メタボ診断

c0102375_11113181.jpg
月曜日に健康診断入れるってのが間違いなんだが、Cオケは毎回飲むわけでもないので、まあいいかと。多少、時間制限破ったがまあたいしたことはあるまい。
嬉しい○の内。牛が飾ってあったりする。

健康診断に紙を出すと、パコンと「成人病検診」のはんこを押される。横にいた女性には押されないので年齢差がばれる。着替えの部屋でも、「成人病検診の人はストッキング脱いでください」と書いてあるのでストッキングを脱ぐか履いたままかで年齢がばれる。

一応、だるくなりましたー疲れやすくなりましたーくらいの記述はしておく。あとは蕁麻疹か。
例によって医学が進んだんだからもうちょっとなんとかならんのかの胃カメラ。バリウムの味は嫌いじゃないが、台の上でひっくり返されたりそっくり返されたり、うざったい。人が立っていてその周りを機械が回るようには出来ないのか。

内診。彼の仕事は測定だ。メジャーを持ってきて人のウエストやや下の位置を測り、「60xセンチ、ぜーンゼンメタボ問題ないですね」。満足げな笑み。あってたまるか。多少体重が増え、下腹は出てきたとはいえ、服のサイズは7号だぞ。逆にもう少し胸がメタボになってほしいくらいだ。メジャーで判断するのだったらあたしでもその辺の小学生でもできるじゃないか。
会社の検診って・・。
[PR]

by violatsubone | 2008-09-29 10:00 | つぶやき