KMRさんオケ セレブな呑み会

c0102375_1154882.jpg
Fオケにお手伝いに来てくださるバイオリニストKMRさんがゲストコンミスで、オーソドックスな曲をじっくりやる桶だと聞いたので参加してみた。何せオケ難民だからね。練習は一ヶ月にみたず、その代わり土日土日とある。練習期間の短縮というのもローコストオペレーションってやつなんだろう。指揮者はドイツ在住。メインがブラ2。ブラムスはなんどやってもいいし。それからなんだっけ、ブルッフのバイオリンコンチェルト?と思って参加したら交響曲1番だった。こいつ交響曲かいてんの?誰がこんな曲みつけたの?どこがオーソドックスなのこんなヲタ曲!?とびよらトップにメールで聞いたら指揮者がブルッフ協会の会員とかなんとか、コブレンツなる都市で昔ブルッフが何かを書いていた家に住んでいたり、ブルッフが振っていた桶を振っていた?とのことで今回推薦されたんだそうだ。で、この曲が構成も和音も単純なくせに、弦にやたらと細かくて速いアルペジオとか音階とかをさせる。それも殆ど休み無く。教則本を高速でやらされているような曲だ。譜面もらって参加を後悔したがもう遅い。しかも譜面もらったのがGW明けだったので、仕事で忙しくそのまま出張行ってしまい、製本がせいぜいの初見参加となってしまった。まあ飛行機の関係から途中参加だったので初日はブルッフ4楽章を口をあんぐり空けながら落ち、あとは初回からトップサイドでブラ2だった。以前も同じくドイツ在住の方の指揮だったwwが、あぷろーちが全然違って別の曲のようだった。終了後、KMRさんがマエストロを紹介してくれ、そのまま初回の呑み会ということで、築地(練習場は浜離宮朝日ホールという贅沢さだった。)の寿司屋だという。誰かさんが良く使用している「ざんまい、奥の院」とかいうところ。オケのアフターで寿司屋(しかも回らないで個別に来る)行った事なんぞ初めてだ。どんだけセレブなんだこのオケ、と思って中心メンバらしきヒトに聞いてみたら、マエストロが寿司好きで是非ということだったので、今回初めて、とのこと。あんまりお酒はおのみにならないらしい。まあドイツ在住じゃ、居酒屋いって飲みふけるという感じでもないんだろう。

でも私が、「セレブオケ」とか「寿司オケ」とかこっそりつけた名称はこの日1日しかもたなかった。もっとびっくりする事が翌日には起こったのだ。
[PR]

by violatsubone | 2011-05-14 14:00 | おけすとら