沖縄4日目 無理やりゴルフ

まあ旅行記ほど書いている人は面白いけど読んでいる人はつまらんものは無いよな。有名作家でも紀行文ってつまんないもんなあ。。まあこれで終わらせるので。

最終日、飛行機は15時半なので午前中は使える。有効活用の方法と言えば、昨日キャンセルしたゴルフ。恐る恐る予約してみる。夏は空いてるんですよね。キャディなしツーサムでハーフです。出発前から少しぱらついていて、どうでしょうねえと思ったが、兎に角決行。
車で20分ほど、このホテルよりランク高いジ・アッタテラスというホテルに併設。でもホテル内は宿泊客しか入れてくれないの。ふーんだ。
c0102375_5274764.jpg
クラブをレンタルしたら、XXIOの新モデル!!。ちゃんとSLEルール適応の奴です。流石ゴージャスです。小物もDNLP社のものが多かったのは提携してるのかもね。
さて、8時59分スタートだというのに、30分ごろ「あ、適当に始めててください」適当にって・・
とりあえずカート動かして1ホールに行くと、誰もいない。あそ、じゃあ始めてればいいのね。
リゾート地らしく、フェアウェイ広めの気持ちよさそうな場所。だのに、例によっていきなり右。(ーー;)キャディー抜きゴルフは初めてではないが、いつも打つとキャディー任せなのでちょっとラフに入ると球探しにやたら時間がかかる。更に「ここから何ヤードですよー」とか「左バンカーですよ」とか言ってくれる人もいないし、ましてやクラブを持ってきてくれる人もいない。故に打ったらかわるがわるカートを動かし、クラブを交換する行為があるので、普段より歩いたり走ったりするのである。
c0102375_233271.jpg
ハーフ2時間以内で、といわれて、ツーサムだから楽勝よ♪と言っていたが、球捜したりカートとの間を往復したり、更には雨の具合など見ているうちに結構時間が過ぎる。そして3ホールくらいまで行ったところで、ごろごろごろ、と雷の音。人が雷に打たれて死ぬかなりの確立はゴルフ場である。ごろごろときたら逃げろと言われていた。でも雷鳴遠いし、隣のホールは皆何事もなかったかのようにプレイしている。うーん、避難必要だったらアナウンスするよね、あそこの避雷針に先に落ちるよね、ま、ここで死ぬのも我々らしいかも。
木の橋をたたかないで渡る私。空が腹下したような音を出し続けている間、なんとプレイ続行していた。良い子の皆さんはどうぞマネをしないで下さい!。5ホール目、急に涼しくなる。「こりゃくるね」生活の知恵を昨日授かったばかり。カートに避難したら、案の定スコール。雷の音も大きく。避難は10分くらいか、もっとか、良く覚えていない。
しばらく待つと雨もあっけなく上がり、雷鳴も>ppくらいになったので、もぞもぞとカートから這い出して活動開始。しかし雨の後って、いやですよねえ。あちこち水溜りあるし(勿論動かしちゃうけど)、転がらないし、ラフは重くなり、クラブもアイアンで小さめしか使えなくなる。私はアイアン苦手で多少のラフならウッドかユーティリティでグリーン近くまで持っていくが、今回は重くてダメ。それをいいわけにして・・・・・60以上たたいちゃいましたorz orz orz 9月にFオケゴルフ決定だっていうのに。さらわなければ。あ、団長があと1-2名OKとのことでしたので団員さんでゴルフやる人は是非エントリーを。

お風呂入る頃には晴れ。お昼ごはんをクラブハウスで食べて、お迎えが。そのまま空港に行き、帰途です。空港に着いたときは雲ひとつ無い天気でした。あーあ。

教訓:沖縄は5-6月、または10月に行くべし。
[PR]

by violatsubone | 2007-07-18 09:00 | 旅行&出張