辛いもの会

c0102375_752013.jpg
取引先の本部長主催の辛いものテーマな会ということで、何故か私費(まあ接待費ではおとせんわな)で。ったって仕事じゃないと行かないけどねえこんな面子では。
本日は一度行った銀座の「小はれ日より」なる薬膳料理と四川を中心とする中華料理店。
旧暦新年会ということです。そうそう今週は大陸方面軒並み休みだったしな。
先週あたりから韓国とやりとりしていて、突然の癖にわがままでヘキエキしているのだ。

さて、こちらの店、メニューがなくてお任せコース。激辛2品ありますといわれたが、実はそれほどでもなかった。とても上品で美味しかったが、薬膳の独特の風味がちょっと飽きてきて、私は中華は高級なものより、もっと野蛮なほうがいいなあと思うのでありました。
ワインのんだこともあり、一人9000円。外資系の人たちで、皆さんワタクシより高給なんで平然と払いましたけど、あたしゃ取引先と私費で9000円ってちょっとなあと不機嫌なのでありました。
坦々麺と麻婆豆腐(ピータン入り)は絶品。但し辛いです。
[PR]

by violatsubone | 2008-02-13 19:05 | 食べもん