そうだ、京都寄ろう その1.

今日は大阪出張。
新大阪駅から45分かかるところでアポ10:30。かつてであれば前泊の範囲。
大阪まで2時間半でいけるようになってから、大阪はいつの間にか日帰り出張の場所になった。便利になるというのもよしあしだね。で、普通は日帰りのスケジュールだったが、この日はなんだか泊まりたくなった。というのもアポとアポとの間に空き時間があり、喫茶店で仕事でもしてりゃいいんでしょうが、体調もやる気もいまいちだったので「休みたい」と思ってしまった。ホテルのチェックイン14時だから少しやすんじゃえ、とこっそり仕事場から予約。社費で請求しなきゃいいんでしょ。そのときは翌朝のんびりおきて帰るつもりだった・。
新幹線で爆睡したら、すっかり元気に。なんのことはない体調不良は単に呑みすぎと睡眠不足だけ。よし、土曜日はどこかで遊ぼう。と決心したのが、大阪駅。
以下客先にて仕事後。
「今日はそのまま帰るの?」
「いえ、夕方にも用事ありますし、金曜ですのでそのまま泊まってしまおうと」
「いいですね。USJにでもいかれたら?。でも明日雨ですよ。ひさしぶりですけどねえ」

え。

忘れていた。私はかなり強烈な雨女だったのだ。今年は温泉旅行(2回)日帰りドライブ等遊びの用事すべて雨。(晴れ人間と行くと途中から晴れるケースもあるが)このところずっと雨がふっていないのはこのところ私が遊んでいないからかもしれない。

ふん。雨結構。(もちろん傘もってきていない)。受けてたとうじゃないの。

でも、USJって・・。
一人でいくと乗り物のるとき優先してくれるらしい。
が。雨の中、黒いスーツを着た40女が一人でテーマパークにいってジェットコースター乗る図って、かなり痛くないか。

「じゃあ、京都いいですよ。紅葉まだみたいですが、雨だとかえってすいているでしょ」
なるほど。
「嵐山でトロッコのるのはいかがです?」
なんで雨のなかトロッコ乗るのよ・・。この客の遊びのセンスはなんだ。子供いるからかな。まあ、しかし京都ね。そうしよう。

そうだ、京都に寄ろう。
[PR]

by violatsubone | 2006-11-10 23:37 | 会社にて