Fおけ総会&練習 M川先生は腕も白い

義務に手間取った為、15分程遅刻してFおけの総会。真面目なパトリ?である私は師匠からもらった演奏会招待券を団員に譲ってまでの参加なのだ。まあ、一旦参加表明してからのダブルブッキングってこともあるし、自分の遊びの為に他人に代理は頼めないしね。
会計報告、予算承認、前回の反省、等等。特に要注意はミューザでのチケの取り扱いだ。席分しか発行してはいけないらしいので本当に有価証券なんだな。確実に行ける人にのみ配布すること。引換券のシステム等、何度も団員にはreconfirm必要ありそうだ。しかしここの運営は本当にしっかりしていると思う。販促は特に。

小休止後、TUTTI。今夜からしばらくはお肌つるつるのM川先生。(またMだぜ!)M川先生、つるつるぴちぴちはお顔だけじゃあありません。腕の白い事、そして私よりKEが無くてつるつる。いいなあ。ラフ3 3楽章で落ちたのは別にそれを観ていたからじゃあありません。その時はまだ長袖シャツでしたし。accelついていけてません。譜面にかじりついている間はテンポのゆれに反応できないんですな。ひょえええ。

チャイコは1楽章のみをじっくり。出だしのコンバスやビヨラから何度も。音色についても細かく。こんなに丁寧なチャイコの練習は始めてかもしれない私。長丁場だから通し練習ばかりしていても飽きるだけ、ってことで、早速音色や「現世的な雰囲気」を指摘される。美しくA線弾けないのよねえ、思ったらアレグロ出だしはD線で弾くのがお奨め、と呑み会の席にて。M川先生はびよりすとでもありますのでね。次回パト練で作戦会議です。
爆笑の初回練習から少しずつ、軌道修正が入るといった感じか。今回はドッグレースの直前、首輪で走りたいのを押さえられている土佐犬想像しました。紐から手が離れるとまた暴走するんでしばらくは通しをやらんで細切れがいいかもしれないなあ。

先週の管楽器練習時に「練習予定表」を手渡してきたという、森下・清澄白河練習時には欠かせない中華料理屋「泰山」で呑み。日本橋では席が離れてしまった為今回はM川先生の近くにずうずうしくも座ってしまう。びよりすととしての先生の話、好きな曲は「破壊できる曲」とのことです。アグレッシブです見かけによらず。(見かけ、は、びよらの団員「兄」と、Tpと 併せての
麿系。皇室系。でございまする)そしてこのとき隣に座ったトップHJさんとの交渉により、素晴らしい企画が実現しつつあります・・・。 ふっふっふ♪

更に、コンミスの許可が下り、びよらの最終兵器投入決定!!
もちろん、あの 赤いお方です!。

今年もベストパフォーマンス賞、MVP、 オスカーは ビオラのものです!!。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-22 18:00 | おけすとら