Pオケと 名古屋嬢

突然Pオケでますよといった手前、練習はせっせと出ようと思い、宣言した翌日の練習にも顔をだした。楽譜送る手間を省かせてあげないと。保谷という場所だった。昔祖母が住んでいた近くだ。自宅からだと足が遠のきそうだが、オペラシティのあとだから、いっか。寅でいって譜面をその場でもらって初見参加。一体ナニサマなんだという大胆さだ。最近「恥はかきすて」的精神が加わってしまっている事から行動が大胆になりすぎなのではないかと思う。

練習場についたら、EY氏と、奥様がいらした。突然行ったにもかかわらずちゃんと製本してあって可愛らしい製本テープまで貼ってあった。丁寧に弓と注意書きも書かれていた。製本嫌いの私としては、製本しなくていいだけ寅っていいなあと思ってしまう。
そして、
「お久しぶりです」
なんと、Pオケには名古屋嬢がいたのであった!。今やすっかりストレートヘアになってしまった彼女にそのあだ名は似つかわしくないのだが、ハイヒールに白いワンピで登場の彼女はやっぱり名古屋な雰囲気(どんなだ)を漂わせていた。その他、すっきり細身の美女が2人プルトを組んでおり、どうみてもびよらというよりは、ヴァイオリンかフルートの世界にいる、やや近寄りがたさすら感じるれっきとした細身美女(名古屋嬢も綺麗だけど、どっちかってと健康的な感じ)足が私の腕くらいしかないすっとした単発の美女がスターの姪だという。DNAの繋がりを全く感じさせず、いやしかしスターそっくりの女性というのもあまりに気の毒であるから遺伝子の敗北に拍手を送りたい。

曲経験があるため落ちなかったけど、所詮初見。後ろで大人しく弾いていたので、枯れ木も山の・・にすらならなかった。企業オケだが、弾けていると思う。《私の比較って、アソコしかないんだけど)。チェロがここでも人数が多く、音もぶあつかった。EYさんが恐ろしい勢いで仕切っているのがまたアウェー時と異なる面で印象的だった。(ただしホームでもアウェーでも呑み会では変わらない)
[PR]

by violatsubone | 2011-09-17 18:00 | おけすとら