おろしあ旅行4日目 漸く美術館

ロシアの美術館といえばサンクトペテルブルグのエルミタージュが圧倒的ですが、モスクワにもいい美術館があります。プーシキン美術館は印象派~のコレクションは充実しています。片やトレチャコフ美術館はロシア美術を集めております。今回、ペテではエルミタージュ一本に観光場所を絞っているので、モスクワではロシア美術も見ようと。てなわけでまずはクレムリンはさんでモスクワ川対岸のトレチャコフ美術館。
c0102375_3343226.jpg
美術展は撮影禁止です。美術館によって方針違いますね。大概の場所では、「一度は写真を撮れる」即ち注意されてごめんなさいと言えば消せとまでは言われない。ふふ。でもここはどこの部屋にもしつこくNO PHOTO とカメラ×の絵が貼ってあるので撮れません。。仕方なく受付の写真でございます。ロシア美術は全くわからんので、本当に予備知識なしの美術館になります。ちょっと前に上野でロシア美術展ってやっていたと思うけど、行ってないし。
c0102375_3422368.jpg
有名なのはイコンらしいんですが、どーにも15世紀以前の宗教画って、やっぱり信仰心或いはキリスト教文化が肉となっていない私には価値がわからないものです。マリアの顔がみなモディリアニみたいだわーとか。宗教画は構図もある程度決まっているので作家の個性出しにくいしもともと個性なんつうものは求められない時代だったろうしね。
近世ロシア美術で特徴的なのが「移動展派」というグループでしょうか。まあ、反体制派みたいなもんです。絵としては新しいもんじゃないです。社会的な題材が多いですね。なんか眼をはっきり描く画家が多かったです、ともすれば漫画っぽく見えるくらい。画風は古風なんですが、眼力強すぎて漫画っぽい不思議なアンバランスです。でもとても迫力があります。眼って凄いです。ロシアにも印象派の波はあり、何人か画家を輩出しておりますが、このあたりは「誰かの絵に似ている」という感じです。ルノアール風とか、スーラ風点描とか、モネ風とか。女性を描いた絵でいいのはいくつかありました。やっぱり眼力が強いので何か主張があるからかと思います。
「アムラツヴォ派」という世紀末風な絵は、ちょっと大味ですが、それなりの個性があり面白いです。殆ど観光客の行かない新館にはアヴァンギャルド時代、もしくはシャガールやカンディンスキーがあり、こちらの方が面白いです。

プーシキンの肖像画がありました。「これはとても僕にそっくりだ」とご満悦だったそうですが、能天気なおやぢにしか見えません。
c0102375_411375.jpg
橋をわたって次はプーシキン美術館。橋から見たモスクワ川です。噴水が沢山。公園にもいくつかありましたが噴水の多いところです。夏は涼しげでいいですね。

渋滞の橋を抜けて、どうやって道路を渡るんだとぐるぐる回りながら遠回りをして漸くたどりついたプーシキン美術館。なのに「本館は本日クローズです」なんですって。忙しくトラックが絵を運び入れたり運び出したりしております。あーあこれも金曜日か。既に金曜日に田舎→クリンに行くという予定は辞めにしました。ツアー手配してないし、ロシア語わからんし、なんかトイレリスクがありそうだし・・ということで。モスクワも中々効率的に回れません(T_T)。プーシキンの目の前に現代美術館なるものがあり、友人が始めて入ってみたけど結構良かったといっていたので入ってみました。小さな館です。綺麗な壁の色ですね。
c0102375_4181615.jpg
珍しく美術館にBGMがかかっていました。ロシア現代美術なのに何故かフランクの交響曲。それがこの不思議な雰囲気の絵に結構マッチしてました。選んだのかなと思ったらその次のベートーヴェンの「月光」だったんで、ロシア版有線みたいなもんでしょうな。ここでは1枚だけパチリ。いろんなシーンをごっちゃまぜにしたコラージュの様な絵です。キリストの復活ですが良く画面みるとレーニンがいたり、スターリンがいたり、サモトラケのニケ<ルーブルにある顔の無い女神の彫像>がいたり・・  
c0102375_4201363.jpg
勿論体制下では展示禁止の絵ばかりだそうです。他の絵は何故か前面に人の顔、背景に風景画という構図が多いです。そしてまた眼力が強い・・。劇画風です。絵に興味のある人限定かもしれませんがちょと面白い。


c0102375_4272024.jpg
その隣の聖堂。 フラーム フリムター スパスィーチリャ。なんかハリポタの呪文みたいですが、「救世主キリスト聖堂」とのこと。白に金。このコントラストがいいんですよロシアの教会は。でも中は同じです。(笑)そんでもって2000年に復元されたもんです。スターリン政権下宗教弾圧により爆破されたんだと。ちなみにソ連時代に子供時代すごした友人によると、反抗期な学生時代は禁止されている教会に行くのが一番クールだったんだそうです。

c0102375_4313939.jpg
トイレリスクを考えて殆ど水飲んでなかったので喉渇いてスタンドでジュース買いました。ジュースというとトロピかーナが出てきますどこでも。これもWinnerの一つかもしれません。
しかるに冷えてませんでした(T_T)。
[PR]

by violatsubone | 2007-09-25 12:30 | 旅行&出張