ミサ曲と不倫オペラ

c0102375_1533216.jpg
両極端な音楽の梯子です。まずはFおけ新入団員のKMTさん始め何人か知り合いも参加している、ショスタコーヴィチのオペラ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」@サンパール荒川。都電荒川駅から・・とのこと。いやあ都電なんて大学以来だわ。絶対通用しないと小銭を握り締めてのったらちゃんとPASMOが使えた(>_<)。都バスが使えるんだから当たり前かしら。このあたりって本当に来ないのよね・・。
東京歌劇団&東京歌劇団管弦楽団って?なにかしら。プロなのかしらと一瞬思いましたが少なくともオケの方はDSB出身者が多いアマオケとのこと。でもキャストは全員二期会のプロ。4日5日と二回、総入れ替えのダブルキャストで行われました。ロシア語上演です。人の名前とスパシーバしかわかりゃしません。でもちゃんと和訳でますから筋追うのは不便しません。オペラの筋なんて大体がしょうもない恋愛ドタバタなのですが、このオペラはさながら土曜ワイド劇場、或いはAVビデオ?。精一杯高尚に言えば、ブラックなチャタレイ夫人(笑)。オペラ好きでもショスタコに傾倒しているわけでも無いのですが、この黒いストーリーにかなり魅かれましての観劇でございます。ショスタコの音楽も最近聴き始めたので、良い機会ですし。
筋:旦那に夜の相手をしてもらない豪商の若妻カテリーナ、そこに雇われた女垂らしの使用人セルゲイ。旦那が留守の最中にこの使用人が「おくさあああん」と忍び込み、関係を持つ。性的満足=愛と思いこみ、すっかり男のとりこになったカテリーナは、関係がばれたうるさい舅と夫を殺す。しかし死体が発見されシベリア送り。もともと肉体と金目当ての関係のつもりだったセルゲイはすっかり心変わり、囚人の癖に別の女囚に夢中。その女にからかわれたカテリーナは女を殺して、最後は自分も絶望して死ぬ・・。うう 短くまとめると本当にしょうもないぞ。
このオペラの衝撃は、性的なことをかなりストレートに表現したり、(1幕がいきなり欲求不満の奥様のアリアじゃ。)寝室のシーンはセルゲイが嫌がるカテリーナを強○→でも欲求が満たされちゃってセルゲイのとりこになるシーンの音楽、セッ○スシーンを音楽で表現という大胆な試みでございます。ポスターには肌色のボディスーツでも着ているのか全裸に見える男女の写真があるが、舞台ではさすがにドレス姿のままでした。セルゲイは上半身脱いだけど。そのあたりは大人しいのでしょう。(4日はオペラ歌手にしてはいい体してた。5日の人は少し太めッぽいが同じく脱いだのかなあ・・)で、エクスタシーーなところで音楽は大盛り上がり。判りやすくて笑える。
時の独裁者スターリンの前で恭しく上映されたら「なんだこりゃ」と怒りを買って失脚したというが、いや別に社会主義云々別にしたって、これみたらお堅い人はびっくりするわな・・。
ショスタコはロシアの女性を描きたかったらしいし、背景は社会批判とのこと。でもねえ。やっぱりスターリンびっくりするでしょ(笑)。
c0102375_3263742.jpg
音楽は普通のオペラに比べて通俗的で、冷笑的な、パロディ含めちょっと滑稽な感じで、そのあたりがこの作曲家の人気なのかな。知らないオペラでもドラマみている感じで全然飽きない。
オケもブラボーです。バンダも入れて、盛り上がるところは過激に盛り上がり、やっぱりDSBチックです。弦だけのところは、多少音程が不安定なところや、場所柄音が響きにくくて生音になってしまったところがありますが、それにしても破綻なく、とても良かったと思います。おけぴって歌手は見えないし、穴倉で音も篭りそうだし、やりにくいだろうなあ・・。
相変わらず、演奏するのが楽しい!という愛と気合が伝わってきております。いいですよね♪。
ポスターの写真が割りとでまわってますが、500円のパンフレット、表紙のエゴン・シーレが中々に刺激的です。しかしパンフの中に東京歌劇団合唱団と管弦楽団の紹介が全然ないよ。

「マクベス夫人」とか悪女という表現をつかってますが、カテリーナは悪女じゃあなくてただの痛い女性です。悪女っつうのはだな、直接手を下さず、男に殺させないとね。本家マクベス夫人のようにそそのかすとか。カルメンとかね。一途なお嬢様は怖いですね。

c0102375_3404655.jpg
さて、3時間近くオペラを満喫した後だったので、ぶっちぎろうかとも思ったが、折角なのでその次は神の音楽を聴きに行く事にした。これで浄化されるかしらん♪。
LFJ。丸の内に戻りました。シューベルトのミサ曲第5番を聴きました。。
スラリと背の高い人が多い、ヴュテンブルグ室内管弦楽団。オペラ歌手が日本人だったので、まず体格が違うなあと・・。ソプラノ歌手の太ももの付け根が見えるのではというスリットはかなり大胆だった、と思うのは先ほどのオペラの影響で眼がスケベオヤヂになってしまったからかしら。澄んだ演奏でとてもリラックスしました。細かいことは覚えてないけど(笑)
やっぱり神の音楽って後で感想書きにくいわね。私にはドロドロ不倫ドラマの方があってるのかな。
[PR]

by violatsubone | 2008-05-04 13:00 | 音楽鑑賞