そうだ、京都寄ろう その4

いつまで書いているのだといわれそうだが私の旅行なんてそんなに無いのだから我慢して頂戴ませ、と多分自分自身に言い訳をつける。
南禅寺はなんかでかい寺、といふイメージ。本堂の中で坊主が何かパフォーマンスみたいなことをしていた。なんていうんだ。そういやあ寺はいる前、一人の坊さんが猛ダッシュで寺の中はいっていった。これに遅刻しそうだったんだねえ。銅鑼が重そうな音で響いていた。もっと歯切れ良く鳴らせないかな。ローマ水道みたいなもんもあった。豆腐屋が寺自体より有名だが、定食なんざ食べる時間は無いので、近所のそばやでにしんそば食べる。はっきりいって蕎麦ぶよぶよでいまいち。

ここまでで観光終わり、後は半分仕事でイノダコーヒー店に寄る。とりあえずいっておかないと。めんどくさいが地下鉄で一度中央に戻りそこから徒歩。16時頃の新幹線を取っておいたがこの時点でアウト。最初から指定にしとくんじゃなかった。ま、仕方ない。こうなりゃ遅く帰ってもいいや。何か自宅でやるべき事があったから早く帰ろうと思ったのではないのか。ビオラの練習か、勉強か、仕事か、なんかすべてだった気もするが、ま、いっか。(この「ま、いっか」が私の生き方なのだと思う。結局何事も突き詰めずに適当に生きていると)コーヒー、まあまあですね。雰囲気がいいということで。

どうせ新幹線遅れるならもう一箇所くらい観ておくか。と、夕暮れでもやっている清水寺。定番でしょ。また東の方に電車でもどり途中バス乗り換え。交通結構不便だね。確か18時までやっているはずだよな、と思い、必死で坂を登っていったら、夜ライトアップがあるらしい。おお、それは素敵。だが18時半から。通常料金では18時まででいったん全員でて新たに入りなおすんだそうな。今17時20分。ライトアップまつの面倒だなあと思い、薄暗い清水寺に入る。どうせなら夜に入ろうという人が多く、一番の名所だというのに人が少ない。人の少ない清水寺、皆さんいったことありますか?偶然にしてはかなり収穫ですよ。薄暗い分寺は良く分からないが、遠くの夜景は凄く鮮やかです。奥の間まで行くと団体客は皆無。ひっそりとしたものです。そのまた奥の散歩道は暗いこともあり私しか歩いていませんでした。ま、すいていても薄暗かったら意味無いじゃんという方には反論しません。何しろ外でたら、夜間見学ということでずらっと人が並んでいた。良かった。私は並ぶのが大嫌いだから。さぞ美しいだろうとは思いますがねえ。私の価値観は面倒>好奇心、ですのでして。投機もとい陶器屋を冷かして帰り、京都駅到着18時半、夕食は伊勢丹の地下で京寿司と、和菓子目移りして色々買ってしまった。賞味期限短いのに。明日から夕食は菓子か。
土曜日夕方なので自由席でも座れた。よかった。。。帰宅は22時。いきなり部屋の掃除と洗濯をはじめる。明日はバレエとビオラレッスンあるからねえ。家事なんてやってられんのだよ。事前学習なしにしては、色々面白かった思いつき旅行。京都はまた行こう。もうすこし調べて。
[PR]

by violatsubone | 2006-11-11 23:34