Fオケ合宿3. 練習開始!(漸く・・)

c0102375_2554577.jpg

土曜日。本格的に全奏が始まるのが午後3時。1時からは任意であちこちでパート練習など行われます。午前中は、自主連。
8時にスピーカーで「食事の支度が出来ました」と有無をいわせぬ集合がかかり、本当は朝ごはんなどスキップしたいのですが、そんなこと許されぬ雰囲気。スピーカーで起こされるなんてほんと学生以来。(毎朝だれかスピーカーで起こしてくれりゃ私も早く出社できるかもしれん)
しっかし、寒い。合宿所はあったかいだろうなどと根拠の無い断定の元に、(練習ばかりしているから暑くなるに違いない、という見解は確かに正しくはあるが)薄いカーディガンくらいしか毛ものを持参していなかった。暖かいったって隣の県じゃないかよ。何誤解しているんだろう。
カットソーの重ね着、上にカーディをはおり、着膨れしたが、まだ寒い。この宿が日本風なんでまああちこちから隙間風ってものが入ってくるのよね。基本は夏仕様だからな。

練習場は建物3階だが、寒い為写真のように練習場にあった布団をいすにかけております。女性は足腰冷やすのよろしくないのだよ。

もう後が無い!ってことで、流石に集中力はどんどん上がってきております。午後はオルガン付2楽章(3楽章っつうか)をみっちり2時間。たまたま何度もやった箇所が(v)ビオラ延々と1と4の指でぱたぱたやっているところ、指がつるかと思ってしまった。

「フランス人になったとおもえ。フランス人誰だ、んーー、アランドロンかな。」先生、どうしていつもアラン・ドロンなわけ・・。

夜は久しぶりにやった気がする噴水。一番難しいところ、弓順変更の指令がでてかなりショックでした。2週間で修正きくかなあ。
[PR]

by violatsubone | 2006-12-09 15:00 | おけすとら