Lesson20!  すぱがすばくはつだ

いやあ なんだかんだといいながら 20回です。ってことはこの記事も20は書いているのね。

結局会社を19時に飛び出て、一旦自宅にもどる。目黒から東急線にとびのったら、
またしても快速だった。だいたいが10駅くらいしかないのに昨年から快速なんて作りやがったお陰で余計な手間だ。通常は仕事だろうが呑みだろうが22時前にこの電車に乗ることはよほど体調不良のとき以外は無いので、快速に出くわすことなどなかった。ああ失態。一旦もどって玄関先においてある楽器かっさらって、即大通りにでて、手を挙げる。3分くらい遅刻でしたー。ああもう疲れたわい。
c0102375_2305917.jpg
本日の師匠は、多分ここ1週間同じこといいまくっているのではないかと思うが、スパガス爆発だ(早口でいってみ)の話。
レッスン中だったそうな、突然、ずずんと地響きが。生徒は雷だろうかと思ったらしいが、師匠は北朝○のミサイルだと思ったらしい(ーー;)。ついにとどきやがったか、と。地面から突き上げてくる感じだったねありゃ、と述懐する師匠。
何が起こったとベランダから外をみると、あちこちのビルからも人が身を乗り出して外を見ている。しばらくすると、上空にヘリが現れ、あれよあれよという間に10機くらいのヘリが旋回しているという。「テレビ局の数だけ来るって感じかねえ、お互いぶつかっちまうのではと思ったよ」パラパラパラパラ凄い音響だったらしい。もうBGMにワルキューレかかっちゃいそうですわね。
旋回している円の中心あたりに何か起こっているんだなと思ったらしい。師匠のところからはビルまでは見えないので。で、テレビつけてびっくりしたそうな。もっとびっくりしたのは師匠の奥様が行きつけだったそうな。「いや俺も行きたかったんだけど、女だけだって言うんだよ、ふざけてるよな」実はスパ好きな師匠。ニコタマの瀬田温泉には出没するそうですよ。丸い塊を見つけたら、ご用心。師匠のうちから徒歩でいけるんだと、あっそうだよな。その日中に師匠はとことこあるいて現場検証。「もうめっちゃくちゃだぜ」。

本日のレッスンは4ページもやらなくてはならないので呑気に話などしてはおられないのだ。
以前やったところ+新しいところ。 やっぱり一夜中漬け。新しいのはもう一度です。何しろ
「おい、プレストってどのくらいの速さか判ってんのか。アレグロにもならんぞそれは」
「何でどんどんritされてくるんだ」
だってー そんな速く弾けるほどさらってないもの・・・。メトロノーム120でタイムオーバー、まあいっかと寝てしまったのだ。ということで、今回は音程というよりも
速く弓を沢山つかって弾くという課題がダメだったのでもう一度だそうな。夜中じゃあ、コソコソとしか弾かないからそりゃだめよねえ。ということで、次回までタイムトライアル(笑)。

教則本の何が楽しいかって、音楽的云々よりも、どうやら私にはいくつ達成したか、という攻略ゲームの楽しみなんだろうと最近わかった。課題をクリアするというゲーム感覚が、結局のところ快感らしい。半年単位の演奏会の「曲」ではそいいう単純な楽しみは味わえない。自分ひとりで教則本やっても「合格」と第三者が判断してくれない。一部流行しているお勉強系ソフトと同じなんだと思った。資格試験にしても、通信教育にしても、とにかく一つクリアして段階を上っていく事、って、学習する動物たる人間には快感なんでしょうねえ・・・。 


さて、レッスンの帰り。不謹慎且つやぢうまな私は言われた道を徒歩で渋谷に。今回は方向間違えませんでした。暗闇にうかぶは例のスパ。でも爆発現場に通じる道はもうロープが貼ってあって出入りできないようになってました。
[PR]

by violatsubone | 2007-06-26 20:00 | ビオラレッスン