まぜーるでござーる

ああすいませんおやじぎゃくで。m(__)m
中古で一番安かったということもあり、あまぞんで買ってみた。
ロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団、のマラ9DVD。
とても古そうな画像でございました。1996年とは思えん。演奏もなんか古い感じです。
それはいいんだが、カメラが殆ど上手上方から撮っているらしく、ビオラ全く写らん。
シカトされているかの様に写らん。2楽章のソロで始めてトップが大写しになり、少なくともトップのみは存在を確認できた。ち。 全楽章通じてこいつばかりうつってました。
c0102375_9362521.jpg
ホルン1番。確かにアンディ・ガルシアの若い頃をもっとりりしくしたような濃厚系ハンサムでございます。しょうがないからホルンばかりみていて・・・。何しろコンマスは襟から上が即顔で、顔で楽器はさんでいる風貌だし、チェロトップは北○鮮の工作員的風貌の東洋人で、カメラの奴はどうも東洋人嫌いらしくて殆どトップ写さず2プルだか3プルの兄ちゃんばかり写してる。1楽章の例の場所は指使いまでわかりますが、他は余りうつらない。

コントラバスにも天使的容貌の綺麗な兄ちゃんがいるなあとか、木管族はとても若くて
まるでギムナジウムの生徒風で、前のめりになる吹き方が面白いなあとか・・・

なわけで、面白がって観ていて全然勉強になっとらん私でした。もちょっと真面目に観直してみます(゜o゜)。
[PR]

by violatsubone | 2007-10-31 23:59 | おけすとら