14ヶ月後の予習(続き書きました)

勤労感謝の今日は、Fオケ(Va→Vn)collieさんのメインオケ ル・スコアール管弦楽団のマラ9を聴いてまいりました。マラ9は当Fオケでも次々回(再来年1月)に演奏する事になっているのでその無謀度を確認しようかと。

さて、勤労感謝ですので、朝から勤労お局。久々の挟み込みです。しかし前日は午前4時帰り5時半就寝も余り眠れず多分2時間は寝ていない為、朝起きるのは至難の業だった。怖い夢みた記憶もないのに汗びっしょりだったのは早起きの緊張かしら?。会社だと平気で寝坊するのにこいうときは緊張しておきるのよね。私行かなかったら団に迷惑かかるしね。コーヒー飲んだらとりあえず目覚めたので電車に。そのとたん携帯に「おきましょうねー」というモーニングメール。そういやあ先刻帰宅した後、「Fおけ肉の会」の案内メール出したときに早起きなのよとぶつぶつ訴えたのだった。ありがたいねえ。いってみるもんだ(笑)。

挟み込みには2名必要とのことなので、ゲルマンNさんと共に。他団体さんからも各2名。X14団体。28名で、1800部(かな。3階も開放していたし)一人64往復か。机が低くておばさまちょっと腰にきたかもW。それにしてもアマオケの数多いですよね。まあ大学オケも入っていたから。挟み込みに来てる子たち、私の半分?きゃあ。反対に市民オケは、団塊風な方もいてまさに老若男女な挟み込み。たまにやると新鮮です。団体名をいって挙手するのですが、ダスビは流石有名なだけあって「おお・・・」とかどよめきがあった。全国区ですからな。企業でも最近は印刷物をA版に統一する動きありますが、チラシもA4版が半分ありました。当団含め。

30分ほどで終わり、Nさんとこっそりリハを聴きに。2人ともスコアをこっそり持参。一月前に飼った私のスコアとは違い、古文書かと見紛うような黄ばんだNさんのスコア、ご購入は高校生のときだそうで。しかも何故か岩倉具視がスコアの中に鎮座してました。お久しぶりでございます。で、3楽章も後半から聴いたのですが、Nさんすぐに該当ページをあけてやんの。流石古文書かするまで読み込んだだけあるわね。ステリハはちょっと不安なかんじ?びよらトップが弾きながら立ち上がって後ろをくるりと向いた。これやられると後ろびびるのよねーん。

本番。いや凄い人数ですね。弦は9-7-7-7-5プルトでした。うちらこんなにいないもんなあ。チェロとビヨラのトップ上手かったです。特にチェロがいいとおもふ。ただ2階席あまり音が飛んでこない気がします。コンマスはちょっと緊張してたかな。全体的に弦は厚みもあり、弾ける人も多いと思う。うちよりバリバリゴリゴリ体育会系な人が多いような。ちょっと元気で健全なマーラー?。いずれにしてもマーラー好きです!って感じが伝わりました。熱演ですね。Collieさんお疲れ様でした!。
Fオケはどちらかというとエレガント系の音を出すと評価されているそうで、その個性をつぶさず、病的な美を表現できるかなんでしょうが。難しいですねえ・・技術的というより曲として聴けるかどうかですか。退屈になりそ。

演奏会後の呑みでは、頑張っておきていたつけが来て話のところどころで意識とんでました。
[PR]

by violatsubone | 2006-11-23 23:37 | 音楽鑑賞