ルサルカ祭り?(ようやく書きました)

c0102375_1562575.jpg
池袋での演奏後は キンコーズ に移動です。

なぜかと申しますと、8月の演奏会、メイン悲愴中プロラフマニノフピアノコンチェルト三番なのですが、漸く前プロが先月くらいに決定、ドヴォルザークの歌劇「ルサルカ」
・・・皆さんこんなんご存知?
ドヴォルザークはいつのまにか歌劇なんか書いていたらしいですが、その名の祝祭の曲とかいうものをやるというのです。指揮者のご推薦だそうで、一般アンケートではまず名前あがりません。で、珍しい曲は当然音源・譜面・スコアの入手に苦労する。ライブリりえびさんのご尽力で入手した譜面&スコアのコピーを手伝おうということです。その後、呑みましょう、というので、一応「ルサルカ祭り」と命名。既にキンコーズにはお手伝い立候補者が何人か来ております。さて、コピーと思いきや、結構込んでいて1台しか空いていない、結局りえびさん一人が労働して、あとは「会社の無能なおじさん」と化していました。何人かはそのまま譜面を持ってかえりましたが、おなじみメンバーが残り、先ほどHANAKOの写真が美味しそうという話より、豚美という豚焼肉屋さんにきめました。(とんび、と読みます。PIN作さんが爽やかに「ぶたみ!」といっておりましたので念のため)。豚肉をブロックのまま焼く、サムギョプサル。六本木でも似たようなもんを食べた気もします。ブロックのまま、豚の四面を焼き、こげがついたら、店員が切り分けてくれる、それをまた軽く焼く。HPの写真でみるように、脂たっぷりなのに、石鍋で焼くと脂が溶け出して、とてもさっぱり。あらためてHPみましたが、えごま豚、っていうんですね。六本木の店に連れて行ってくれた弊社元肉ユニットにいた同僚はえごま改め栗豚が最高級だといっておりました。ずっとどんぐりばかり食べているそうで、臭みがないんですと。他に豚にもシロガネーゼってのがいるとはしりませなんだ。そして美人豚って何?豚の美の基準とは如何に・・等、昨今の豚業界もつっこみどころ満載ですな。豚肉はBSEやら鳥インフルエンザでライバルの供給が限られる中一挙にスターダムにのし上がりましたが、いろんなブランドが生まれたりして差別化が進み、いやまさに格差社会ですな。ちなみに呑み参加はコンサート参加メンバーに加えてKH、003、妻PIN作、今回もせかんどトップのKNちゃん、最後に総統様でございます。ま、代わり映えしないといえばしない。でもコンバスで練習には車出勤(?)当然普段呑みには参加できないKH君参加できてよござんした。
c0102375_1545776.jpg
私は前日の24時から時差ぼけでずっとおきておりましたもので、21時ごろは流石に眠く、ああ今日は絶対に帰って寝る!と思いましたが、なんだか意思の弱さで2次会へ。。で、ぐっぴとKHがいるところから、話はなんだかオタク系?な話題になり・・(ちなみに私は別方向の話をしとりましたが、銀英伝は大学時代に本ではまりました。史学科の人ははまると思います、あれ、書き方歴史小説だもん。田中芳樹は文章上手いと思いますよ。最近は全く読んでないけど)
あとはSとかMとかの話ですな。KHが真性M?ぐっぴとKNちゃんは極上のMなんだそうです。
勿論私はSSです。
そしてげたげた笑いながらやっぱり23時過ぎ。で、ルサルカの話題ってなんか出たかな。K川さんと総統は音楽の話していたような、物まねの話をしていたようなですが、やっぱり話題にはでてませなんだ。 写真は呑みやでたまに出てくる色つきキューブ。まるで飲み物に色がついているかのように誤魔化す代物です。中身は甘くてのめたもんじゃありませんでした。

「照り柿」じゃあありませんが25時間起きてました。。


[PR]

by violatsubone | 2007-03-04 18:44 | 食べもん