ご帰国セレビッチ

本日帰国です。長い時間ブログとめておりまして読者の皆様もうしわけございません。
ホテルにLANがあれば定額なんで、アプできたんですがねえ。。ドミニカだけだったんで。
また出張中の写真は仕事のもの含めてデジカメを久しぶりに使ったのですが、カメラ用USBコードがどっかいっちゃって、しょうがないから、CFカードリーダーを買いに行かねばとか。。(ふるいデジカメなんです)。とまれ徐々にアップしていきますので、気長にお待ち下さい。

・・・・・以下表題に関係するネタ(元ネタはリンク先本の題名。未読だし、意味のニュアンスは違うが)

キューバは往復メキシコシティで1泊する必要がある。今回は帰りだけだが。ゆえに市街には1度しか行った事がないが、空港は私用もあわせ10回以上利用している。成田の次に慣れている空港かもしれん。トランジットは夜着朝発が殆どなので、市内まで行くのが(大渋滞のなか1時間弱)面倒だし治安も最悪なので、いつも空港内のヒルトンホテルを利用している。ホテルレートは利用開始した数年前より2倍近くあがっているが、まあ、私の金じゃないし。残念なのがホテル内の部屋無線LANなんだけど、会社のパソコン対応してないんだよな。

8:55の出発だが、6時半に起きればOK。チェックアウトも迅速、エレベーターおりたら5分でチェックインカウンター。
ながーいチェックインの行列の横をすり抜け、係員のメヒカーナなおっちゃんに「Clase Ejectivo(エグゼクティブクラス。言い方は航空会社によるけど)」とチケットみせて、さっさとチェックインできる優越感、性悪女(ビッチ)全開。で、出国手続きはメキシコ速いのでさっさと済ませ、日本の観光客(団体客はとにかく支払い関係がノロい。メキシコはアステカ文明狙いの年寄り多いので更にノロい。)が到着する前に土産を買い、勝手知ったるVIPルームで朝食をとりがてら、のんびり過ごす。搭乗案内のアナウンス聴くと、搭乗口まで歩き、また並ばずに 同じことをいいのけて先に入る。いやはや。そして今回は究極の贅沢が。社長の給料が7桁に成り下がった赤字会社J○Lの必死のサービス、欧米線ビジネス利用者には帰宅ハイヤーサービスがあるという。(クーポンのポイントってのも選べるが)。

いやこれ、似非セレブでビッチな私の琴線に響くサービスでんがな。帰国カウンターの目の前にJ○Lのサービスカウンターがあって、そこで名前いうと、制服の運転手が「お待ちしておりました」と頭を下げ、荷物を全部運んでくれる。皆が自分でカート押している成田で制服姿のおじさんにカートおしてもらって後ろで悠然と歩く優越感。性悪女の快楽。で、駐車場まで行き、事前にお化粧室の前で都合まで聞いてくれて(笑)、トヨタのクラウンをつけると勿論荷物を中に入れてくれ、事前に登録してある自宅住所に何も言わずと送ってくれるの。荷物送ったり、重い荷物もってNEXやリムジンのらなくていいので(そこから在来線乗り換えが疲れる)とても楽。高速でいったのですが途中ちょっと渋滞もありましたが、1時間15分で到着です。なんて楽!!。 

セレブな気分になって帰宅しましたが、そこから「お嬢様お帰りなさいませ」と玄関あけてくれる人はいなく、勿論「お帰り、待っていたよ。」などと迎えてくれる人もいなく、自分で荷物をひっくり返し、洗濯機にほおりなげ、トランクをまずたたみ、自宅メールと会社のパソコンを開けて、業務連絡アンド仕事のメールなどを片付け、少し眠くなったので2時間ほど寝て、また起きて風呂はいって、録画しておいた「加齢なる一族」の1回分だけみて、またネット。これはもうただの庶民なお局。期末が近いので提出物ばっかり。長いフライトを金かけて楽さしてもらった分、明日からまた深夜残業な日々でございます。ああ、刹那的セレブ。現実は社畜・・。
[PR]

by violatsubone | 2007-02-28 19:30 | 旅行&出張