イタニク

節約と思ってみても、中々出来るもんではありませんね。
行きは電車ですが、帰りにはタクシーでした(+_+)

本日はぐっぴとイタリアン。数年ぶりのイル・ボッカローネ。いや10年ぶりくらいかも?。
新しくお洒落なイタリアンが雨後の竹の子の如くオープンする恵比寿エリアにて、まだ頑張っている老舗ですな。素朴な北部イタリア料理。洗練とは程遠いですが、気軽なイタリアンの味を再現といったところでしょうか。でも値段は高めです。c0102375_259111.jpg
昔と変わらないお勧めのパルメザンチーズリゾット。チーズの中にリゾットを入れて、かき回してチーズを絡めていただくもの。こってりしているが、量も少ないし、チーズも塩気が効いて美味しい一品でございます。
北部イタリアンのメインであればニクだろう、と肉好きの私は思い、先日北海道のイタリアンで豚食べたから、と今度は牛にしてみよ。骨付き肉の炭火焼が美味しそうだ。2人だから200Gねん、とイタリア人?のウェイターにオーダーしたら、「これは400gからです」「うーんそりゃ多いか」「NO--NO--多いこと無いね。リゾット60gしかないよ。充分食べられる量だ」
そーかなーと思って頼んでしまったのがこれだ。
「この火、意味ないんで別に」
冷めた日本人ウェイターのコメントが面白い。
c0102375_3143637.jpg
炭火焼きは脂っぽさが無く、塩気が効いてさっぱりしている。ステーキより進む。しかしだからといってチーズのリゾットの後1人200gは結構キタ。しかも21時からのスタート。(空いていなかったのよ)
もう終わって変えて寝るだけだ。200gの肉を胃袋に抱えたまま。
恐ろしい事だ。
《店内が暗くてあまり撮れませんでした・・何がなんだかわかりませんね。(+o+))
[PR]

by violatsubone | 2008-09-17 21:00 | 食べもん