お下ねた(3・2追記)

お下事情
お食事中でしたらごめんなさいませ。
どういう腹の構造しているんだか、概して日本人は欧米人よりトイレの回数が多い。私は更に頻繁だ。産地めぐりなんざ山の中だし、彼ら(そして同道者は大抵男)はだまってりゃトイレのことなんて全く考えてくれない。なので常にBANO BANO(スペイン語でトイレ)と恥を忍んで叫ばねばならぬ。勿論、山に行くときは、成るべく水を飲まないようにする。
トイレは文化の鏡っていうのか、進化度合いが測られるというが、私たちが仕事で訪れる国は大抵「先進国」には入らない国々なので、状況は悪い。カリブの特徴としては、紙で拭いたら流さなく、隣のゴミ箱に捨てる。水洗設備が完全じゃないんだな。つい癖で中にいれちゃうんだけど。結構紙が置いていないので紙とウェットティッシュは必須。産地になると、ほとんど、アナみたいなトイレもあるけど、とにかく背に腹はかえられませんからねん。

玖国で合流したおやぢどもは「トイレの位置が高くて届かない。台にのらないとできない」と嘆いていた。若者はそんなことはないだろうが、哀しき日本人体型。いくらアテンドでも、おやぢの台まで面倒みきれませんものなあ。ちょっと姿想像して笑いそうになった。

この頃は余り異文化に対する新鮮な驚きは無くなったが、今回一度だけ、衝撃的なことがあった。
c0102375_4321546.jpg
ドライブイン。トイレ自体は予想範囲内の便座の無いタイプなんだが、ドアの上部が結構空いている。(ドアの下が空いているのは治安上多くの国がそうである。)そこのドアの上から一斉にドミニカ人女性が顔だして、コトをしながら、わいわい話しているのだ。便座の無いトイレってギリギリの中腰でやるもんかと思ったが、彼女達、立ってるの?って思うほど顔が出ている。4つづつ向かい合って8つあるトイレ、7人が入っていた。男性が並んで話しながらやるのと同じ感覚なのか?残りの一つに入ったが、なんか隣から覗かれそうだ。だいたい顔がでるような角度って、私は殆んど直立なんですけど・・ここの女性って立ち○○○なの?。中国の田舎では敷居がなくて、顔合わせながら事をなす為、通称「ニイハオトイレ」というらしいが、なんかそれにちかいものがある。そもそも最中に会話って、日本女性だと考えられないよなあ。。
[PR]

by violatsubone | 2007-02-19 20:46 | 旅行&出張