プラチナの豚

c0102375_6184149.jpg
本日は映画の日。平日映画久しぶり(T_T)。
ぐっぴとお約束のコース、六本木丘’sの映画館ですが、ミッドタウンに用事ありとのことなのでこちらで夕食を食べる事に。金曜日予約も無に大丈夫かなと思いつつも出掛けにレストランチェックをし、候補店を2店舗ばかり彼女に送る。到着した時点で携帯のバッテリー切れ。ああ待ち合わせ時に携帯が切れると世の中から遮断された気分になる。切れる寸前に「テラスの2階のヴィノ・・」まで言ったところで事切れた。ダイイングメッセージの様だ(-_-)。これで出合え無ければ映画まで食べられないかなと思っていたら、ちゃっと来ていた。良かった。というわけで携帯一時死亡中なのでこの写真はぐっぴにとってもらいました。

VINOTECAというお店です。その名の通りワインが売りなレストラン。映画の前ですからそんなには飲めないですがこの種の店はグラスも充実しているに違いないというわけで。スネークカウンターという波打った形のカウンター席。ミッドタウンのレストランは○ビルや新○、ヒルズと比べてもインテリアセンスが良いですね。デザイナーは誰なんだろう。
グラスワインは6種類くらいあり、知っているイタリアワインが無かったので適当に味の具合と価格によりセレクトした。これはテイスティング用か?というくらいしか注いでくれないのが不満ではあったが、適度に円熟したまろやかさと渋みが丁度良く、美味しいワインだった。2杯目の「カカオの香りがする」と御託に書いてあったものはより甘い香りがし、その割りに味に苦味も利き、酸味もコクもあった。特に通ではないが、流石に売りにするだけある。
c0102375_645259.jpg
時間も無いのでさっさと選ぶ。前菜とサラダ、パスタとメイン。これらを1品ずつシェアしていたらもう少し食べられそうだとピザまで頼む。お陰で目的だったドルチェはおあずけ。
写真はメインでぃっしゅ。プラチナポークと書いてある、所謂ブランド豚だ。
プラチナポーク?白金豚。ひょっとして白金で飼育されている豚か。
生意気にもシロガネーゼか。

調べてみたら岩手県だった。命名の由来は宮沢賢治とか。しろがねぶた、じゃなくて「はっきんとん」と読むらしい。

ジューシーで美味しかった。
こういう高級なたたずまいの店で出るものはやはり味の品が良い。
誘える人は限られるかもしれないが、たまにはこういう価格なりの美味しさを出せる店で食べたいものだ。また、このあたりは単価が高いのである程度の年齢、お金が無いとおいそれとはこられない。それゆえの落ち着いた雰囲気が、良い。

この後の映画の内容が内容なので、始まる前に食べておいてよかったと思うのでありました。
[PR]

by violatsubone | 2008-02-22 20:00 | 食べもん