じょん&じょう @新大久保 リアルお局登場

c0102375_5421974.jpg
窓オケでは漸く映画音楽を練習できます。初見効かない私は予習の為とジョン映画ベスト版なんぞを買ってジュラとハリポタを繰り返し聴きつつ会社に行く日々でした。曲順の通し練習なので、遅刻してまたカルメンからなぞになったら意味が無い。故に余裕もって出て、湘南台から新宿経由で新大久保。ドトールでコーヒー飲む時間は取れました。で、練習場所に入ってみると、おおお人が倍増しとります。ストバイ4プルト以上あります。管もぞろぞろいます。ビオラも3.5プルトいます。そして始めましてのトップの方。なんか凄く迫力があるお局然とした女性w.
今日は唯一の練習だし、わけわかんないと嫌だからなと2プルの表に陣取ると隣は今までトップを弾いてくれたトラのお兄ちゃん(おじちゃん?年齢不詳)。ラッキー。練習開始直前、真っ赤なチェロケースを背中に背負った執行役員様、御登場。身長180以上あり、デニムの似合う執行役員様です。オケに緊張感が走ります。
ジュラシックパークの最初のメロディ、弦ユニゾンなのかと思ったらビヨラが朗々と弾くのね、珍しい、こんなに目立つなんて。ジョンってそうなんだ。これはとても気持ちよくひけました。
でも次のハリポタが結構難しかった。まあ、管の曲でめだたないんでいいんだけど。でもこれは要練習。久石のじょう、は、弦に無体な事をやらせないので、初見でもOK。でも譜面に色々誤植が見つかって、殆ど最終練習だっつうのに「ここはBですね」「ここの和音変なんですけど」と修正意見がとぶとぶ。今まで気が付くほど人がいなかったってことね(ーー;)。窓局様も「ここ気持ち悪いわよ」と意見。役員様「そうだよね」。で、ここも誤植。じょうの曲を一通り演奏して、じゃあ次、と指揮者がいったら、役員様、ぼそっ。「もたれる」。
ははー、確かにそうです、ではもう一度。指揮者も社員なのでした。(4月で退社したらしいが)。

カルメン。指揮者「えー、先週の打ち合わせどおり、8曲目のノクターンは無しで」。
窓局様「なんですって。之が一番いい曲なのに!」
役員様「僕さらったんだけどな・・」
指揮者たぢたぢ「あ、あの、木管の負担が大きくて、ええ・・」
窓局様、言い放った
「そのメロディー、全部ビオラが弾くわよ

後で判明しました。このお方、なんともとプロオケ(TOU響かTO響)出身者で窓に来たとか。逆ならわかるが珍しいキャリアだ。演奏に安定感があるのと、執行役員様も一目置くのと、指揮者が緊張する意味がわかった。あなどれない窓オケ。

ーーーーーーーーーーーー
本番の赤Tシャツは着ても着なくてもいいそうだ。着ない場合は下黒上赤か、上白でサムシング・レッド。尚Tシャツの正式名称は「社会貢献赤Tシャツ」。本番を行う調布にもMS社はあり、まあ市内への社会貢献の一環としてオケやって市民を招待するんだそうな。ほおおお。
折角だからTシャツ着させていただきます。

ーーーーーーーーーーーー
練習が強烈だったんでアフターまで書く余裕が・・。ええもちろん韓国料理。お目当てのところが本日は休みだったので、また先週お昼にいったところ。顔の広いΩ君はもう一人ホルンの友達♀をつれてきました。同世代で迫力あって面白い人です。それにしてもΩ君、後輩の頼みとはいえ、団員でもないのに、10人トラ連れてきたとか。凄いなあ!。
[PR]

by violatsubone | 2007-04-15 17:30 | おけすとら