おろしあ旅行2日目 お食事など

c0102375_0364266.jpg
ちなみに墓の隣には修道院があり、観光地としてはこちら有名なのですが、聖堂はいいやとスルー。<信仰心ないんで>。その横に湖というか沼というかがあるのですが、これはチャイコフスキーが白鳥の湖のインスピレーションを得た場所だとかなんとか。チャイコ版ハイリゲンシュタット(笑)。一体どこに証拠があるんでしょうね。墓で写真とりまくったらバテリがまた切れた。もーーーいや。

c0102375_0532321.jpg
さて、夜は小学校の友人夫婦との食事。友人同士紹介するねと彼が赴任時に言ったにも関わらず今までしていなかったので顔合わせ会でもあります。もしかするとりえびさんはご存知の方?即ち・・同会社。私のブエノスアイレス日本人学校の同級生でございます。赴任したのは昨年だっけかな。会食の場所はウクライナ料理のチェーン店、「タラス・ブリバ」の外務省近くの支店。ここは日本語メニューもあります。しかるに怪しい日本語でライトエールが「明るいビール」になっていた。そういや昨日はウズベキスタン料理だったのです。(友人が写真とったんだけど送ってくれるかしらー) ウズベクは中央アジアで、マトン等が臭みなくて美味しいですね。名物はプロフ(ようするにピラフですが、人参がたっぷりなのです)やカバブ料理。ペリメニ(水餃子)も美味。

c0102375_0553975.jpg
こちらのピロシキはあげていなくて焼いているのがメインみたいです。ウクライナ料理の名物は、所謂ボルシチ。それからキエフ風カツレツです。バターを鶏肉で包んであげた高カロリーそうな。。でもナイフをいれるとバターがトロリと出てきてジューシーなのよね。
友人k氏は海外慣れしているので何も心配してないのですが奥様はどうかな?と思っていました。美人で華奢な奥様ですが、とても前向きで、トラブルも含め、楽しく過ごしていらっしゃるようです。さすがk君が選んだ奥様は肝っ玉がすわっているわ。聡明だし。日本人の集まる場所(海外で大体日本人は似たような場所に居住する。)を避け、クレムリン近くにお住い。「クレムリンは私の庭よ」とおっしゃっておりました。かっこいい!。
c0102375_05634.jpg
私の母の時代、即ち専業主婦全盛期には、海外駐在員の妻って、駐在員以上にヘンな上下関係が厳しくて、複数の日本人がいる場所ですと、旦那の序列がそのまま奥様序列になるそうで、とてもしんどい人間関係だったそうですが、今は皆そんなもんアホ臭いとわかってきたのでそうでもないみたいです。それでも奥様日本人会というのがあり、「マトリョーシカ」会略してマト会ってのがあるんですってさ。モスクワだけでも結構な日本人がいますものね。韓国人はその数倍いるそうですけど。
モスクワは経済発展が急上昇ですが、基本的なインフラが追いついていない状況の様です。
未だに5月6月になるとお湯が出なくなるそうです。皆さんお鍋にお湯沸かしてそれで体洗ったりしているそうですよ。
[PR]

by violatsubone | 2007-09-23 19:00 | 旅行&出張