なんとなくロシアオケにも参加

声掛けられたのが色々同時だったので、同じ曲を二月連続でやることになってしまった。しかもシェラザード。びよら的には延々と波の役、って感じなんだけど。
オーケストラ ダヴァーイ。裏Dオケとか怪しいロシアオケとか適当に色々よんでいるが出ることになるとは思わなかった。
誘ってくれた003さんと待ち合わせ。最悪の練習場の一つ砂町。遠いいんだよねえ。。ここからバスでしょうか、まさか歩くとはおっしゃいませんよね、と003さんを見上げたら、タクシーだというので張り切って止めた。しかし私がせっかく捕まえたタクシーをどっかのおばさんに取られてしまった。ええい、ふがいない。
到着したら、ファストバイヨリンとチェロは人数が充実していた。どういうわけかびよらだけ、全然いない。到着した3名と、団長さん、と後から来た女性の方。圧力団体のようなチェロの横でちょっと寂しかった。
プログラムは、シェラザードの他に、伊福部のラウダなんたら、なんたらニコフの交響曲3番。ああオタ向けプロだなあ。送付された手書き譜面が見難くてさらう気が起きなかったなんたらニコフは今回やらず、ちょっとホッとした。
指揮者はラブな森口さん(だから載ろうと思った)。本日はトレーナー?のy響のT先生。穏やかだけど、判りやすくて楽しいご指導だった。練習番号のアルファベットの呼び方、Gって普通ぐすたふとか出てきそうだが、ジャイアンツ、ジャイアンツ、と連呼していらしたのはやはり所属オケではそういう教育を受けてるのだろうか?wwww。
呑み会の場所で、コンミスの方は充分上手に弾けていらしたが、先生曰く「色気がたらん!これはやばい物語なんだから、もっと色気を!!」と話していらした。23時30分という時間にきづかず、らいあ氏に言われて慌てて立ったけど、誰も帰る気配無し。「恐ろしいオケですね、ひょっとして皆Ωさんと同じ位近いのか?」と、かなりびっくりしましたとさ。
[PR]

by violatsubone | 2011-06-18 18:00 | おけすとら