所謂一つのクリスマスパーティー

c0102375_2138096.jpg
本日は昨日の練習場がパーティー会場に変わります。楽器付「クリパ」(という言い方をバブル期はしていた。)食べ物が持ち寄りとのことなので、片手で充分なレパートリーから、ローストビーフでも作るかと。アーヴィングではないけれどローストビーフってほんと男の料理だよな。
5時就寝8時起床でとりあえずにんにくだけ摩り下ろして肉に塗ったくり、塩コショウして、
一安心。少し寝かせなくてはいけないので、肉と一緒に私も2度寝。2時間後。後焼くのは時間かからないから、と、出かける用意しながら焼いていたら、焼きすぎた。。。なんか焼き豚みたいになっちまった。


c0102375_21383639.jpg
この日も20人近く集まったのでしょうか。イブだってのに。夫婦も妻帯者も妻子持ちも参加です。別に参加してるからってステディがいないってわけじゃないわけよ。ね。
ご近所べっちとあいのりして到着、玄関にレストランの様な飾りつけ。素敵ですね。下の写真は豪華な持ち寄りの食事。やるときゃやるのです。男子諸君。ウェルダンになってしまったトマトで飾りつけしてるのがお局ローストビーフです。手前テーブルはりえびさんの焼き豚、Sネエさんのチキン、奥はKちゃんのポテトサラダ、Eちゃんの北京ダック風手巻きサラダ、そしてべっちの「戸越揚げ」(E子ナイスボケ)でございます。他にもANAちゃんの中華サラダ、MAIちゃんのロールサンドイッチ、インペクのブラウニー等・・。そして裏ではぐっぴ家のたこ焼きマシンが大活躍しています。OTKさん持参+ぐっぴ家提供の果物も華やかに。


c0102375_21392125.jpg
この日の為にやりたい曲を持ってくる人もいるし(余裕あっていいなあ)、とりあえず楽譜だけ持ってきて初見でばんばん弾きましょうというイベント。一応モツアルトのカルテット(ハイドンセットの名前ついてる3つ)はモツアルト無料ページからスコアDLしたんですけど、見ることもなく。
カルテットって殆どやったことが無い。加えて実は上がり症。演奏会の本番も客を意識すると弾けないのだ。いわんや知り合いだらけのところで弾くなんて。慣れている人には信じられないだろうけどものすごい緊張してしまうわけです。緊張すると、頭白くなって数えることが出来なくなります。ぐっぴがどんどん弾いていく中、(彼女は上手いからオファーも沢山あるわけで。)最初から苦手な初見+練習番号無しの曲で「現代曲?」「本当は綺麗な曲のはず」と散々で恥をかいてから落ち込んで食べる専門に。上手い人が沢山いるので、なかなか自分からこれやりたいと言い出せず、でも自分でいわないと私にオファーなんてこないしなあ、と積極的な人たちが羨ましく思うのでした。遊ぶには技術が必要なので、室内楽組んでいただけるよう練習しなくてはですね。


c0102375_2140452.jpg
管楽器で楽器付は今回2名でした。もう少し管楽器がいるとバリエーションも広がるのですが。クラリネットとかフルートとかね。
いろんな曲が出ましたが面白かったのはやはりANAちゃん持参の「ハッピーバースデーバリエーション」です。ハッピーバースデーのメロディーをブラムス風、ハイドン風 ドヴォルザーク風と色々なアレンジをしており、それがいちいちとても作曲家の個性をあらわしていて編曲者お見事!なのでした。調べたらカルテットのレパートリーとして結構人気あるみたいですね。私も今度弾いてみたいです。あと「太陽にほえろ」の出だしバヨリン高音が受けまくりました。〆?のブラムスゼクステットは素敵でしたね。以前のオケで一度チャレンジしてやっぱり全然弾けなかったのでいつか(観客いないところで)リベンジしたいです。

以前のおけでもアンサンブル大会ってあって、インペク立場上主催したこともありましたが、エントリーが多くてタイムマネジメントに苦労した記憶あります。こういう時間を気にしないで遊べる場所があるのは貴重です。代官山練習場のある幸せ、でございますね。
[PR]

by violatsubone | 2007-12-24 13:00 | おけすとら