バベル

お尻と腰が痛いんだけど・・。 まず とにかく感想はこれだ。普通の映画館じゃないから椅子が悪いのだ。毎年そうだ。しかもこの映画は2時間半。足元も狭いのでエコノミークラス症候群になりそうだった。
c0102375_4132938.jpg
弊社には組合の「クラブ委員会」なるものがあり、色々イベントが行われる。大企業の特権というか驕りで、大抵貸切。応募して抽選で当たれば参加。映画やコンサートがメイン。落語も2回ほど。数年前から派遣の方にも応募資格が与えられたので、お嬢さん方と時々参加する。今回は映画。1000円で弁当つき(取引先関係のものだから、K○Cが多い)。話題の「バベル」です。場所は試写会専門?の有楽町でかカメラの7階。ここ、本当に椅子が悪いんですよ。。

封切り前なので、余り内容には触れないでおきます。まあ、内容触れたところで支障ないかもです。コミュニケーション不全、分かり合いたいのに分かり合えない悲しい人間の性という内容です。綺羅星の如く豪華の出演者陣ですが、それぞれの役割はとても地味。(一番しょうもなくてアホっぽいのはあたしのごひいきの、ガエル・ガルシア・ベルナルだ。たまにはまともな役やらんかねえ)菊池凛子が賞候補になったんは、障害者の役だから?それとも脱いだから?(日本人体型なのが微笑ましいです)と、ちょいと疑問だったりして。しっかし日本のエピソードたるや・・。最近の女子高生は皆ああなのか、私にはもう分断されていてわかりませぬ。
c0102375_4134375.jpg
でも真面目すぎて面白いかというと面白くないっす。オムニバス形式というか、バラバラのエピソードが少しづつ時間をずらして進んでいくんですが、このテーマに対して、別にこういうストーリーじゃなくてもいいじゃん、みたいなのはあるな。最近私は単純化されているので盛り上がりに欠けるのだめなのかもー。

追記:で、お奨めなのかどうなのかというつっこみが入りましたので。正直、私は余り好きではない。
面白くないから。深かろうが何であろうが、映画は面白くないと嫌なの。「ぱひゅーむ」は面白かったよ。深読みするものが好きであれば、いいかもしれません。好みです。
これだけは言いますが、デートには、向きません。映画みて議論するのが好きなカップルであれば、どうぞご自由に。

バベルの題名は旧約聖書の「バベルの塔」からとったものです。私は聖書でこのエピソード読んだ時、「なんて狭量な野郎なんだかみさまって!」とあきれたことがあります。大体神様、怒りっぽいし、すぐ罰するし、全然博愛じゃないよな。(信仰心の厚い方、ごめんなさいませ。)
[PR]

by violatsubone | 2007-04-17 19:00 | 映画/TV