsubone | 2010-10-22 15:33 | つぶやき