オケストラ

私は1年半ほど前から某オケストラ(以下Fオケ)に所属しております。
ここは出身大学の同期とその前後が中心となり設立したそうで、
私は最初2回ばかり参加して、いったん退団。
もともとそんなに音楽活動熱心じゃなかったし、バブル期にバブリーな会社
に入ったもんだから、バブリーな遊びしたかったのよね。
で、ゴルフやったりスキーやったりフラワーアレンジやったり
イタリア語ならったりスペイン語ならったり習い事しまくり
深夜まで残業後に誰かのタク券で六本木に繰り出し朝まで飲んで
週末は誰かの車でドライブで、なんてしょうもない生活をしまくって
10年、友達は皆 寿退社か出産退社か転職かしてしまい
気がつくと周りには誰も遊んでくれる人がいない。
ちぇ、と思ったら、会社同期が「ビオラやっていた(→過去形になっている)
んだったらうちのオケはいらない?」。と暖かい手を。
(そりゃ、万年売り手市場のビオラですから、「さわったことある」という
だけでも勧誘は来ただろう。)
ビオラにカビが生えていない事を確認して、そのオケにこそこそと行きました。
そこに4年くらい。諸事情ありまして、現在のオケに異動いたしました。
年のわりに楽器の下手な、でも態度だけはでかい、
酒飲むと壊れるので面白がられる、という珍妙な位置におります。

でも学生時代は実は苦痛であったオケ活動が、改めて入りなおすと
非常に楽しい。これは相対的な問題なのか。年齢的な問題なのか、
まあ社会人の大人ないい加減さ、と寛容さのせいなんでしょうね。
つきつめるのが苦手な、いい加減な性格だからなあ。
でももう少しうまくならないと 本当の意味での楽しさは味わえないしなあ・・。

ということで、私はどきどきしながらある人に電話をかけるのですが、留守・・。
[PR]

by violatsubone | 2006-10-28 04:00 | おけすとら