帰宅時間一定の法則 M口先生 TUTTI

c0102375_427887.jpg即ち、休日だと思わずに起きればいいわけなんですがね。

本日は祝日。勤労感謝の日でありまする。で、Fおけの練習がございます。
朝10時集合です。ありえません。
私にとってありがたいことに、場所は等々○、自宅より30分以内であるということです。
9時に起きて間に合いました。(お前女だろう、もう少し余裕もてないのか、という声が聞こえますが平日も同様です。)
場所はいいのですが練習場が狭くて音が響かず、自分の席から外まで行くのが大変です。

今日は、先々週M川先生で復習した(はずの)マラ2,3楽章。落ちなかった、で喜んでいた超低レベルの私、やっぱり落ちないだけではダメですわ(爆)考えてみれば、いえ、見ないふりをしていたのですがもう本番まで2ヶ月切っている、こんんな難しい曲だというのに、こんんんなに短いなんて。しかも今日の練習が一番長いのです。合宿も長い練習ももう無いのです。
ボーイング(弓の上下)が日々変更します。結局どんどん最初の書き込みが消され、マーラーボーイングに。これが自然の流れに逆らったひねくれた奴で、確かにこの精神不安定な音楽を形成するには、神経を逆なでするボーイングの方がふさわしいのですが。。ダウンの連続とか、アップの重音とか直ぐに対処できまへん。つかまって大恥をかきました。(>_<)(>_<)
今日をスタートに、といわれました。とりあえずは後退しないようにしなくちゃ・・。

レプレではバイオリンがせわしなく動いている箇所、他弦楽器に「君達はこんなの無くてよかったねえ」とおっしゃったので、一番前の席で思い切り嬉しそうにうなづいたら、後で「そんなに喜ばんでも・・」と指摘されました。だって、マーラーでもうお腹一杯なのに、なんだってのよこの音符の多い曲は!。ロマン派の始まり、ブラムス君がもっとも嫌ったこの大仰なメロディー、とおっしゃるのが面白い。リスト、ワグナ、マーラーの路線、確かに正しい前プロかもしれんが・・。
当時は華麗であったこの曲を弾いてると、なんつうか昔の薔薇を背負った人が沢山でてくる少女マンガを想起させるのでした。今となっては大げさで恥ずかしい、華麗な世界ということで。
(今逆に池田○代子の下手なパクリの様な絵が流行してるけどね)
c0102375_4273683.jpg
夜は中華街に繰り出し、(といっても小一時間かかります)、インペク嬢行きつけの店で豪華にディナーでございます。いつもとちがってちゃんと回るテーブルの中華です。そしてコース料理でし。わーい。なんか出口にこんなポスター貼ってあったので。市長さんの顔を撮って見た。彼は駆け出しの頃、私の住んでいた地区(神奈川2区)から立候補していたので駅前で演説やってたわ。
グルメチェックって殆どしない私、中華街の店ってへーちんろーとまんちんろー (漢字面倒)
しかしらんが、華都飯店という名前だったそうだ。スープが美味しかった。海老もぷりぷりでした。紹興酒に入れる梅干がちょっと甘い奴で、これが癖になりそうです。今度中華の食材やで仕入れてマイ梅干として泰山に持参するかと思ったぐらいだ。
c0102375_4313941.jpg
中華街と元町の地理関係って全くわからんのだが、とても近かった。
このかつてハマトラというブームを巻き起こした瀟洒な町、(あたしらはまだ幼かったのでブームには余り乗っていない) 祝日の21時だというのに静かです。夜にキチンと閉まる正しい町なわけですね。入り口のクリスマスイルミネーションの鳥さんが、まるで不死鳥の様だったのでお月様と一緒にとってみました。少々SF風です。2次会はこのお洒落な町で・・・・「笑笑」 でした。 
10時に集合して、解散は23時過ぎでした。 苦笑。 失笑。
[PR]

by violatsubone | 2007-11-23 10:00 | おけすとら