100年の痒み

去年の夏 合宿で虻に刺された。 
それが未だに治らない。

皮膚科にいって、薬塗ったり飲んだり注射したりしているうちに、暫くは良くなるのだが、冬場の乾燥だの、熱い風呂だの、雨だの なんかのきっかけにまた突然痒くなる。

乾いて痕だけだ、とおもうと また盛り上がって痒くなる。無意識に掻いたりするとまた掻きこわしをしたり、周りの皮膚もただれ始める。

4月からまた痒くなりはじめ、焼き鏝でも当てたい気分になったので、皮膚科に「まだなおらんのです」と薬をもらいに行く。また皮膚に薬を電気で浸透させるようなちりょうをして、アレジオンももらい、デルモベート軟膏ももらった。

これって治るのかねえ。一生痒いのかなあ。嫌だなあ
[PR]

by violatsubone | 2008-04-23 15:00 | つぶやき