小樽運河は目○川以下 北海道旅行3日目の2

c0102375_2575942.jpg
だとおれんじ女史は吼えておりました。運河ってもともとそんなええもんじゃないだろうに。
彼女の最大のがっかりはこの小樽運河なのださうです。

というわけで、札幌からちんたらと小樽に向かいました。

私の予定では、2回目であるここの観光はすっ飛ばして寿司食って温泉、だったのですが、温泉賛同者が以外に少なく、幹事が温泉とぶつぶつ言っていたので当てにして一緒に行動していたら呑気にぶらついているうちに時間切れ。あうう、単独行動してやればよかったかなんて思ったりもしましたが、まあ、余り和を乱さんでおくかと。
ここでの後悔。
「寿司屋を真面目に調べておくべきだった」
「他人を当てにせず、意思的に動くべきであった」
c0102375_38512.jpg
本来は小さい寿司屋に数人で分かれて入るなんていう考えもあったのですが、どうも大人数で移動。(この人たちは誰も何も調べていない派)一度に入れるところがいいかな、なんて適当に当たったら、空いていた・・・だけあって、いまいちだった。先日恵比寿でくった寿司の方がましだ。ハシゴした方もいるそうだが、ハシゴするほど寿司好きでもないし、腹に余裕も無い。お腹一杯だと特に刺身類は美味しいと感じられないので、辞めて置いた。その代わりジャンボシュークリーム食べた。もう少しカスタードクリームがとろける風ですと嬉しいですが、美味しかったっす。
c0102375_39642.jpg
先に小樽市場みたいなところに寄ったのだが、この市場に我々が足を踏み入れた途端、居並ぶ店のおばさんおぢさんが「鴨が大勢来た」とばかり目を爛々と輝かせているのが可笑しかった。昨日かにたくさん食べたから余り葱しょってないんだよね私ら。ということで写真でも、全然やる気無さそうに蟹を見つめている紫ウエアのとびうめさんに代表される様に、イマイチ食いつきの悪いカモでした。悪かったわね市場の人たち。我が家は両親が一月以上オーストラリア旅行で留守だし、私一人のために蟹は買わない。石川某ではあるまいし、一人で蟹と戯れる気は無い。

c0102375_317349.jpg
小樽の町はこんなにのどかで平和だというのに東京は雪だという。ヘンだな。私はここにいるのに。で、どうやら飛行機が飛ばないかも、機材がないかも、という話もあり。場数は踏んでいる為、その種のトラブルでは動じないので、どっかから電車で帰るのもいいなあ。でも飛行機飛ばないのはForce majorだから半休くらいは許されるだろうなあ。程度。だがまあ15人もいるから少しは調べておくかな。。Air DOだと飛ばないとかなんだとか。Air DOって飛行場で見て、なんつうヘンな名前だと思った。まるで身元不明死体みたいじゃないか。そんな名前だから雪に弱い機体なんじゃないのか。
ぶつぶつ言いながらのんびり散策。

結局帰りは1時間遅れとはいえ、(そんなのはトラブルに入らない) 無事飛んだ。もっといろんなトラブルあったら交渉役として出番もあったのだが、なんか平和だった。

皆様お疲れ様でした。幹事さんご苦労様。
c0102375_330593.jpg
おまけ画像。2日目 スキーしなかった人たちはスキー場より寒い旭川にある旭山動物園にわざわざいったそうで。ペンギンと白ふくろうです。キュート。丸くて小さくてよちよちふわふわしているものって、遺伝子的に可愛いと思うんでしょうね。
ゆんさまから頂きました。


c0102375_3321014.jpg
[PR]

by violatsubone | 2008-02-03 23:29 | 旅行&出張