弾くのと聴くのと

金曜に掃除したのでいつも土曜日の午前中をつぶす掃除は無し、1週間分(!)の洗濯をいつものようにして、山のように干して、昨日そのまま寝てしまったので台所片付け、漸く土曜日が始まる。ゴルフをしにいこうかと思ったが寒くてやめた。それより、日曜日が練習で、月曜日がレッスンで、日曜日の昼に用事があるため今日は練習日。師匠(M先生だと指揮者の先生とダブルので以下師匠に変更します)にどうせ駄目だしされることは分かってますが、2回目で破門になったら困るしね。
しかし私一日中家に篭って何かすることが出来ない。出かけると金を使う。昔はもう少し集中力あったんだけどねえ・・。ということで金を使わない外出。ただの演奏会に行く事にする。ティアラ江東。その前に神保町の本屋なんぞぶらぶらよったりしたので実は遅刻したし、そこで本を買ったので結局金は使ったんだが。
着いたときにはモツァルト交響曲25番の出だししんこぺが聴こえていた。あうー ぎりぎりアウトか!音楽会じゃなければネゴって入れてもらうんだが、これはルールですからねえ。有名な出だしを聴き損ねてすっかり凹んだんだが気を取り直して2楽章から入場。指揮者のK先生スレンダーできびきびして良いわねえ。オケも、紹介した本人が愚痴るほどのものでも無かったです。Fオケも録音聴く限りそんなに変わらんのでは(-_-;)。ただ時々ちょっと吹出してしまったのが見えていたらごめんなさい>奏者の方。ブルクナー4番は懐かしい曲なんで、聴きにいくと弾きたくなるんですよね。学生時代は嫌で嫌で仕方なったのだけど。F桶は中期経営計画2ヵ年決定しているし。私の古巣オケも多分しばらくやらんし。残念だなあ。
演奏会はチケット配ったほうが良いよ。ありがたみが違うよ。金払わなかったとしても。

しっかし斜め前の席のばばーの集団うるさかったな。
[PR]

by violatsubone | 2006-11-18 23:07 | 音楽鑑賞