湘南台@Jおけ

c0102375_2403395.jpg
米国留学中のM氏の地元、湘南台は7年前と全く変わっておりません。駅が新しくなったので駅の周辺10平方メートルくらいは変わっておりますが。スタバもあるし。
目の前に広がるはかくの如きだだっぴろい風景。どこまでも平らな町を5分程直進すると突如風景の調和を乱す怪しいメタボ・・もといメタリックな建物が見えてきます。これが先々週から通い始めた湘南台市民シアターです。JFP〈以下Jおけ)の練習は7月までずっと月2回(でも9時間@1回)ペースでこちらです。私の家からだと色々行き方ありますが、休日会社のある駅を通過したくない為に武蔵小杉のりかえ横浜のりかえ市営地下鉄のコースになりつつあります。


c0102375_2423880.jpgこの公園、遠くからでも子供のはしゃぎ声が聞こえます。メタリックでごちゃごちゃした作りが子供の秘密基地願望を満たすのかもしれません。このオケのビオラには2名ママさんがおりまして、〈一人は旦那も当団ビオラ、もう一人は7年前にもいた子。ママになってもスタイル抜群)彼女達によりますと、最近の戦隊ものでロケ地に使われたそうです。確かにぴったりですね。戦隊ものっていいますと、私が子供の頃はゴレンジャーでした。今は何とかレンジャーが入れ替わりですが、ゴレンジャーは結構長く続いていた記憶が。好みはちょいと気障な宮内洋演ずるアオレンジャーでした。

そうそう練習です。この練習場かなり狭いのでぎゅうぎゅうです。特にチェロはいつも12-14名の参加ですのでひしめいている感じです。段々酸欠になってきます。本日はまずマーラーの2楽章から。例によって先にやっつけなくてはいけない箇所を取り出して集中的にやります。譜面半年前から渡して、年頭には分奏を何回かやり、TUTTI4回目にしてはちょっと・・な気がしますが、何度も繰り返すうちにその日のうちに形になります。コンミスがいなかったのでVnは苦戦してました。ビオラ軍団はそんなに達者な人がいるわけではないのですが、地道に譜面読んできているなというかんじか。一人プロが入っているので彼の音を後ろで聴きながらやっています。
問題は木管かなあ。ホルンも1番以外は・・。管だけ捕まってる時にこっそり後ろを向いたら、笑えました。みなベルアップしてます。まだふけていないのに!!。指揮者も苦笑して「確かに本番は見てくれ大切だからベルアップ思い切りしろといったが練習時はまず吹けてからじゃないと恥をアピールするようなもんだぞ」と。可愛いですね。言われた事を簡単なことからまず実践したんですね。ええ、全体に皆さん若いんですのよ。数名除いて。Fオケと指導者の関係は、好き勝手に勉強している中の上レベルの受験生と赤ペン沢山入れる進学塾の講師、だとしたらJオケは専門学校生と熱血教師です。指揮者が一番熱い。ほっておくとだめだめな生徒を、褒める教育方法でなんとか引っ張り揚げるという感じですか。この方式に賛同する人がついてきているのでしょう。大人な人にはトゥーマッチかもしれませぬ。アンコールはかなりふざけています。まだ公表できませんが。。例年映画音楽やるんですけどね、というのがヒント。場所は東京文化です、ってのもヒント。
4時間以上かけて2楽章(一部細かくやっていない箇所あり)。終わる頃にはまだろくに譜読みもしていない私も構造がわかるくらいになっています。3楽章のビオラsoli他少々やっておしまい。うーんこの調子じゃ私が全楽章練習参加できるのは合宿くらいかも。
ところでマラ5のビオラっていろんな調性でのアルペジオや音階めいた箇所が多いのでかなりレッスンの教則本が役に立ちます。そして2ポジ4ポジつかいまくりなので、今苦労しているところがまさに!という感じです。学生時代真面目にやっていれば軽々だったのでしょうね。今更ながら教則本の合理性に感動するのでした。本当にスロースターターな私ですが、数年後にはFおけの他の面々の様に上手になれたらいいな、と思うのでありました。ええ今更(^_^.)。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-29 02:27 | おけすとら