はねかめ亀戸

c0102375_262395.jpgFおけの最終練習だというのに、昨日携帯メールで会社関係の通夜に行く事に。亀戸だそうだ。ならば練習場所から近い。練習場所に着替えられそうなところも無いので仕方なく喪服で練習出席だ。やれやれ。
駅に降りてさてどちらかなと見たら、声を掛ける人が。だれかな、と思いきや、来週の受付を手伝ってくれるG大学1年下のM入さん。ここにお住いだそうで!。
「亀戸なんとかホールっていって」と場所の地図を指差すと
「駅から右にシャビーな公園があり、亀が三匹ある銅像があるの。その傍よ」
雨の中とぼとぼ歩くと確かにちっちゃな公園というより広場があり・・・親亀の上に小亀が・
しかも小さな羽がついている。なんだこれは。ガメラか。ガメラはしかし羽など付かず、ジェット噴射だったっけな。あれはどういう原理で飛んでたっけ。
カメハメハ・・もとい「はねかめ」というのがこの像の題名だそうだ。これは何か曰く付の亀なのだろうか。

当然大人の乗り物にて練習場@清澄白河へ。GPは本当に通しだけで、既に2曲目の「イタリア」も終わっていた。ショック。亀のことなんて考えている間に。
諸連絡をしている最中だったので喪服のままで受付に関連する連絡をする。

帰りの宴会はちょっと早めに失礼させていただいた。家ですることがあるのが一点、そしてユーロの決勝戦を観たいから早く寝ようと思ったのが2点目でした。
[PR]

by violatsubone | 2008-06-29 18:30 | おけすとら