なでしこさんの事など

c0102375_1482222.jpg
水曜日も後半見て、会議の時に寝かけたのだが、おけ本番の朝も起きてみた。にわかファンである。だって、この時期だったらコパアメリカでしょと思っていたし、マスコミもそう思っていたのでNHKはコパは地上派でなでしこさんはBSだったんだろうから。数年前に見たときは、やっぱりスピード無いし、つまんないなと思った記憶があるのだが、今回見てみたら、なんのなんの。スピーディで正確なパス回し、的確なポジショニング、女性版バルサといわれていたり、さわさんをスカートを履いたペレと呼ぶ(きっと日本以外の)マスコミがいたみたいだが、ぴったりだ。ということで、前日練習を呑まずに帰り、早く寝ておきようと思ったけどやっぱり眠れなくて、多分2時間位。それでも前半途中まで(アメリカのペースだったころ)は寝ていたので見ていない。いや、こんなエキサイトした試合は前回のWCPでも余り無かったぞ。まあそれはいいが決勝戦の常として、延長・Pkとなってしまい、寝るのを諦めざるを得なかった。まあ、舞台で弾いているし、管楽器の様な長い休みもないので、会社で会議しているよりは起きていられるだろう。
私はクールで大人な宮間さんのにわかファンになった。ゴールしてニヤリと指をふるパフォーマンスとか、パスの的確さとか、PKの余裕のゆるゆるシュートとか、後から知った、優勝決定後に一人アメリカサイドに行ってソロと握手したとか。いいなあ、この人。

FIFAの女性ランキングってのも始めて見てみた。男性ランキングと大きく異なるのはアメリカの順位、スペイン語圏諸国の順位。やっぱりGEM指数の高い国、北欧・北米・ドイツ、、即ち女性の社会進出が盛んな国が強い。そういう国の選手達の環境は、勿論日本よりもずっと恵まれているのだろう。その中で、GEMは50位以下の日本がランキング4位(1位にあがるだろうが)ってのは、異質。で、別のデータを見てみると、日本女性が占める割合。専門職や管理職、国会議員はやや上昇。犯罪者の上昇率は思ったほどではなく、一番目立つのがオリンピック金メダル数に占める割合。まあよーするに社会進出は遅れているけど、スポーツだけは「実力」の世界なので着実に存在感を増しているというわけだ。
スペイン語圏、ようするにマッチョなラティーノたちの国は、やっぱり女性の最大出世はミスユニバース優勝というお国柄も多いので、男がすなるスポーツを女性がやるってのはあんまり盛んじゃないんだろうな。。
まあ、TVに出たなでしこ選手達に「サッカーと恋愛はどっちが重要」なんてアホな質問する日本のマスコミのセンスは実際の社会進出度以下なんだけどね。そんなのいちいち憤慨してたらきりないけど、あんな質問ばかりされて、可哀相だよなー。それに大人な対応をする、さわさん偉いなーなんて思いつつ、なでしこ関係の番組をザッピングしていたこの週であった。
[PR]

by violatsubone | 2011-07-17 04:00 | 映画/TV