本当は金がほしかったのですがね。

有名芸能人がテレビで「XXほしいなあ」というと翌日スポンサーから送られてくる、という話を聴いた事ありますが、いってみるものですね。先日ブログの題名をABBAからとりましたら早速Fオケの某音楽ジャンキーがABBAの怪しげなDVDを貸してくれました。なんかハングル文字入ってますがこれは正規のものなんですかね。中は70年代のままのABBAプロモビデオ。目をつぶっていると彼女達の美しい声が気持ち良いのですが、画面を見ると爆笑。70年代の文化なんでしょうかね、眼の周りは隈のように青いアイシャドー、ちりちりヘアにフーシャピンクの口紅、はっきりいって下半身デブなのにピタピタのレオタード?。まだプロモビデオなんてものが一般化していないときの撮影なので、カラオケ屋で流れている安い映像のような出来です。時代の差ってのは笑いの材料になるもんですなあ。あの頃の女性、眉毛細くて怖い。理解できない趣味の服も着ているし。ラジオ体操第2のゴリラ体操のアレグロバージョンの様なダンスも笑えるし。
それでも、ABBAの曲は名曲ばかりっす。洋楽にそれほど詳しくない私でもつくづくそう思います。ディスコ世代には嬉しいダンサブルな曲もよいけれど、一番すきなのは(暗い歌詞共々)The winner takes it all です。曲も声も美しい~。

・・・なもの聴いて踊っている場合ではない、練習があるんだ。ロココ聴かなくちゃ。

えーとね、次に欲しいものは。。
[PR]

by violatsubone | 2006-11-19 15:56 | おけすとら