DKYでぶで会@お客様モード

c0102375_22264330.jpg
ぐっぴとらいあがG友の寅として参加したマラ9のデブデ会。まるさんが企画して、ぐっぴが何故か私も呼んだ。まあ共通の友達が多いとか、家が近いとか、マラ9弾いた事あるからとか。日程決まったら教えるねとメールしておいて、突然今日だということがわかった。練習場にて派手に上映である。
20時半頃練習場にお邪魔したら、G友びよら+JILLさんがが勢ぞろいしていた。ずっと前に参加した時はいなかったおじ様とか若い男の子とかがいた。あとのお嬢様方はレッスンの前後でも旧知。写真のおじ様は中々いい感じの方で、凄く上手そうな弾き方をして、新人なんだそうだ。うちに来てくれなかったのが残念だなー。G友のびよらって凄い揃っているな。私が参加したときより更にレベルアップしている気がする。
G友もマラ9はとても分厚くて迫力ある演奏だった。半年以上毎週マラ9という恐ろしい修行を経ただけのことはある。それから色々デブデ会になった。プロの演奏聴いたり、ぐっぴのばっは聴いたり・・夜中1時。私が寒かったので隣で寝オチしている間に室内楽のデブデまでかけていた。私のことを知らない人にも、私の実力がわかるカルテットを聴かせるって、酷いな、、と思ったが酒のせいでどうでもよくなった。次のうどぅらはらいあがさっさと中止した。何処までも要領のいい奴。「上手なのききたいー」と酔っ払って本音が出たのでプロ演奏にかわり、らいあは安心してさっさと寝始め、夜中のまったりした時間が流れる。明け方、どういう流れか、フランコ・ゼフィレッリの映画「椿姫」を上映し始め、ああ相変わらずこの監督の美術は綺麗だ、椿姫はこの位痩せていなくては、と思いながら見ていたら6時過ぎ、始発も動き始めたので電車で帰る人達は帰った。又夕方の練習で、とタクシーで帰ったもう1人が夕方の練習に現れなかったのは、想定内の出来事ではある。
[PR]

by violatsubone | 2011-07-22 20:00 | 音楽鑑賞