私的紅白歌合戦(F忘年会3次会)

会社では最終日、今年もお世話になり云々の定番セリフを何十回も繰り返す日だ。昼から来年よりメイン担当になる子会社(夜勤会社とは別)にご挨拶。今時半ドンであるこの会社の納会に参加するためだが、到着したらもう飲みまくってる。ええい午前中ちゃんと仕事したのか君たちは。ビール程度に納め、サンドイッチとピザつまんで帰る。夜は本社で納会。大広間におやぢ中心に数百人集合。本部長など偉い人の笑えないくだらないジョークに絶妙のタイミングで笑いが起きる。サラリーマンって素晴らしいわ。あたしはどうもこのあたりの呼吸が駄目なのよね。適当に挨拶をして、19時頃職場に戻り残務整理。今日で斜め前に座る私の良き仕事仲間、ブラックジョークをさり気に受け止めるので話がしやすかったH氏が新会社出向(夜勤会社です)のためちょっと元気ないのでした。その前の年はやはりコーチとも言うべき上司が海外赴任して、かなり不安だったのだけど。うーん来年は誰に仕事の相談したらいいものやら。(商社って男性社会だからね)。仕事しながらも色々と暗い気分になってしまって、このまま帰ろうかと思いましたが、ちょっと思い直して、癒し系のべっちにメール、本日はFおけの公式忘年会だったのでした。1次会はVnHjさんの幹事で、高級肉でした。これは当初から間に合わないので出席するつもりはなかったのでした。でも、確か去年は最後カラオケで・・・。22時半で未だ参加OKそうだったので図々しくもお邪魔する。
c0102375_14312051.jpg
はい。私本人はカラオケ苦手です。滅多に歌いません。弊社の社員は若手を中心に皆偉い上手なんで余計勝手に歌わせている。桶って普通カラオケあまり行かないですよね。でもF桶にはなかなかの歌い手がそろっているわけです。年末のカラオケでカレの歌を初めて聴き、今までに無い体験に驚愕。これをもう一度聴かないと年が越せない!!。参加時間が22時半を過ぎてましたが、最初からの目的がカレの歌でありましたから関係ありません。そのカレが席を立って帰ろうとしたのでかなり必死に止めました。


c0102375_14313126.jpg
Hr F君のファルセット。女性と思わせる高音の澄んだ声、松田聖子なんぞを歌っております。これも素晴らしい。弊社には無い芸風です。で、無表情にページをめくっていたカレがスックと立ち上がりました。(なぜか立ち上がるのであります)そして・・
「奥飛騨慕情」
昭和の心、日本の心、歌うは勿論 Fおけの誇る演歌歌手 Hrのきうい氏です。

「リンゴの唄」は新境地にチャンジです。「女性の心になってみました」とちょっとかわいい振り付けも入れています。いやあ、いつもながら、あの女性的な顔とドスの効いたこぶしのギャップが秀逸。ああ、すっきり!これで年が越せます。

年はまだ越しませんが夜は越してしまいました。誰もいない有楽町駅。ちゃんと電車にのり、
自宅の郵便受けで朝刊をとりました。
[PR]

by violatsubone | 2007-12-28 22:30 | おけすとら